2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ストーリーを教えてもらうスレ Part11

1 :マロン名無しさん:2005/03/25(金) 10:53:46 ID:???
暇がない、金がない、手に入らない、などの事情により読めない漫画のストーリーを教えてもらうスレです。
次スレは>>950か、容量が450を越えた時にお願いします。

前スレ:ストーリーを教えてもらうスレ Part10
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1106649935/
まとめサイト
http://f30.aaa.livedoor.jp/~malon/
未解決リクエスト表
http://f30.aaa.livedoor.jp/~malon/mikaiketu.htm

【リクエストされる方へ注意点】
要望を出す前に既出かどうかをまとめサイトでご確認下さい(過去ログ・リクエスト表も有)。
どの程度のネタバレを希望するか一言添えていただけると、書き手も書きやすいです。
(例:科白を含むなど出来るだけ詳しく・大まかな粗筋・←を混成したメリハリの利いたもの・ラストのみ)
この板は一般板なので18禁の漫画のストーリーの要望はご遠慮下さい。
即レスは期待しないで気長にお待ちください。

【教えてくれる方へ注意点】
要望に出ている漫画のストーリーはどんどん書いて下さい。
ただ要望に出ていないものは敬遠される傾向にあります。
この板は一般板なので18禁の漫画のストーリーの紹介はご遠慮下さい。
名前欄に作品名を入れていただけると、まとめやすくありがたいです。
時間を置いて数回に分けて投稿する際には、混交を防ぐため、最後に「続く」と御書き下さい。
書く際は「○○を書きたい」と意志表明し、予約していただけると投稿の重複が防げて大変ありがたいです。
また、書くのはよそうと思われた時には面倒でも予約の取り消しを御願いします。

2 :1:2005/03/25(金) 10:58:38 ID:???
テンプレ少し長かったからちょこちょこ変えちゃったけど、
気になるところあったら次回からまた変えてください。
前スレの>>633-634使わせてもらいました。ありがとう。

3 :th:2005/03/25(金) 13:12:03 ID:7nTnEnQf
gh

4 :マロン名無しさん:2005/03/25(金) 15:49:12 ID:???
>>1さん乙!
早速ですが
時じくの香の木の実(ときじくのかくのきのみ) 山岸凉子 投下します。

刑務所の中、爺さんと僕の事件帖、ここはグリーンウッドも予約しときます。

5 :時じくの香の木の実(1/3):2005/03/25(金) 15:50:18 ID:???
巫女(ふじょ)の予言の力で、権力と繁栄を築いて来た一族がいた。
そして、その一族の次の巫女となるべき姉妹が、8歳を迎えようとしている。
妹が8歳となった翌日、姉妹の大伯母が姉妹達に、干し果のような物を手渡す。
それを食べたとき姉妹のどちらかが、永遠に歳をとらない者になるのだそうだ。
姉妹が果実を口に含むと、体中に物凄い激痛が走り姉妹は意識を失う。
どれくらい意識を失っていたのか…先に目を覚ましたのは妹。
姉のほうは体が青紫に醜く膨れ、息絶えようとしている。
この姉の姿を見た妹は、姉の死と自分が一族の頂点である巫女になった事実を確信したのだった。
妹は姉の死を悲しまなかった。妾腹の娘なのに一族として扱われる姉を軽蔑してたからだ。

その後、妹は大伯母の屋敷で奉られる。そして酒や魚など様々な物が奉納された。
妹は酒や魚は大嫌いだったが、大好きな長兄が持って来た朱鷺色の反物で仕立てた着物がとても気に入った。
ある日、奉納物と一緒に手紙が差し出される。内容は父親の仕事の事らしいが子供の彼女にはわからない。
しかしその時、頭の中に世の理が見え彼女に予言を告げさせる…これが巫女になったと言う事だろうか。
予言を誰かに伝えようと屋敷で人を捜しまわったが誰もいない。代わりに一番会いたくない人間に出会った。
死んだと思っていた姉である。死なずに回復し生きていたのだ。
姉が生きていた事実は妹に苛立ちと不安をもたらした。無事である姉も巫女なのかもしれない、と。

6 :時じくの香の木の実(2/3):2005/03/25(金) 15:52:12 ID:???
数年経ち、その答えがわかった。時間が経つにつれ姉は歳をとり成長するが、妹は8歳の時のままである。
伝承では真の巫女(ふじょ)は不老不死を与えられるという。つまり妹が巫女なのだ。
勝利を知った彼女は巫女として予言を続け、一族の権力と地位を更に強大な物にしていった。

年を取り、少女から女として成長していく姉は、体から禍々しい血の匂いを発する事があった。
一月に一度起こるそれは、妹の気分をひどく不快にさせた。
それと同時に、姉と違って年を取らずに穢らわしい女の体になる事もない事実は、妹に優越感をもたらした。
そう、長兄がくれた市松人形の様に愛らしく…。

ある夜、手足が痺れるような不安感が妹を襲う。
何があったのかと襖を開けて外へ出ると、なんと母屋へ続く廊下の木が腐り落ちているではないか。
震える足で廊下を渡り、恐慌状態で屋敷を駆けめぐり辿り着いた部屋にはとても醜い姿をした女がいた。
布団の上で体をまさぐり自分で自分を慰めている醜怪な姉の姿が…。

その後も姉が自分の体を慰める度に、妹の体に手足の痺れが襲い、母屋への廊下が腐る現象が起こった。
姉を屋敷から追い出さねば…そう考えている矢先に彼女はそれを見る。
姉と大好きな長兄が、血の繋がった身でありながらおぞましくも情交していたのだ。
妹は嫉妬と怒りに身を任せ二人を引き離そうと割り込んだが、二人は彼女に気付かず行為を続けていく。
ここで彼女は理解した。自分には肉体がないと言う事実を。

7 :時じくの香の木の実(3/3):2005/03/25(金) 15:52:54 ID:???
あのとき果実を口にして死んだのは妹のほうだった。そして彼女に与えられた不老不死とは、
この世での年を取らず、あの世へも旅立ちもしないと言う意味での不老不死だったのだ。
また一族にとっての巫女とは、稀れ人(神)となった妹と一族を繋ぐ役割を持つ姉のほうだったのだ。
しかし姉は神である妹の予言を伝える存在でしかない。だがなぜか姉に対する敗北感が妹を襲った。

やがて姉は長兄との子を産む。常処女(とこおとめ)たる巫女の資格を失った姉は一族から追放され
姉の子供だけが一族に引き取られた。
長兄と姉の子は男でも女でもなく、そして女であり男でもある両性具有の子供だった。
一族はこの子供を次の一族の頂点となるべき存在として決定する。
妹は姉の子が8歳になりあの果実を口にする日が来たら、
姉の子と一族に世界を掌握する程の権力を与える事を決意する。
それが、長兄の子を産んだ姉にはっきりと勝つ事に思えたからだ。

決意した彼女は人形を抱えながら言う。
『永遠に8歳のまま成長する事もなければ衰える事もない私を、誰かが不安に思っているようですが
 バカにしないで。私の分別まで8歳と言うわけではないのだから』
しかし、その台詞を言う彼女の背景に描かれているのは核爆発のキノコ雲。
本当に、彼女に任せて大丈夫なのだろうか…と言う不安感を読者に与えて、物語は終了。

8 :BLAME!1:2005/03/25(金) 19:55:09 ID:???
>>1さん乙です。


前スレ>609からの続き

東亜重工内を進む霧亥とシボ。セーフガードの身体となったシボは、東亜重工内には
セーフガードが干渉出来ないことを感知。内部は何者かに攻撃を受けた後があり、
それを調査する二人の前に出現する"珪素生物"イヴィとメイヴ

※珪素生物・・・・遥か昔、とある犯罪組織が宗教上の教義により
          自らを有機体から、珪素其系の生物へ人為的に進化した者達の末裔。
          その成り立ちは外伝的作品「NoiSE」で語られる。

珪素生物は長年に亘り霧亥と対立関係にあり、反射的に引き金を引く霧亥。
だが何故か銃が作動しない。それを嘲笑うメイヴ。
「東亜重工の中じゃセーフガードの武器は無効」
襲い掛かる珪素生物達。不利な状況下で苦戦を強いられる霧亥達。
そこへ突如転送してくる女性型AI・メンサーブと彼女を守護する電基騎士・セウ。
霧亥達をセーフガード=ネットスフィアからの使者、として認識したメンサーブは
ネットスフィアと東亜重工との間に結ばれた不可侵協定を理由に、二人を何処かへ転送。
侵入者であるイヴィとメイヴを排除すべく戦いを挑む。一方転送された霧亥達は
妖精型の整備ユニットと遭遇。彼等によると東亜重工は13の空洞から成り、メンサーブは
その第8空洞を管理するAI。珪素生物が進攻してきた時から、空洞内の住人を守る為
通常のAIとは逸した行動を執るようになり恐れられていた。妖精達はシボの傷を癒す為、
物質精製装置へ案内。傷を癒すシボ。そこへ珪素生物との戦闘で負傷したセウを治療する為、
メンサーブが接近していることを察知。メンサーブとの接触を避け、別の空洞へ向かう一行。
だがメンサーブの妨害で失敗。彼女を説得する為、再び第8空洞へ戻る霧亥達。


9 :BLAME!2:2005/03/25(金) 19:57:20 ID:???
その道中、一体の珪素生物を捕らえた霧亥達は、その脳から情報を引き出す。
元来都市の不法住居者である彼等は、都市が正常化すれば駆除される存在であり
種族存続の為にはカオス状態の継続が必須。そこで正常化の鍵となるネット端末遺伝子を
破壊する為、東亜重工に進攻したことを知る。そしてその障害となるメンサーブ達を
珪素生物達が、現在包囲しつつあることも知る。救出に向かう霧亥とシボ。
セウの治療が不完全だった為、多数の珪素生物相手に苦戦する二人。そこへ加勢に現れる霧亥達。
その時、メンサーブが緊急転送を実行。それに巻き込まれ、何処かの空洞へ飛ばされる霧亥。

そこで遭遇する飛行スーツを身に纏い、珪素生物と戦う女性。霧亥と対面した彼女は「シボ」と名乗る。
彼女はこの空洞内の時空の歪みにより、別の世界軸からやって来たシボだった(以後シボ')。
空洞内を調査する二人。そしてここが第4空洞であることが判明。同時にシボが霧亥に宛てたメッセージを発見。
それに記されていた座標を目指す。その途中で二人を襲撃する最新型の珪素生物。その強力な戦闘力で窮地に。そこへ現れるシボ。
「助けにきたわよ 霧亥」
シボの張った防磁繭で一時的に霧亥の銃が使えるようになり、最新型を倒す。
シボによると霧亥は約10年後の世界に飛ばされており、現在の東亜重工は動力炉の
異常により空間が不安定化。そして霧亥の銃を使えば動力炉を正常化出来、
空間も安定するとのこと。動力炉へ到着した霧亥達は、銃の力で炉を正常化する。
急速に安定する空間。そこへ現れる自己修復し、復活した最新型。辛くもこれを倒すも
シボ'はその戦闘で深手を負い、何処かの空間へ飛ばされる。そして霧亥達も何処かへ転送される。


10 :BLAME!3:2005/03/25(金) 19:59:17 ID:???
霧亥達が転送されたのは本来の時間軸の、イヴィ達がメンサーブ達と交戦中の地点だった。
霧亥の加勢でイヴィ達を撃退。負傷したセウを癒す為、転送するメンサーブ。
その目的地が物質精製装置であることを知っている霧亥達は、その後を追う。
物質精製装置で傷を癒すセウ。だが、東亜重工の中央AIの妨害で人格再生が出来ず
治療の度に白痴化してゆくセウ。そこへ到着する霧亥達。シボは自分達がネットスフィアからの使者ではなく、
ネット端末遺伝子の調査に来た者だと告げ、互いの利害からメンサーブに協力を申し出る。
メンサーブは全空洞中、自身が管理する第8空洞の住人のみが珪素生物の攻撃を逃れ
安全な第13空洞へ転送出来た事、外部から帰艦した植民者達は帰化を望んでいたが、
中央AIがそれを拒絶。自分の判断で同じく第13空洞へ送った事を告げる。
「珪素生物もセウの人格再生を邪魔する中央も許さない!!」
中央AIへの怒りを顕にし、セウを連れ姿を消すメンサーブ。ネット端末遺伝子捜査と
植民者と合流する為に、第13空洞へ向かう霧亥達。一方メンサーブ達は中央AIと接触。
セウの人格再生を要求するが拒絶される。しかも中央AIはメンサーブを艦載AIから
除名。同時に動力炉が正常化した事で、東亜重工を都市外部へ転送することを決意。それ
を阻止すべく戦いを挑む二人。


11 :BLAME!4:2005/03/25(金) 20:01:09 ID:???
その頃第13空洞へ向かう霧亥達の前に、重工内に干渉出来ないはずの統治局が出現。
中央AIがネットスフィアとの不可侵協定を一方的に破棄したことで、セーフガードが
重工内に進攻して来た事、現在実行されようとしている東亜重工の転送が、確実に
失敗し惨事を招くことを警告する。それを阻止すべく中央AIの所へ向かう霧亥達。
だが途中で防衛システムの攻撃を受け、離れ離れになる二人。そしてシボはセーフガード
の干渉が始まった事と、防衛システムから受けた傷の影響で、意識の奥底に封じ込めて
いたサナカンの人格が顕在化。身体を乗っ取られそうになる。焦るシボ。その時、
死亡しているシボ'の身体を発見。自分の人格データをその身体に移す。そして共に
復活するサナカンとシボ。対決する二人。その頃、イヴィ達は自己修復中の最新型を発見。
セウとの戦闘で深手を負ったメイヴは、その身体を乗っ取り自己強化を遂げる。

中央AIの所に辿り着いた霧亥は、メンサーブ達と交戦中の中央AIに警告する。
「おまえはセーフガードの攻撃を回避できない ネットスフィアとの協定を再締結しろ」
その頃、サナカンと戦うシボは合流した植民者の援護を受けるも苦戦。そこへ乱入する
メイヴ。強化したその戦闘力で二人を倒すと、メンサーブ達を倒す為中央AIを目指す。
負傷したシボは植民者によって救護。いち早く復活したサナカンは、その標的を中央AIに変更。
AI目掛けて超長距離射撃を実行。それを察知した霧亥はサナカンへ向け、同じく長距離射撃を放つ。


12 :BLAME!5:2005/03/25(金) 20:02:48 ID:???
互いに交差する一撃。霧亥の一撃はサナカンを破壊し、サナカンの一撃は中央AIを破壊する。
激しく炎上する中央AI。その影響で意識が完全復活するセウ。その場に現れるイヴィとメイヴ。
「勝負だ セウ」
セウとの決着を望むイヴィとそれに応じるセウ。一方メイヴは霧亥を蹴散らし、中央AIへ向かう。
半壊した中央AIと対峙するメンサーブ。中央AIから、既に転送は開始され最早
止める事は出来ないことを聞き、住人を救う為中央AIに強制リンクを行う。
そこへ到着し、中央AIを破壊するメイヴ。それを察したセウは死闘の末、イヴィを倒し
メンサーブの救出へ向かう。その目前で捕らえたメンサーブを始末しようとするメイヴ。
その寸前、瀕死の霧亥が放った一撃がメイヴを破壊。力尽き倒れる霧亥。

その頃、シボと植民者の前にメンサーブの幻体が現れ、東亜重工が第1空洞から順に
転送を開始する事、それがシボ達の居る第13空洞に及ぶ前に脱出するよう勧告し、
脱出カプセルの場所を示唆する。そして東亜重工の転送が開始。それに失敗し次々に
崩壊する東亜重工。転送が実行される寸前、カプセルに辿り着く一行。崩壊の影響で
作動しないカプセルを、自ら残り作動させるシボ。そして植民者達を脱出させると、
力尽き倒れるのだった。そのシボを何処かへ運ぶ妖精達。一方意識を取り戻した霧亥は
メンサーブから圧縮情報を受け取る。東亜重工崩壊から第8空洞の住人を守る為
その人格のみをデータ化し保管した事、それによりネット端末遺伝子の捜索が不可能と
なったが、一人分の遺伝子情報を霧亥と共に安全な場所に転送する事を告げられる。
そしてメンサーブ達は時空隙へと消える。


13 :BLAME!6:2005/03/25(金) 20:04:30 ID:???
メンサーブによって東亜重工外部に転送する霧亥。その目の前で完全崩壊する東亜重工。
立ち尽くす霧亥。そして目の前に転送してくる物質精製装置。その内部から、完全に元の姿へ
復活したシボが現れる。その手にはメンサーブより託された、セウの遺伝子情報カプセルが
握られていた。その情報を調べられる施設を探して、再び旅立つ二人。


ここまでで6巻分です。続きは近日中に。


14 :マロン名無しさん:2005/03/26(土) 02:52:42 ID:???
>>1スレ立て乙です。
さっそくですが、大和和紀の『はいからさんが通る』をお願いします。
大まかなあらすじで、ラストまできっちり知りたいです。

15 :はいからさんが通る 1/2:2005/03/26(土) 20:04:14 ID:???
時は大正、主人公の花村紅緒(ハナムラ ベニオ)は、自立した婦人を目指す「はいからさん」な少女。
そんな彼女に縁談が舞い込む。華族 伊集院家の一人息子、伊集院忍(イジュウイン シノブ)少尉。
相手は美形ではあるが、親の決めた縁談に従わされるというのが気に食わない。
一度は逃げ出そうとした紅緒だが、紆余曲折の末に行儀見習いとして伊集院家に住むことになる。
ならば、向こうから断りたくなるようなじゃじゃ馬を演じてやる、と伊集院家で大騒ぎを起こす紅緒。
だが忍は、堅すぎる伊集院家の家風を覆してくれる存在として紅緒を受け入れ、やがて紅緒も忍に魅かれ始める。
ところが、ある日酒場で酔って暴れた紅緒は、忍の上官の恨みを買ってしまった。
時はまさに第一次世界大戦、忍の所属部隊は上官の作為によってシベリアに送られ、消息を絶つ。
自分の忍に対する気持ちを自覚した紅緒は、まだ結婚していなかったにもかかわらず、伊集院家に留まる決意をする。

世の中は移り変わり、後継ぎを失った伊集院家の家計も傾き始める。元よりじっとしていられる性分でない紅緒は
勤め口を求めて、小さな出版社「冗談社」の門を叩く。編集長の青江冬星(アオエ トウセイ)は女嫌いで有名だったが
女性離れした紅緒の行動力を面白がり、彼女を社員として採用することに。女記者として奔走する紅緒。
取材で満州を訪れた際に、元日本軍の兵士で忍の部下だったという馬賊の頭目、鬼島森吾(オニジマ シンゴ)に会うが
彼の口から聞いた話では、やはり忍の生存は絶望的だった。
そんな折、ロシアからの亡命貴族サーシャ=ミハイロフ侯爵が、妻ラリサと共に来日するが、その侯爵は忍にそっくり。
まさか忍が生きていたのでは、と探りを入れるが、実は忍とサーシャが異父兄弟だったという事実が発覚。
それなら顔がそっくりなのも道理、やはり忍が生きているわけはないと紅緒は落ち込む。
…ところが、紅緒に合って以来、サーシャは奇妙な記憶の混乱に悩まされる。紅緒のことが忘れられず
また、日本語の歌や日本の風景を唐突に思い出したりするのだ。

16 :はいからさんが通る 2/2:2005/03/26(土) 20:05:09 ID:???
やがて真相が明らかになる。サーシャの正体は、奇跡的に生き延びていた忍だった。
本物のサーシャはロシア革命の中で死に、ひとり逃げ延びた妻のラリサは偶然に、記憶を失った忍と出会う。
愛する夫の面影を忍に見たラリサは、自分とサーシャの思い出を忍に吹き込み、彼をサーシャに仕立てていたのだ。
記憶を取り戻した忍は、紅緒が思想犯の疑いを掛けられて投獄された事件をきっかけにして
サーシャではなく忍として紅緒の前に立つ。だが、よりを戻すには二人の間に流れた時間は大きすぎた。
重い病を患っているラリサが、忍=サーシャを支えとして必要としているのだと知った紅緒は
忍の前から去り、伊集院家を引き払って実家の花村家に帰っていく。
そんな紅緒の苦境に手を差し伸べたのは、彼女の上司でもある冬星。やがて、二人の結婚話が持ち上がる。
大正12年9月1日、紅緒と冬星の結婚式。だが、式の最中に突如として地震が起こった。…関東大震災である。
式場は壊滅し、紅緒と冬星ははぐれてしまう。一方、伊集院家では、忍をかばったラリサが命を落とす。
自分が忍と紅緒の間で邪魔になっていると考えていたラリサは死ぬ間際に、自分にかまわず紅緒の元に行けと遺言。
倒壊家屋と火災で大混乱の東京を走破し、ついに忍は紅緒の元にたどり着いた。
紅緒の気持ちが、未だ忍の下にあると知って冬星は婚約を破棄、ついに紅緒と忍は結ばれる。
震災で多くの人やものが失われたが、それでも大正の人々は元気に生きていくのだ…という感じで物語は終わる。


以上、かなり大雑把にまとめて見ました。これだけだと愛と感動の大正浪漫という感じもしますが
主人公がうわばみの酒乱で、なにかと酒を飲んでは大騒ぎするし
時代考証無視してガッチャマンやゴジラが登場したりでけっこう笑える作品でもあります。
現在入手するなら、講談社漫画文庫版(全4巻)がよいです。

17 :マロン名無しさん:2005/03/27(日) 00:25:48 ID:???
H2のラストがどうなったか知りたいです。
大まかなストーリーは知ってるので、ラストだけ詳しくお願いします。

18 :マロン名無しさん:2005/03/27(日) 02:08:11 ID:???
>>15-16
リク主じゃないが乙

19 :マロン名無しさん:2005/03/27(日) 03:04:37 ID:???
>>15-16
へーはいからさんが通るってそんな話なのか・・・

20 :マロン名無しさん:2005/03/27(日) 05:40:06 ID:???
>>17
H2のラストって、比呂と戦うことになった英雄がひかりに
「もう一度ちゃんと選ばせてやる」みたいなこと言うところから?


21 :マロン名無しさん:2005/03/27(日) 06:30:37 ID:???
>>1さん乙です。
非常に大雑把なまとめ方ですが、『花より男子』いきます。

22 :花より男子1:2005/03/27(日) 06:31:45 ID:???
神尾葉子 集英社 『花より男子』 全36巻

<主な登場人物>
牧野つくし(まきの・つくし)
「何度踏みつけられたって私は雑草のつくしだから平気よっ」をモットーに、清く気高く強い勤労処女。
道明寺司(どうみょうじ・つかさ F4)
道明寺財閥の御曹司。「F4」のリーダー。短絡的で暴力的。超ワガママ。しかし、仲間思いな一面も。
花沢類(はなざわ・るい F4)
花沢物産の御曹司。物静かで気まぐれ。幼少時に自閉症気味だったところを静に癒され、恋をする。
西門総二朗(にしかど・そうじろう F4)
茶道家元の次男で跡継ぎ。軽薄で女好き。番外編にて幼馴染に叶わぬ初恋をしていたことが判明。
美作あきら(みまさか・あきら F4)
好んで人妻と付き合う年上キラー。「F4」では、我が強い他3人の緩衝地帯兼パイプ役を自任する。

藤堂静(とうどう・しずか)
才色兼備のお嬢様で、「F4」の幼馴染。親に決められた人生を嫌い、単身、海を渡る。弁護士志望。
三条桜子(さんじょう・さくらこ)
元ドブスの整形美女。小悪魔的美貌、性悪で陰険で腹黒い性格。道明寺が好き。後、仲間の一員。
大河原滋(おおがわら・しげる)
大河原財閥の令嬢。道明寺の母が選んだ息子の婚約者。つくしの庶民感覚に対応できる気さくな人。

23 :花より男子2:2005/03/27(日) 06:32:44 ID:???
<あらすじ>
極貧家庭のつくしは、見栄っ張りの両親に勧められ、"超絶"金持ち、かつ名門校の私立英徳学園に
入学する。そこは、「F4(=Flower4の略)」というグループが一切を牛耳り、少しでも彼らに歯向かえば、
全校生徒から集団でイジメにあい、退学に追い込まれる、史上サイテー・サイアクの高校だった。

もともと正義感の強かったつくしは、ある日、理不尽な現状にブチ切れ、「F4」のリーダー道明寺司に
蹴りを入れて宣戦布告する。地味な存在からイジメの標的になったつくしだったが、幼少の頃より、
姉の愛情溢れる暴力を受け続けた道明寺(要は重度のシスコン+多少のM気質?)から、唯一「F4」と
堂々渡り合える女と認識され、好かれてしまう。──それは、まさに前途多難な日々の始まりだった。

つくしは、イジメられていたところを助けてくれた花沢類に惹かれるが、彼の気まぐれな態度を見るたび
不安を覚える。そんなとき、藤堂静が緊急帰国するとの情報が学園中を駆け巡り、皆が浮き足立つ。
類の静への思いの深さを知ったつくしは、フランスにトンボ帰りした静を追って旅立った類を見送る。
落ち込むつくしは、その様子を見かねた道明寺にデートに誘われ、思いがけない彼の優しさに触れる。

類に似た外国人トーマスにナンパされたつくしは、ラブホテルに連れ込まれ、寝ている間に盗撮された
半裸写真を学校にバラまかれる。再び、イジメにあうつくし。この事件の黒幕は、三条桜子だった。
危ないところを道明寺に助けられたつくしだが、真剣な表情で愛を告白してくる道明寺に困惑する。

24 :花より男子3:2005/03/27(日) 06:33:52 ID:???
そんなとき、静を追って渡仏していた類が突然帰国する。不自然なくらい軽薄に振舞う類に驚くつくし。
類は、ひたむきに夢を追い、日々忙しく働く静とのすれ違い生活の中で、自信を失い、落ち込んでいた。
慰めようとしたつくしは、思わず類にキスしてしまい、その現場を目撃した道明寺に絶縁宣言される。

道明寺の姉椿(つばき)の提案で、退学を賭けたバスケ対決をすることになったつくしたちだったが、
プレー中に仲良く振舞うつくしと類を見た道明寺は、突然、試合放棄を宣言し、勝負はうやむやに。
つくしと類がくっついたと思い込んだ傷心の道明寺は、NYに飛ぶが、誤解だと知って慌てて戻ってくる。

つくしが知り合った天草(あまくさ)は、代議士のジュニアだが、家を出て自活する苦労人でもあった。
つくしに好意を持つ天草に対抗心を燃やす道明寺にそそのかされ、つくしは、日本一の女子高生を決める
コンテストに出場し(つくしは借金返済のための賞金目当てでもある)、見事に準優勝の栄冠を勝ち取る。

ある日、つくしと司は、デート中に大ゲンカしてしまい、見かねた西門と美作にカナダ旅行を勧められる。
猛烈に吹雪くスキー場で遭難しかけたつくしは、間一髪、道明寺に助けられ、ふたりは無人の山小屋で
互いの身体を暖め合いながら一晩を過ごし、なんとなくいいムードになる。

25 :花より男子4:2005/03/27(日) 06:34:44 ID:???
つくしは、ふとしたきっかけから英徳の後輩でモデルをしている順平と知り合い、意気投合するが、
道明寺に恨みを抱いている順平は、つくしを利用して、道明寺をおびき出し、痛めつけようとする。
つくしは、自分のために黙って殴られている道明寺を必死に庇い、順平を諭す。

パーティの席上で、道明寺は、母楓(かえで)につくしを紹介するが、交際に反対する楓は、つくしに
手切れ金を渡して、別れを迫る。楓を追い返したつくしの前に、道明寺の婚約者が現れる。
大河原財閥の令嬢滋(しげる 以下シゲル)。つくしは、シゲルの容姿端麗な外見も然ることながら、
金持ちであることを鼻にかけないなど、その気立ての良さに感心し、道明寺との仲を取りもとうとする。
傷つき怒った道明寺はシゲルと付き合い始めるが、その光景を見たつくしは心を痛め、身勝手な自分に
困惑する。道明寺は、やはりつくしのことが忘れられず、シゲルとの婚約を解消する。

道明寺家で道明寺専用の使用人として働くことになったつくしは、道明寺と2か月限定で付き合い始める。
しかし、楓の妨害がつくしの友人の家庭にまで及び始め、耐えられなくなったつくしは、失踪する。
道明寺たちの必死の捜索の末、戻ってきたつくしの前に道明寺そっくりの大学生亜門(あもん)が現れる。
彼もまた、シゲルと同じように楓の刺客だと知ったつくしは、怒りを露にして楓との全面対決を決意する。

道明寺のストレートな愛情表現を受けて自分の気持ちに素直になろうと考えたつくしは、仲間の前で
道明寺との交際を宣言、さらに楓の部下が執拗に張り付いていることを知ったつくしと道明寺は、
見つかったら即NYに飛んで楓に直談判しようと覚悟を決め、白昼堂々デートする。

26 :花より男子5:2005/03/27(日) 06:45:56 ID:???
突然姿を消した道明寺を追い、NYに来たつくしは、道明寺の冷たい言葉と態度に驚き、悲しみに暮れる。
なにか事情があるはず……そう思いながらも溢れる涙が止まらないつくしは、類にやさしく慰められる。
別れを予感しながら、以前約束した最後のデートを楽しむつくしと道明寺は、突然何者かに拉致される。

無人の豪華船に乗せられ、連れてこられたのは、シゲルの実家がリゾート地として開発中の無人島だった。
そこで、NYで追い返したのは本意ではなく、楓との交換条件だったという道明寺に、つくしの心は揺れる。
今度こそ、この愛を貫くと決めたつくしと道明寺だったが、日本では「道明寺家の御曹司誘拐事件」と
大騒ぎになっており、その混乱の中、刺された道明寺は、意識不明の重態となってしまう。

瀕死の状態から生還した道明寺だが、後遺症でつくしの記憶だけを失う。気を揉むつくしがいる一方で、
道明寺は、病院で出会ったカワイイ女の子と親しくなる。しかし、ヤケになったつくしが道明寺の脳天に
野球の硬式ボールをぶつけたショックから、道明寺は無事に記憶を回復する。

高校卒業と同時に家を継ぐためNYへ行くと決意した道明寺は、「4年後、必ず迎えに来る」とつくしに
プロポーズ。華やかなプロムが行なわれる中、つくしはプロポーズを受けると宣言し、大団円。 <了>

27 :マロン名無しさん:2005/03/27(日) 13:07:01 ID:???
>>20
そのへんからでいいです。
おながいします。

28 :マロン名無しさん:2005/03/27(日) 16:48:55 ID:???
ストレンジプラス予約。
導入部とメインキャラを軽く解説ってかんじでいいかな?>リク主さん
というか、ギャグマンガだからそれ以上のものは書きようがないw

29 :日本国初代大統領桜木健一郎:2005/03/27(日) 21:38:25 ID:???
第12話 日本国初代大統領としての決意

大橋総理の愚行(米国債売却構想)を知ったキャラダイン大統領は激怒。
そこまで外交オンチなのか、と。憤激。彼は日本を全力で潰す覚悟を決めた。
誰に求められない、キャラダイン。もはや、日本の命運もここまでか、というとき、GNNの放送した
桜木暗殺未遂事件における、桜木の言葉、「FREEDOM ISNOT FREE」を見て、スパイダーを呼んだ。

それは、その言葉を桜木が学んだのが、桜木がバイト代で買ったポンコツ車出スパイダー夫妻(当時は友人)と共に
ワシントンD.C.へ行った時の事。朝鮮戦争記念碑、ベトナム戦争記念碑で立ち尽くしていた…

桜木の目の前にいた少年が碑に向かって敬礼をした。
彼の父は彼が生まれる前に戦死。父の顔を知らない少年にとって、この碑が父の全てであり誇り。
少年は碑に語りかけながら、父の名を小さな紙に写し取っていった。

それを見た桜木は、スオアイダーに言ったのだ、と。
FREEDOM IS NOT FREE!! オレはこの言葉を、心に刻む、と。

キャラダイン大統領は、胸の内ポケットから小さな紙片を取り出した「H.CARRADAINE」
彼が生まれたのは太平洋戦線で戦死した直後。母は幼い大統領と兄を女で一つで育てた…
その兄も、成績優秀だったにもかかわらず、大学に行かず、軍隊へ。
母と大統領を支える為だった。その兄も、ベトナム戦争で戦死。
アメリカの自由と平和は常に誰かの犠牲の上に守られてきた。桜木と会談する意思を固める。

30 :日本国初代大統領桜木健一郎:2005/03/27(日) 21:40:10 ID:???
桜木事務所、電話番、エイミー。彼女は電話をとって驚いた。相手は合衆国大統領、キャラダインだったから。
桜木に繋ぐ。
キャラダインは、久し振り、というべきか?と語りかけた。彼は自分が州知事選に出るときに
桜木が名演説を書いてくれたことを挙げた。

桜木は瞑目した後、答えた。「キャラダイン大統領!日本はもうアメリカの宿題をこなすだけの国では有りませんよ」
驚くキャラダイン。桜木は続けた。
「もはやあなただけの演説は私にはできない。私の就任式が日本の真の独立記念日なのですから!」

キャラダイン大統領は、「面白い男だ、一刻も会いたいよ、Mr.大統領」と。

第12話了

31 :日本国初代大統領桜木健一郎:2005/03/27(日) 23:10:06 ID:???
第13話 官僚改革への第一歩

新キャラ
日本、大蔵省。
榊 耕平…大蔵省主計局課長補佐。超優秀、有能ながら、長年、上司に建白書を黙殺される。
八頭政ニ郎…大蔵省事務次官。これまでの登場キャラの中でも屈指のDQN。建白書を握りつぶし続ける。
村井史郎…大蔵省財務官。
米国
リチャード・ハンコック…駐日大使。大橋政権に最後通告。

ワシントンD.C.は記念碑だらけの都市。淡い証明に照らされた議事堂やビル。そして慰霊塔は
まさに墓石。ここはアメリカという巨大な社会の荘厳な墓場なのかもしれない。

私、アレックス・キャラダイン大統領は兄の慰霊碑に手をかけ、思いを馳せていた。
時間がきた。車に乗る。
スパイダーが情報を告げる。本来北朝鮮を支援して動くべき中国軍の動きが止まっている。
中央土地法の経済格差を引き金として、地方政府と軍の一部が王龍明国家首席の退陣を要求。
この内部分裂により、中国は国家としての機能を停止…

私は口を開いた。大人数の人間を束ねるには互いを尊重する事が必要であると。
しかし中国は人権を認めず尊重すらしない。中国は56民族の多民族国家。
必ずや、分裂・独立の道を歩むだろう。そして、真の民主化がなされる。今は生みの苦しみなのだ、と。

スパイダーが合衆国全軍による中国の沿岸包囲、及び民主化の監視についたことを報告する。
しかし、これだけ中国を冷静に見られる私にも、どうしても、腹に据えかねている事があった。
自由憲政党の大橋だ。あいつには国際社会のルールという教訓を示さねばならない。

私はスパイダーに命じた。駐日大使館を通じた、日本政府への通告。
これは内政干渉ではなく、有事における合衆国政府の正式抗議なのだ。

32 :日本国初代大統領桜木健一郎:2005/03/27(日) 23:20:42 ID:???
千代田区霞ヶ関 大蔵省

八頭事務次官は新聞を読みながら、桜木内閣発足まで一週間という記事を読んでいた。
そこに財務官の村井が口を挟む。

事務次官、財務官初め、審議官級に到るまで、従来、任免権を有していた大臣から、
首相に事務次官の任免県が移るのだ。八頭があまりにも油断している、と口を挟んだのだ。

そう、八頭は油断していた。全てを取りしきっ地得るのは官僚であり、政治家は長々と数字と難しい事を喋れば
「あとはよきに計らえ」の永田町の連中はバカばかり、とタカを括っていたのだ。
政治家が変わっても何も変わらない、そう彼は確信していた。
しかし、そんな彼にも悩みの種はあった。榊耕平の建白書(リポート)。そこには

【有事下経済政策等に関する建白書 主計局総務課 予算総括第一係 榊耕平】とあった。

彼は今すぐにでも事務次官になれるほど優秀だろう。しかし、官僚の世界の基本は絶対的年功序列、
組織中の組織といわれる官僚社会では許されないものだ、と考えており、序列を乱すものは、
たとえキャリアでも、せいぜい課長補佐どまり…早晩大蔵省から追い出す、という発想の元に
あらゆる局面で事務次官は榊を抹殺してきた。…そして、それはこれからも続く、と彼は確信していた。

桜木政策オフィスに太った男性の姿が。彼とエイミーが同時にエレベーターに乗ったとき、ブザーが鳴った。
エイミーは、ひどく侮辱された気がして、彼には降りてもらったのだが…
階段をを使って汗だくでやってきた榊を見て、エイミーは少し、後悔した。

鯨井にあった榊は、桜木と面会する。桜木は、あと10分、待ってくれ、と言った。
桜木は15年間上司に握りつぶされてきた榊の全ての建白書に目を通していたのだった。

33 :日本国初代大統領桜木健一郎:2005/03/27(日) 23:30:46 ID:???
首相官邸。

今まさに大橋は、自由憲政党は、首相官邸から去る。
しかし、それも一時の事、と考えていた。
そこに、知らせがきた。駐日大使の面会要求だ。

大橋は「米国債売却カードが効いた」とほくそえんだのだが…
大橋の挨拶を無視して、ハンコック駐日大使は言い放った。

大橋は大蔵大臣時代、入省してきた若い事務官に、こういったのだと。
『戦争だけは起こしちゃいかん。戦争を起こすような政策は絶対に作ってはならない』と。
しかし、あなたの今やろうとしていることは、紛れもなく『戦争への道』である。
大橋がやろうとしていることは米国だけではなく世界の平和を根底から揺るがしかねない行為であり、
アメリカは日本の暴挙に対し、断固たる措置に出ざるを得ない…

【日本が米国債を売却するならば、アメリカは合衆国内の日本の全資産を即時凍結する!】と。

驚愕する一同。世界の孤児になると泣きつく大橋。
ハンコックは、冷徹に言い放った。
「あなた方はあまりにも国際外交を知らなさすぎる。己の無知を悔いる事ですな!」と。

閣僚は激昂した。こんな大切な事を大使如きに伝えさせるのかと。日本を属国と考えているのか?と。
総理には大統領にすぐ電話しろ、と迫った。

34 :日本国初代大統領桜木健一郎:2005/03/27(日) 23:50:27 ID:???
ハンコック大使は、さらに言い放ち、トドメを刺す。無駄です、と。

『これより先、アメリカ合衆国は日本の次期首相の就任を待ち、すべての
 外交・政治・経済的交渉を桜木健一郎氏と取りかわすものとする』
これは間もなくワシントンから世界に向けて発信されるキャラダイン大統領の公式表明だ、と。

度肝を抜かれ静まり返る一同。大橋がまたしても、桜木か…と言うも、ハンコック知事は去ろうとする。
大橋は、恫喝を開始した。

「ふざけるなッ!日本の首相はまだ私だッ!日本のパートナーはアメリカだけではない!長きに渡って
 政権を担ってきた自由憲政党を見くびるなぁーーーーツ!」と。

しかし、ハンコック大使はさらに冷徹に言い放ち、大橋に完全にトドメを刺した。
「この時代に情報不足は命と取りですな…すでに中国軍の一部が内陸地方で反乱を起こしているという噂がある。
 また国境にはロシア軍が集結している…王首席からの連絡は永遠にないでしょう!」

そして、大使が去った後、崩れ落ちる大橋総理。

大蔵省主計局総務課 予算総括第一係。顔色の悪い榊の姿があった。

彼が身の周りの整理をはじめて周囲は焦った。一言で言えば、榊は大蔵省の最後の希望だったからだ。
辞められては困る…

35 :日本国初代大統領桜木健一郎:2005/03/27(日) 23:51:11 ID:???
事務次官室。
八頭事務次官は、またリポートか、と思いあしらおうとした時、待望の声を聞くことになった。
榊が大蔵省を辞す。八頭は榊の身の振り方が気になった。
政治家になる、使う立場の官僚がつかわれる立場の政治家になってどうする、といつものように話し掛けると…

榊は、そういうことではない、と否定した。大蔵省を辞し、総理府へと参る事になった、と。
八頭は驚愕した。そんなムチャな人事が行えるわけがない、と思ったからだ。
しかし、今は有事。榊は桜木から自分の身分に対する、内内示を受けた。

それは、【内閣官房副長官】。長年のリポートは見かねた同僚がゴミ箱から救っていた。
榊は幾つかの多国籍銀行からのヘッドハンティングがきていた。しかし、にもかかわらず、
拒否していた…桜木が目指すのは、闘う内閣。

そして、それにふさわしいとされた榊。全省庁の事務次官、局長の招集を任される。
そして、八頭事務次官は榊から、悪夢のような言葉を聞かされた。

新人事図によれば…各省庁の全事務次官は…榊名1買う福官房長官の部下になる。
この瞬間、立場は、逆転した。
八頭は、自らに対する処遇を汗だくになって問う。榊は大蔵省トップからの質問と考えて宜しいか?と問い返す。
逆上する八頭。榊は全事務次官の罷免及び任命権を任されており、人事については内閣発足と同時に行う、
と通告。八頭事務次官は、崩れ落ち、イスに座り込み、頭を抱えた。

真の官僚機構を、新生日本の礎を作ることを心に誓った榊だった。

第13話了 第14話 桜木健一郎、ついに首相就任!につづく

36 :マロン名無しさん:2005/03/28(月) 22:26:42 ID:???
>>8-13
お疲れ様です!

37 :”管理”人さんへ:2005/03/30(水) 08:05:48 ID:???
サイトの運営・維持、お疲れ様です。
これから『H2』を投下しますが、これはリク主さんに向けてのものなので、まとめサイトには載せず、
ログに留めてください。粗筋を省略してラストだけというのは、『H2』未見の方や他の読み手さんに
不親切ですし、なにより詳しく書いてあるものを載せるのは、個人的に後ろめたさを感じるので。

38 :H2 1:2005/03/30(水) 08:07:08 ID:???
──高校3年、夏の甲子園。国見比呂は、親友・橘英雄との最初で最後の直接対決に挑む。
大切な幼馴染で初恋の人でもある雨宮ひかりと決別するそのときが、いよいよ近づいていた。

決戦前、比呂と英雄のふたりは、それぞれ別々にひかりの元を訪れる。

英雄「最後まで見届けろよ。──そして選べ、おれか比呂か。……選ばせてやるよ。ちゃんともう一度」
中学のときからずっと付き合ってるんだから、もう英雄を選んでるというひかりに、英雄は反論する。
英雄「選んじゃいねえんだよ、あの時は……おれと比呂を並べては見なかったろ。
―─いや、見れなかったんだよ。比呂は、おまえと並んで……ずっとおまえのそばにいたんだから」

一方、「口先だけでいいから」今だけ自分を励まして欲しいという比呂に、「がんばれ 負けるな」と
何度も繰り返すひかり。その目に涙が浮かんでいると気づいた比呂は、一言「ごめん」と言う。

準決勝。千川対明和一。比呂と英雄、ふたりのヒーローが遂に対決する。試合開始直前、比呂がわざと
英雄に打たれるのではないかと勘繰る野田(この勝敗にひかりを賭けると知っている)に対し、比呂は
近くにいた英雄に視線を向けながら、ひかりの名前を出しつつ、真剣勝負に徹することを匂わせる。

野田「わざと英雄に打たせたりしたら、ただじゃ おかねえぞ」
比呂「分かってねえなァ、おまえは。知ってるか?おれは ひかりのことが大好きなんだぜ」

39 :H2 2:2005/03/30(水) 08:08:07 ID:???
試合開始。比呂・野田のバッテリーは、多彩な変化球を駆使して、直球勝負を望む英雄を翻弄する。
第1打席:英雄との対決のために練習してきた高速スライダーで空振り三振(振り逃げ)。
第2打席:直前の走塁で息が上がったため、3球連続スローボールの省エネ投球で見逃し三振。
第3打席:スローカーブを捕らえられるが、ピッチャー強襲のセカンドフライに打ち取る。
「真っ向勝負=打者にとってのきれいごと」だとかわす投球を続ける比呂は、第2打席で息の上がった
比呂を見て、打席に入るのを遅らせた英雄の気遣いをも無視し、ただ試合の勝ち負けに徹する。
観客席で見守るひかりは、「最終第4打席に全てを賭けて真っ向勝負する」比呂の真意に気づいている。

試合は、野田のソロなどで千川が2−0とリード。9回2アウトランナー無しで、英雄に第4打席が回る。
最終打席。この試合、投手・国見比呂の見せる、打者・橘英雄との「最初で最後」の真っ向勝負。
1球目。今日いちばんのストレートにドンピシャで合わせられるが、バックネットにファール。
2球目。疲労が色濃い比呂が「HRでも2−1」と思いつつ投じたボールは完璧に捕らえられたものの、
レフトポール際へファール。それまで無風の甲子園に一瞬だけ吹いたその風は神様の悪戯だったか。

HR性の完璧な当たりがファールになる。それを見送った比呂は「どうしてもおれに勝っててか……」と
高速スライダーのサインを野田に出す……が、鋭く力強く自分を見据える英雄の視線を感じ、ふと思う。
比呂「勝手に信じ切った目だな……100%ストレートしかないってか。
──それだよ英雄。忘れるな。その融通の利かねえバカ正直さに──雨宮ひかりはホレたんだ」
比呂は渾身のストレートを投げ込み、英雄を三振に打ち取る。マウンド上に出来た歓喜の輪の中で、
ひとり「勝利の涙ではない」涙を流す比呂。観客席のひかりの頬にも、同じように涙が伝う。

40 :H2 3:2005/03/30(水) 08:09:21 ID:???
試合後。人気のない土手に佇む英雄に、ひかりは声をかける。9回のあの打席、それまでストレートが
来ると頑なに信じていたにも拘らず、最後の最後で高速スライダーが頭を過ぎり、比呂を疑ってしまったと
いう英雄。落ち込む英雄に対し、ひかりは「比呂はただ、ヒデちゃんを三振にとっただけよ」と言う。
「誰よりも 雨宮ひかりが必要なのは、この俺だ」そう心の内を話した英雄は、「最初から選ぶ権利なんて
なかった」というひかりを静かに抱き寄せる。

一方、比呂は野球部の仲間とカラオケ(比呂が歌うのはゆずの夏色)に興じ、夜が更けていく──。

翌日。決勝当日の早朝。早起きし、真っ青な空に向かって紙ヒコーキを飛ばす比呂と春華の会話。
春華「どこへ飛んで行ったの?」
比呂「ちょいと 大リーグまでかな」
春華「じゃ、スチュワーデスは わたしだ」
比呂「たぶん な」

みんなが起きだし、いつも通りの慌ただしい朝。比呂たち千川高校の野球部員が乗り込んだバスが
甲子園へ勢いよく出発する画に重なる「今日もまた、暑くなりそうです──」 <了>

あだち充/『H2』より 千川対明和一の試合直前からラスト(※決勝の結果は明かされない)まで

41 :H2:2005/03/30(水) 08:16:42 ID:???
追加です。↓を忘れてました。

試合終了後の、比呂・野田バッテリーの会話。
野田「スライダーのサインだったぞ」
国見「曲がらなかったんだよ。お前こそ、どうしてミットを動かさなかった?」
野田「たぶん、曲がらねぇ気がしたんだよ」
国見「あんな球、二度と投げられねぇよ」
野田「投げさせられたんだよ。誰かに、な」

>リク主さんへ
『H2』のラストは、曖昧さや微妙さ、作者独特の「画で見せる」やり方が前面に出て、あだち節全開です。
読み手が、どの登場人物により感情移入しているかによって解釈にバラつきが見られるようなので、
出来るだけ客観的に文字に起こしましたが、機会があったら実際に読んでみることをお勧めします。


42 :ベルセルク:2005/03/30(水) 15:08:01 ID:???
すっかり焼け野原となった霧の谷に、髑髏の騎士が通る。
その跡から見えるガッツの戦いに思いを馳せた後、彼はロシーヌの使ったベヘリットを
探し出し、飲み込んだ。

ロシーヌ戦の傷は深く、満身創痍で剣に寄りかかって森の中を歩くガッツ。
辺りから悪霊が囁きかける。パックが発見した時、ガッツは倒れて悪霊にまとわり付かれていた。
悪霊をイガ栗で撃退するパック(あまり真面目にやっているようには見えない)
呆れて笑うガッツ。そんなところを遂に聖鉄鎖騎士団が発見、取り囲む。
剣を右手に括り付けているだけでまともに振るのも困難な重症でガッツは苦戦するが、
相手もほとんどが実戦経験のない貴族の子息のため(聖鉄鎖騎士団はそういうものだった)、
上手く避けて回って翻弄する。そして全力での一振りで、5人を斬り殺す。
不慣れな兵士に任せても被害が増すばかりと出てきたのは副長“鉄棍鬼アザン”だった。
ガッツもその名は幼い頃に聞いたことがあった。またの名を橋の騎士、橋の上で
怪我で立ち往生している老人をかばい、軍隊と道を譲るかで争ったという逸話の持ち主として。
(「老人を担いでいけばいい」という意見に対して彼が言うには「通すべきスジがある」
のだそうだ)
だが腕は確か、その怪力と正確で速い攻撃に苦戦するガッツ。

何よりこの怪我と消耗ではアザンを斬ったところで残った連中に捕まるのは目に見えている。
そう考えたガッツは頭のファルネーゼを狙うが、傷に触れてよろめいたところを
ファルネーゼが必死で突き出した剣に当たり倒れてしまう。
殺された仲間の仇を討とうと襲い掛かる騎士団の連中だが、「剣を帯びる者は自らも
剣によって倒されることを覚悟せねばならぬ。騎士の戦いを愚弄するな」とアザンが止める。

43 :ベルセルク:2005/03/30(水) 15:08:22 ID:???
武装を剥がされた上拘束されて尋問されるガッツ。その武装の山に加え、異教の神器ともとれる
ベヘリット。不審に見られるには十分だった。
だが「中身のない神さまを語る奴に言っても分かりゃしねえ」と取り合わず、挑発するガッツ。
更に「無理してるなあんた。神だの団長だの振りかざしたところで人望ってやつあついてきや
しないぜ。あんたはあんたの崇めてる置き物の神さまと同じ、中身すっからかんだ」と
言ったのが痛いところをついたのだろう、激しく鞭で打ち据えられる。
結局拘束されたまま、寒い中外の檻に放り込まれるガッツ。
だがそこへ檻の鍵を盗んでパックが現れる。パックに頭を下げさせられたりしつつも
無事脱出するガッツ。だが夜の悪霊はパックでも撃退できた昼のものとは段違いだ。
武装を取り返しに行って、自らを鞭で打ち据え神に懺悔するファルネーゼに遭遇するガッツ。
パックの能力もあってもまだ十分回復していないこともあり、ファルネーゼを人質に
逃げることに。ついでに馬の尻に火をつけ撹乱させ、自分も奪った馬に乗って。
混乱する中で真っ先に追いかけたのは、普段やる気なさげな紋章官セルピコだった。
だが彼はその中で見たこともないもの――悪霊の群が通り過ぎるのを見た。

一方パックは、ファルネーゼが自分を認識できないことに気付いていた。
何故か坊さんにはこういう、エルフを認識できない者が多いと言うパック。
旅芸人一座の占い婆さんに聞いた話では「堅い世界を持つ者には妖精は見つけられない」とか。

44 :ベルセルク:2005/03/30(水) 15:09:18 ID:???
悪霊の群を斬り捨てるガッツ。だが馬上で大剣を振り回したため馬が持たずに転倒する。
そんな中でとりあえずファルネーゼを助け、なぜ自分を狙うのか問うガッツだが、
悪霊に驚きファルネーゼは怯えつつも「背教者に話すことなどない」と逃げようとする。
しかしそこに野犬の群が出現、更に悪霊が取り憑き人面犬の集団と化してしまう。
「こんなものがいるはずねぇか? だから奇跡ってんだろ。オレはもう奇跡は間に合ってる」と
言い、いつものように斬り続けるガッツ。一時は逃げようとしたりしたファルネーゼも、
夜が白み始める頃にはただ呆然と見ているだけだった。そして痛感していた。
ただ逃げ惑い震えて縮こまっていただけ、神の御名すら唱えることのできなかった自分、
いやただ無力なだけでなく、ガッツを尋問と称して鞭打ち、自省と称して自分を鞭打つ時に
快楽を感じていた、暗い欲望しかない自分を。
そこに悪霊がつけ込む。

戦い終えて息をついているガッツに、取り憑かれたファルネーゼが全裸になってのしかかる。
動揺する間に首を絞められそうになるが、殴って正気を取り戻させる前に朝日が昇り、
照らし出されて悪霊は消えていった。
しかし正気に戻ったファルネーゼは、自分の姿に泣き叫ぶのだった。
そこにセルピコが迎えに現れる。「私の名誉のためにあの男を殺しなさい」と泣きながら
セルピコに命ずるファルネーゼだが、セルピコは「捕まえるのが任務だし、ぼくには無理です」
と言う、泣いて走り去るファルネーゼ。
だがそこで、様子見ながら剣を交わす両者。セルピコは実はかなりの実力のようだった。
とりあえずその場は剣を収めて去るセルピコ。ファルネーゼは去りながら、
「あの男を殺して口を封じなきゃ」と考え続けていた。

(続く)

45 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 02:13:37 ID:???
前スレ>585-590の続きいきます。「飢餓一族」最後です。
ちょっと説明しにくいので分かり辛かったらすみません。

46 :飢餓一族・第5話(1/2):2005/03/31(木) 02:18:19 ID:???
首が痛い――
聖子の意識は闇へ閉ざされた。

朝の光。鳥のさえずり。
目覚めると、聖子は布団に寝かされていた。
触ってみると首はしっかり付いていた。安堵する。夢だったのか…。
「別に夢じゃありませんよ。」
日柿の登場に心の底からびびる聖子。
やっぱり首を切ったら死にそうだから止めたという日柿。
「僕の花嫁にはなれないということだ。」「結婚しないかもしれない子と付き合うほど暇じゃない。」
日柿は聖子と結婚する気満々だったらしい。
「そんなっ、あたしのどこがそんなに気に入るの?」
「どこって。胸の形が好きだなあ。」
「それって激しくあたしの人格とかから離れてない?」
こんなことを言われるも、日柿に「花園さんの詩が好きだ」と言われただけで幸せになり、
結婚してもいいかも…なんて微妙に思ってしまう聖子。
聖子に問われ、日柿は日柿家の過去を語り始めた。

―――日柿家の先祖は領主でした。ひどい領主でした。
ある年、村は飢饉にみまわれました。
けれど領主は彼らに食料を与えず、独り占めにしていました。
さて。領主はそんな男でしたが、その奥さんは心優しい人でした。
村人たちを助けるよう、奥さんは何度も領主に頼みました。けれど領主は聞き入れませんでした。
そこで奥さんは領主を欺き、村人を倉まで案内しました。
けれど結局領主に見つかってしまいまい、倉に盗みに入った村人たちは見せしめに断首。
そして己を責めた奥さんは、自ら首をかき切ったのです。
満ちた月の夜でした―――。

「それ以来呪いがかかって、日柿の血を継ぐ者は、満月のときには食人するんです。
 そして日柿の男は必ず、妻に首を切らせる運命になるんです。」

47 :飢餓一族・第5話(2/2):2005/03/31(木) 02:34:41 ID:???
聖子を引き寄せ、日柿は問う。「首をかけて、僕の花嫁になれる?」
聖子は答える。首はかけない、と。
そんな不幸な呪いは打ち破るべき、だからあたしが首を切らない奥さんになってあげる、と。
「だから!!日柿のこと、好きだっていってんの!」
そして聖子は、日柿の語った話のエンディングを作り替えて語りだす。

―――奥さんが死んで領主は気付くの。
自分の心の卑しさ、醜さ、そして奥さんをとても愛していたことを。
領主は後悔して、嘆いて、反省して、島中をさまようの。
さまよって、さまよって、さまよって、ついに一番奥の屋久杉のところで、
なんと!首を元通りにくっつける魔法の薬を発見したのよ!
そして妻と村人の首をくっつけた領主は心を入れ替えてみんなのために尽くしたの―――。
死ぬまで幸福にみんなは暮らしましたとさ!ハッピーエンドよ!

「……そんなばかな。都合が良すぎるよ。」
「いーえ! こういうラストよ!これでいいの!」
「……………花園さん。これだからあんたの作品って、バカバカしくてメルヘンで恥ずかしいんだよ。
 ……だから、俺、あんたの作品が大好きだよ。
 あんたのかっこいい胸の形より、大好きだよ。」

二人はキスを交わし、本物の恋人同士になったのでした。

48 :飢餓一族・第5話(2+1/2+1):2005/03/31(木) 02:35:47 ID:???
後日談。数日後、学校の帰り道。
先日の話で説明つかないことは幻覚のせいだと言う日柿。
日柿曰く、害虫避けの香のせいで初めての人は幻を見るらしい。
…日柿は変で、どこまで本当かいまいちよくわからない。でも、

「幸せだからいっか。」



飢餓一族・完。

49 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 02:37:45 ID:???
以上で「飢餓一族」終了です。
最後改行で入らず…。
出来る限り客観的紹介をするよう努力しましたが、出来ていない部分は申し訳ないです。
主観で感想を言わせてもらうと、聖子が大変可愛らしいです。意地っ張りな乙女で。
グロほぼ無しエロ無しホモ無しなので、一般の方にも安心して勧められる感じです。
あと聖子の超乙女チックポエム、ご希望があれば書きます。乙女です。

50 : :2005/03/31(木) 10:49:55 ID:???
どんなんだか気になってきた>乙女チックポエム

51 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 12:57:25 ID:???
『エリカの丘の物語』の2巻の内容が知りたいです。
1巻は持ってました。
大まかなあらすじでいいので、お願いします。

52 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 14:38:49 ID:???
小椋冬美「さよならなんていえない」
くらもちふさこ「東京のカサノバ」

上記2作品のストーリーが知りたいです。
まとめ方は書き手さんにお任せしますが、
出来ればコンパクトにしてもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします。

53 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 16:04:03 ID:???
飢餓乙。なんか作者のイメージと違うな。

54 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 20:02:21 ID:???
ところで予約っていつまで有効とかあるの?
予約だけでずーっと書いてないやつとかあるけど…。

55 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 20:54:41 ID:???
>>54
その予約制度さ、確かに投稿が重複しないメリットはあるんだけど
予約したあと一旦放っておかれると他に書きたい人(書ける人)が手を出せなくなるんだよね。

管理人さんも全部の予約を拾いきれてないみたいだし、1回リセットしてみたらどうかな。
予約無で書き始めてもいいんだし。
もう先に書いたモン勝ち、補足したい人はそのあとどうぞって感じで。

56 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 21:02:14 ID:???
俺は予約されてても書きたいものは書く
俺が予約した側だったら別に先に書かれても気にせず自分が書いたものを投下するしな

57 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 21:10:47 ID:???
前から気になってたんだけど
名前のとこのマロンって何のこと?

58 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 21:43:01 ID:???
漫画サロンの略。
ちなみにアニメサロンはメロン。
しかしゲームサロンはゲロンではなくゲサロ。

59 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 21:53:22 ID:???
>>58
知らなかった・・・
サンクス

60 :マロン名無しさん:2005/03/31(木) 23:54:16 ID:???
>>54
数ヶ月・半年経ってるものは流石に期限切れかと。
書きたい人がいるなら、放置気味なら書いてしまっていいと思う

61 :マロン名無しさん:2005/04/01(金) 00:03:34 ID:???
『下弦の月』
矢沢あいの異色作。幻想的ともホラーとも言われる。
「りぼん」読者層にはあまりにも難しすぎたためか、不評のまま連載を終了し
矢沢作品の中でも日の目を見ない作品だったが、徐々に好評を博し04年秋に映画化。
それに伴って愛蔵版や小説が出版されるなど、連載から6年の後ヒット作に名を連ねた。

人気作を多く排出した矢沢作品の中でも、大絶賛か否定か、特に読者を二分する作品。

全三巻 各410円
愛蔵版 上下巻 各1200円

62 :下弦の月 登場人物:2005/04/01(金) 00:05:29 ID:???
望月美月(イヴ)・・・高校生。美少女。劣悪な家庭環境で育つ。
アダム・・・謎のロックミュージシャン。金髪碧眼の美青年。
白石蛍・・・小学生。飼い猫を探すうち事故に遭い、夢の中で美月と出会う。
安西知己・・・美月の恋人だったが、美月の友人と関係を持ったことから破局。
香山沙絵・・・小学生。蛍の頼れる親友。
三浦正輝・・・小学生。蛍の想い人でクラスメイト。
杉崎哲・・・小学生。町医者の息子。正輝の親友。
上條さやか・・・洋館のかつての住人でアダムの恋人。17歳のとき病気で他界。

63 :下弦の月 1:2005/04/01(金) 00:11:59 ID:???
夜空に下弦の月が輝くある夜のこと。
同時刻に、二人の人間が交通事故に遭った。
二人は夢の中で不思議な出会いをすることになるのだが・・・。

街を彷徨っていた女子高生の美月は、路上で歌うミュージシャン・アダムと出会う。
アダムの寂しさに触れ、共にある洋館で暮らすようになった美月。
アダムが自分を死んだ昔の恋人と重ねていることを知りながら、美月は彼についていくため
家を出、待ち合わせ場所の前の交差点でトラックに引かれてしまう。
それも偶然居合わせた知己の目ので・・・。

小学生の白石蛍は、飼い猫「ルル」を探すうちに車にはねられる。

二人が再会するのは、廃墟となった洋館。
しかし美月は、名前すら思い出せない記憶喪失状態で館から出られないでいた。
覚えているのは、アダムという恋人のことだけ。
蛍が廃墟に入り込んだことを心配して付いてきた同級生には美月が見えていないことから、
彼女が幽霊なのだと分かり、「アダムの恋人だから」という理由で、蛍は美月を「イヴ」と名付ける。

イヴについて蛍たちは途方に暮れながらも、その洋館に住んでいた家族を調べていく。
そして20年ほど前、洋館には「上條」一家が住んでおり、ピアニストを目指してロンドンに留学した
娘・さやかがいたことを知る。イヴに確認したところ、イヴのネックレスに「S.K.」のイニシャルが
入っており、イヴは上條さやかだと思われたが、手に入れたさやかの写真はイヴの容姿とは
全く異なっていた。

64 :下弦の月 2:皇紀2665/04/01(金) 00:32:57 ID:???
蛍たちは、夢のことから新聞記事で蛍と同時期に交通事故に遭った人がいないかを調べ、
望月美月を発見。事故以来病院で眠り続ける美月と、イヴが着ている洋服や指輪があった。
しかし蛍たちの前に現れた美月の恋人は、アダムではなく安西知己という日本人の高校生。
混乱する蛍たちだが、イヴを唯一知覚できる蛍は美月をイヴだと確信し、行方不明だった
2週間の間にアダムと出会ったのだろうと推測する。

しかしそれに反してイヴは上條さやかとしての記憶を徐々に取り戻していく・・・。

イヴの弾くアダムの曲から、蛍たちはアダムが19年も前に薬物に溺れ亡くなったバンドの
ヴォーカルであることを知る。そしてさやかがアダムの早逝した恋人であったことも。
上條さやかとしての記憶に大きく支配されたイヴ。
アダムに会いたいと泣くイヴ。彼女は美月なのか、さやかなのか。

なぜ、同じ時代を生きていない美月とアダムが出会ったのか?
美月としての記憶の中にさやかの記憶が混ざっているのではないか。
イヴにアダムの死を知らせれば、イヴの中からさやかが出て行き、
美月が解放されるのではないか――?
そう考えた正輝達は、蛍の躊躇を押しのけ正輝はイヴにアダムの死を伝えるが、
それを聞いたイヴはショックで生命力が衰えてしまう。
霊は館から消え、正輝は病院で美月の容態の悪化を知ることになる。

65 :下弦の月 3:皇紀2665/04/01(金) 01:01:12 ID:???
蛍は、イヴが美月とさやかのどちらの記憶も自分のものだと言っていたことや
蛍自身がそれまで感じていた違和感に気付く。

イヴはアダムに会いたいと願い、交通事故にあった場所に現れるが、アダムが現れることはなく
絶望に陥り、生きてと訴える蛍の叫びも虚しく霊体は完全に消えてしまう。
イヴ=美月は再び白い柵が延々と続く世界にいた。
美月は、アダムに会えないのは、自分が知己の声に振り向いてしまったからではないか、
蛍たちへの一番の恩返しは生きることではなかったのか、と
これ以上傷つかないように閉じこもっていた自分を責める。

孤独に蹲る美月の柵の向こうにアダムが現れ、愛していると告げ去っていった。

病院で目覚めた美月は、洋館やアダムや蛍たちのことをなにも覚えていなかった。
蛍たちは彼女と過ごした日々を寂しく思いながらもまた元の日常に戻っていく。
所用でロンドンに行った正輝はアダムの墓を参った。

さやかが死んだことで荒れ、自らの命をぞんざいに扱って時の牢に閉じ込められたアダム。
ほんの短い期間、19年という月の周期。
19年前のあのときと全く同じ月。
その二週間の間だけ力が満ち、アダムは現世を過ごすことができた。
そして、さやかの生まれ変わりである美月と出会った。
彼女は現世でも変わらず自分を愛してくれたが、アダムはやがて美月が不幸であることを知り
彼女を連れて行こうと考えた・・・。彼女が望むなら。
しかしそこに未来はない。
アダムは現世で美月を愛している存在を知り、もう二度と会えないことを知りながら、
愛していると告げて美月の魂を解放したのだった。

66 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 01:30:11 ID:???
おおまかなストーリーだけの抜粋ですがこれで一応終わりです。
訳分からないところもあるかもしれませんが、原作は筋道立ててあります。
事故後は美月から蛍に主人公がシフトチェンジして推理ものになる構造になっていますが
基本は恋愛もので、独特の雰囲気に魅せられる漫画です。

ちなみに映画はラルクのHYDE氏がアダム役だったり、原作で理屈を通してあるところや
そこに行き着くまでの流れを削っていてわけの分からないものに仕上がっています('A`)


>>64の下から三行目、「正輝は」は余計でした。

67 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 01:43:10 ID:???
>>64の2行目もちょっとおかしいような

68 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 02:03:37 ID:???
>>67
ハッ!
上から書き換えたのがバレバレですねorz

64の二行目の訂正文
事故以来美月は病院で眠り続けており、病室にはイヴが着ている洋服や指輪があった。

69 :PALM ALLSTAR PROJECT:皇紀2665/04/01(金) 04:31:08 ID:???
タイトル長いので、以後 ASP と略します。
【新着キャラ】
●フロイド・アダムス シャーロット退任後の新任警部。
もの凄いお坊っちゃまだが口が悪く、自称「JB(ジェームス)のライバル。」
以降レギュラー化。
●フリス・モルダー ジェームスの務所仲間で美人のゲイ。
オカマではないので喋り方は普通。以降レギュラー化。
●エドワード・ヒューズ(通称:長老) 引退した金庫破りでジェームスの務所仲間。
●テレンス・O・ハレウット 二つ名を持つ結婚詐欺師でジェームスの(ry
又の名をエットーレ・マルティネリ。通称:伯爵。
●ダニエル・レビン スラムの元締めでアビーのボス。
●ウェード レビンの用心棒。
●ラングダン レビンに雇われている殺し屋。
【あらすじ】
カフェの開店資金を騙し取られたアビーの為、ジェームス達はレビンに吊り店(大掛りな詐欺)を仕掛ける事に。
同じ頃、サロニーとCIAの関係を知るジェームスを社会的に抹殺しようと、サーリングが動き出す。
彼はマティック(マイケル誘拐犯)を捕え、シャーロットとFBIのフロストを巻き込み、ジェームスの過去を暴こうとする。
一方、映画を使った吊り店は新任警部=フロイドの協力を得て、佳境へ。
そんな中、独自に調査を始めたフロストは、ある事実を掴み…!?
劇中劇にオールスター総出演の、大騒ぎな一編。

70 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 07:57:10 ID:???
まとめサイト出版オメデト(^_^)∠※PAN!

71 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 10:46:49 ID:???
どなたかエアギアのおおまかなあらすじお願いします。

72 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 10:50:07 ID:???
甲子園に出てる後輩たちの試合開始まで暇こいてる俺が
ちょっとまとめてみましたよ。今後の参考にどうぞ。
あとベルセルクとか含んでないけど、それは進行中のなかに
入ってなかったからってことでひとつ……
それから『時間旋律』ってタイトルはぱっと見て見当たらなかった。

73 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 10:51:03 ID:???
以下、進行中タイトルと最新更新日時
────────────────────
天空の覇者Z(04/02/08)
少年魔法士(04/02/13)
ナイトガンダム物語外伝(04/03/01)
狂四郎2030(04/03/14)
聖戦記エルナサーガTOKYO TRIBE2(04/03/16)
お迎えです。(04/03/17)
ドラゴンクエスト エデンの戦士たち(04/03/17)
最終兵器彼女(04/03/20)
天〜天和通りの快男児〜(04/04/05)
てるてる×少年(04/04/07)
輝夜姫(04/04/09)
天然コケッコー(04/04/09)
コミックマスターJ(04/04/19)
クリスタルドラゴン(04/04/26)
銀のヴァルキュリアス(04/04/27)
夢やしきへようこそ(04/05/01)
不思議な少年(山下和美)(04/05/04)
のび太と銀河超特急(04/05/14)
ドラゴンクエストモンスターズ+(04/05/15)
強殖装甲ガイバー(04/06/02)
辺境警備(04/06/09)
銀の勇者(04/06/10)

74 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 10:51:51 ID:???
スパイラル〜推理の絆〜(04/06/12)
観用少女(プランツ・ドール)(04/06/15)
RAVE(04/06/16)
卓球戦隊ぴんぽん5(04/06/21)
イティハーサ(04/07/07)
BAROQUE〜欠落のパラダイム〜(04/07/13)
陽の末裔(04/08/27)
笑う大天使(04/08/31 紹介終了?)
クロノクルセイド(04/09/01)
少女少年(04/09/25)
アンジェリク(04/09/28)

───ここが半年の区切り───────

遊☆戯☆王(04/12/08)
西の善き魔女(04/12/19)
アラベスク(05/01/01 第1部紹介終了)
ナイトメア★チルドレン(05/02/08)
シャルトル公爵家シリーズ(05/02/09)
光のパンジー(05/02/11)
攻殻機動隊(05/03/10 紹介終了)
PALMシリーズ(05/03/24)
日本国大統領桜木健一郎(05/03/27)

75 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 10:52:39 ID:???
以下、予約タイトルと予約日時
────────────────────
パンゲアの娘KUNIE(04/01/27 紹介終了?)
烈火の炎(04/03/02)
グラビテーション(04/03/11)
西洋骨董洋菓子店(04/03/11)
特攻天女(04/03/11)
秘境探険ファム&イーリー(04/03/11)
ビビットキッズカンパニー(04/03/11)
綿の国星(04/03/17)
あまいぞ男吾(04/04/06)
犬神(04/04/09)
桜蘭高校ホスト部(04/04/12)
武装錬金(04/04/18)
ワイルドアームズ 花盗人(04/04/18)
ARMS(04/05/03)
王ドロボウJING(04/05/03)
KING OF BANDIT JING(04/05/03)
サリシオン(04/05/07)
ケロケロちゃいむ(04/05/11)

76 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 10:53:17 ID:???
天使禁猟区(04/06/20)
魔女っ子戦隊パステリオン(04/06/24)
無敵戦艦ワルキューレ(04/06/24)
少女革命ウテナ(04/09/13)
女神の赤い舌(04/09/14)

───ここが半年の区切り───────

学園アリス(04/12/05)
幻想水滸伝3(05/03/22)
刑務所の中(05/03/25)
ここはグリーンウッド(05/03/25)
爺さんと僕の事件帖(05/03/25)

77 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 12:35:41 ID:???
禿しく乙。
>>73でエルナサーガとTOKYOTRIBEがくっついてるけど

78 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 19:15:32 ID:???
>72-76
おお素晴らしい。
蝶乙。激しく乙。

ところで「パンゲアの娘KUNIE(ゆうきまさみ)」と「パンゲア(浅野りん)」が混ざってない?
パンゲア(浅野りん)は04/07/08予約で7スレ目。
娘の方、まとめサイトの「は」行に無いなーと思ってたら「KUNIE」で「か」行にあった。

79 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 20:43:49 ID:???
>>38-42
おおー、ありがとうございます。
試合の結果がわからない、というところがあだち充っぽいですね。
機会があったら読んでみます。

80 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 20:44:27 ID:???
>>79
アンカーずれたorz
すいません・・・。

81 :キャリアこぎつねきんのもり:皇紀2665/04/02(土) 00:22:34 ID:???
條辺早歩は一流ホテルの顧客サービス部に勤めるキャリア女性。
忙しく日々を過ごす彼女のもとに、條辺家の顧問弁護士・十川が訪ねてくる。
今の早歩の生活には殆ど関係がないのだが、條辺の本家は旧家で資産家。
その当主が亡くなり、早歩に遺された遺産は…狐の面をかぶった大きな市松人形?!

十川が「童子(わらし)さま」と呼ぶその人形は、亡くなった女当主の遺言で條辺家の女性に遺されたのだが、これまでの相続人はみんな「童子さま」にふさわしくなかったため、最後にたどりついたのが早歩だという。
一度は辞退した早歩だが、結局三ヶ月だけという条件で人形の面倒を引きうけることに。
十川は早歩が條辺家の資産に興味を見せないのに関心を持ち
「今度の行き先は、口はキツイけどそう悪い人じゃないらしいですよ」
などと童子さまに声をかけて去っていった。

十川が去り、人形に触れて早歩は驚愕する。
童子さまは、身動きしないで眠っていた、正真正銘にんげんの女の子ではないか…!

慌てて再度連絡をとろうとしても十川は捕まらない。
口うるさいので敬遠していたおばの夏子といやいや連絡をとってみると、童子さまは亡くなった女当主・綾子さまのひ孫で、本当の名前は緋和子。
両親を交通事故で亡くして以来、口をきかなくなり、狐の面も決して外さないのだという。
綾子さまは條辺の女達の間で緋和子を育てろと遺言したのだが、どの家庭も十川の眼鏡に適わず、童子さまははとこにあたる早歩のところまで流れてきてしまったのだ。

夏子おばは童子さまを自分のところに戻すようにとしきりと早歩に訴えるのだが、それもそのはず。
童子さまの後見人には養育費として二億円が譲られるというのだ。
後見人になる条件は、童子さまが自分で「(緋和子という本名ではなく)親から呼ばれていた名前」を口にするか、自分から狐のお面を外した相手。
夏子は童子さまの後見人になろうと焦るあまり干渉しすぎ、その姉の冬香おばに至っては、しつけと称して緋和子の手を縛り付けたことがあるらしい。
どちらにも童子さまは渡せない…。

82 :キャリアこぎつねきんのもり:皇紀2665/04/02(土) 00:26:49 ID:???
早歩の奮闘がはじまった。
子供のために自分の仕事と生活のペースを崩すつもりはないと宣言する早歩を十川は鼻で嗤う。
ただでさえ育児の経験などない上に、童子さまは口をきかず、面も外さない。
お風呂は脱衣カゴにしていた大きなバケツで、鍋ぶたを顔にかぶせたままいれる事でクリア。
お腹がへっているとき、お腹が痛いときの合図も決めた。
大きな雛飾りを組み立てるために、十川と二人がかりで夜中まで作業することになったが、呼びつけた十川は厭な顔ひとつしなかった。

十川の采配で託児所に入ることになった緋和子だが、狐の面を他の子供たちが怖がって追い出されてしまう。
やむなく職場に連れて行くが、あくまで人形としてなら…かまわない…かも…と上司はむにゃむにゃ。
ひな菓子をあげたりして、意外と緋和子がかわいいらしい。だが、子連れ出勤なんて許されるのか、とねじこんできた別部署の社員に、室長は思わず緋和子の前で「これは人形だ」と言い張ってしまう。
その言葉に、大事なひな菓子が膝から落ちてこぼれてしまっても緋和子は身動きひとつしなかった。
その姿に、かつて「お前は人形だ」「人形になれ」と誰かに強いられたことがあったのでは…と、早歩は緋和子を不憫に感じる。

十川からはこまめに連絡が入る。大人にとってはたかが三ヶ月でも、緋和子にとっては毎日が長い一日。
「その一日の積み重ねでこれからの童子さまが形作られていくのです」
その言葉に、早歩は緋和子と過ごす日々の重みを感じる。


83 :キャリアこぎつねきんのもり:皇紀2665/04/02(土) 00:28:25 ID:???
ある夜早歩のマンションにサングラスの若い女が押しかけてくる。
緋和子を渡せ、私は母親だと言いはる彼女だが、緋和子は怯えて震えるし、どうもおかしい。
早歩が一喝してひとまず追い返した。
彼女の正体は緋和子の母の妹。血縁者としては緋和子に一番近いが、條辺の家の人間ではないから後見人たる権利は生じないのだが…。
二億円目当てに、嫁ぎ先と離縁して條辺姓に戻ろうとする親戚も出てくる始末で、緋和子の争奪戦はいよいよ激しさを増してきた。

室長が口を滑らせたせいで、長期滞在客に童子さまの存在が知られてしまう。
好々爺の須藤氏がメロンをくれれば、マダム葉瀬はルームサービスでスイーツ三昧。張り合うように可愛がってくれるのはいいのだが、早歩は頭が痛い。
あるとき、マダム葉瀬が着物を着てみせると、緋和子は急に怯えて暴れ出した。
夏祭りに連れて行った夜も彼女は夢の中で激しくうなされていた。
物言わぬ緋和子の過去に何があったのか…。
夏子おばに言わせれば、綾子さまは厳格でそれはしつけにうるさかったという。
そのせいなのだろうか…。
これほどまでに深く刻み込まれた童子さまのつらかった思い出を、早歩の力で少しでも塗り替えていくことができるのだろうか…。

84 :キャリアこぎつねきんのもり:皇紀2665/04/02(土) 00:30:19 ID:???
一巻は上記まで。

條辺早歩…ショートカットのキャリアガール。
十川七生…條辺家の顧問弁護士。メガネのイケメン。
條辺緋和子(童子さま)…本来なら「今年から幼稚園」5〜6歳の女の子。

ストーリーは童子さまの謎に迫るのに平行して、未婚で弟妹もいない早歩が子供に接する苦労と新鮮な驚きの日々をうまく描いてあります。

顔を洗いたがらない童子さまに顔ダニの画像を見せて脅したり、夜店のおもちゃ屋の屋台の前で待ち合わせしたけれど、子供の視線の高さではその場所が見つけられなかったり…という小さなエピソードのひとつひとつも面白いです。


85 :マロン名無しさん:皇紀2665/04/02(土) 01:03:53 ID:???
>>74
攻殻機動隊は紹介終了してないよ。1冊の半分もいってない。
書き手がこれ以上続けるつもりなのかどうかは知らないけど。

86 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 03:32:58 ID:???
キャリア略乙。
タイトルと表紙から、
『ふと休暇をとったキャリアウーマンが実家のある田舎に帰って
神社の森を探索していると狐の面をかぶった小さい男の子と再会するが
昔会ったのは自分が子供の時だったのになぜ彼は子供のままなのか?』
という感じの民話風味ほのぼのミステリー話を予想してたが全然違ったな

87 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 04:57:45 ID:???
>>77-78 >>85
おお、ほんとだ。指摘どうもです。『時間旋律』も見つけたから訂正する。↓

進行中タイトル
────────────────────
TOKYO TRIBE2(04/03/14)
聖戦記エルナサーガ(04/03/16)
攻殻機動隊(05/03/10)

予約タイトル
────────────────────
時間旋律(04/06/29)
パンゲア(04/07/08)

……この一覧を作ってて思ったんだが、半年以上経過したもの(特に予約だけのもの)については
「新たな書き手求む」ってことで一度リセットしたらどーすかね?キツイ言い方だと強制撤去。
書き手がみんな>>56氏みたいな積極的姿勢だったらいいけど、そうもいかないだろうし。
それから、「予約」も放置する危険性があるならリク主が肩透かし食うだけだからやめてもいいかと
思うんだけど……まぁ、これは個人的意見。とにかく書き手が少しでも増える環境を作りたい。

88 :PALM ASP 1:2005/04/02(土) 05:00:54 ID:???
サロニー事件の傷も癒えたある日、出所した刑務所仲間達が挨拶にやってくる。
ティットも加わり、近く出所する長老のお祝いパーティをオーガス邸で開く事に。
ボアズの代わりにアビーがパーティに参加し、その席で彼女は娼婦を辞めると宣言。
だが、帰宅したアビーを、ここらの娼婦の元締めであるレビンの用心棒ウェードと、
今はレビンの下で働いているシンが待ち構えていた。
アビーはカフェの開店資金5万ドルで「辺鄙な砂漠の土地を買う」
という書類に無理矢理サインをさせられ、ウェードに手指を折られてしまう。
まだ人々が残るオーガス邸に戻ったアビーは「もう娼婦をやるのは嫌だ」と泣く。
ジェームスはレビンに話をつけに行こうとするが、長老がそれを止める。
「確かにあんたが行けばレビンは金を返すじゃろう。
じゃが、あんたが動けば話は何倍にも膨れるんじゃ。
そして、それを聞いたサロニーみたいな奴がやってくる。世の中バカが多い。
じゃが、そういう奴らをいつまでも相手にせにゃならん様なら、あんたもバカだぞ」
それもそうだと善後策を話し合っているところへ、刑務所で嫌われ者だった(ので招かれていない)詐欺師=伯爵が訪ねてくる。
彼は出所を機に詐欺師を辞めようと思っており、最後に大仕事をしたいという。
アビーの話を聞いた伯爵は、レビンに吊り店を仕掛けようと言い、ジェームス達もその話に乗る。
過去にレビンに酷い目に合わされた娼婦達の慰謝料も含め、目標金額は200万ドル。
うまくいけば、レビンはほぼ無一文で街を去る事になる。
ジェームスが筋立てを考え、手口は映画の投資詐欺に決まった。
「撮影の途中で中止を喰らい、レビンは金を取り戻せなくなる。
中止の危険がある事は初めから解っていた方がいい。
いちかばちかの賭けで、それでも大金を投資する価値があると思わせるような映画だ」
原作選びはなかなか難しい事である。
誰もが知っている有名作はNG、マイナーな問題作でありながら、熱烈な支持がある作品でなければならない。
アビーも交えての会議中、偶然シンがやってくる。
「よ!皆さんお揃いで!」
脳天気にハトコを訪ねてきた彼は、アビーの顔を見るなり逃げ出すが、務所あがりのお兄さん達に捕まってしまうのであった。
続く

89 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 09:00:23 ID:???
>>87
まとめ乙です
書き手としては予約制度をなくされるのは嫌だな。少なくとも自分は。
多少書き始めが遅くなることはあるけど(っても個人的限度は2週間くらいだけど)
ある程度の巻数があるとコミックスを読み直したり、結構な時間を使って書くわけで
それで先を越されると(´・ω・`)ショボーンもいいとこだよ。

90 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 11:53:31 ID:???
>87
まとめ乙!
予約制度はあったほうがいいけど、期限を決めるべきだと思う。
1〜2ヶ月とか。(半年は長すぎると思う。個人的に。)
それ以上かかる時は最悪でもいつまでに書くと申請するとか。
人間期限を決めないといつまでもずるずる遅くなっちゃうもんだよ。
あと3ヶ月過ぎて戻ってくる人は殆ど居ないよ。


スレ違いだが>86見て「キツネ山の夏休み」思い出した。

91 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 12:05:27 ID:???
期限は必要だと思うけど、いちいち期限数えてリセットしてたら
保管庫の◆ncXKkmcQGA氏が大変だと思う。
なので、一応期限は決めるけど、予約は消さないでそのまま書き連ねていいと思う。
で、もし予約中の作品を書きたい人が出てきたら、

「○○書きたいなー」→○○の予約日を確認→▲ヶ月以上たってる
→「期限の▲ヶ月以上経ってるので、○○を新たに予約します」と書き込む

って感じで。わかりにくかったらスマソ


92 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 12:20:58 ID:???
てか予約制度取り消したら
取り合えずはじめの方だけ書いて予約まがいってなことが起こりそう
それで後放置
後から書く人がそれだと苦労するから予約制は必要だと思う

93 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 12:36:11 ID:???
>>88
オーシャンズ11みたいになってきたな
嫌われてたから招かれなかったって人は(つд`)チョットカワイソウ

>>91
予約があったら予約欄にタイトル入れる時日付と一緒に書き込んで、
その時に半年たってるものに気が付いたら消すというようにやれば
ほとんど今と手間はかわらないと思うんだけれど
まあ管理人さんの裁量しだいですなー

94 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 14:40:19 ID:???
リセットは管理人に負担がかかりそうだからイラネ。で、予約なんてもっとイラネ。
もし、予約の取り消しに来ないヤツの所為で
貴重な書き手が二の足踏んでるとしたら余計にそう思う。

あと、>>87は(´・ω・`)ショボーンする必要なし。
別に1タイトルに書き手ひとりってわけじゃないし、後で補足できる。苦労は無駄にならん。
それに、仮に同じタイトルを重複して書いたとしても、それで良くね?違う切り口が見られるし、お得よ?
モンスターだってふたりとも詳しく書いてるけど、お互い補い合ってて、より分かりやすくなってる。
みんなもっと>>56みたいな、おおらかかつ大胆な(w感じでいけばいいと思う。

95 :94:2005/04/02(土) 14:51:13 ID:???
間違えた。>>89な。
>>87もまとめお疲れ。

96 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 15:24:52 ID:???
age

97 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 15:35:46 ID:???
久々にながめると凄いスレになってきてんね。
初期の主旨である「ストーリーを教えてもらう」からもはや完全に飛翔した
「このスレにおける職人達の解釈を読む」スレになってきてんね。
で職人毎にファンがついちゃったりアンチがついちゃったりしてるわけだ。
外から見ると一種異様な様相を呈してきてるわけよ。

まぁそれもアリだと思いますけども。

98 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 16:00:40 ID:???
>で職人毎にファンがついちゃったりアンチがついちゃったりしてるわけだ。
…居るの?ファンとか。
自分はただ単に、予約したのにずっと書かない人と
自分が書きたいのにそういう人が嫌、って人が居るだけだと思ってたけど。

あと結果的には、予約云々をちゃんと決めるってのは
>初期の主旨である「ストーリーを教えてもらう」
に基づいてると思うなぁ。
こういう議論が出るのは、書きたいけど書けない人が居るってことだし。

99 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 16:01:49 ID:???
>>97の言いたいことが分からん。飛翔ってどういう意味で使ってるの?
>で職人毎にファンがついちゃったりアンチがついちゃったりしてるわけだ。
この辺も、どこをどう見たらそういう思考になるんだ?

100 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 16:11:59 ID:???
コテハンの職人なんて一人もいないから固定ファンは付きようもない。
この作品のまとめは好きってのはあるけど。
漏れは卓球戦隊ぴんぽん5のやつが好き。
途中放棄されてるっぽいのが残念。

101 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 16:26:25 ID:???
私は輝夜姫のが好き
ちゃかし具合と真面目解説の兼ね合いが面白いよw
滲み出るウンザリ感におもわずシンクロ

102 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 16:31:37 ID:???
>>101
ああ、あれもおもしろかったね
書いてる人の気持ちにシンクロできた。
読んでてえええぇぇぇって感じになった

103 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 16:45:50 ID:???
予約制については管理人さんの意見が聞きたいな。
まぁ私は一回も予約してから書いたことなんてないんだけど。
だから予約無でも全然構わないし、被ったらその書き手の紹介が愉しみってだけ。
管理人さんも解説・要約の整理だけで手一杯かもしれないし、
予約制有り、さらに日時入れてとか、リセットしてなんて大変になるだけだよ。

104 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 18:36:34 ID:???
予約は進行スレ内限定とかどうよ
それなら「検索汁」の一言で終わりだし

105 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 18:40:57 ID:???
>>99
97をちゃんと読んでなかったから
>飛翔ってどういう意味で使ってるの?
の一文を見て、飛翔=ジャンプとかレスしそうになった

106 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 19:01:36 ID:???
97の宇宙的謎解釈にびびった

107 :BLAME!1:2005/04/02(土) 19:52:20 ID:???
>>13の続き

新たな階層を目指し旅立つ霧亥とシボ。二人は階層間を結ぶ超長距離エレベーターに遭遇。
それに乗り込み上位階層へ向かう最中、エレベーターのAIから目指す階層から救難信号が発信されている事と
その発信源付近に科学施設があることを聞き、そこを目的地とする。

霧亥達が目指す階層では隻眼の男・ドモチェフスキーと、その相棒で実体を持たない電子的存在・イコが
5体の珪素生物・ブロン、スチフ、プセル、ダフィ・ネ・ル・リンベガ、と長年に亘り交戦中だった。
そこに足を踏み入れた霧亥達に、ブロンが強襲。これを撃退するも、シボがブロンの放ったバグに侵食され意識不明に。
シボを担ぎ進む霧亥は、ドモチェフスキー達と遭遇。霧亥とその銃の存在を危険と判断した彼等は
霧亥を麻酔弾で眠らせシボと銃を奪うと、長距離エレベーターへ押し込み階層外へと追放する。
途中で意識を取り戻した霧亥は、エレベーターを強行突破し元の階層を目指す。

ドモチェフスキー達によって治療され回復したシボは、彼等が珪素生物の進攻によって作動した
緊急システムによって形成された"臨時セーフガード"で、ネット端末遺伝子の有無に関らず
全ての人間が保護対象である事(故にシボも保護対象)、この階層が正式に統治局から認識されていない
非公式階層である事、そしてこの不安定な階層ならネット端末遺伝子でなくとも、ある程度正常な遺伝子なら
セーフガードの審査を突破し、ネットスフィアと接続出来てしまう事を知る。
それ故、彼等はシボの持つセウの遺伝子情報カプセルが、珪素生物に渡る事を恐れていた。
一時は彼等からの逃亡を試みたシボだが、利害が一致すると考え協力を申し出る。
そして霧亥と合流するため一行は旅立つ。一方霧亥はシボ達の居る階層を目指す中
統治局の手引きでセーフガードの武器庫を発見し、新たな武器を入手。道中襲撃してきたスチフを返り討ちにする。


108 :BLAME!2:2005/04/02(土) 19:54:29 ID:???
その頃、珪素生物達はシボの持つカプセルの存在を感知。それを奪うべく、プセルと復活したブロンがシボ達に襲い掛かる。
ブロンを倒し逃亡する彼等だが、カプセルを奪われプセルの執拗な追撃を受ける。
そこへ霧亥が合流。その加勢でプセルを退けた彼等は、共にカプセル奪還の為
珪素生物の本拠地へ向かう。

一方カプセルを入手し、その情報を解析したダフィネルはセウの遺伝子情報を自身に転写。
電脳世界へダイブし、ネットスフィアへの不正アクセスを開始する。
そしてセーフガードの審査を突破し、ネットスフィアへ迫るダフィネル。
それを感知しながらも手出し出来ない統治局は、せめてもの時間稼ぎを実行。それを嘲笑うダフィネル。
「その程度?統治局もたかがしれてるな」

その頃現実世界では、珪素生物の元へ霧亥達が到着。イコはダフィネルを阻止すべく、電脳世界へダイブし
霧亥とドモチェフスキーはダフィネルの本体を目指す。そして残されたシボは、何やら不審な行動をとる。
ダフィネル本体を発見した霧亥達は、これを破壊しようとするが
プセルの奇襲を受け霧亥は戦闘不能に。そしてドモチェフスキーは、プセルと相討ちになり倒れる。
一方電脳世界では、ダフィネルがネットスフィアの目前まで迫る。が、アクセス直前に瀕死のドモチェフスキーが
最後の力で放った一撃がその本体を破壊。一瞬だけネットスフィアへのアクセスに成功するも、死亡するダフィネル。
その時、異変が起きる。


109 :BLAME!3:2005/04/02(土) 19:56:37 ID:???
「なんということを」
呟く統治局。そして現れるシボ。彼女はダフィネルの不正アクセスに紛れ、ネットスフィアへのアクセスを試みていたのだ。
「私は・・・どうしても抑えることが・・・ネットスフィアを見たくて・・・・」
ダフィネルは死の間際、ネットスフィアから最上級のセーフガード「レベル9」のデータを入手しており
彼の死で行き場を失ったそのデータは、シボへとダウンロード。結果彼女の自我は消滅、その身体を依り代とし
レベル9の形成が開始される。

それを察知したイコは、事態解決の為ドモチェフスキーへ自身の全電力を与え消滅。そして復活するドモチェフスキー。
イコの残したメッセージから事態を察した彼は、形成中のレベル9を攻撃するも、
反撃を受け死亡。そして姿を現すレベル9。その力を解放し、一瞬にして階層そのものを消滅させる。
全てが溶解し、巨大な溶鉱炉と化す階層。そして霧亥はそれに巻き込まれ、消し炭状態に。
力を解放し脱け殻の様になったレベル9は、階層を後にし何処かへ消える。

全質量の40%を消失し沈黙する霧亥。自己修復機能をスタートさせた彼は、復活の為休眠状態へ入る。
その間霧亥の脳裏に過ぎるのは、それまでの探索の記憶-----珪素生物との戦い----シボとの出会い
-----探索者へと生まれ変わった時-----セーフガードとしての記憶------
そして約15年の時を経て復活する霧亥。都市の"並列蓄電槽"を発見し、その電力を充電すると再び旅立つのだった。


ここまでで9巻です。次回で終了予定です。


110 :異国館ダンディ 1/2:2005/04/02(土) 20:59:10 ID:???
主人公蔦子は両親を亡くした高校生。
彼女は、両親の恨みを晴らすため悪名高い大富豪秋葉家に
当主不比等の異母妹だと偽って潜り込む。
しかし秋葉一族は蔦子以外にも大勢恨みを買い、狙われているばかりか
一族中にも、不比等に代わって自分のほにゃらか息子を当主にしようと画策する叔母、  
若い当主よりも実質的な秋葉の実権を握る叔父がいて、
さまざまな事件が巻き起こっていく。

不比等は幼い頃から、他人を愛さない父、自分を振り返らない母を見て育ったため
感情のない冷徹な人間になってしまった。
政略結婚しようとしていた婚約者にも、
「あなたは誰も愛することができない人だ」と振られてしまうが、
明るく素直でタフな蔦子と暮らすうちに本来の自分を取り戻すようになる。
蔦子は、そんな不比等の孤独に気付き、
頭は切れるが不器用なにーちゃんを支え、守ってあげたいと思う。

111 :異国館ダンディ 2/2:2005/04/02(土) 21:00:11 ID:???
二人は不比等の実母とのすれ違いから生まれた溝を埋めていき、
そして不比等の実妹や殺し屋、親戚の王族と出会っていく中で、絆を深め、
お互いを家族以上に大切だと思い始める。

そんな中、ある事件で出会った秋葉家の政敵であるレオンハルト家のヴィットール=ショウ=レオンハルト、
彼は蔦子を気に入り、また政略目的もあってプロポーズする。
蔦子は、「秋葉家の本当の娘でない私がいたらいつか迷惑がかかる・・・
にーちゃんの足手まといになりたくない」との理由でその申し出を受け、
誕生日パーティーに彼との婚約を発表、彼の婚約者として豪華客船でドイツへ向かう。

その船旅中、不比等は蔦子を迎えに来る。
「蔦子さん、私はあなたがいないとダメなんです。」
「遅いわよ。にーちゃん、私が心の狭い女だったら何を今更ってつっぱねてるところよ。」
蔦子は泣き笑いながら答え、不比等と日本へ帰る。

112 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 21:00:45 ID:???
前スレで予約していた異国館ダンディです。
なんか昼メロみたいな展開ですが、全体的には明るいノリで
蔦子と不比等のかけあいはほのぼのしています。

113 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 23:26:07 ID:???
>>94
>同じタイトルを重複して書いたとしても、それで良くね?違う切り口が見られるし、お得よ?
禿げワロス。確かにおトク感倍増。

リクエストする側からすると、理想はこのスレの「はいから〜」だったり「H2」だったりするわけよ。
出来るだけ早く知りたい…なのに障害になりかねない予約制…だったら無くしていいじゃん。
重複したって構わず自作を投下すればいい。リク主は十人十色の表現を堪能できるし万々歳。

そしたら予約放置、登場人物紹介放置、ストーリーのさわりだけ放置による長期間待機もなくなるし、
なにより管理人の煩わしさも一気に解消されるよ。書き手も増えるかもだし、いいことづくめ。

114 :マロン名無しさん:2005/04/02(土) 23:47:27 ID:???
>>110-112
乙です。質問いいですか。
・不比等は蔦子が偽妹だって知ってるんですか?
・不比等は蔦子の親の恨みの当事者なんですか?

115 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 01:01:02 ID:???
>>113
良いこと尽くめとは思わないけど。

116 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 01:06:17 ID:???
>>115
もうその話題は管理人さん登場までしなくていいよ。
だいたい双方の言い分は出尽くしたでしょ。

117 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 01:10:12 ID:???
まったくだ

118 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 01:12:38 ID:???
意見言うのも駄目なんか

119 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 01:32:34 ID:???
そうだ

120 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 04:06:43 ID:???
スレ間違えてました^^^^^

天沼 俊の「すもも」

お願いします!!


121 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 09:27:09 ID:???
>>120
「すもも」 天沼俊 (全1巻)

舞台は近未来の鎌倉。一人暮らしの少女・すももの元にお手伝い小僧ロボット・ニューメンがやってくる。
本来は従順で優秀なロボのはずだったが、すももの元に来たのは欠陥品のやんちゃ小僧。
日々ドタバタ騒動を巻き起こすも、二人は楽しく暮らす。
が、欠陥品の情報を察知したメーカーがニューメンを回収。
すももがメーカー本社に駆けつけるが、既にニューメンは解体処分に。
泣き崩れるすもも。そこへ現れる一人の青年。ニューメンそっくりの性格の彼は、その設計者だった。
彼はすももにニューメン修復を約束。そして半年後、ニューメンは修復されるが
その記憶までは修復出来なかった。それでも彼と暮らすことを望むすもも。
そして対面する二人。以前のようなやんちゃな態度で、勝手に周囲の人間の名前を付け始める。
そしてすももを見た彼は言う。「お前の名前は------"すもも"だ!」


122 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 15:18:46 ID:???
>121
早っ!
そして乙。

123 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 16:29:26 ID:???
>>121
なんか似たような話見たことあるなー

124 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 17:08:12 ID:???
>>121
リク主です、驚愕の即レス、ありがとうございました!
打ち切りだったろうに、かなりきれいにまとまったみたいですね
本編読みたくなった・・・・・・・・

125 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 17:21:11 ID:???
>>15-16
『はいからさんが通る』のリク主です。
私も即レスに感謝します、ありがとうございました。

126 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 17:35:39 ID:???
ANIMAL Xお願いします

127 :マロン名無しさん:2005/04/03(日) 21:55:54 ID:???
どうでもいいけどMAR メルヘヴンのあらすじ

突如現れた門の力でメルへブンへと召喚された妄想中学生、虎水ギンタ。
妄想していた「メルヘンの世界」で無意味にワクワクしていた彼は、
魔女ドロシーと共に意思を持つARM、バッボをゲット。

旅の途中でモヒカン農民ジャックを仲間に加えたギンタは、
既知外集団チェスの駒から電波姫スノウを助け出す。ノリで。

たった一話で修行を終えたギンタ達は、チェスの駒を倒す事を決意する。
その夜、月に人影が映りウォーゲーム(天下一武道会)を開くとの事。

決戦の地、レギンレイブ城で全然緊迫感の無い戦いが始まった…!


128 :マロン名無しさん:2005/04/04(月) 08:45:38 ID:???
>>127
面白そうな話だね。
>どうでもいいけどMAR メルヘヴン
でも↑これって正式なタイトルなの?どうでもいいけどッテ…
テキトーにタイトルつけると後で売れた時に絶対後悔すると思うんだけどなぁ。

129 :マロン名無しさん:2005/04/04(月) 08:57:42 ID:???
>>127
ワロスw

130 :お父さんは心配症:1:2005/04/04(月) 15:16:54 ID:???
単行本に第一話として掲載されている投稿作品版を紹介します。
手っ取り早くあらすじがわかる濃縮版ですのでまるまるご紹介。

放課後の公園で、佐々木典子は腕時計を見て大慌て。
「きゃあーもう5時50分、帰らなくちゃ」
「えーもう帰るの?」BFの北野は不満そう。普通の人なら当然の反応だ。
「ごめんね北野くん、うちのおとうさん心配症なの」
まあしょうがないかと快く手を振ってくれた彼に何度も謝り、必死で走る。
『うちのおとうさんのことだから今ごろきっと大騒ぎしてるわ』
「ただいまぁ」
「娘がまだ帰ってこんのですよ、ちゃんと聞いてるんですか?あんた本当に警察官?」
『やっぱり…』
典子の父光太郎は、案の定警察に電話をしていた。その受話器を奪い電話を切る典子。
「おとうさんたらちょっと遅くなっただけで大騒ぎしないで!
私はもう16歳よ!門限が5時半だなんて守れないわ!」
「なんだと、かあさんが死んで以来男手一つでお前を育てたのはわしだぞ!」
毎回恒例の問答中、電話のコール音。ぶつぶつと部屋に戻る父を尻目に受話器を取る。
「あっ…典子か、おれ北野!」「えーーー!」
男の子からの電話は困るとわかってはいたが、ノートを借りたままだったからと言う。
「あっ…うんわかったすぐに行く。大丈夫よおとうさんはトイレにでも行ったみたい。うんじゃあね」
早口で話して受話器を置く。…光太郎が電話の横に座って、紙筒を耳に当てていた。
「おとうさん!」「典子!今の男は誰だっ!」
「どっ…同級生よ、ただの友達!いってきまァース」

131 :お父さんは心配症:2:2005/04/04(月) 15:57:31 ID:???
急いで家を出る典子。気がつくと光太郎が後ろについて走ってきている。
「なんでついてくんのよ」「うるさい!」「みっともないから帰ってよ!」「ええい!はなせ」
「あっ…おとうさんですかこんばんは」もみ合う二人の前に現れた北野。
「うるしゃい!気安くおとうさんと呼ぶな!バカタレ!二度と娘に近付くな!色魔!変態!」
「ご…ごめんね北野くんまた今度ね」「う……うん」
悪態を吐く光太郎を引きずる典子を、背中に血管を浮き立たせて見送る北野だった。

「本当にもう!恥ずかしいったらないわ!!いい加減にしてよね!!!」
「まだ子どものくせに生意気言うな!」「何よ万年平社員!」
言い負かされて病人のように咳き込みながら床につく光太郎。
『ったく自分の立場がヤバくなるとすぐ誤魔化すんだから』
だけど、いつからおとうさんはこんなに厳しく心配症になったんだろう。
小さい頃はとても優しかったのに…。

翌朝、食事中もずっと父を無視する典子。
日曜だからピクニックに行こうと誘ってきたが遮って夕食の買い物に出かけた。
「典子のやつずいぶん機嫌悪いナァ」掃除機をかけながら悩む中年、光太郎。
「そうだ、典子の部屋も掃除してやろう」
『まあお父さまありがとう…さっきはごめんね』
きらきらと目に涙を浮かべながら謝る典子の姿を想像し、歌いながら典子の部屋を掃除する。
「おっ」蛇腹ホースが当たり、机の上の本が落ちた。「なんじゃこりゃ」

【9月13日 今日北野くんが誕生日のプレゼントにAをしてくれた】


132 :お父さんは心配症:3:2005/04/04(月) 16:07:49 ID:???
「Aってなんだァ?」
アルバイト?アルギンZ?アンヨは上手?アンアン・ノンノン?アンマ・ちちもみ?
自分の部屋に戻り「年頃の娘をもつおじさまたちのほん」を開く。

【女子高生たちのwords
A→キス B→ちちをもむ C→17歳の作者にはとても言えない D→Cによってできる物体】
「ブッ」鼻血を噴出する光太郎。混乱してバックダンサーたちとともに歌い踊る。
『まーいにち僕ねェーむれなぁい や〜る〜せ〜ないィ ハッハッハッ』
「ただいまァ」
「コラ典子!お前というやつはキスだなんてふしだらな!」
「にっ…日記を読んだのね、いやらしい!」
「うっうるさい!親が娘の心配をして何が悪い!わっ…わしはやらしくないぞ」
「あんたなんて親じゃないわよ、大嫌い!」買い物カゴを投げつけ家を飛び出す典子。

「心配しすぎよ!まるで異常者よ!」夕暮れの公園で北野に父のことを話す。
「昔はあんなんじゃなかったのにもうイヤよあんなおとうさん…」
「今のままじゃあんまりにも典子が可哀想だ!お前のおとうさんと話し合ってみる!」
「北野くん……」
ふたりで暗い家に入る。ボソボソと父の声。「おと…」
「かあさん さっき典子はわしのことを親じゃないと言ったよ。フフ、なさけない…」
赤ん坊の典子を抱いた母の写真に向かってひとりごちる光太郎。


133 :お父さんは心配症:4:2005/04/04(月) 16:19:17 ID:???
「だけどナァ最近典子のやつ何もしゃべらなくなってな…
昔はいろんなことたくさん話してくれたのに…
もしかして非行に走るんじゃないかとわしは心配で心配で…
だから門限を厳しくしたり男の子との交際を禁じたんだ…」
「!」おとうさんが心配症になったのは私のせいだったの?
そういえば私ったら昔はいろんなこと話し合ったのに今じゃ面倒になって何にも話してない。
だからおとうさんは心配症になったんだ!それなのに私ったらおとうさんを異常者扱いにして、
「典子のやつ出て行ったよ、フフフみじめだな」
「フフフフ」「フフアハハハハハ」「ヒーヒッヒッ」
「ヒーヒッヒッエヘエヘエヘエヘエヘエヘ」
本当に異常者だったりして……………。
「エ?」笑ってのけぞった勢いで後ろに倒れ、典子に気付いて起き上がる。
「典子!」
「あ…あのごめんなさい私知らなかったの、だっておとうさんたら何も言ってくれないし」
「典子!」「ハ…ハイごめんなさい」
「よく帰ってきてくれた…ほんとうに……あり…とう、ありが…う」
典子にすがりつき、泣き出す光太郎。
やだおとうさんたら、まるで子どもじゃない。心配かけてごめんね…おとうさん…
「さっ立って」「のりこ…」「ちくしょう涙のやつ…」神々しい父娘の光景に背を向け泣く北野。
少年は青春ドラマが大好きだった…。

134 :お父さんは心配症:ラスト:2005/04/04(月) 16:26:46 ID:???
本当にごめんねおとうさん。私これからいろんなことしゃべるわ、前のように…。
ぎこちなく挨拶を交わす父と北野。頭をかき申し訳なさそうにする父の姿にほほえむ典子。
だからもう、心配しないでねおとうさん。

「よかったな門限がなくなって」「うん」公園をふたり並んで歩く典子と北野。
本当によかった…北野くんのことも認めてくれたし、おとうさんも優しくなったし…ホントにし・あ・わ・せ

………と思ったんだけどてかぼちゃ☆

【Aをすませた高校生たちは興味本位にBやCへと走る】
北野と名前のついた藁人形を木に打ち付ける光太郎。

だけどおとうさんの心配症は当分治りそうにもありません…。

--------------------------------------------------------
簡単なあらすじは以上です。未だ規制中で、今回も依頼スレでお願いしました。
連続依頼でご迷惑をおかけしてしまったので
続編はメル欄の簡易うぷサイトの方にアップしてゆきます_| ̄|○|||
本当に規制が憎い(´・ω・`) まとめサイトの方にもごめんなさい。


135 :マロン名無しさん:2005/04/04(月) 23:58:08 ID:???
まとめサイトの掲示板に書いて、その報告だけ携帯でスレに書きこめば
いいんじゃないですか

136 :おとうさんは心配症をかいた人:2005/04/05(火) 01:05:46 ID:???
>135
Σ('A`ノ)ノ

そうか、その手があったか_| ̄|○ノシ
携帯からはこうして書き込めるので、次からそうさせていただきます…すみません。

137 :マロン名無しさん:2005/04/05(火) 18:16:57 ID:???
>>128
イヤイヤイヤイヤ……

>>127
MARってメルヘヴンて副題ついてたっけ?

138 :マロン名無しさん:2005/04/05(火) 18:32:22 ID:???
どうでもいいけどメルヘブン
…語呂がいいじゃないか。「びっくりするほどユートピア」みたいで。

139 :マロン名無しさん:2005/04/05(火) 20:11:35 ID:???
>114さん
>不比等は蔦子が偽妹だって知ってるんですか?
はい。不比等は、血のつながった妹でなくてもいいから家族としてこの家で暮らそうと蔦子に告げています。

>不比等は蔦子の親の恨みの当事者なんですか?
いいえ。不比等の父(故人)が恨みの当事者です。
彼はやり手かつ切れ者で、情け容赦ないやり方でライバルをつぶしていったので
かなり恨みを買っています。
母とのすれ違いや、叔父との確執も元はといえば彼が原因です。
母、父、叔父で昔三角関係だったりといろいろあったのですが、
はぶいてしまいました。

140 :114:2005/04/06(水) 00:04:01 ID:???
>>139
よくわかりました。
答えてくれてありがとう

141 :リアル1:2005/04/06(水) 00:15:47 ID:???
井上雄彦(いのうえ・たけひこ) 『リアル〜REAL〜』

「何やってもうまくいかなくなっちまったのは───やっぱバスケやめてからかな」

たまたま引っ掛けた女(夏美)をケツに乗せたままバイク事故を起こした野宮朋美(のみや・ともみ)は、
高校を辞め、大好きなバスケをプレーする場所を失うと同時に、夏美の両脚の自由を奪ってしまった。

ある日、見舞いに訪れた野宮は、夏美を車イスに乗せて散歩に連れ出す途中、人気のない体育館で
ひとり車イスでバスケをする戸川清春(とがわ・きよはる)と出会い、なりゆきで1on1をすることに。
「俺は車イス経験ゼロなんだからハンデくれ」と清春の専用車イスを要求する野宮に、「変な奴っ」と
思わず吹き出す清春。清春の車イスに乗る野宮と、夏美の車イスに乗る清春の1on1が続く中、
ふっと顔をほころばせる夏美。それは野宮が初めて見る夏美の笑顔だった───。

野宮は、教習所で知り合った清春の幼馴染の安積(あづみ)に誘われ、車イスバスケの試合を見学するが、
あまり覇気を感じない選手のプレーに、嫌悪していたバスケ部の連中の顔をダブらせ、イライラを募らせる。
さらに野宮は、そこで、ある諍いから清春が仲間を殴り、車イスバスケのチームを追われていたことを知る。

ある日、野宮は、バスケ部の後輩で可愛がっていた柾(まさき)が、キャプテン高橋の先導の元で行われた
部内の集団無視にブチ切れ、暴れたことで謹慎処分を受けたと知り、清春を誘って「遺恨試合」を申し込む。
試合に見事勝利した野宮と清春は、バスケをする場所(高校の体育館)を手に入れることが出来た。

142 :リアル2:2005/04/06(水) 00:16:39 ID:???
夏美をバスケに誘おうと病院を訪れた野宮は、夏美が何も言わずに長野に引っ越したと知り、落ち込む。
なんとか長野往復の資金を調達しようと考えた野宮は、会員専用のバスケ・コートでプレーするカモに
狙いを定め、清春を巻き込んで「賭けバスケ」で荒稼ぎし始める。

ある日、いつものように金持ちの坊ちゃんをカモりに来た野宮と清春を車イスに乗った大男が出迎える。
「ミツル・ナガノ」と名乗ったその大男に1on1を挑まれた清春は、高さばかりか、自分の持ち味である
スピードでも勝負にならないほど圧倒的な差を見せ付けられ、以前所属していたチーム「タイガース」への
復帰を決断する。すべては「あのヤロウに勝つためだ」と───。

一方、その頃、盗んだ自転車で道路に飛び出した高橋は、走行中のトラックに轢かれ、重傷を負う。
息子の今後を心配する高橋の母に、「車イスが必要になる」という担当医の宣告が重く圧し掛かる。

野宮朋美・戸川清春・高橋久信───歩き始めた、それぞれの現実(リアル)───

143 :マロン名無しさん:2005/04/06(水) 00:17:22 ID:???
ここまでが『リアル』1巻の内容です。私事で悪いんだけど、これから忙しくなるんで
無期限放置するよりは、他の書き手さんにお任せした方がいいかと思う…から、
誰かにバトンタッチします。誰か書ける人がいたら、続きをお願いします。


144 :PALM ASP 2:2005/04/06(水) 01:16:26 ID:???
>88からの続き
「ついにヤクザの手伝いまでする様になったのか」と呆れ顔のカーターに
「レビン側の人間が欲しかったから丁度いい」とジェームスはシンを計画に引き込む。
翌日、読書家のフリスが半年前に出版された小説『青また青』を原作に推す。
不倫あり、同性愛あり、汚職ありで進歩的な学生に人気がある。
しかし様々な機関からクレームを受け、原作者は雲隠れし、映画化権も設定されていない、まさにうってつけの作品である。
原作が決まり、撮影は看板を取り払ったオーガス邸で行う。
カーターは原作に惚れ込み、強硬に映画化を推進する日系商社マン=サトー、
監督と脚本家が伯爵=エットーレ、シンはサトーの親戚として、レビンにそれとなく映画の話を持ち込む役である。
ビアトリスが主役の不倫人妻役=フレイア、その友人のオカマにグレッグ、
自分を王子様と思い込んでいる精神分裂青年=アンディ、その他スタッフは務所仲間。
過激な反対派から攻撃を受ける設定の為、サトーの用心棒役にティット。
吊り店の大まかな流れは、シンがレビンとサトーを会わせ、出資契約を交わす。
途中、反対派の妨害と称して機材が壊されたり、俳優が負傷したりで撮影は中断。
最後にはサトーとエットーレが反対派の殺し屋に始末され、居合わせたレビンは逃げ出す…というものだ。
殺し屋役は満場一致でジェームスに決まり、早速計画がスタートする。
シンの話を受け、ジェームスの仕組んだ原作支持の学生デモや、撮影風景を見た
レビンは賭けに乗り、架空予算300万ドルの内200万ドルの出資契約を結ぶ。
レビンは撮影見学でフレイア=ビアトリスに一目惚れし、いそいそと通ってくる。
一方で、ロス市警から転属したシャーロットとCIAのサーリングが動き出す。
彼等はFBIのフロストを誘い、ジェームスを陥れる計画を練る。
材料は誘拐犯一味二人への殺人容疑。
サーリングは秘密裏に、逃亡中だったスタン・マティックを捕え、尋問を開始。
当然、仲間を殺された恨み言を予想していたサーリング達だったが、
マティックは尋問の途中で泣き出し、ジェームスに許しを乞う。
続く

145 :PALM ASP 3:2005/04/06(水) 02:25:35 ID:???
「あいつは、自分の母親と弟(マリアとイライ)だと言ったんだ。
だからあいつは、あんなに怒って…カーロスとグエンを…
あいつはネガットに嫌われてた。(復讐には)関係無かったんだ。
すまねぇ、マイケル…許してくれ…」
誘拐時、マイケルに殺すと告げていたというマティックの発言に、正当防衛を主張するフロスト。
サーリングは「証言者の矯正は我々でやる」と言い、自分の部下を残して二人を閉め出してしまう。
マティック収容が公的な施設でない事を疑問に思ったフロストは
サーリングのやり方に不信感を抱き、独自に調査を開始する。
オーガス邸。
吊り店は順調に進む。すっかりビアトリスにのぼせたレビンは詐欺を疑う事もなく、毎日上機嫌だ。
そんな中、新任の警部=フロイド・アダムスが挨拶にやってくる。
自殺したワイエス(『あるはずのない海』参照)そっくりの彼を見たジェームスは衝撃を受ける。
丁度アンディと打合せ中だった彼の驚愕は増幅され、衝撃波でも発生したのか、撮影用のライトが割れ落ちる。
降り注ぐガラスでジェームスは負傷。出直してくると踵を返したフロイドをカーターが追いかける。
「待ってくれ、君は…」「俺はワイエスとは全くの他人だ。また来るぜ」
戻ったカーターに「ワイエスのお兄さんか?」と聞くジェームス。
いつもの冷静で皮肉っぽい顔は消え、怪我もあって、冷や汗が浮かんでいる。
彼の治療と鎮静の為、麻酔を使うカーター。
またしても過去の出来事がジェームスを苦しめるのか、とカーターも落ち込む。
そんな心配をよそに、翌日目覚めたジェームスはスッキリとしていた。
彼は「ワイエスと同じ容姿を持った人間と出会えて幸せだ」と言い、カーターを困惑させる。
「ワイエスとうまくやれなかった分、彼と仲良くしたいと思う」
ジェームスは再び訪ねて来たフロイドに協力を要請し、
フロイドも「レビンの様な街のダニが一掃されるなら」と承諾する。
「だが、いつもこうだと思ってもらっちゃ困る。
お前はムシが好かん。尻尾を出せばいつでも押さえてやる。
俺が手ぐすね引いて待ってる事を忘れるなよ」
一方、単独調査を続けていたフロストは、かつてのFBIの同僚
=レイランダーの友人である犯罪研究家=ホロウィッツを訪ねる。
続く

146 :マロン名無しさん:2005/04/06(水) 09:23:35 ID:???
>>130-134
>お父さんは心配症
作者が17のときの作品なのか。あーみんはすごいな。

147 :ママレード・ボーイ/吉住渉:2005/04/06(水) 23:30:27 ID:???
<主な登場人物>
小石川光希(こいしかわ・みき)…主人公。アクの強い周囲の人々に振り回される苦労人。元気で素直。
松浦遊(まつうら・ゆう)…顔はいいのに意地悪。たまに優しい。ある悩みから人間関係が少々希薄気味。
秋月茗子(あきづき・めいこ)…光希の親友。担任教諭との秘密の恋が進行中、高校卒業後、結婚予定。
須王銀太(すおう・ぎんた)…光希の中学時代の想い人。後に光希は彼と両思いだったと知り、心揺れる。
鈴木亜梨実(すずき・ありみ)…遊の元カノ。美人。「遊は誰にも本心を見せない」と別れたが、未練あり。

<あらすじ> ※サイド・ストーリーは大幅に削っていますが、あしからず。
「私たち、互いのパートナーを交換して再婚するわ」非常識な両親らの入れ替わり婚のため同居することに
なった光希と遊。はじめは反発する光希だったが、次第に6人での共同生活に慣れ、遊にも惹かれていく。
ふたりの急接近を心配する銀太と亜梨実は、様々な妨害策を練るなど結託するうちにイイ雰囲気になる。

建築関連の書物を多く所有し、将来はそちらの道に進みたいという遊。彼は、小学生の頃に祖母から母に
宛てられた手紙を盗み見て、建築家三輪由充(みわ・よしみつ)を実父だと信じ込んでいたが、やっと会えた
三輪本人にその考えを否定され落ち込む。血の繋がらない自分を可愛がり育ててくれた今の父に負い目を
感じつつも、本当の父親が誰なのか知りたいと泣く遊を、光希は優しく抱きしめ、ふたりは付き合うように。

ある日、両親らの大学時代の写真を見た遊は、そこに現在の組み合わせで納まる彼らを発見し、驚愕する。
俺と光希は、異母兄弟だった……?ひとり悩んだ遊は、光希に別れを告げて京都の大学へ進学する。
突然の別れからしばらく経過し、銀太や亜梨実とともに楽しい大学生活を送る光希だったが、どうしても遊を
忘れられず京都へ。互いの愛を確認した光希と遊は、事実を受け入れ、ふたりで暮らそうと結婚を決意する。
しかし、悲壮な表情で付き合っていると宣言した光希と遊をあっさり祝福した両親らは、遊の長年の勘違いを
指摘、光希との間に血縁関係がないと太鼓判を押し、ハッピーエンド。 <了> (全8巻/完全版全6巻)

148 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 00:53:04 ID:???
そういうことで思い詰める前にまず親に聞けよ

149 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 01:52:08 ID:???
元も子もないツッコミをw

150 :ANIMAL X:2005/04/07(木) 06:40:15 ID:???
>126
ANIMAL X シリーズ三部作 作者:杉本亜未
1 荒神の一族(全4巻)
2 大地の掟 (全2巻)
3 原始再来 (全10巻)
徳間Charaコミックス(新刊入手可能)
初出は1991年、角川ASUKAミステリー
Charaでの『原始再来』連載を機に、徳間にて旧シリーズを復刊。

●荒神の一族
原因不明の奇病・X症候群が蔓延する現代。
その特効薬を研究中の製薬会社・遠藤ケミカルの研究所員・鮎川裕司は27歳の冴えない男。
彼は高額のバイト料に釣られ、新薬の実験台となる。
ある日、東京でヤクザ4人が一度に殺されるという事件が起こり、その犯人だという16歳の少年・浅羽湊が裕司の部屋へ逃げ込んでくる。
湊は「雌の匂いがする」と裕司を拉致し、東北の自分の村に連れ帰る。
湊は世界各地に隠れ住むダイナソーロイドと呼ばれる、恐竜に変身する一族の末裔。
彼らは自らを「血族」と呼び、雌が産まれにくいという遺伝的欠陥を持っていた。
訳が解らず困惑する裕司をよそに生殖の儀式が始まろうとした時、村は雌を手に入れようとする北の血族達の襲撃を受け、全滅。
逃げ延びた湊と裕司は情報を集める為、研究所に忍びこむ。
そこで裕司は、新薬が男性を受胎可能な両性体にするもので、自分の体が戻らない事、人間と血族の両方の子供を受胎可能である事、
そして、X症候群が人口減少の為に仕組まれた、人為的な微生物災害である事を知る。
その裏には、血族の優秀な遺伝子を「選ばれし一族」として残そうとする恐るべき計画があったのだ。
遠藤ケミカルと結んだ北の血族達の追跡をかわし、逃亡生活を送る内、裕司と湊は惹かれ合う様になる。
裕司の心の整理がつくのを待ち、いずれ結ばれる事になると思っていた二人。
だが裕司は、東京で湊が殺したヤクザの幹部・高取に捕えられ、強姦されてしまう。
やがて彼らは北の血族達に追い詰められ、廃工場へ逃げ込む。
最後になるかも知れないと裕司は湊と結ばれ、一時の甘い時を過ごす。
その後、湊は壮絶な戦いの末、工場で起こった爆発に巻き込まれ、生死不明に。
裕司は政府機関に捕われ、妊娠が発覚。
高取の子供かもしれない、と畏れる裕司だったが、政府は湊の子である可能性を考慮し、彼を保護する。
(続きは明日書きます)

151 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 16:36:08 ID:???
>>148
実に幸せな家庭に育った人の意見だな。

ところで、書き手、またはこの漫画を知ってる人に質問したいんだが
この内容でどこがどうなってタイトルが「ママレード」になったわけ?

152 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 18:35:53 ID:???
水沢めぐみの「ポニーテール白書」「チャイム」が知りたいです。
大まかなあらすじでお願いします。

153 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 19:42:10 ID:???
>>150
27歳のさえないオッサンを強姦する男って・・・
ハードゲイ?

154 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 19:51:43 ID:???
>>151
♪あまくて に〜がい マ〜マレ〜ドッ>松浦遊(まつうら・ゆう)…顔はいいのに意地悪。たまに優しい。

最近りぼん系の漫画のあらすじを書いてくれる人がいるみたいなので期待を込めて……
矢沢あいの『マリンブルーの風に抱かれて』をお願いします。
省略しすぎなければ、あとは書き手さんにお任せします。

155 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 20:56:40 ID:???
ANIMAL Xってタイトルがパワーパフガールズのオープニングを思い出させる

156 :チム・チム・チェリー!:2005/04/07(木) 21:32:34 ID:???
(第11話)  ミッドナイト・サマードリーム
シェリーから届いた夏至のパーティーの招待状。特別にロビン、メグとリズを連れ、
参加するチェリー。久しぶりの再会を喜ぶチェリーとシェリー、ロビンに抱きつくキャリー。
しかしはしゃぐ子供たちにイタズラをする妖精リリス。そのリリスは夢を妖精を信じない
子供に不信感を抱いていた。
ここは世界中の子供たちの夢が集まる夢の森、チェリーたち3人の乳母は沢山集まった
夢を世界中の子供たちに届けと夜空に解き放った。ロビンはリリスの気持ちを理解し、
かつて妖精を信じていなかった自分にチェリーが見せてくれたことで妖精を信じられる
ようになったと語りかけた。ロビンのことは信じると一輪の花を差し出して去ってゆくリリス。


(第12話)  さびしがりやの・・・
寒い冬、みんなの風邪がうつるといけないからと一人別室のメグは退屈顔。
昼食時に「一人でも大人しくしているいいコは大好き」と褒められ機嫌をなおすメグ。
しかしチェリーが世界童話百科を開き、雪の女王を冷たい風にさらしていたがロッテが
むずがって目を離した隙に雪の女王を本の外に出してしまい焦るメグ。
公園で見つけた女王に本に戻って欲しいと訴え「しばらく一緒にいてくれれば寂しく
なくなって本に戻る」と女王。その手の冷たさに驚き「自分はわるいコだからチェリーにも
嫌われちゃう」と泣くメグを「一人ぼっちの私の国へ来てくれ」と幻惑する女王。
探しに来たチェリーの叫びに我に返って駆け寄るメグ。「ウチの大事なコに何したのよ!」
とのチェリーの怒りにも悪びれた様子もなく淡々とした女王「そのコは寂しかったんだよ」。
チェリーが持ってきたマフを女王に渡し笑顔で帰宅するメグとチェリー。

157 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 21:46:23 ID:???
>>141-143
リアル乙。
アナタの高い文章構成能力に乾杯っ、そのまま筆を折るのは惜しすぎるっ……つっても
続きを書く気はありませんか、そうですか。……残念だ。
リク主じゃないがリアルは楽しみにしてたから、1巻分だけでも読めてうれしかった。
誰か続き書ける人カモン

158 :マロン名無しさん:2005/04/07(木) 23:00:28 ID:???
>>151
作中では>>154の通りだけど、これには裏話があって、
本来作者は光希を男の子、遊を女の子のキャラにするつもりだった。
そして二人は本当に姉弟で、もちろん結ばれる訳にはいかないから泣く泣く別れ、
光希は銀太の女の子版と、遊は茗子の男の子版とくっつく。
だけど少女誌のりぼんでそんな話はシャレにならないと、編集か担当からダメ出しをくらい、
大幅にキャラと内容を変更したらしい。

そして光希の男の子版の性格(「甘ちゃん」とかだったかな?うろ覚えですみません)が、
本来の「マーマレードボーイ」の意味らしく、>>154の意味は後で作者が考えたこじつけらしい。

159 :マロン名無しさん:2005/04/08(金) 01:55:29 ID:???
>153
スマソ、言葉が違うかも。
冴えない→ナヨっちくて、仕事もイマイチって感じ。
裕司は途中からほぼ女性キャラ扱いで、外見も綺麗になっていくんで、あまり違和感は無い。

>155
自分はちわきまゆみの曲が浮かぶ…

160 :ANIMAL X:2005/04/08(金) 02:52:11 ID:???
>150から続き
裕司は血族の若者達が暮らす島の施設に収容され、実験体として様々な検査を施される。
新薬投与された験体は他にもいたが、受胎可能な変化が起こったのは裕司だけで、彼は唯一のサンプルなのだ。
そんな中、いずれ夫となる男として先の爆発から生き延びた北の血族の首長・白河を紹介される裕司。
監視付きの部屋で共に暮らす内、白河は裕司に惹かれてゆく。
しかし裕司は湊を忘れることが出来ないでいた。
ある日、裕司は血族の研究に熱心な民俗学者・平塚の協力で銃を手に入れる。
要人の訪問で施設内が慌ただしい日を選び、X症候群のワクチンを持ち出し、脱走を図る裕司に白河が加勢。
何とかヘリポートに辿り着いた裕司は、遠藤ケミカルの元上司で計画の責任者・田所に追い詰められる。
そこへ片腕と片目を無くした湊が現れ、田所を倒す。
恐竜湊の爪攻撃を受けた田所は死なず、自分が変身能力を持たない血族である事を明かす。
田所の友人でもある平塚はその告白を聞き、「湊はお前を殺す事も出来たのに、
殺さなかった。その意味を考えろよ」と慰める。
一方、沖縄の血族・比嘉の支援で脱出に成功し、再会を喜び合う。
沖縄の村に落ち着いた裕司達は、持ち出したワクチンでX症候群撲滅に力を尽くす。
裕司のおなかの子供の父親や出産など、問題は山積みだが、
裕司は湊の手を取り、呟く。
「世界中の誰も、一生に一度持てるか持てないような、本物の宝物を手に入れたんだ」
(終わり)

『大地の掟』はこの後日談、『原始再来』では
人と血族の共存を目指し、海外に移住した裕司達の苦難が描かれます。

161 :マロン名無しさん:2005/04/08(金) 04:46:48 ID:???
>まとめサイト管理人
毎度毎度更新乙。くれぐれもプライベートに支障をきたさぬよう願います。

それにしても>>72氏にそういう意図があったかは分からんけど、
あの「半年区切りバー」はナイスだね。見た目分かりやすくていい。
管理人も、あのバーの位置を下げていくだけで良いし。
ただ、日時を入れるのは面倒だよな、進行中タイトルは特に……頑張れ。

162 :160:2005/04/08(金) 05:27:37 ID:???
まとめサイト管理人様、いつもお疲れ様です。
読み直したら主語が抜けてました。
「一方、沖縄の〜喜び合う」の部分ですが、
最後に「裕司達。」と入れて下さい。
お手数かけて申し訳ありません。

163 :”管理”人さんへ:2005/04/08(金) 07:04:43 ID:???
お疲れ様です。
未解決リストの整備が少々滞っているようなので
微力ながら後方支援します。

<未解決から予約へ>
【さ】・ストレンジプラス

<未解決から進行中へ>
【あ】・E'S
【や】・夢の果て
【ら】・リアル

<解説終了により未解決から削除>
【か】・カラオケ馬鹿一代
【た】・時じくの香の木の実
【は】・ハイスクール奇面組 ・バラが咲いた
【ま】・ママレード・ボーイ

<番外>
【ま】・ぴちぴちピッチ→【は】行

164 :騎士ガンダム物語 光の竜:2005/04/08(金) 12:07:14 ID:???
 騎士アムロとその仲間達がアルガスで奮闘している最中、騎士ガンダムはバーサル騎士の称号を贈られていた。
バーサル騎士。それは騎士ガンダムが騎士の中の騎士と認められた証である。
帰還したアムロとアルガス騎士団を祝う祝賀の席で、騎士アレックスが腰にさげていたハープがフラウ姫に反応する。
導かれるようにフラウ姫がハープを奏でると、天を貫く光の柱が生まれ、ガンダムたちを連れ去った。
「俺も行く!」
光の柱に突っ込んだアムロは拒まれて弾かれてしまった。ぼろぼろの鎧、傷だらけの身体を抱えてアムロは呻く。
「僕じゃ駄目なのか……」

 ガンダム達が運ばれた先はムーア界と呼ばれるジオン族の拠点。それぞれが一騎当千のガンダムの騎士を
相手に次々と倒れるジオン族。ジークジオンのいる塔にやすやすと侵攻するガンダム。だが、塔一階の鏡の間で
ガンダム達を待っていたのは自分たちの影だった。アルガス騎士団の影が生み出した闇の獣に先手を取られた
ガンダム達は苦戦する。騎士団長アレックスとガンダムを先行させるゼータ達。
各々の武器から呼び出した光の獣と、影が生み出した闇の獣が激突した。ゼータ、ニューガンダム、ダブルゼータは戦死。
衝撃で飛び散った彼らが身につけていた羽根飾りが、騎士アレックスの掌の上にぽとりと堕ちた。



165 :マロン名無しさん:2005/04/08(金) 12:07:28 ID:???
>まとめサイト管理人氏
>>15-16にあった「はいからさんが通る」が収録されていないようですが…。

166 :騎士ガンダム物語 光の竜:2005/04/08(金) 12:23:11 ID:???
 アレックスとガンダムの前に魔導師ビグザムが立ちはだかる。
「心配するな、バーサル騎士ガンダム。私は死なない」
ビグザムを牽制してガンダムを先に行かせるアレックス。
ビグザムはアレックスが放ったニューガンダムの羽根飾りを受けて麻痺状態に陥っていた。
「これが法術師ニューガンダムの羽。そして、これが剣士ゼータの技の羽だ」
アレックスの投げた羽は弧を描き、ビグザムの手から杖をはじき飛ばした。
「これが闘士ダブルゼータの力の羽だ」
額にダブルゼータの羽を受けたビグザムはあっという間に絶命した。
「……騎士団の心は私とともにある。ゼータ、ニューガンダム、ダブルゼータ、お前達はいつまでも俺と一緒だ」
舞う羽根飾りを見つめて感慨に耽るアレックス。しかし、彼の背後で絶命したはずのビグザムがゆっくりと起きあがった。
至近距離からの突然の攻撃。アレックスはかわせなかった。
「ち、違う。これはビグザムの魔力などではない。これは……」
全身を炎に変えたゴーストビグザムに抱きつかれ騎士アレックスは息絶えた。

 最上階でバーサル騎士ガンダムは行方不明になっていたガンキャノンと遭遇した。
ガンキャノンにガンダムが駆け寄ったとき、水槽のなかから蘇ったブラックドラゴンが現れた。
「こいつだ。こいつに俺は乗っ取られたんだ」
怒りのあまり勝ち目のない戦いをいどむガンキャノンだが、ブラックドラゴンにムーア界より追い出される。
光の柱を通ってラクロアに戻されるガンキャノンは、途中で自分と違いムーア界に描け昇って行く黄金の塊と交差する。
「あ、あれは黄金の騎士。黄金の騎士がムーア界へ昇って行く」



167 :騎士ガンダム物語 光の竜:2005/04/08(金) 12:32:35 ID:???
 ・最上階
バーサル騎士ガンダムとブラックドラゴンが死闘を繰り広げていた。炎の剣との融合を果たしたブラックドラゴンに
翻弄されるガンダムは、三種の神器を呼んで対抗しようとするが、霞の鎧、力の盾は一向に姿を現さない。
「ガンダム神器の呪文をムーア界で唱えても、スダ・ドアカ・ワールドには届かぬ。ここで死ね、ガンダム」
「三種の神器がなくても負けやしないさ! ガンダム剣法双彗星!」
剣先から打ち出された双条の彗星のごとき剣気が見事な動きを見せる。前方から迫る彗星剣の直撃を受けて
動きを止めるブラックドラゴンの背後から、もう一本の彗星が襲う。しかし、直撃する瞬間、ブラックドラゴンの
背中の翼が分離した。翼はブラックドラゴンの息子ドラゴンベビーが進化した姿だった。
早く戻らぬかと命令する父親に息子は反抗する。
「騎士ガンダムは、僕の命を助けてくれた。殺したくない」
息子の言葉に戸惑うブラックドラゴン。そのとき、ジークジオンの幻影が放った光線がブラックドラゴンの額を
打ち貫く。光線を受けたブラックドラゴンは、身も心も魔物となってしまった。身体を突き破って現れた無数の
触手、吹き出す溶解液。溶解液の直撃を受けたドラゴンベビーは、胸のなかから竜玉と呼ばれる命の塊を
取り出すと、騎士ガンダムにそれを手渡して息絶えた。
「それを使って父上を倒して。あんな化け物は父上じゃない」
手にした竜玉が光を放ちブラックドラゴンの動きを止める。ブラックドラゴンに接近した騎士ガンダムの剣が、
ブラックドラゴンを貫いた。
「こ、これはドラゴンベビーのものと同じ……」
ブラックドラゴンの傷口からも、ドラゴンベビーと同じ竜玉が現れた。
「竜玉が教えてくれた……騎士ガンダム、我が兄弟よ」
ブラックドラゴンが騎士ガンダムの両肩に手をかけた瞬間、閃光が生じ、二人を呑み込んだ。

「ふははははっ、ついにやったぞ。ブラックドラゴンも騎士ガンダムも死んだ。これで邪魔者は全ていなくなった」
勝ち誇るジークジオンの幻影。だが、光が次第に姿を変えていくことに彼は気が付かなかった。


168 :騎士ガンダム物語 光の騎士:2005/04/08(金) 14:04:57 ID:???
 光の中から黄金色の鎧をまとった騎士が現れた。スペリオルドラゴン。
スペリオルドラゴンは、黄金の騎士(シャア)、伝説の巨人の魂、アレックス、ダブルゼータ、ニューガンダム、ゼータの
魂の援護を受けてジークジオンの本体に突撃した。ガンダム族の魂に導かれ本来の光の竜の姿を取り戻した
スペリオルドラゴンの前にジークジオンは滅した。

 戦いの余波で崩れたラクロア城の廃墟からアムロ、セイラ、ガンタンク、ネモ、ガンキャノンは見た。
一つの巨大な光と、それによりそうように飛ぶ四つの流れ星が天に昇っていくのを。

「役目を果たしたガンダム一族の魂が、光の竜とともに天に帰っていくのだ」

 彼らの後ろにはジークジオンの呪いから解放され、元の姿に戻ったシャアが立っていた。

【ちょっとした解説】

・スペリオルドラゴン
 スダ・ドアカに十二柱いる神の一人。超古代、同僚であるバロックガン神との争いで弱ったところを
モンスターザクレロ(ジークジオンの本体)に突かれ、ブラックドラゴンと騎士ガンダムの二つの人格に分けられる。
竜として転生を受けたブラックドラゴンは元の世界に落ちたが、もう一つの片割れは何故かSD武者の世界に落ち、
天宮(アーク)で生を受けた。やがて彼は、武者頑駄無真悪参(まあくすりー)と名乗り、武者頑駄無を頭領とする
武者頑駄無八人衆の一人に選ばれていた。暗黒軍団を相手に活躍、名を馳せたが、ある日突然、将頑駄無から
白銀の盾を盗み失踪。以後、天宮、影舞羅武などのSD武者の世界で彼の姿を見た者はいない。その実、
盾を盗んだ際、落雷に打たれた彼は元のスダ・ドアカ・ワールドに帰還していたのだ。記憶を失った彼は、
本能の求めるままに片割れブラックドラゴンを求め、ジオン族とユニオン族との戦いに参入。騎士ガンダムと呼ばれるようになる。
そして、元の姿に戻るためのパーツの一つであるガンダム神器を手に入れ、最終的にムーア界ティターンの魔塔
の最上階においてブラックドラゴンと和合する。

169 :騎士ガンダム物語 光の騎士:2005/04/08(金) 14:34:00 ID:???
・モンスターザクレロ
 ジオン族の皇帝ジークジオンの本来の姿があのザクレロであるということは知られていない。顔のモデルは
ザクレロ、背中から尾に至るまで生えた巨大な剣山はMSザクレロの鎌である(カードダス参照)
 彼の介入でスペリオルドラゴンは二つの異なる人格に分かれたという設定があったが、次々と後付けされていく
騎士ガンダム物語の設定の前に消え去った感がある。肉体は滅びたが、魂は生き延び聖騎兵編、機甲神編と
しつこく登場する。

■後日談
・騎士アムロ
 ラクロア騎士団団長となり、騎士セイラと結婚。以後、聖騎兵物語、機甲神伝説とレギュラー枠を勝ち取って
登板する。恐ろしい機動力ですね。「僕が一番上手くMS族を扱えるんだ〜」というわけではないと思いたい。

・ジムヘンソンジュニア
 伝説の巨人編で真実の鏡を持ってジオン族の城から脱走してきたジムヘンソンの息子。ガンダムに憧れるあまり、
妙なガンダムの仮面に選ばれる。その仮面の力でモンスター使いとしての能力を身につけた後は、インディガンダムと
名乗りラクロア騎士団入り。モデルはインディ・ジョーンズとアメリカン・ネイティブ(インディアン)、カウボーイだろうが、
それとモンスター使いがどう繋がるかは永遠の謎。
 
・ガンタンク
 僧正ドワーフガンタンクに出世。MP200のしょぼい僧侶からMP2000クラスに。ラクロア騎士団メンバー

・ガンキャノン
 剛戦士ガンキャノンに出世。聖騎兵物語に登場する。

・シャア
 妹をアムロに任せて失踪。軍師クワトロと名乗り、ネオジオン族、デラーズ王国の中枢に潜り込みスパイ活動に
勤しむようになる。ある形態のカードダスでは、後ろにララァの背後霊がいることも。

170 :マロン名無しさん:2005/04/09(土) 00:31:16 ID:???
騎士ガンダム乙

171 :辺境警備:2005/04/09(土) 01:12:13 ID:???
長いこと放置していてすいません。
前回からの続きから最後までを1レスにまとめてみました。


172 :辺境警備:2005/04/09(土) 01:14:19 ID:???
ずっと辺境で過ごすつもりでいた神官さんの元に、都への赴任が言い渡される。
戸惑いを隠せない神官さん及び村人達。都には辛い思い出があったが、従うほかなかった。
きっと戻ってくると言い残し、辺境を後にする。

都の慌ただしい生活を送る神官さんの前に、一人の男が現われる。
──ヘリウス・ヴォルグ。
五年前、名家ヘルム家の財産を狙い当主のエルフレードを殺害した張本人。
その策略に神官さんも巻き込まれ、心に深い傷を負った。
エルフレードは神官さんの一番の親友だったのだ。
都を追放されたはずなのに何故、と神官さんは激しく動揺する。

ヴォルグの策略はすんでの所で阻止された。その復讐と、神官さん自身も知らなかった
神官さんに残された遺産を狙ってヴォルグは再び神官さんに近付いてきたのだ。
けして言いなりにはならないと突っぱねるが、ヴォルグは呪術の力で
無理矢理神官さんを支配してしまう。強力な呪術の力に為す術も無い神官さん。
だが、辺境で過ごした暖かい日々や兵隊さんの神官さんを思う心、
神官さんの危機を知った人々の助けによって呪術が解け、窮地を脱する。
ヴォルグの罪も明らかになり、長い悪夢からようやく解放される。

そして二年後、神官さんは辺境に戻ってきた。
それと入れ代わるように、今度は隊長さんが
極秘任務で国境に赴く事になり、辺境を後にする。

いつかきっと、また会いましょうと神官さん達は隊長さんを見送った。
(終)

173 :辺境警備:2005/04/09(土) 01:17:57 ID:???
ネタバレなしでかなりはしょりました。
リク主さん、大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

174 :マロン名無しさん:2005/04/09(土) 05:19:53 ID:???
お久しぶりです管理人です。勝手に>>72さんのリスト使っちゃってすみません。
日付はあるほうがいいなぁとは思ってたんですが、最初のん作るのがメンドクサかったので
大変助かりました。

>>163
これも助かりました。
で、E'Sは連載中作品なので、進行中じゃないと判断してます。
それとぴっちは「マーメイドメロディ ぴちぴちぴっち」が正式タイトルじゃないんですか?
これアニメだけなのかな?

175 : ◆ncXKkmcQGA :2005/04/09(土) 05:20:56 ID:???
またトリップ忘れたorz

176 :マロン名無しさん:2005/04/09(土) 14:46:52 ID:???
朔野安子の姫君の条件と橘裕のガッチャガチャと
やまざき貴子のZEROシリーズお願いします

177 :マロン名無しさん:2005/04/09(土) 15:09:53 ID:???
「ブラックエンジェルス」おねがいします。

178 :マロン名無しさん:2005/04/09(土) 22:24:38 ID:???
「モンスター・コレクション〜魔獣使いの少女〜」
全編4レスで投稿させていただきます。

179 :モンスター・コレクション 1/4:2005/04/09(土) 22:25:32 ID:???
登場人物
 カッシェ・アルバデル
  本編主人公。召喚術士としての稀有な才能を持つが、召喚対象との共感能力が高すぎるため
  召喚対象の苦痛や断末魔をも共有してしまうという弱点を持つ。

 コルボ
  暗兵(注:作者の造語。いわゆる『忍びの者』である)くずれの盗賊少年。戦闘能力は高い。
  本来、名前は持っておらず「コルボ」というのも「鴉」から適当に取った偽名。

 ナスターシャ
  通称「ナス」。召喚術士「蝕」に召喚獣として使役されていたラミア(蛇女)。
  カッシェに命を救われ、彼女の支配下に入ることになる。好物は人間の血液。

 シン・メーン・アルティエン
  カッシェの後を追って来た、リザードマンの剣客。通称「遊び人のシンさん」。二刀流を操る風変わりな男。

 デュラン・ド・ブランシー
  「千の水路を持つ都市」ウォーレスの領主。教皇庁への謀反をもくろむ。

 「蝕(エレクリプス)」
  ブランシー卿に与する仮面の召喚術士。堕天使「アンヘル」を使い魔として所有する。

180 :モンスター・コレクション 2/4:2005/04/09(土) 22:26:22 ID:???
物語の舞台は、土・水・火・風・聖・魔の6元素から成るとされる「六門世界」。
この世界最大の都市、聖都サザンの大学で、召喚術学部の宝物庫が荒らされる事件が発生した。
盗まれたのは「知識の守護神」と呼ばれる小像。伝説によれば、禁断の魔導書「真宰辞書」入手の鍵と言われる品。
事件を公にしたくない学部長ロビン・プロフェシーは、召喚術に精通した学生に事件を解決させようと考えるが
優秀な上級生が軒並み動けない状態にあったため、消去法で学部の問題児、カッシェ・アルバデルにお鉢が回る。
破天荒な攻撃がかえって相手の調子を乱し、首尾よく盗賊を捕らえたまではよかったが
すでに小像は引き渡された後。しかも、口封じのために敵の召喚獣が、カッシェと盗賊の少年を襲う。
敵の攻撃を退けたカッシェと、盗賊の少年コルボ、そしてカッシェによって敵の支配を解かれた召喚獣
ラミアのナスターシャは、小像を持つ敵を追って、「千の水路を持つ都市」ウォーレンに向かう。

ウォーレンの街に着いた一行は、事前に得ていた「領主が反乱のための力を蓄えている」との情報に従い
コルボを先頭に立てて領主の館への潜入捜査を行う。すぐ小像を取り戻したが、それは罠だった。
領主ブランシー卿の正体は、本物の領主の影武者たる暗兵。
本物を廃して入れ替わった彼の意思により、反乱計画は着々と進んでいたのだ。
逃げるカッシェとコルボの前に、敵の召喚術士「蝕」の放った堕天使アンヘルが立ちはだかる。
魔力「黒の炎」で二人を金縛りにして捕らえようとするアンヘルだが、突如現れたリザードマンの剣客
シン・メーンに阻まれる。とりあえずシンは味方と判断してこの場を任せたカッシェたちだが
逃げる二人を追って敵の新たな召喚獣、巨大悪魔「這いずるもの」が出現。カッシェは愛用のグリフォンで迎え撃つも
「這いずるもの」に敗れ食い殺されたグリフォンの断末魔に共感し、失神してしまう。
だが、「這いずるもの」に挑んだコルボとナスターシャの援護によって、辛くも立ち直ったカッシェは
大蜥蜴バジリスクを召喚。ついに「這いずるもの」を屠る。
だが、勝利を確信した瞬間、追いついてきたアンヘルがカッシェの肩を剣で貫き、カッシェを打ち倒す。
最後の力で、テレポートの魔法を発動させてコルボとナスを小像ごと逃がし、カッシェは敵の手に落ちた。

181 :モンスター・コレクション 3/4:2005/04/09(土) 22:27:09 ID:???
敵に捕らえられ、気を失ったカッシェは夢を見る。「ヴェバール」と名乗る拘束された美女が助けを求める夢。
シン・メーンが彼女と同じ「夢」を見ていることには、カッシェはまだ気付かない。

目的であった小像と引き換えに、雇い主であるカッシェを失い孤立するコルボとナスターシャの元に
「蝕」からの挑戦が届く。敵が指定してきた対決場所は、内海群島の西の端「最果ての島」。
その島からさらに西、人も通わぬ「螺旋島」へと向かうコルボたちの前に立ちはだかる紅い影。
それは、螺旋島を徘徊する巨大な羽蟻、クリムゾンであった。クリムゾンをかわし螺旋島に上陸するコルボだったが
あっさり「蝕」とアンヘルに見つかり、カッシェの目の前で斬られ倒れてしまう。
コルボから小像を奪った「蝕」は、小像を鍵として扉を開き、螺旋島の地下にある遺跡へと入っていく。
そこに「真宰辞書」はいた。クリムゾンの女王蟻と一体化した、巨大な菌糸状の魔法生物。
人間の脳には収まりきらぬ膨大な知識を保持するバイオコンピュータ、それこそが真宰辞書であった。
古代帝国の英知に驚く一行に突如襲い掛かったのは、斬り殺されたはずのコルボ。
彼はクリムゾンの赤い体液を血糊にして死んだ振りをしていたのだ。無事カッシェを救い出したコルボは
ナスターシャに合図して、鍵の小像を外させる。扉が閉じたことで、警備担当の蟻たちが動き出した。
蟻の体液を体にまぶしたコルボたちは襲われず、攻撃はブランシー卿一味に集中する。
その混乱を利用して、カッシェとコルボは脱出に成功した。

思わぬカッシェたちの反撃に負傷するブランシー卿一味だが、ブランシー卿が真宰辞書に接続したことにより
蟻の群れは彼の支配下に入った。態勢を立て直した「蝕」は、アンヘルにカッシェたちの掃討を命じる。
だが、今回はカッシェも対策を講じていた。小妖精キキーモラを召喚し、その浄化の魔力でアンヘルの黒の炎を封じる。
接近戦に持ち込み、アンヘルに痛打を与えるカッシェたち。死闘の末、コルボはアンヘルの剣を奪い、斬りつける。
致命傷を負ったアンヘルは、あたかも自ら斬られることを望むがごとく剣に当たり、消滅した。
だが、強敵を倒したカッシェたちの前に新たな敵が立ちふさがる。螺旋島の島守、巨大な上位竜(ハイドラゴン)。

182 :モンスター・コレクション 4/4:2005/04/09(土) 22:27:56 ID:???
竜を前に万事休すのカッシェに、合流してきたシン・メーンが語る。「お前は“彼女”の名を知ってるはずだ」と。
そしてカッシェは気付いた。この竜こそが「ヴェバール」。古代の魔術に囚われた竜。
カッシェは一か八かの勝負に出る。ヴェバールを縛る召喚術を破り、彼女を味方につけるのだ。
その精神をヴェバールの精神世界へと飛ばし、無防備となったカッシェの体を守るためにコルボたちは立ち上がる。
シン・メーンが呼び出した「リザードマン特別攻撃隊」と共に、ブランシー卿操る蟻軍団との最終決戦が始まった。

一方、ヴェバールの精神世界に入り込んだカッシェの道を、彼女を縛る呪式…すなわち真宰辞書の防衛機能が阻む。
予想外の攻撃に追い詰められるカッシェだが、もはや後戻りは出来ない。彼女は無謀を承知で
魔精霊「カース・エレメンタル」を召喚した。圧倒的な魔力が、召喚主であるカッシェを逆に侵食し始める。
だが、土壇場でカッシェは、この荒ぶる精霊の制御を成功させ、そのまま真宰辞書への反撃に移る。
「忘却」を司るカース・エレメンタルの能力により、ヴェバールを縛る呪式が消滅していく。
ついに、カッシェは呪縛を破り、ヴェバールの精神を開放することに成功した。
自由を取り戻したヴェバールは、己を縛ってきた真宰辞書への反撃を開始する。被弾し、機能停止に陥る真宰辞書。
その情報を保全しようとして、真宰辞書は全ての情報を、接続者ブランシー卿の脳へ移そうとする。
脳が焼き切れる寸前の瞬間、膨大な情報を受け入れ、世界の全てを理解するに至ったブランシー卿は
この理解に至れぬものたちをあざ笑いながら絶命する。
時を同じくして「蝕」も力尽き倒れた。彼の正体は、古代帝国の時代から生き続ける召喚術士。
カッシェと同じく、高すぎる共感能力によって、体まで魔物と同化することで現代まで生きてきた異形の男であった。
機能停止した真宰辞書と共に、「蝕」は海中へと消えていく。

事件は解決した。カッシェはナスターシャと共にサザンへ帰還し、コルボはシン・メーンの元で
剣士として修行を積む道を選び、互いに分かれ去っていく。
この後、カッシェはさらなる戦いを重ね、偉大な召喚術士として成長していくが、それはまた後の物語である。

183 :モンスター・コレクション 余禄:2005/04/09(土) 22:29:05 ID:???
あらすじは以上だが、蛇足を承知で、一ファンとして本作の特徴を列記させていただきたい。
まず、RPGにありがちな西欧風ファンタジーに、アジア系のテイストを混ぜている点。
メインキャラクターからして、忍者(『ニンジャ』ではないのだ。この語感が分かっていただけるか)のコルボに
和刀の剣士シン・メーンなどというキャラがいたりするし、カッシェが召喚する天使に仏像のイメージが用いられていたり
デビュー作からインド、中国、アラビア、戦国日本などをモチーフにしてきた作者の蓄積が生かされている。
次に、生理的感覚、特に「痛み」にこだわった描写。特殊な方向性の18禁誌でもないのに
ヒロインが剣で肩を貫かれて激痛のあまり失禁したり、殴られて歯を折られたりする描写があったりする。
ともすれば間接的な戦いに終始しがちな「召喚術」という題材において、あえて「痛み」を重んじる
作風を貫くあたりが作者のこだわりである。
そして、上記のようなテーマを貫きながら、ギャグもかなりの勢いがある。
腹を撃たれて死に掛けているキャラが、ボケをかまされて腹から腸をはみ出させつつずっこけたりするのである。
掲載誌がマイナーであるため知名度が低いが、アクションものが好きならぜひ一読していただきたい作品である。

…また、一見さんには分からないネタなのだが、演劇出身という経歴のせいか、伊藤勢はスター・システムを多用する。
本作に登場するシン・メーンは、リザードマンではあるがその性格や描写は
氏の過去作品「斬魔剣伝」に登場した宮本武蔵のコンバートキャラクタなのである。
(シン・メーンは宮本武蔵の正式な姓と言われる「新免」、アルティエンは武蔵の流派「二天」の中国語読みだ)
その辺よくご存知のライトノベル作家、神坂一氏は、単行本帯の推薦文句に
「シン様、前から(笑)ファンでした」とのメッセージを寄せている。

184 :マロン名無しさん:2005/04/10(日) 01:46:04 ID:???
モンコレの人、乙
余録も面白かった

185 :マロン名無しさん:2005/04/10(日) 02:21:26 ID:???
面白かった。乙。
原作は小説だっけ?

186 :178:2005/04/10(日) 08:44:41 ID:???
皆さんのレスに感謝を。

>185
原作は富士見書房から出ていたトレーディング・カードゲーム。
同じゲームの世界観を共有する形で小説も刊行されている。
本作は、(連載された時点で)最新の時代を舞台にしているため、小説版の登場人物が
「過去の英雄」として登場したりする。
カッシェが最後の戦いでカース・エレメンタルを召喚するのも、彼女が
「聖リコルの伝記」を読んでいたから、というくすぐりが仕掛けられているあたりが心憎い演出。
(リコルは安田均氏の小説における主人公。彼は物語の冒頭で、カース・エレメンタルに記憶を奪われてしまう)

187 :マロン名無しさん:2005/04/10(日) 11:19:59 ID:???
 新免という男は斬魔剣伝のあれがモデルと言うより、伊藤勢が所属している劇団の先輩がモデル。
モデルは「俺は家族にならばどんな迷惑をかけてもいいと思っている」とか素面で言える凄い男らしい。

188 :エルガの妖怪:2005/04/10(日) 11:35:54 ID:???
 ある満月の夜、満月に髑髏の面が浮かび上がった。その際月光を浴びた人間達は魔物と代わり、MS族と生き残った
人間達を襲い始めた。ラクロアの騎士ガンダムは、事態の解決を求めて旅立った。

 闘士ネモ、テレパスに通じた超能力者ボールを連れたガンダムはガンタンクの助言に従い聖魔導師ダンバの
元へ向かった。ダンバのいる絶壁断崖は垂直の切り立った難所。決死のクライミングを続ける騎士ガンダム達は、
その途上でダンバの使いを名乗るサーベルタイガーに襲われる。サーベルタイガーが変身したマンモスの落盤で
ネモは墜落、騎士ガンダムはスピアーを伸ばして救助に向かう。
「手がふさがっては戦えまい」
「俺は決して友は見捨てない」
「いけないある、騎士ガンダム。おらを見捨てて戦うんだ。」
 ネモは髪を切り離して自ら死ぬことを選んだ。友を思いやる心に胸をうたれたダンバは無重力魔法を使いガンダム
達を助ける。マンモスはダンバが変身した姿だったのだ。密かに背後をつけていたエルガの手下を切り払うガンダム
だったが、そこで魔法が切れて地面に落下。少し痛い思いをする。

「すまんすまん。重力魔法は制御が難しくてな。一番得意なのは変身魔法でな」
「特に女の子に変身するなんて大得意なのよね」
 そう言うと、ダンバは脈絡もなく少女に変身した。

「ところで、いつまで少女の姿でいるつもりあるか?」
「それが元に戻る魔法を忘れちゃったのよ〜」

189 :下弦の月リク主:2005/04/10(日) 11:39:39 ID:???
>>61
わかりやすい解説、ありがとうございました。
小説にもなってたなんて知らなかったな。

190 :マロン名無しさん:2005/04/10(日) 12:08:57 ID:???
騎士ガンダムが充実してきてうれしい。
巨人編とか聖騎兵編とか皇なんとか編もよろしく。
できればラクロアの勇者編ももうちょっと詳しいバージョンがほしい。

191 :西の善き魔女(3):2005/04/11(月) 22:24:34 ID:???
ルーンの保護とひきかえに、いつかアデイルとともに王宮にあがることを伯爵と約束したフィリエル。
淑女としてふさわしいマナーやしきたりを学ぶために、トーラス女学校に編入することになったが、アデイルは「危険」「横暴」と大反対。
それもその筈。持ち前の前向きさでトーラスに行ったフィリエルは、初日から学校を牛耳っている生徒会に目をつけられてしまう。
庶民の生まれに違いないのに、高価なレースの下着を持ちこんでいるなんて、学園をさぐるスパイに違いない、というのだ。
さらにフィリエルを敵視する生徒会長のラヴェンナは、下級生のロゼリットをフィリエルの監視役につける。
一途にラヴェンナを慕うロゼリットを、フィリエルは嫌いではなかったのだが、彼女は夏至祭の最中なにものかによって高い櫓から突き落とされ、非業の死を遂げた。

一緒にいたフィリエルに容疑と非難が集中。窮地に陥ったフィリエルの前に現れたのは、二人の編入生。
村で親友だったマリエと、黒髪の少女ルーネット…女装したルーン!
伯爵の城が刺客に襲われ、もはや城も安全ではないと踏んだユーシスによって彼も身を隠すためにここに送り込まれたのだ。
…というのはマリエの説明。
フィリエルはそれが、女学校に行くためにわざと自分の存在を敵にアピールし、危険な目に遭ってみせたルーンの策略のうちだと見抜いていた。
マリエの「手みやげ」はもうひとつ。王宮でも学院でも大人気の、正体不明の謎の小説家「エヴァンジェリン」の直筆新作小説だ。
憧れの「エヴァンジェリン」が、フィリエルにメッセージを寄せたと知って、急に態度を変える学園の生徒達。
「赤毛の騎士と黒髪の異端の少年」の激しく切ないラブストーリーを描いたヘボン作家の正体は実はアデイルなのだ!
エヴァの正体を知る数少ないひとり・ヴィンセントは、アデイルが「愛しい旋風」と呼んだフィリエルこそ、膿んだ学院を一掃する新しい風なのだと期待を寄せる。


192 :西の善き魔女(3):2005/04/11(月) 22:25:21 ID:???
ヴィンセントは、剣の名手・イグレインの指導でフィリエルに剣を慣わせ、一ヶ月後の乙女祭でラヴェンナに挑むようけしかける。
反射神経やバネはズバ抜けた天性のものを持つフィリエルだが、闘争心や勝利への執着心はいまひとつ…。
それは今のフィリエルに欠けているものだが、王宮に入るには必要なものだとルーネット(ルーン)も指摘する。
それはさておき、学院には驚くべき授業もあった。男を色仕掛けの手練手管で惑わし、外交に生かすためのノウハウだ。
講師は「慈愛の聖母」と呼ばれる、人形のようなシスター・レイン。
グラールは星仙女王の国。女性が自らの魅力を武器にするのは当然とヴィンセントは言う。

ルーネットには奇妙な手紙が来ていた。「慎み深いあなたの本当の驚異を知っている」差出人はL(エル)とのみ。
謎のシスター・Lは、ルーネットを生徒会に入るよう誘う。
「秘密をわかちあいましょう。あなたの持っているエフェメリス。そしてあなたの追っているヘルメス・トリスメギストス…」
その夜、ひどくうなされるルーン。
「怖いならずっと手をつないでいてあげる」と無邪気なフィリエルを、警戒心がないと叱って、ルーンは激しいキスをしてしまう。

ルーンが遠くへ行ってしまったようで戸惑うフィリエルだが、彼の体に押された焼き印を偶然見てしまい、激しい怒りにとらわれる。
フィリエルをどす黒い憎悪から遠ざけたいルーンは「関係ない」とつっぱねるが、フィリエルは一歩も退かない。
「それ以上関係ないって言ったらひっぱたくわよ」
「あなたが殺したい人なら私が殺しても不思議はないの」
ルーンを傷つけた者を決して許さない。その日から、フィリエルの剣が変わった。


193 :西の善き魔女(3):2005/04/11(月) 22:26:16 ID:???
生徒会に連れ出されるルーネット。
シスター・レインは尼僧の姿とはかけはなれた妖艶さで彼を誘惑する。
エフェメリスは、現在では星仙女王だけが知る太古の占星術の秘密。
それを持つものは星仙女王と同じ力を手に入れる。
レインはそれを渡せとルーンに迫る。そのかわり「ヘルメス・トリスメギストスの正体を教えてあげる…」
ラヴェンナ達の前で、魅惑の手管を披露するレイン。陥落寸前のルーンの元に、フィリエルが飛び込んでくる。
「ルーネットから離れなさい、そこの色魔みたいな人!!」
レインはフィリエルに自分の正体を問う。フィリエルが直感で答えたのは思いがけぬ正答だった。
「レアンドラ!」
アデイルとは正反対の姉。もう一人の女王候補。
レアンドラはラヴェンナとフィリエルの決闘の結果、ラヴェンナが勝ったらルーネットを生徒会に貰うと宣言する。

流星雨の夜、ルーネットはフィリエルに打ち明ける。
エフェメリスの隠し場所は、フィリエルの母の墓。博士とルーン以外は誰も知らない場所だ。
「いつか行こう。僕が死ぬ前に、必ず…」
ルーネットの言葉にひっかかるものを感じながらも、フィリエルは星空の下、彼とキスを交わす。

祭の日を間近に控えて、フィリエルと生徒会それぞれに脅迫状が届く。フィリエルが挑戦を諦めないなら再びいけにえが出る…。
ロゼリットを殺したのは生徒会ではないとレアンドラ。一体誰が…反生徒会側の人間…まさかヴィンセントが…?
心は千々に乱れながらも、引くに引けないフィリエルは決闘の舞台に立つ。


194 :西の善き魔女(3):2005/04/11(月) 22:29:10 ID:???
補足。

今巻、女装のルーン以外はみんな女性キャラだけです。
ヴィンセント、イグレインも紛らわしい感じだけど女の子。
イグレインはロゼリットとちょっとラブい仲だったけれど、ラヴェンナの魅力に負けた…という過去があったらしい。

あと、フィリエルが平民の娘だとばれたきっかけ(召使いの少女に気さくに声をかけたから)はシザリアという女の子でした。

195 :BLAME!1:2005/04/11(月) 23:03:06 ID:???
>>109の続き

一人探索を続ける霧亥は、自分の名を呼ぶ信号を受信。その発信源を辿ると
破壊された建設者の頭部を発見。それは自我を備えた特殊な建設者だった。
自分を呼んだ理由を知る為、霧亥は建設者とリンクし記憶を垣間見る。

その建設者は放心状態で放浪中のレベル9と遭遇、行動を共にしていた。
そこへ統治局の使者を名乗る女性捜査官がやってくる。霧亥と同種の銃を装備した彼女は
レベル9を探していたのだ。捜査官はレベル9に、その体内に有する球体の重要性を告げる。
そしてレベル9を保護しようとするが、強力な火器で武装した珪素生物が襲撃。
だが捜査官は驚異的な回復力と、銃の力でこれを撃退。
戦闘に巻き込まれ破壊された建設者を残し、捜査官はレベル9を連れ何処かへ旅立つ。

シボの意識と混然となっているレベル9から、霧亥のことを知らされていた建設者は
この出来事を彼に知らせる為、信号を発信していたのだ。二人を追って霧亥は旅立つ。
その途中霧亥は人間の死体と、その意識を保存したメーカー名"モリ"製・緊急保存パックを発見。
成り行き上、それを連れて行く。


196 :BLAME!2:2005/04/11(月) 23:05:16 ID:???
一方、レベル9と捜査官は、組織化された珪素生物軍の攻撃を受ける。
銃の力を無効化する盾を装備した兵士を前に、捜査官は敗北。レベル9は拉致される。
現実世界で死亡した捜査官の意識は電脳世界へ帰還。その正体は統治局の庇護を受けたサナカンだった。
再び現実世界への復帰を望む彼女に、統治局はレベル9が珪素生物の手に落ちたことで
セーフガードがレベル9の破壊へ動き出した事。
それに関連して、サナカンに付加されていた統治局の効力が消え
セーフガードのセーブデータからもサナカンのデータが削除された事。
そして今度現実世界で死亡したら、本当に消滅する事を警告する。
それでも現実世界への復帰し、レベル9を取り戻すことを決意するサナカン。
そしてかつてのセーフガードの姿で実体化し、珪素生物を追う。

その頃霧亥は、モリを介して統治局からメッセージを受信。レベル9の現状と
統治局がレベル9を使って、都市機能を正常化する方法を発見した事を知る。
同時に送られてきた座標を目指し、霧亥は旅立つ。

珪素生物によって拉致されたレベル9は解体され、体内の球体を奪われそうになる。
その球体内では何かが生成されつつあった。そこへサナカンが急襲。
セーフガードの戦闘力を取り戻したサナカンは、珪素生物を圧倒。レベル9を奪還する。
安全な地帯へ辿り着いたサナカンは、レベル9へ囁く。
「シボ・・・・ワタシタチノ コハ ブジヨ」
そこへ上位駆除系セーフガードが出現。サナカンを上回る機能で彼女を押さえつけると
レベル9の球体を奪おうとする。そこへ霧亥が到着。共闘して駆除系を倒すも
レベル9は球体を残し崩壊、サナカンも死亡する。死に際、サナカンは霧亥に告げる。
「キリ・・・イ 球体を・・・守って・・・ 感染しない・・・場所が・・・あ・・・る・・・
 そこ・・・・まで・・・ 持って・・・・いく・・・・・」
一人残された霧亥は、球体を携え旅立つ。


197 :うすべにの嵐・書き手:2005/04/11(月) 23:06:54 ID:???
前スレの漫画で申し訳ありません。
先日、某大手古本屋に行ってパラパラ捲ってみたところ、
恐ろしく沢山の勘違いが見つかったので、修正点を以下に書き出します。
──────────────────────────────
物語冒頭。兄・タカシは既に選抜出場を決めており、甲子園準決勝でサヨナラ負けを喫する。
「まだ夏がある」と泣きながら慰めるのは、弟・キヨシで、この時点でキヨシは野球部復帰を決める。

季節は巡り、夏。甲子園予選大会初戦で、肩を負傷していた兄は大量失点で敗退する。
兄(の高校)が格下相手に負けるワケないと思い、観戦をしていなかったキヨシは、
兄の最後の勇姿を見ることが出来ず、泣いて悔しさを滲ませる。

その後友人に自転車をこがせながら高校に駆けつける→チームメイトの輪→兄の穏やかな笑顔→
父の思い出→母に兄と同じ高校に進学したいと進言→幼馴染に告白 という流れ

以上、表題作『うすべにの嵐(春の選抜)』とその続編『空を仰ぐ花(夏の甲子園)』のあらすじです。


198 :BLAME!3:2005/04/11(月) 23:07:17 ID:???
都市世界とは別の荒涼とした世界------そこは肉体の無い人格が
一時的に収納される領域------。そこを彷徨う一人の少女。それはモリに収納されていた
意識だった。統治局によってこの領域へ保護された彼女は、そこの管理者へ霧亥との
旅の記憶を話す。霧亥の手にした球体内には、二人の女性の遺伝子から作られた胚が保存。
"感染"の恐れがない安全な場所で、自動的に成長が始まるようになっていた。
その場所は都市の果ての最後の超構造体を越えた先で、そこを目指す霧亥の旅は
更に困難で長いものになるだろう。と、統治局は少女に語っていたのだ。
それを知りつつも少女達には、ただその旅の成就を待つしかなかった-------

都市の果てを目指し旅を続ける霧亥。上位階層へ進むにつれ
激化するセーフガードの攻撃。満身総痍になりながらも進み続ける霧亥だったが
遂に力尽き倒れる。その身体を何処からか流れ込んだ大量の水が押し流す。
何処かへ流される霧亥。流れ着いたそこは、都市には無いはずの"空"が水面上に望む
"海"-----そして霧亥の身体から離れ発動する球体----------

場面は変わり、再び銃を手に戦う霧亥。その背後には防護服に身を包んだ子供の姿が---

BLAME! END


以上で「BLAME!」全十巻終了です。長々と失礼しました。
この作品は読み手の想像に委ねる描写が多く、文章化に際しては
私見や2chの過去スレ内での見解、作者・弐瓶氏の画集内での設定集を参考にしました。
不備や矛盾点を気付かれた方は、修正をお願いします。


199 :うすべにの嵐・書き手:2005/04/11(月) 23:11:58 ID:???
BLAME!乙でした。
最後の最後で投下をジャマしてしまって申し訳ないです。

200 :マロン名無しさん:2005/04/11(月) 23:25:37 ID:???
オススメボーイフレンドとケチャップマヨネーズをお願いした者ですが、
あれから読む機会があったのでリクエストを取り下げます。

201 :マロン名無しさん:2005/04/12(火) 01:38:26 ID:???
BLAMEおわったか。暇だしNOiSEでも書こうかな。
でもなんかこうして見るとめんどくさそうだっ
やめとこう

書いてる人たちは1レス分書くのにどのくらい時間かけてるものなのかな

202 :マロン名無しさん:2005/04/12(火) 02:08:58 ID:???
>>201
以前「午後3時の魔法」担当した者だ。
単行本全4巻+単行本未収録の特別編(まだ残ってる)を何回も読み直し、
どんな構成でどこまで書くか決めるのに何日もかかった。
(その割には何だかなぁ・・・・・・ってな出来だったが)
この作品を担当する上では、コマの中に小さく書き込まれた文字を虫眼鏡で
念入りに確認する作業が特に重要だった。
(例えば、ある人物が手にしている書類の表紙の部分に小さく書き込まれた
言葉から状況を読み取ったり、ある人物の家の表札に書き込まれた苗字から
各話に登場する人物の関係を整理するなど)

203 :マロン名無しさん:2005/04/12(火) 07:06:51 ID:???
>>201
書くペースとか取捨選択とか処理能力とか個人差があるから、
その質問は千差万別の答えがあると思うけどね…

ただ>>202さんみたいに書く人もいれば、うろ覚えだけどって書く人もいるからさ…
まぁなにが言いたいかというとあなたにちょっとでも書く気があるなら書いて欲しいなってことだよ

204 :マロン名無しさん:2005/04/12(火) 23:13:25 ID:oKQkWRiU
なるしまゆり「鉄壱智」をお願いします。

205 :”管理”人様:2005/04/13(水) 00:40:48 ID:???
以前、「ハイティーン・ブギ」をリクエストしたんですが
幸運にも友人宅で発掘できたので未解決から外してください。

206 : ◆ncXKkmcQGA :2005/04/15(金) 21:20:22 ID:???
まとめサイトつながらないわけだが…。
ftpでもつながんないしアカ消されたのかしら、と思ったら

ttp://www.aaacafe.ne.jp/bbs/server.html

>2005年4月15日

>f30サーバダウンについて

>15日午後2時半ごろにf30サーバのダウンを検知いたしました。
>復旧を試みましたが、ハードディスクの障害の可能性が高く、
>現在、データ吸出し作業を行っております。
>該当サーバの皆様にはご迷惑をおかけしますが、
>作業終了までお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

だそうで。よかった。ってロールバックするのかなぁ。
ま、足りないの足すだけだから問題ないけど。

207 :前スレ657:2005/04/16(土) 04:24:17 ID:???
>Zマン
ひょえー、そうなのかー、調べてみる、ありがとん


208 :マロン名無しさん:2005/04/16(土) 06:59:53 ID:???
>>206
おつかれさまです。

209 :マロン名無しさん:2005/04/16(土) 12:46:50 ID:???
LUNAR 幼年期の終わり
LUNAR ヴェーン飛行船物語
LUNAR2 EternalBlue
魔法学園 LUNAR!
どなたかお願いします

210 :マロン名無しさん:2005/04/17(日) 21:16:25 ID:DhgqboUw
船戸明里の『Honey Rose』 『Under The Rose』をお願いします。
特にハニーローズのほう、単行本にならないようなので気になっています。

211 :マロン名無しさん:2005/04/17(日) 22:08:51 ID:???
ハッピーまりちゃん、大まかでもいいのでお願いします。

212 :マロン名無しさん:2005/04/18(月) 01:40:42 ID:???
『魔女っ娘つくねちゃん』『撲殺天使ドクロちゃん』教えてください。

213 :Under The Rose:2005/04/18(月) 11:57:08 ID:???
19世紀英国。ライナス・キングにとって、キング家での生活は心休まるものではなかった。
母であるグレース・キングは男遊びに余念がなく、年に30日も帰ってこない。
自分は不義の子、妾の子と罵られる毎日。自分に近づいてくる大人は皆グレースと親しくなりたいだけだ。
祖父はそんなグレースを背徳者として誹り、侯爵家であるキング家が没落していくことに心を痛め、毎日怒鳴り散らすことしかできなくなった。
あれだけ、大きかった屋敷も、あれだけ大勢いた召使いもすべてなくなり、今では小さな家に、三人の召使いしかない。
それがライナス・キングの世界だった。だからライナスにとって、家族と呼べるのは弟のロレンスだけだ。

そんなある日、グレースが愛人のロウランド伯爵宅で謎の死を遂げた。
ロウランド伯爵は自らがライナスとロレンスの父親だと名乗り出て、これを機に2人を引き取ると申し出る。
ライナスは思う。この男が父親な訳がない。しかし、グレースが死んだのは何故だ――?

こうして、真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった。

214 :Under The Rose:2005/04/18(月) 11:59:27 ID:???
【ロウランド家紹介】
◆ アーサー・ロウランド伯爵
ロウランド家の当主。医者。とても温和で人当たりのいい家族思いの父親だが
正妻のほか愛人を2人も囲っており、その真意は…?
ライナスとロレンスを実子として伯爵家に引き取る。

◆ アンナ・ロウランド
ロウランド伯爵の正妻。寡黙であまり感情を表に出さず、病弱なため常に床に伏せっている。
表向きは夫が愛人を囲うのを容認しているようだが、果たして…?

◆ グレース・キング
没落侯爵家キング家の一人娘。ロウランド伯爵の愛人。良く言えば自由奔放、悪く言えば
男性関係にだらしなく、あちこちに恋人を作った気の多い女性だった。
詩の才能に長け、天真爛漫な性格からロウランド家の人々には好かれていたようだが
ある日伯爵家の屋上から落ちて変死を遂げる。

◆ マーガレット・スタンリー
ロウランド伯爵の愛人。町はずれで医者をしている女性。
とても朗らかでいつもニコニコしている。グレースとも仲が良く、よく2人で談笑していたようだが…?

◆ モルゴース・ロウランド
ロウランド伯爵の姉。実質的には伯爵家の支配者。
弟である伯爵を溺愛しており、それ故伯爵家の名を汚したグレースを毛嫌いしている。

215 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:02:16 ID:???
◆ アルバート・ロウランド
ロウランド家の長男。18歳。アンナの実子。誰に似たのか女癖が悪く、伯爵家のメイドに手をつけることが多い。
お調子者のようでなかなか食えない人物。

◆ ウィリアム・ロウランド
次男。15歳。アンナの実子。容貌は一番ロウランド伯爵に似ている。
性格は母親に似て、いつも寡黙で無表情。そのせいか常にアンナの傍にいて甲斐甲斐しく世話をしている。

◆ グレゴリー・ロウランド
三男。13歳。アンナの実子。庶子であるライナス達をあまり快く思っていない。

◆ アイザック・ロウランド
四男。12歳。アンナの実子。兄グレゴリーと同じく庶子であるライナス達への対応に戸惑う。

◆ ライナス・キング
主人公。五男。11歳。グレースの実子。グレースの男性関係がだらしないため、実の父親は不明。
ただ、ライナスが産まれた時期にグレースがロウランド家に入り浸っていたため、ロウランド伯爵が実の父親だとされる。
ただし、ライナス自身は伯爵を父親だと思っておらず、弟のロレンスだけを唯一の家族だと思っている。
あちこちに恋人を作り、家に全く寄りつかなかったグレースに対し激しい愛憎を持つ。
伯爵家で変死を遂げたグレースの死の謎を解くため伯爵家に潜入する。

◆ ヴィンセント・スタンリー
六男。10歳。マーガレットの実子。伯爵家ではなくマーガレットが医者をやっている町はずれの家に住む。
母に似て温和で優しい少年。

◆ ロレンス・キング
七男。8歳。グレースの実子。母親に似て天真爛漫な少年。
実の兄であるライナスに絶大な信頼を寄せており、彼の言葉には無条件に従う。

◆ ディック・スタンリー
八男。7歳。マーガレットの実子。とても内気な少年。
兄であるヴィンセントと一緒で、伯爵家ではなく町はずれの家に母親と住んでいる。

216 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:05:09 ID:???
ロウランドに着いたライナスとロレンスを待っていたのは、一人の男、アーサー・ロウランド伯爵。
とても気さくで、人当たりのいい男。しかし、たまに2人を静かな瞳で観察しているのは何故だろうか。ライナスは気になる。
伯爵の薦めでお芝居を観る三人。演目はシェイクスピアの「冬の物語」。
舞台の上では王が妻の不貞を疑い、我が子に俺の子かと尋ね、妻を投獄し、禍いあれと叫んでいる。
ライナスは思う。この男は何を知っている?何故、こんなものを俺に見せる?

馬車に揺られ、伯爵家に着くと大勢の召使いと、三男グレゴリーと四男アイザックが待っていた。
ロウランド伯爵を初め、みんなは二人を歓迎する。だけどライナスは腑に落ちない。母さんはここで死んだ。

「昨日今日初めて会った男を何故父と呼べよう?誰の血を継いだか母も知らぬ子を急に受け入れる気になったのは何故だ。
11年間無関心でいて親子の情など口にするなよ?負い目か?罪悪感か!?何の罪だ?グレース・キングを死なせた罪か?」
追求に対し、グレースの死は事故だったと沈痛に語る伯爵。
しかしライナスは「それなら、これも事故だ」とアイザックの愛馬を撃ち殺す。
呆然とする伯爵。泣き崩れるアイザック。グレゴリーは怒りに震えながらライナスに詰問する。

「俺達が心からお前らを歓迎すると思ったか!?ロウランドを望まないのなら
何故ここへ来た?俺は貴様を侮蔑するぞ、ライナス・キング!」

217 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:07:53 ID:???
早速伯爵家の調査を始めるライナスは、空き部屋でメイドと寝ていた長男アルバートと出くわす。
自分に明るく接してくるアルバートは不愉快だ。
そのアルバートの案内で次男ウィリアムと正妻アンナにも出会う。笑わないアンナ。笑わないウィリアム。
陰気な女だ、だからこそロウランド伯爵はグレースを愛人にしたのだろうか。

その後、朝食の場にて、自分たち以外にスタンリーという愛人が産んだ庶子がいることを知る。
しかも、ライナスが五男、ロレンスが七男に対し、その庶子は六男、八男であるという。
つまり、グレースがスタンリーという女性と天秤にかけられて、負けたことを意味している。
そのことに興味を覚えたライナスは、ロウランド伯爵とともにマーガレット・スタンリーとその子供達が住む町はずれの家を訪れることに。

マーガレット・スタンリーは平凡な女だった。とてもよく笑う。笑わないアンナとは対照的だ。
でも、こんな女にグレースが負けたことが信じられない。
町はずれのこの家では、マーガレットと、その子供のヴィンセント、ディックの3人が暮らしているようだ。
子供を侯爵家に引き取らないのは何故だろう。

伯爵は庶子であるヴィンセント達にもまるで変わりなく、優しく父親として接している。マーガレットが笑っている。子供達も幸せそうだ。
心が落ち着かないのは何故か。
マーガレットも、その子供達も、グレースのことが好きだったと言う。ライナスはふと母の部屋が見たくなる。

218 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:17:28 ID:???
侯爵家に戻ると、待っていたのは一人の女性。モルゴース・ロウランド。ロウランド伯爵の実の姉。
ライナスとロレンスを引き取ることに反対しているようだ。特にライナスは赤毛だ。
ロウランド家にも、キング家にも赤毛はいなかった筈である。それはつまり――。
「不思議だこと。誰に似たのかしら?」

このままでは、伯爵家を追い出されるのも時間の問題だ。まだグレースの死の謎を解いていない。
日記、グレースの日記はどこだろう?
グレースの部屋は死の匂いがなかった。わずかに香るは花の香り。部屋は最近新調されたようだ。
何の為に?何を隠した?日記はどこだ。
部屋を探せど日記は見つからない。見つかったのは一冊の本。グレースが書いた最後の本。
伯爵はそれを見て嬉しそうに、懐かしそうに微笑む。
それを見て何故か心が冷える。だから本を暖炉にくべる。伯爵が驚いて手を伸ばす。
ライナスは言う。「もう、要らないだろ?」

母の死の原因を探らなければならない。ライナスはメイドを脅して、グレースが死んだ屋上へ向かう。
――いつも試作に詰まると誰にも告げずに独りでふらりとおでかけになりました。
推測で話すのは屋上へ行くキング様の姿を誰も見ていないからです。
この屋上の真下で血の海の中に倒れているのを庭師が見つけたとか――。

「ではこういう事か。グレース・キングは試作にふけるべく、あえて手すりを乗り越えて
この狭い縁に立ち偶然!足を踏み外して落ちてしまったと?」
事故だって?

219 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:20:30 ID:???
――ごらん、グレースは誰よりも美しい――とても美しい――本当に素晴らしい――素晴らしい人だよ――。
ライナスの脳裏に浮かぶのは、グレースに近づこうとした男達の顔。
伯爵は本当に自分たちを実の子供だと思っているのだろうか?本気で。

母の死の謎を解かなければならない。メイド達にグレースの事を聞いて回るが、成果はあまり芳しくない。
ライナスの世話をしているメイドは言う。グレースは誰にも愛される人だった、事故だった、と。
よく見るとこの女には見覚えがある。長男アルバートが空き部屋で抱いていた女だ。
自分の世話を焼きたがるのは何故だろう。

グレースは南館屋上から落ちた。正妻の部屋は南館の角。正妻アンナに会いに行こう。
「私は夫にもその女性関係にも興味はありません。」笑わない女、アンナが言う。
傍にはいつものように笑わない次男、ウィリアムが。
でも、本当に無関心なら父親に一番よく似たウィリアムを傍に置きたがるだろうか。

三男グレゴリーや、四男アイザックはライナスに冷たく接する。当然だ、他人なんだから。
自分の味方は弟のロレンスだけだ。そのロレンスが誰かと話をしている。
お菓子を貰って上機嫌だ。話の内容はグレースの交友関係について。
誰がよくグレースを訪ねていたのか。誰がグレースと親しかったのか。それは赤い毛の――。
ロレンスの話し相手はモルゴース・ロウランドだ。止めなければ。2人の間に割って入り、ロレンスを連れ出す。
ロレンスには何がよくていけないのか判断できない。俺の行動はすべて筒抜けになってしまう。連れて歩くわけにはいかない。
「いいか、自分の部屋にいろ。だまってろ。ついてくるな」
ロレンスの泣き声が聞こえて、そのまま遠ざかる。

220 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:23:13 ID:???
厨房に行くと、四男アイザックがコック達に料理を習っていた。
コック達がグレースを「先生」と呼ぶが、グレースが先生?グレースが教えられるのは色事ぐらいだろ?
そのことでアイザックと喧嘩に。アイザックは言う。
何でなにも知らないんだ、あんなにいい人だったのに、あんなに子供の事を思っていたのに!

ライナスにとって、そんなものは嘘だ。家に寄りつかないグレース。男狂いのグレース。
激情して、銃を抜く。そこに現れたのは長男アルバートと、次男ウィリアム。
ライナスを押さえつけ、「自由」を賭けてカードで勝負しようという。この家には味方は一人もいない。
「座れよライナス君、お兄ちゃんと遊ぼうぜ」
騒ぎを聞きつけ、ロウランド伯爵が来た頃には勝負はついていた。ライナスの負けだった。
しかも、グレース仕込みのイカサマで負けた。

割れた皿で腕を切ったので伯爵がライナスの手当をする。痛み止めとして阿片チンキを飲もうとするライナス。
しかし、それを見て伯爵は蒼白になり、必死に止める。
阿片チンキなんて痛み止めとして誰でも飲むのに、この反応は何だろうか。

221 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:25:02 ID:???
再びグレースについて、使用人達に聞き込むことに。何故かあのメイドも世話を焼きながらついてくる。
アルバートの女だ。使用人が恋人気取りかよ。
泣き真似、おためごかし、嘘を重ねて、使用人達からグレースの事を聞き出す。
そのたびにメイドがお姉さん面して叱ってくるが気にしない。
曰く、グレースは陰気で、良く酒を飲み、情緒不安定だった、と。
とてもグレースとは思えない悪評。この評判の違いは何だろうか。

グレースが落ちた場所に行ってみる。そこから館を見上げれば、丁度正妻アンナの部屋の窓が見える。
正妻アンナに会ってみよう。
「あんた、グレースを屋上から突き落とした?」
単刀直入に、詰問する。それを聞いて過剰に取り乱すアンナ。我を忘れて次男のウィリアムを呼ぶ。
その憔悴しきった瞳に映っているのは、映っているのは――。

虚ろな瞳で落ちていくグレースの姿――?

途端に血を吐き、崩れ落ちるアンナ。ウィリアムが静かに現れて、アンナを優しく介抱する。
「母は正気を保つのに精一杯だ。君の瞳の色はグレース・キングそのもの」
なぜ、ウィリアムはアンナの傍にいつもいるのか。アンナが必要としているのは夫の代わりなのに。
「自分だけこの世の全ての理を知り尽くしていると考えるのは、愚かな事だよ。ライナス・キング」
そう語るウィリアムの瞳は深くて、何も読み取れない。

222 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:32:45 ID:???
ロレンスは持ち前の無邪気さで、ロウランド一家と打ち解け始めていた。
他の兄弟達と遊ぶ姿は家族そのもの。ライナスはそれを静かに見つめる。
ライナスにできるのは母の死の真相を探ること。今日も調査に乗り出すが、やはりあのメイドがついてくる。
「子供のくせに大人のふりしちゃって!知ってます?大人になりたがるのは子供だけなんですよ」
何となく憎めないこのメイドに、次第に強く言えなくなるライナス。二人で庭を歩いていると、アルバートを見かける。
それを見て固まるメイド。アルバートは他のメイドとキスをしていた。
貴族ってみんなそう、使用人は家具と同じ、好きなように買い換えるの――。
良くあることだ。そう思うライナスだけど、それでも涙を流すメイドの手を握る。
声が掠れてしまうのは何故だろうか。

そして、一人の客人がロウランド家を訪れる。それは赤毛の詩人、ジャック・クリストフ・ベインズ。
母の友人。母の信奉者。そして――。
招いたのはモルゴースだ。ベインズに余計なことを喋られるのはまずい。
無邪気な子供の振りをして、ベインズに釘を刺すライナス。
ベインズはライナスに一つの手紙を渡す。それはグレースからの手紙。差し出し日は、死ぬ2週間前。
手紙の内容は、近況、健康であること、新しく書く本についての相談、ベインズとの再会の約束!
やっぱり、グレースは殺されたんだ!

ベインズは言う。がんじがらめのキング家にいるよりは、ロウランドは彼女にとって「楽園」だった筈だ、と。
ベインズと共に再びグレースの部屋を探るライナス。
ベッドの下からアブサン(リキュールの一種)の瓶を見つける。ラベルには赤黒い染みが。まさか…血?
ベインズは淡々と語る。彼が手に持っているのは香炉だ。半年前にグレースから譲り受けた物。
二度と使わないという誓いと共に。彼女は、重度の阿片中毒者だった。この阿片香炉は彼女の形見だ――と。

あのグレースが!?酒に溺れる理由がどこにある?自制できなくなるほど阿片に依存するなど考えられない!
奔放で自由で誰にも支配されないグレース・キング。

223 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:36:25 ID:???
晩餐会に呼ばれるライナス。他には伯爵、ベインズ、モルゴース婦人などが。
ライナスの父親について遠回しに聞いてくるモルゴース。
赤毛のベインズ、赤毛のライナス。グレースがご執心だったのは誰ですか?
知るか、グレースに聞け。

話題は次第にグレースの事へ。ベインズと一緒に懐かしい昔話に花を咲かせるロウランド伯爵。
しかし、急に伯爵の目から涙が。思い出と共に。グレースは死んで。そのまま泣き崩れる伯爵。
アルバートは言う。グレースが死んでから初めて泣いたのだと。
留守中に死んだため、グレースの死が信じ切れずに、彼女が死んだことを時々忘れてしまう、と。
ライナスは思う。演技にしてはたいしたものだ、と。

ベインズ氏は翌日、モルゴース婦人と共にロンドンへ帰っていった。

224 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:42:17 ID:???
グレースが週の半分はマーガレットの家に遊びに行っていたことを聞いたライナスは、再びマーガレットの家を訪れる事に。
六男ヴィンセントから、グレースがお気に入りだった秘密の場所、高い木の上の秘密基地を教えてもらう。
そこにはグレースの遺品がたくさん。前まではここに日記があった筈。しかし、日記はどこにもなかった。
ニコニコ微笑みながらケーキを切り分けるマーガレット。荒れた手だ。アンナとは違う。グレースとも。
貴族じゃない母親の手は…。

マーガレットは医者だ。阿片とアルコールを同時に摂取するとどうなるのか、聞いてみる。
「中毒で弱り切った人間なら殺される時でも抵抗しないのかな」
マーガレットは語る。グレースがお酒に溺れ、阿片に蝕まれていたことは知っていた。
だけど、半年前に阿片香炉をベインズに送り、阿片を止める誓いを一緒に立てた。
だからもう阿片は無い筈だ。

ライナスには信じられない。誰かが阿片を持ち込んだ筈だ。

225 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:44:47 ID:???
マーガレットはさらに語る。グレースとは本当に友達だったと。
アーサーは幼い頃両親を亡くしたせいで、家族の愛に飢えている。
だから家族を多く作って隙間を埋めている。寂しさを紛らわしている。そんな彼を慰めたのがグレース。
アンナは5番目の子供を死産している。夫の期待に応えられずに、落ち込んでいた彼女を励ましたのもグレース。
私たちはみんなグレースに助けられた。だけど、そんな彼女が一番悲しさを隠していた。
酒や阿片に溺れてまで、自分をごまかして。彼女が一番望んでいたものはもう永遠に分からない。

胸のムカつきをライナスは覚える。何故だかイライラする。

グレースは何度も禁断症状に苦しんだ。阿片を止めたあとも、同じ場所で香炉が焚かれる悪夢にうなされていた。
マーガレットはそれを禁断症状が産んだ幻覚だと言うけれど
香炉が幻覚でなかったら?誰かが再び香炉を持ち込んだとしたら?
みんなグレースのことを心配していたと言う。ロウランド一家に大勢の召使い達。
当時のメイド達はほとんど辞めてしまったけど、まだあの家に残っている侍女もいるという。
そのメイドは――。
巻き毛で、お姉さんぶって、いつも自分の世話を焼き、アルバートの女で――。

ライナスはすぐに屋敷に引き返し、メイドの部屋を漁る。
鞄の中から出てきたのはメイドが3年では稼げないほどの金貨に
グレースが持っていたものとそっくりの阿片香炉。

226 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:48:01 ID:???
伯爵と、アルバートとライナスは、メイドの釈明を静かに聞く。
いつも陽気で明るいグレースが、禁断症状で陰鬱になり、喚き散らす姿は見てられなかった。
だから、グレースが望むままにお金でお酒を買って渡し、グレースが望むままに阿片香炉を焚いたのだと。
ライナスは詰問する。

「お前がグレースを殺したんだ」
「違います!キング様が好きだったからです、憧れていたからです。あんな姿見たくなかったのに!」
「殺意を好意でごまかすな!人殺しに変わりはねえよ!」

夢うつつで屋敷を徘徊するグレース。中毒症状だけじゃない。
グレースは心を病んでいた。誰にも癒せないほど深く。でも、それは――。
「きっと罰が当たったんです。ロウランドを貶めた罰です。グレース・キングが居なければ…。
旦那様は他の女と関係を持たずに…。そしたら、アルバートも誠実だったかもしれない」

ロウランド伯爵はそれでも、激昂せず、静かに、悲しそうに語る。
確かにグレースは恋の自由を教えてくれた。だけどそれは、時間の問題だった、と。
なぜならアンナは結婚する前から私を愛してはいなかったから。

他の屋敷への紹介状を書き、彼女のことを許すという。グレースを殺したのも同然なのになぜ?ライナスは問いつめる。
彼女を罰したらグレースは帰ってくるのかね?
彼女はきっとライナスに暴いてほしくて、君の相手をしていたんだ。だからこそ私は彼女を赦そう。

弟達のため、この事は黙っていようとアルバートは言う。
グレースは弟たちの家庭教師もやっていた。そのため弟たちには好かれていた。
だから、敢えて知らせる事もない、と。

皆嘘ばかりだ。虚像の上の脆い平穏。
「私が憎いですか?この世で一番自分が汚いと慢心するから騙されるんですよ」
自虐的にそう言ったあと、メイドはロウランド家を去った。

227 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:51:06 ID:???
早朝、荒れてふて寝していたライナスのもとにアルバートとウィリアムがやって来る。
訝しむライナスを連れて森の中へ。そこに一台の馬車が。乗っているのはあのメイド。
アルバートは微笑みながらライナスに銃を握らす。
「女だとか無学だからと侮るな。失うものが無い奴ほど信用するな。
一度でも罪を犯す容易さを知った人間は何だってやるぞ。何度でも、どんな事でもだ。
ロウランドを貶めるためなら悪魔にだって魂を売る!!」

迷う理由があるか?そうだろ?アルバートは静かに語りかける。
お前の望みが叶うんだ。お前が求めたグレースの死の答えだ!
何故か逆らうことができない。ああ…そうだった…。
「撃て」そうだ。「グレースの仇を撃て」そうだ憎め。「お前の母親を殺した女を撃て」憎め。
引き金に指をかけて――。

脳裏によぎったのは、日だまりの中楽しそうに笑っているあのメイドの姿。

ライナスは結局撃たなかった。
ウィリアムが異変に気づき馬車に近づく。御者は後ろから殴られて昏倒しているようだ。
逃げたのだろうか。手分けして探すことに。
ウィリアムが何かに誘われるように森の中に入っていく。何か目に見えないものが見えているようだ。
ライナスもついていく。そこにいたのは――。

こめかみを撃ち抜かれて死んでいるメイドの姿。
そこにアルバートもやって来る。感慨もなく呟く。「何だ、手間が省けたな」
殺したのは誰だ――。あれがロウランドに楯突いた人間の末路。
銃創はこめかみにひとつ。死体は午後の内に速やかに始末された。
物取りだとか、自殺だとか、誰もが穏便に事を済ませたがった。
アーサー・ロウランドの耳に入る事は無く…何もなかったかのように…。

結局、ライナスはあのメイドの名前すら知らなかった。

228 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:54:26 ID:???
ロレンスはすっかり家族の一員として、伯爵や兄弟達と笑いあっている。
その光景がやけに眩しい。何で笑っているんだ?
伯母上が戻る前にけりをつけなければ。そうだ。本当は何も解決していない。俺は。なにも。なにもかも消えてなくなってしまえ。
ロウランドの敷地は広い。埋める場所には困らない。手始めに弟を。伯爵は背中から心臓を。誰に見られても撃てばいい。
屋敷の奴ら皆撃って、撃って――。

ははははははは!!

だめだ、そんなに弾がない。
グレースは死んだ。中毒患者は皆屋上へ上がるのか?
誰かが導いたんだ。あんたは殺されたんだから。そうだろグレース。

自暴自棄になりかけているライナスの元にウィリアムがやってきて告げる。
グレース・キングのお気に入りだったあの木。あの秘密の場所。彼女が来る前はウィリアムの場所だった。
「日記だよ、グレース・キングの」
中を…。
「読んだよ。君を迎える前に渡した」
誰に。ウィリアムが扉を開ける。部屋の中には伯爵が。手には日記を――。

229 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:57:15 ID:???
父親の名前。グレースの死ぬ前の記録。
グレースを屋上へ導いたのは。グレースの背中を押したのは…。

伯爵は目尻に涙を浮かべながら、それでも淡々と無表情で語る。
日記の最後の日付は天に召される四日前。その翌日、この手紙が一つだけ届いた。
ライナスの顔色が変わる。
朝食の席に現れず、部屋にこもり、浴びるほどアブサンを飲み、阿片を吸った。手紙の内容は…。
「差出人の君が一番よく知っているね?」

――あんたなんか要らない。愛してない――そう書かれた手紙。

「もう、要らないね?」
そう言って日記を暖炉にくべる伯爵の顔にはわずかな微笑みが。
伯爵は語る。グレースの拒絶された絶望を、孤独を、私は理解できる。
「違う、愛なんてなかった、違う、グレースは傷ついたりしない、違う!」
ライナスは拳銃を抜き、伯爵に向ける。
「グレースはロウランドの家に殺されたんだ。体裁を守るために見過ごされたのだ。
あんたのせいで死んだ。何もかもあんたのせいだ!」

ライナスは銃を向けたまま自分の心情を吐露する。
ロウランド家は狂人の巣窟だ。産まれてから一度も幸せだったことなどない。
阿婆擦れの子、不義の子、妾の子と罵られ、毎朝目が覚める度に絶望する!
こんな人生なら死んだ方がましだ!
俺は、こんな人生なら生まれたくなかった!

230 :Under The Rose:2005/04/18(月) 12:59:45 ID:???
それを聞いて自失する伯爵。頭を抱えながら呟く。
「生きて…いたくないと?」
父親として君の生は私が望んだものだ。それが君の苦痛であるというなら、それなら――。
伯爵は戸棚から幾つかの瓶を取り出し、注射器に入れていく。顔には微笑みが。
どれも一瞬で永遠の眠りにつく薬だと言う。
どの瓶がいいかね、では青い瓶にしようか、海の色だよ、綺麗だろう?

グレース、グレースに俺は必要ない。俺にグレースは必要ない。
グレースは自殺なんかしない。俺の言葉なんか気にかけるはずもない。
グレースを追いつめたのが俺だと言うのなら。それが本当なら。
グレースを愛したというこの男が俺を許せるはずがない。受け入れるはずがない。
空洞の胸に掛札は存在しない。カードは引かない。賭は成立しない。
俺が憎まれてもグレースの死因とは関係ない。アーサー・ロウランドが俺を愛せるはずがない。
憎め。罵れ。恨め。俺を哀れむな。気づかせるな。なにもかもが嘘だ。嘘だ。嘘をついているのは。

「大丈夫だよ、もう。もう苦しまなくてもいいんだ。痛みも無く、恐怖も無い。さあ、ライナス」

伯爵が微笑みながら近づき。手には注射器。手には拳銃。腕を掴まれ。そして――。

一発の銃声。

231 :Under The Rose:2005/04/18(月) 13:04:20 ID:???
隣の部屋にいたウィリアムが、銃声を聞きつけ部屋に入ってくる。
拳銃を持ったまま、茫然自失のライナス。腹から血を流し、倒れ込んでいる伯爵。
ウィリアムは冷静に伯爵の手当をしながら、ライナスに語る。

君は何故グレース・キングが死んで他殺だと信じた?
死因には「事故」「病死」「他殺」もうひとつ「自殺」がある。
君は初めから「自殺」を念頭におかなかった。君は無意識に否定していた。
思い当たる理由を無視した。君は初めから答えを知っていた。
だから、否定するための答えをロウランドに探しに来たんだ。
私だけがグレース・キングの最後に立ち会った。彼女は最後に君の名を呼んだ。
容易く贖えないことでも父は君を責めない。その意味を一生かかっても自分で理解しなさい。

ウィリアムやアルバートが医者を呼んでいるのを横目に、ライナスはふと廊下を見る。
そこには一冊の絵本が。ロレンスがいつも持ち歩いている絵本。
まさかロレンスは今の話を聞いたのだろうか。ロレンスは――?

外は嵐がやって来ていた。雨の中、他の兄弟達とロレンスを必死に捜すライナス。だけど見つからない。
心当たりは。母親の思い出の場所、グレース・キングの木。
舞台の上では、不義の子マクシミリアは死んだ。
ロレンスだけは穢れてはいけない。

232 :Under The Rose:2005/04/18(月) 13:06:41 ID:???
グレース・キングの木につくと、木のてっぺんによじ登っているロレンスの姿が。
降りてくるよう叫ぶライナスと兄弟達。
ロレンスは泣きながら天に向かって叫ぶ。
「かみさまあ、お母さんを返して!兄ちゃんは間違えただけなんです。
だからお母さんを返して下さい!お願いだから!!かみさま!!」

次の瞬間、木に雷が落ちる。吹き飛ばされるロレンス。アルバートがどうにか受け止めるが、意識がない。
急いで屋敷に連れ帰り、知らせを聞いて駆けつけたマーガレットと共にロレンスの手当をする伯爵。
ライナスに撃たれたはずなのに、気丈に笑っている。ベッドでうなされているロレンス。
ライナスは、弟なんか欲しくなかった、邪魔だったんだ、と泣きそうな顔で呟く。
そばにいたマーガレットが手を上げて――。
「失ったらもう戻らない!会えないんだよ!」
ライナスをぶったのは伯爵だった。ライナスに撃たれた傷口を押さえながら、微笑む。
君は私を撃った。君は本当は生きていたいんだ、そう思っていいんだね?
「良かった」

何故、自分じゃないんだろう。弟は全ての苦しみから無縁のはずだったのに。
神様。連れて行くのなら俺の魂にしてください。
俺なら誰にも愛されていないから誰も悲しまずにすみます。
弟は俺と違って誰も傷つけていないし誰も憎んでもいません。
俺は地獄の業火に焼かれてもいい。赦されなくともいい。
だから弟を連れて行かないでください。たったひとりの俺の弟なんです。
神様。お願いです。

233 :Under The Rose:2005/04/18(月) 13:08:34 ID:???
そして夜が明けて――。

意識を取り戻したロレンス。無邪気に笑ってライナスに聞く。
「おかあさん帰ってきたでしょ?僕おかあさんの手ぎゅってしたよ」
首を振るライナス。
「…お祈りが足らなかった?」
再度首を振るライナス。
「俺が代わりに祈ってやる。お前の分もだ。だからもうあんな無茶はするな」

しでかした事には罰を受けなければならない。
知らせを聞いて駆けつけたモルゴースは、ライナスを見かけた瞬間、泣きながら殴りつける。
抵抗しないライナス。それを庇うようにライナスを抱きしめる伯爵。その顔は父親のそれだ。
「貴方の子供じゃないのに!」
「私の子です」
「では証拠を」
そう言ってモルゴースが連れてきたのはキング家のメイド。グレースの侍女だった少女。
茶番は終わりだ。どんなにしらを切ろうと。

「ではこの子の本当の父親の名前を侍女ならよく知っているわね」
「はい、もちろんです。ライナス坊ちゃんの父親はアーサー・ロウランド様です」
怒りの余り立ち上がるモルゴース。驚くライナス。
侍女は語る。グレース様はロウランド様が「初めて」だったんです。だから父親はロウランド伯爵だ、と。
侍女の話はもちろん嘘だ。グレース様が好きだった。だからグレース様のためにそう言った。
モルゴース婦人は怒ったまま帰っていった。

ライナスはロレンスとともに雨上がりの虹を眺める。
「おかあさん、もういないんだね」
「そうだな」

234 :Under The Rose:2005/04/18(月) 13:10:13 ID:???
数日後――。
「家を出るって、何故!?」
伯爵の質問にライナスは答える。
「俺は牧師になりたい」
澄んだ瞳だった。

こうしてライナスは寄宿学校へ通うことに。見送りにはたくさんのライナスの家族達が。
ライナスの脳裏にこの家での様々出来事がよぎる。ひどいこともした。
だから、口を開きかけ、結局ライナスは父親に言葉をかけるのを止めた。
伯爵は微笑みながら言う。
「手紙を書くよ」
そして馬車が出る。

あれは午後の茶の準備のかまどの煙。
もう少ししたら夕食の仕込みで厨房は使用人で溢れかえってたくさんの煙が空へ上る。
朝は家族が揃って食卓を囲み。平日は勉強室に五時間。時折スタンリーの家と行き来を繰り返して。
日曜日は教会へ。俺の部屋は毎日開け放たれ。洗い立てのシーツに取り替えられる。
退屈な日常を繰り返すあの家で、弟はアーサー・ロウランドと俺宛の手紙を書く。
俺の帰りを心待ちにしながら――。

冬の物語編、終わり。

235 :Under The Rose:2005/04/18(月) 13:15:08 ID:???
と、言うわけで春の賛歌編に続く。
と言いますか無駄に長くなってしまってごめんなさい。

春の賛歌編では、ライナス君がいなくなったロウランド家にやってきた
麗しの才女ミス・ブレナンがロレンス君達の家庭教師として頑張ります。
あと、今いち謎だったウィリアム君にもスポットが当たります。
でも、コミックスだと序章っぽいところまでしか描かれていないので割愛します。

ちなみにコミックスの書き下ろし漫画「マーガレットさん」が
本編とは違いどたばたラブコメでそのギャップが微笑ましいです。
まだ幼いマーガレットさんとロウランド伯爵との恋物語(?)です。
どっとはらい。

236 :マロン名無しさん:2005/04/18(月) 13:39:06 ID:???
>>235
乙。面白かった。
けどメイドを殺したのはダレダ?

237 :マロン名無しさん:2005/04/18(月) 13:40:15 ID:???
>Under The Rose
リクエストから丸一日も経ってないのにこの巨編ぶり…
リク主サンがうらやましい。乙です。

238 :マロン名無しさん:2005/04/18(月) 13:42:47 ID:???
>>236
はっきり描かれていないので想像するしかありませんが
物取りや自殺は考えにくいので、ならば消去法であの場にいなかったアルバートが
ライナス達より先にメイドを見つけて撃ち殺したんじゃないかと思うけど、
真相は闇の中です。


239 :マロン名無しさん:2005/04/18(月) 13:53:12 ID:???
アルバート酷い・・・

240 :マロン名無しさん:2005/04/18(月) 14:02:06 ID:???
惣領冬実「ボーイフレンド」
解説できる方がいたらお願いします。
出来ればコンパクトにまとめていただけると嬉しいです。

241 :マロン名無しさん:2005/04/18(月) 20:52:32 ID:???
前にもいいましたが「ブラックエンジェルス」のあらすじは教えてくれないんでしょうか?
どなたかお願いします。

242 :マロン名無しさん:2005/04/18(月) 22:43:59 ID:???
>>235
リクしたものです。有難うございました。詳しくて面白かったです。
19世紀イギリスに興味あるので気になっていましたが、
ガヴァネスとか気になる要素満載なので購入してみようかと思います。

243 :マロン名無しさん:2005/04/19(火) 00:28:22 ID:???
>>241
いつ前のリクをしたのか知らんが気長に待つことが肝要。
「今は」書く人がいないだけだ。

244 :マロン名無しさん:2005/04/19(火) 22:34:50 ID:???
>まとめサイト管理人氏
私の記憶が正しければ「ハイティーン・ブギ」をリクエストした人はふたりいるはずだから
未解決からはずさない方がいいと思う。
ひとりが全編で、もうひとりがラストだけ知りたいって言ってたと思うから
たぶん同一人物じゃないでしょ。

245 :マロン名無しさん:2005/04/19(火) 22:53:46 ID:???
井上雄彦「カメレオンジェイル」「楓パープル」

上記2作品のあらすじを教えてください。
大雑把でいいです。

246 :マロン名無しさん:2005/04/20(水) 00:45:54 ID:???
大長編ドラえもん、最近のはリクエストあったみたいですが、
藤本先生がご存命の頃のもお願いします。

247 :マロン名無しさん:2005/04/20(水) 00:58:08 ID:???
>>246
>大長編ドラえもん
これって毎年映画化されてる(されてた)やつのこと?

248 :マロン名無しさん:2005/04/20(水) 16:19:05 ID:???
すごい亀レスだけど、前スレでドリームネットPAPAをレポートしてくれた人、
どうもありがとう。

柴田亜美作品にしては、珍しくシリアスで完成度の高いストーリーだね。

249 :マロン名無しさん:2005/04/20(水) 20:35:12 ID:???
ハチミツとクローバーお願いします。

250 :246:2005/04/20(水) 20:51:30 ID:???
>>247
多分そうです。現在24巻まで出てるとか。

251 :マロン名無しさん:2005/04/20(水) 21:30:58 ID:???
パンプキン・シザーズ、リヴァイアサンお願いします。

252 :マロン名無しさん:2005/04/20(水) 23:59:04 ID:???
>>249
>ハチミツとクローバー
もうまとめサイトにあったようななかったような・・・
どっちにしろまだ確認出来ないね

253 :マロン名無しさん:2005/04/21(木) 00:08:54 ID:???
パンプキンシザーズは紹介済みですよ

254 :マロン名無しさん:2005/04/21(木) 00:37:11 ID:???
>>250
映画化したドラならテープが擦り切れるくらい観てたのもあるから紹介できるけど、
漫画は一切知らないんだよね。
映画は、その原作?の漫画と設定やストーリー展開が違ってたりするのかな。

255 :マロン名無しさん:2005/04/21(木) 01:31:09 ID:???
>254
大まかな設定やストーリーは映画と同じ。っていうか、藤子先生のプロットを元に
映画を作るんだから当然だわな。
ただ、細かいシーンなどが結構違ったりする。有名なのは「のび太の宇宙開拓史」における
ギラーミンの扱いとか。

256 :マロン名無しさん:2005/04/21(木) 02:00:43 ID:???
中森衣都のママは小学4年生お願いします

257 :マロン名無しさん:2005/04/21(木) 04:10:58 ID:???
http://66.102.7.104/search?q=cache:iBGPD_M7oCgJ:f30.aaa.livedoor.jp/~malon/left2.html+%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCj+%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81&hl=ja&lr=lang_ja

復活するまでタイトルはここで確認。
中を見る方法もあるけど自分で探そう。

258 :マロン名無しさん:2005/04/21(木) 06:58:40 ID:???
>>255
レスありがとう。
そうか、じゃあヘタに手を出すのはまずいね

259 :マロン名無しさん:2005/04/21(木) 18:46:50 ID:???
市川ジュン「鬼国幻想」「華の王」お願いします。

260 :マロン名無しさん:2005/04/22(金) 04:57:33 ID:???
高河ゆん「子供たちは夜の住人」お願いします


261 :マロン名無しさん:2005/04/23(土) 08:43:02 ID:???
まとめサイト復活オメデトウ

262 :マロン名無しさん:2005/04/24(日) 22:14:35 ID:???
オールドボーイお願いします。
映画はまあまあでした。

監禁理由とオチが判れば満足です。

263 :マロン名無しさん:2005/04/26(火) 23:07:04 ID:???
藤田貴美「キャプテンレッド」お願いします。

264 :マロン名無しさん:2005/04/26(火) 23:45:16 ID:???
「ななこSOS」お願いします

265 :マロン名無しさん:2005/04/27(水) 18:30:12 ID:63ILqHsH
「なるたる」を7,8行でお願いします。

266 :マロン名無しさん:2005/04/27(水) 21:01:00 ID:???
>256
>263
どっちも簡単にでいいならやります。

267 :256:2005/04/27(水) 21:57:43 ID:???
お願いします。
詳しいほうがいいんですけど、このチャンスを逃したらもう
誰も書いてくれない気がするし

268 :マロン名無しさん:2005/04/27(水) 22:22:24 ID:???
松本嵩春のアガルタをお願いします。

269 :マロン名無しさん:2005/04/27(水) 22:48:06 ID:???
>>265
まとめサイトへGO

270 :マロン名無しさん:2005/04/27(水) 23:59:16 ID:???
>>267
詳しいのがいいならはじめからそう書かんと。
あと>>266氏がどのくらいの長さで書いてくれるのか知らんが、
ごくごく簡潔だった場合、しばらくして詳細なものを書いてくれる人が現れるかもしれない。
天は赤い河のほとりみたいに。


271 :263:2005/04/28(木) 00:09:47 ID:???
>>266
お願いします。

272 :マロン名無しさん:2005/04/28(木) 02:59:52 ID:???
高河ゆん「LOVELESS」をお願いします。
今アニメやっててちょっと気になったので

273 :ママは小学4年生:2005/04/28(木) 23:23:30 ID:???
『水木なつみ』は小学4年生。父親の転勤でロンドンに引っ越すことになっていました。
明日出発という日の放課後、雷と共に赤ちゃんが降ってきました。
一緒に降ってきた通信コンパクト(ひみつのアッコちゃんのコンパクトみたいな形)によると、母親は15年後の2007年のなつみで赤ちゃんはなつみの子だと言います。
15年後のなつみによるとカミナリが落ちたショックで出来た空間のひずみに赤ちゃんが落ちてタイムスリップを起こしたようです。
信じられないなつみでしたが、コンパクトの声の主が現在のなつみの秘密などを次々に当て、
さらに赤ちゃんの髪飾りは去年なつみが作った七宝焼きだったことから信じることにします。
2007年のなつみは連れ戻す方法が分かるまで1992年のなつみに赤ちゃんのことを頼むと
通信コンパクトはバッテリー切れで通じなくなりました。
なつみと両親がロンドンに行っている間、留守番にきた『いづみおばさん』は未来からきた赤ちゃんなんて警察に連れて行けないのでなつみに面倒をみるようにいいます。
なつみは未来から来た赤ちゃんに『みらい』と名付け
みらいが元の時代に帰れるまで3人で暮らすことになりました。

274 :ママは小学4年生:2005/04/28(木) 23:25:06 ID:???
なつみは小4で子持ちなんて不良〜と思われると思い
クラスメイトにはみらいのことを隠します。
が、クラスメイトの『山口大介』にバレてしまいます。
大介はなつみが何か秘密にしていることがあると気づいて
クラスメイトと大勢で家に押しかけてきたのです。
みらいを隠さなきゃ!と慌てるなつみでしたがみらいは2階の窓から落ちてしまいました。
途中で木に引っ掛かったみらいを助けていると
家を抜け出した大介となつみの片思い相手でクラス委員の『深沢龍一』くんがやってきてみらいが見つかってしまいました。
焦るなつみでしたが、龍一くんは親戚の子を預かってると勝手に思い込み
一人で納得してしまいます。
なつみは二人にこのことを秘密にするように頼むのですが
あっさり了承した龍一くんと違い大介は秘密を握ったと意地悪そうに笑うのでした。

275 :ママは小学4年生:2005/04/28(木) 23:26:25 ID:???
キャンプの日、なつみは「友達の家の子で親は旅行、友達は盲腸で自分が預かってる」
と嘘をつきみらいを父方の祖母に預けることにしました。
みらいは具合が悪くぐったりとしていましたが、浮かれているなつみは全く気づきませんでした。
キャンプ場に着くと龍一くんに母親が無事に着いたかと携帯に電話をかけてきます。
過保護だと呆れる大介でしたが、大介も母親に傷薬や胃薬など沢山薬を持たされていました。
他のクラスメイトもドテラやマフラーを持たされていたり、水や遭難した時用にチョコレートなどを持たされていてどこも似たようなものねとなつみは思いました。
そんな時あの通信コンパクトから音がします。
また喋り出すかもとずっと持ち歩いていたのでした。
コンパクトには苦しそうなみらいが写っていました。
おばあちゃんの家に電話をしても誰も出ず心配になったなつみは急いでおばあちゃんの家へ向かいます。
近所の人から病院に行ったと聞いたなつみは朝から様子がおかしかったのに気づかなかった自分を責めて病院へ向かって走りました。
どうしよう あたしのせいでみらいが死んじゃったら
クラスメイトの母親達を思い出し、ママっていのちをあずかってるからあんなに心配性だったんだ・・・
あたしなんかママの資格ないー!!と泣いているとおばあちゃんとみらいの乗ったバスが通りかかりました。
みらいはちょっと熱が出ただけでもう元気になっていました。
落ち込むなつみに甘えるみらいを見てなつみちゃんはいいママになるねとおばあちゃんは言うのでした。

276 :ママは小学4年生:2005/04/28(木) 23:28:05 ID:???
夏休み、なつみはみらいも連れて学校行事で禅寺に来ていました。
なつみをからかう大介と言い争ってるうちに板を踏み抜いて古井戸に落ちてしまいます。
井戸には横穴があり進んでいくと古いツボが祭ってありました。
そこに宝さがしに来て道に迷ったという小父さんが現れました。
小父さんはこのツボは聖徳太子がかくれんぼをしたという由緒ある品だと言います。
帰り道を教えてくれという小父さんでしたが
道はたくさんありなつみ達も迷ってしまいました。
数時間後お腹がすいたなつみは、
ママなのに赤ちゃんにひもじい思いさせちゃうなんて
としゅんとしていました。
そんななつみを見て大介は
「気をつけろ〜みらい。ゆだんしてるとなつみに食われるぞっ」
とからかうのでした。
そんな時天井に穴が開いているのを発見します。
途中のでっぱりを支店にして縄の両端にツボと岩をくっつけて
岩をがけ下になげてツボをでっぱりまであげようと大介は提案します。
なつみとみらいがツボに入ってでっぱりまであがって叫べいう大介に
わしの宝物のツボを返せと小父さんは怒りますが、
なつみの宝物と比べられるわけがないと言う大介に
本当はすごくやさしい・・・?と戸惑うなつみでした。
上がる途中、ツボにひびが入りみらいは大声で泣き出してしまいます。
けれどその声を聞いてかけてけたクラスメイトによって助けられたのでした。
翌日、大介は「こいつときたら泣くわ、わめくわ、ハナミズたらすは
しまいにはオシッコ・・・・・・」とあることないこといいふらすのでした。

277 :ママは小学4年生:2005/04/28(木) 23:29:14 ID:???
ある日の朝、コンパクトからみらいを戻す方法が見つかったと
2007年のなつみから連絡が入りました。
みらいがいなくなっちゃうなんて考えられない!!とコンパクトを机の奥にしまい込み、
返すことを考えないようにするなつみでした。
が、みらいが子どもを亡くした女の人に連れ去られてしまいます。
クラスメイトも手伝いみんなで探しますが全くみつかりません。
心配で何ものどを通らないと言うなつみに
「―――なんだかなつみくんって みらいちゃんのホントのママみたいだねえ」と
龍一くんはいいます。
なつみはその言葉を聞いて、
実際にみらいを産んだ15年後のあたしはずっとこんな思いをしてたんだと気づき
自分のしたことを反省するのでした。
「早くみらいを見つけなくっちゃ!!」
そして・・・かえしてあげなきゃ本当のパパとママのところへ・・・・・・!!
なつみは走り出しました。
するとずっと遠くでみらいが泣いているのがなつみにだけ分かりました。
クラスメイトはなつみを追っていきましたが見失ってしまいます。
すると今度は大介にも聞こえました。
やっと見つけたみらいはぐずって泣いていました。
返さないというおばさんでしたが
迎えに来たなつみを見て顔をぐちゃぐちゃにして喜ぶみらいに
おばさんはあきらめて返すのでした。

278 :ママは小学4年生:2005/04/28(木) 23:31:11 ID:???
12月24日・・・みらいを返す日がやってきました。
2007年のなつみによれば赤ちゃんがタイムスリップする原因となった異常現象が
1992年の12月24日午後8時に再びおこるので
その時生じるはずのワープ空間に赤ちゃんを入れれば
2007年に戻ってこれるというのです。
みらいの荷物をまとめるなつみは、
みらいがいなくなったら砂場のおどうぐセットもおフロのアヒルも
ねる前の絵本もみんないらなくなっちゃうんだ・・・と別れを実感し寂しくなります。
時間までふたりっきりでクリスマスパーティーをしてすごしていると
雷がなり空間の穴が現れました。
泣きながら穴にみらいを入れるなつみでしたがその時、「ママ!!」となつみを呼ぶみらいに
行かないでとなつみも穴に入ってしまいます。
うっすらと15年後のなつみと夫らしい男の人が見えました。
男の人は左耳にピアスをしていました。
その時、なつみを心配して様子を見に来た大介に呼ばれなつみは穴から落ちてしまいます。
みらいが行っちゃったと泣くなつみに、
みらいにはパパとママを、みらいの親には赤ちゃんをプレゼントしたサンタクロース
と言ってなぐさめる大介の左耳にピアスがあることになつみは気が付きます。
が、今はいろいろ知るよりもあたしの未来にはみらいがいる。15年後にまた会おうねと
なつみは思うのでした。終わり

279 :特別編 ママ大好き!:2005/04/28(木) 23:33:34 ID:???
みらいは小学四年生。弟で赤ちゃんの太介を放り投げて遊ばせていると
ママに赤ちゃんはオモチャじゃないと叱られ、
あたしも太介も楽しんでたのに怒るなんて・・・子ども嫌いのママなんて大っキライ!!と
家を飛び出してしまいます。
気が付くといつもの公園がいつもと違っていました。
すると、突然太介が泣き出してしまいます。
さっきの様に振り回したり放り投げてあやしても余計に酷くなるばかりで
一向に泣き止みません。
困っていると、みらいと同じくらいの歳の女の子がやってきて
赤ちゃんはオモチャじゃないのよとママと同じことをいいます。
ムッとするみらいでしたが女の子は手際よくオムツを取り替えて
太介をごきげんにさせてくれました。
赤ちゃんのお世話グッズを持ってるなんて?と不思議に思い尋ねると
「うん・・・こないだまでうちにも赤ちゃんがいたものから
なんとなく手放すのがつらくて
奇跡でもおこってまた会えないかなって・・・
毎日毎日そんなことばかり考えちゃう」と女の子はいいます。
そんなに大好きだったの?と聞くみらいに
「でもいつまでもこんなじゃいけないよね。前向きになんなきゃ!
今度あの子と会うときまでに立派なオトナになれないもんね!」と女の子はいいます。
みらいは初めて会ったときから女の子が懐かしい感じがしていましたが、間違いない!
このコと会ったことあると確信しました。

280 :特別編 ママ大好き!:2005/04/28(木) 23:34:14 ID:???
これあげるとお世話グッズをくれた女の子の名札を見ると
「4−1 水木なつみ」と書いてありました。
ママと同じ名前!?偶然!?
ママが小4の頃タイムスリップしてきたみらいの面倒をみてたといづみおばさんに
聞いたことがあったみらいは女の子に赤ちゃんの名前を尋ねようとします。
その時、「みらいっ!?」男の子がやって来ました。
「おっ、おいなつみ!! みらいはこないだ未来に帰ったはずじゃ・・・」
みらいをなつみ、太介をみらいと間違えたのです。
二人は水木なつみ、山口大介と自己紹介しました。
みらいはきっとママがあたしを呼びよせちゃったんだ。
こんな奇跡をおこしちゃうほどあたしのことを愛して―――
とママの気持ちが分かりました。
「ママあ!!」みらいがなつみに向かって走りだすと、声が聞こえました。
「みらいっ!!」後にはママがいました。
もうさっきの二人はいませんでした。「さっきはゴメンなさいママ!!」終わり

281 :マロン名無しさん:2005/04/29(金) 05:45:22 ID:???
乙。十分詳しいんじゃないの、コレは。

282 :マロン名無しさん:2005/04/30(土) 01:16:32 ID:???
「僕になった私」という少女漫画をお願いします

283 :マロン名無しさん:2005/04/30(土) 07:03:36 ID:???
究極超人あ〜る
をお願いします。

284 :マロン名無しさん:2005/04/30(土) 13:18:48 ID:???
以前『ストレンジ・プラス』予約したものです。
遅くなってしまいましたが完成したので投下させていただきます。
ギャグマンガですので、ストーリー等の詳細な説明は避け、
導入部とキャラ紹介のみに止めさせていただきました。
詳細なものは他の執筆者の方にお任せしようと思います。

285 :ストプラ(1/2):2005/04/30(土) 13:31:04 ID:???
美川べるの『ストレンジ・プラス』(既刊4巻まで、以下続刊)

【導入】
ある大富豪の息子である恒は、6年前家出した兄・巧美がいるというスラム街にやってきた。
人探しの得意な探偵がいるという「美国探偵事務所」を訪ねると、なんと所長は巧美。
しかも、優しかったはずの兄は、わがままではた迷惑な変態に成り果てていた・・・
めげずに一緒に帰ろうと説得を試みるも、関係の冷え切った実家には戻る気はないと一蹴される。
さらに、所員の正宗にも「巧美は今の事務所になくてはならない存在なんだ」と言われてしまう。
そこで恒は「俺だってあんな実家にいるのは嫌だ、俺もここで働く!」と
嫌がる巧美を無視してアルバイトとして「美国探偵事務所」に居座ることにしたのだった。

286 :ストプラ(2/2):2005/04/30(土) 13:33:02 ID:???
【メインキャラ紹介】
 《レギュラー》
 恒(コウ):一応主人公。ヘタレツッコミ。超ブラコン。
 巧美(タクミ):恒の兄。「美国探偵事務所」所長。見た目キュートなショタっ子だが28歳。
         性格は破壊的。自らを美少年と言って憚らず、周囲(特に弟)に迷惑をかけまくる。
         弟のことは普段相当酷い扱いをしているが、実は大切に思っているようだ。
 正宗(マサムネ):「美国探偵事務所」力仕事担当。オサレなマッチョでいい人だが重度のヲタ。
 美羽(ミワ):「美国探偵事務所」所長秘書。年齢がらみの話題を出すとキレる。

 《準レギュラー》
 尾杜(オズ):恒たちのかかりつけの医者(モグリ)。このスラムに来た当初の巧美を養っていた。
        ロリショタ好きのアブナイ人。白衣眼鏡。
 ドロシー:尾杜のもとでナースをしている幼女。腹黒。
      尾杜特製ぬいぐるみ型護身用兵器「レオ様」を持ち歩いている。
 奈々(ナナ):恒を実家に連れ戻すために雇われた便利屋。巧美の説得で依頼を破棄し、
        今はフリーの便利屋をしている。大柄・爆乳・童顔・天然。
 恭宇夜(キョウヤ):正宗のヲタ仲間。一族は全員何かのマニア。
 美国(ミクニ):「美国探偵事務所」オーナー。他にも様々な事業をやっている。
         デブいオバサン。尾杜と仲が悪い。
 米良(メラ)・香織(カオリ):美国のボディガード二人組。ちなみに香織は男。
 狗堂(クドウ):殺し屋。巧美に仕事を邪魔されて以来、巧美を執拗に付け狙っている。
         どうも巧美たちの実家とも繋がりがあるようだ。副業でテキ屋をやっている。
 貴世子(キヨコ):恒に気があるツンデレお嬢。恭宇夜とは同級生。
 怪盗ラスティ・ネイル:金持ちから金品を盗んでは貧しい人たちに寄付している義賊。
            でも自分の生活も苦しい。盗みの邪魔をした巧美たちが嫌い。貧乳。

287 :マロン名無しさん:2005/04/30(土) 23:16:47 ID:???
ボーイフレンド予約します。
連休明けには投下できると思います。

288 :256:2005/05/01(日) 01:56:27 ID:???
>>273-280
ありがとうございます。
詳しく書いてもらえて感激。

289 :マロン名無しさん:2005/05/04(水) 12:43:06 ID:m+wwKmLx
f

290 :マロン名無しさん:2005/05/05(木) 04:19:10 ID:uXCkCWHQ
ひぐらしのなく頃に
のストーリーを教えてください!
自分海外在住だしゲームのダウンロードも
できなかったんで…

291 :アドルフに告ぐ:2005/05/05(木) 09:17:16 ID:???
リクエスト出っ放しになってたようなので書いてみました。

−−

墓の前に佇む、主人公・峠草平の回想として物語は始まる。

第二次世界大戦前、ベルリンオリンピック。
スポーツ記者の峠は、在独の弟に「渡したいものがある」と言われるが、
取材のために時間を大分遅れて彼のアパートに着く。
ところが、部屋は荒らされ、弟は死体となって、
窓から投げ捨てられ街路樹にひっかかったまま放置されていた。
警察を呼びに行きアパートに戻ると、弟の痕跡は全て消されてしまっていた。
独自に捜査を進め、郊外に埋められた弟の死体を発見。
しかし情報源は殺され、峠もゲシュタポに捕獲される。
拷問の末、幹部のランプの顔以外の道筋は全て忘れてしまう。
また、弟の部屋から紛失したワグナーの胸像が関与していることが分かった。
捜査中にリンダという女が「弟の恋人だ」と名乗り出たが、
実はランプの娘でもあった。その事実を知り、
峠はナチスに復讐を遂げられないやりきれなさから彼女を犯し、ドイツを去る。
彼女は自殺し、ランプは峠を抹殺することを誓う。

292 :アドルフに告ぐ:2005/05/05(木) 09:17:55 ID:???
神戸のユダヤ人街に住むアドルフ・カミル(以下カミル)と、
近隣に住む外交官の子アドルフ・カウフマン(以下カウフマン)は
親友だったが、カウフマンの父や、その妻由季江は、
カミルと付き合うことを息子にやめさせようとしている。
カミルは、父イザク達が不明のある筋から得た
「アドルフ・ヒトラーはユダヤ人である」との怪情報を立ち聞きし、
その秘密を紙に書いて木のウロに隠すが、
カウフマンもそのウロのことを知っているのを忘れていた。

カウフマンの父は、芸者絹子を殺した容疑で追及を受ける。
絹子もワグナーの胸像をもっており、
全部で5つあるうちのどれかにヒトラー出生文書が隠されていたのだ。
カウフマンの父はノイローゼと疲労から病気になるが、その枕元で
「ヒトラーがユダヤ人て本当?」と息子にたずねられ、激昂、
体調はさらに悪化し、死んでしまう。
カウフマンは父の遺言から、本国の士官学校に送られ、
カミルと離れ離れになってしまう。


293 :アドルフに告ぐ:2005/05/05(木) 09:18:36 ID:???
峠に、弟の教師(カミルの教師でもある)小城から連絡が入る。
ドイツから送られてきた文書についての相談だった。
それは、ヒトラーにユダヤ人の血が混じっている明白な証拠だった。
峠はこれを受け取るが、小城がアカ容疑を受けていたことから、
特高・赤羽警部の執拗な追及を受け、嫌がらせから仕事も失ってしまう。
途中、峠は由季江と知り合う。由季江は峠に恋をし、
友人の本多大佐を頼って峠を助けようとするが、
本多は快く思っておらず、峠との親交はうまくいかない。
赤羽との対決で、峠は捕まり、赤羽は自身の過失から脳障害を負ってしまう。
峠は話の分かりそうな仁川警部に事情を半分打ち明け、無実を認められ釈放され、
文書と小城を連れ去った赤羽を追う。
道中ランプまでも現れ、すったもんだの挙句、
小城の兄と仁川は銃殺されてしまう。
ランプは撃退したが、文書は小城経由でカミルに託される。
峠は仁川の娘と暮らし始める。

294 :アドルフに告ぐ:2005/05/05(木) 09:19:01 ID:???
カミルの父イザクはポーランドの同胞を救うため日本を出る。
(カミルは小城との約束から、父に文書の存在を打ち明けないでしまった)
協力している教会の牧師と折り合いが合わず任務を遂行できないばかりか、
パスポートを盗られ、ユダヤ人であることからドイツに送られる。
カウフマンは混血であるため、特別訓練としてユダヤ人処刑を命じられる。
そこにイザクが現れ、カウフマンに命乞いをする。
他人の空似、イザクを名乗るのも虚言だと自分に言い聞かせ、処刑してしまう。
カウフマンはユダヤ人の娘エリザに恋をし、手引きをし日本に送り出す。
引受人としてカミルを頼りにする。この件は発覚せず、手柄も立て、
ついにはヒトラーの秘書の地位まで上り詰める。

小城とカミルは、峠の了解の下、小城の恩師に文書を託しにでかける。
ところが彼は自殺して(あるいはそう偽装されて?)いた。
遺された暗号から、芸者絹子の名前が浮かび上がり、その墓を張って、
本多大佐の息子芳男に行き当たる。
芳男は当初絹子との関係を否定するが、後日カミルをたずね、
文書をしかるべきルートに載せることを約束し、預かる。
ところがリヒャルト・ゾルゲ逮捕から、芋づるで芳男に追及の手が及び、
本多大佐は芳男を射殺(自殺と公表)する。
文書は本多邸の庭に埋められたままになってしまう。
仁川の娘は芳男に恋をしていたが、死を知り傷心から行方をくらます。


295 :アドルフに告ぐ:2005/05/05(木) 09:20:48 ID:???
ヒトラー暗殺未遂の容疑で、カウフマンに英雄ロンメル将軍処刑の命が下る。
カウフマンは任務を拒否し、左遷させられ、アドルフ・アイヒマンの下、
ユダヤ殺しの日々を送ることになる。憔悴しきったある日、
ランプから、峠抹殺・文書回収の命を受け、潜水艦で日本に送られる。
母が峠と再会し結婚、エリザがカミルと婚約している事実を知り、愕然となる。
カウフマンはエリザを犯し、結婚を阻止しようとする。
カミルはカウフマンを殺そうとするが、
(うろ覚えです。峠が仲裁したのかな?)至らず。

空襲が始まり、由季江は子を身ごもったまま重体となる。
混乱の中、カウフマンは赤羽と組んで小城、カミル、峠を拷問にかけ、
カミルは小城の身を思い、芳男に文書を渡したことを吐く。
カウフマンは本多邸に峠を連れ、文書確保に成功するが、
既にヒトラーが死亡しており、徒労に終わったことを知る。
由季江は本多の計らいで入院することができたが、
カウフマンはそのまま峠たちの前を去った。
由季江は意識不明のまま娘を産むと、息を引き取ってしまった。


296 :アドルフに告ぐ:2005/05/05(木) 09:21:31 ID:???
時は流れ、カミルは、イスラエルで軍人となり、
カウフマンはアラブ人の肩を持ち傭兵となっていた。
カミル率いる部隊に家族を殺され、
カウフマンは「アドルフに告ぐ!」とのビラを貼り、決闘を申し込む。
イザクのことは発覚しており、エリザのことなども相まって、
互いの心にはもはや憎しみしか存在せず、戦いは避けられなかった。
カウフマンは死に、カミルは再び戦場に戻った。

カミルが亡くなったあと、老いた峠がイスラエルのエリザやその子供・孫を訪ね、
アドルフ達の物語をまとめている事を告げる。
墓の前で思い出に耽る、冒頭の場面に戻って終幕。

−−

登場人物やエピソード、いくつか端折ってます。誤りあるかもしれません。すいません。

所感:
 作中、峠、カミル、カウフマンらが、民族、宗教、戦争について語る言葉がいくつか出てきます。
 彼らは個々の想いを十分に果たせぬまま、
 戦争と事件の波に飲まれていく・・・という姿を描いた物語です。
 空襲が始まり〜以後が、それまでよりも展開早い&多少強引だけど、
 いい場面も続いています。


297 :マロン名無しさん:2005/05/05(木) 10:02:33 ID:???
石ノ森 章太郎の「Gilgamesh(ギルガメッシュ)」を少し長くなってもいいので頼む。
知り合いは面白いって言うんだけど全く内容の意味が分からなかった。

298 :殺し屋ジョージ:2005/05/05(木) 13:54:39 ID:???
殺し屋ジョージ消化します。

暗殺組織に属する、弱虫でヘッポコな忍法うさぎ(名前失念)が、
ジョージの恋人(名前失念)、組織の上司の女(名前失念)
自分の部下だったはずの忍犬(名前失念)、同じ村出身の忍法猫(名前失念)、
盗賊子猫団(名前失念)などに散々いじめられ、
毎度毎度(T口T)アーンと涙を流す脱力4コマ漫画。
あいだあいだに、拳法パンダ(名前失念)などの別のキャラクターがいじめられたり、
正体不明の胴長パンダ(名前失念)らが奇怪な行動をとる回もある。
胴長パンダはうさぎ達と絡まない、別設定のキャラクター。

上記「名前失念」は、全部、実際にはついてないような気がする。

ちなみに当初主人公だったはずのジョージは、主に、
忍法うさぎがいじめられる際に巻き添えを喰って撃たれる、という役回り。
セリフほとんどなし。

一応「流れ」的なものはあるけど、うさぎの自爆と作戦失敗の繰返しなので、
ほとんどストーリーもへったくれもない感じ。
質問者の方(341@Part3)が是非知りたければまとめますが・・・

299 :マロン名無しさん:2005/05/05(木) 15:33:29 ID:???
妄想戦士ヤマモトを予約しときます。
なるべく早めに書くんでしばしお待ちを。

300 :マロン名無しさん:2005/05/05(木) 17:01:44 ID:???
クローズ!
のストーリーをできるだけ詳しく教えてください。
お願いします。

301 :マロン名無しさん:2005/05/05(木) 18:29:50 ID:???
Part5@418でリクエストされていた「真・女神転生カーン」と(その解説をわかりやすくするため)
前作である「真・女神転生if… 学園の悪魔使い」の解説を予約します。
数日中にはアップしますので。

302 :マロン名無しさん:2005/05/05(木) 18:31:23 ID:???
ジョージ乙。

県立地球防衛軍をお願いします。

303 :マロン名無しさん:2005/05/07(土) 04:28:12 ID:???
>>298


確か忍法うさぎの名前は「忍者うさぎ」
ジョージ他レギュラー人間(っても三人しかいないが)には名前があったと思うけど漏れも覚えてない
うろ覚えだけど動物キャラクターにも一応の名前はあったはず
拳法パンダは自分で「自分は拳法パンダアル」とか名乗ってた
他のも大抵そんな名前

304 :マロン名無しさん:2005/05/07(土) 09:20:19 ID:8aU6iIiZ
かなり古い作品なのですが
『飛ぶ教室』(週少ジャンプ?)
『D』(アニメージュ?)
お願いします。

305 :マロン名無しさん:2005/05/07(土) 15:51:31 ID:???
アドルフに告ぐ/殺し屋ジョージ書いた新参です。
>>303
フォローありがとうございます。

ARMS(予約からしばらく経ってるようなので)/寄生獣/銀と金 書きました。
前2者、各10レスくらいになります。長いかな?
分かりにくいところがないか、少し短くできないか、整理してからうpします。明日くらい。

306 :銀と金:2005/05/07(土) 15:54:33 ID:???
平井銀二、通称銀王(という呼ばれ方は早々にされなくなります)は、
主人公・森田鉄雄の経歴の身軽さに目をつけ、仲間に引き入れる。
森田は裏社会での経験が全く無いが、
仕手戦で銀二たちが政治家達に囚われた際の駆け引きの機転、
ヤクザが警察との取引のために確保した殺人鬼が、逃亡した際の攻防
(森田を残し若い衆は全滅)を経て、
銀二とその仲間に一目置かれるようになる。

その後一時銀二からほっとかれるが、ほとんどカラ手の状態から、
画商を一人勝負に引きずり込み、数億を得る。
それをタネ銭にし、いいとこのボンボンのイカサマポーカーに勝負をしかけ、
ハッタリと罠を巧みに使い、さらに数億奪い取る。

成長を見届けた銀二は森田を誘い、富豪・蔵前相手の変則麻雀に挑む。
(一ツモごとに数百万〜数億払い、半荘トップが総取り)
負ければペット、勝てば政界を牛耳れる勝負を銀二と制する。

(このあとちょっと政界話が挟まり・・・)

森田は大富豪・神威家の家督争いに巻き込まれ、
夜のホテル内で銃相手の素手の戦いを余儀なくされる。
が、裏切りとだまし討ちの跋扈する戦いを乗り越え、これも制する。

(この件で森田はいやんなっちゃって引退、
 新しい若造を交えた競馬私物化サシ勝負が2巻弱続いて終了・・・)

所感:
 ギャンブルものばかりを扱っている作者にしては、
 マネーゲーム、詐欺、格闘の駆け引きなど、多彩な題材が盛り込まれており、
 かなり読み応えのある作品です。
 「命」と「心理」そのものをコマにしたギャンブルとでも言いますか。
 ()内の森田の絡まないエピソードはちょと退屈。

307 :マロン名無しさん:2005/05/07(土) 18:33:37 ID:???
>>306
何の仲間に引き入れたの?
仕手戦って何の戦い?

308 :銀と金:2005/05/07(土) 19:03:02 ID:???
>>307
裏の仕事をする仲間です。なんかいろいろやってるようです。
でも森田が絡む仕事以外はほとんど紹介されません。
他のメンバーは元刑事、元検事、元新聞記者だったかな。彼らは特に活躍しません。

仕手戦:株買占めと高値売り抜け。
作品中では、不正をネタに銘柄の会社のメインバンクらを脅しにかけ、買取を強要します。
その過程で、頭取の義理の息子(政治家)が呼んだヤクザに銀二たちが確保されてしまう一幕があり、
ズブの素人の森田だけが、捕まる前に不正の証拠を託されて逃げ出します。

309 :ARMS:2005/05/08(日) 18:07:34 ID:???
東京都にある“藍空市”が舞台。主人公・高槻涼の右手は、
幼くして交通事故にあった頃から、怪我をしてもすぐに治ってしまうようになる。
その右手に原因不明の痺れを起こさせる転校生、新宮隼人が現れ、
無数の刃物を生やした奇怪な左腕で、高槻を襲う。
教師など野次馬が沸く前に隼人は逃げるが、その夜、幼馴染赤木カツミをさらう。
一方高槻の前には謎の男達が現れるが、父直伝のトラップ術で撃退。
隼人と対峙、戦いが始まると、謎の男達の上役、サイボーグ・クロウが現れる。
隼人は、敵だと誤解していた高槻が同じ境遇だとを知らされ、高槻をかばう。
高槻はクロウと戦うが、右手が変形、暴走を起こし、相手を半殺しにしてしまう。
高槻らは集まってきたクロウの部下から逃げおおせ警察に通報したが、
クロウらの組織“エグリゴリ”の圧力によって、警察の追及は阻まれた。

隼人は、故郷鐙沢村が、エグリゴリの部隊に全滅させられ、左腕を斬られ、
目が覚めた時は代わりに兵器を移植されて、祖父の家に匿われたことを話す。
隼人の父は、目の前で、今の高槻・隼人らと同じ腕を持つ“キース”に殺された。
高槻らとキースが持つ兵器“ARMS”は、4名(キース除く)に移植されたこと、
ナノマシンの集合体だということ以外は詳しく分かっておらず、
隼人の祖父も詳しい経緯に関して口を噤んでいる。

両足に ARMS の宿った転校生(高槻と同じく事故時移殖)、巴武士が現れるが、
弱虫でひねくれていて、味方にすることはできなかった。
そこにエグリゴリ所属の天才双子少年、アル/ジェフ・ボーエンが現れる。
武士の妹が人質にとられ、救おうとする高槻・隼人に、武士も勇気をふり絞る。
騒ぎを大きくしすぎた双子に鉄槌を下す為、キース・レッドが現れる。
隼人はその場でキースに復讐を試みるが、敢え無く撃退されてしまう。
ジェフは殺され、アルは武士に救われた後、放逐される。
キースは鐙沢村や隼人の父を襲ったことには憶えがない様子を見せ、
「真実を知るために現在の鐙沢村を見ること」を促してその場を去る。
アルにより、エグリゴリは世界中に影響力を持つ軍事企業だと明かされる。


310 :ARMS:2005/05/08(日) 18:08:44 ID:???
ARMS の3人とカツミ、離反したアル、彼等に疑念を抱き独自に追う刑事・兜は、
鐙沢村がエグリゴリに占領、住民が入れ替えられ、しかも
脳手術によるマインドコントロールの実験プラントになっていることを知った。
サイボーグ3名からなる“クリムゾン・トライアッド”を退け、研究所に入ると、
エグリゴリに侵入していたスパイ研究員メアリ・カッツは、ARMS の 4人が、
エグリゴリに反目する組織“ブルーメン”が作り出した人工授精児であり、
その首謀者である隼人の父も、育ての父に過ぎないことを明かす。
一方キースらは兵士・科学者もろともの鐙沢村の消滅を図り、空爆を行う。
高槻の目の前でカツミは戦火に包まれ、そのショックと怒りから、
高槻は ARMS が全身に回り、怪物と化してしまう。その猛攻にキースは撤退。
カツミは見つからず、高槻らは失意のまま藍空市に帰る。

カツミにそっくりな4人目の ARMS(目に移殖、高性能レーダの能力)、
久留間恵(けい)が現れ、3人に、“ブルーメン”への参加を薦める。
ブルーメンは、エグリゴリがカツミをアメリカに送ったという情報を提供するが、
高槻は自分達を作り出し ARMS を無理矢理移殖した組織に協力する気にならず、
隼人・武士もそれに従う。カツミの家は引払われ、家族は謎の失踪を遂げていた。
3人がアメリカに向かおうとする矢先、
エグリゴリの超能力者集団“X-ARMY”の5人が、地位向上を狙って ARMS を襲う。
高槻の母・美沙もエグリゴリに襲われるが、彼女自身が撃退。
実はブルーメンと関係のあった元傭兵であったことが明かされる。
隼人、武士、恵が捕らわれるが、高槻と美沙により救出成功。
途中、高槻の ARMS “ジャバウォック”は再び全身を乗っ取り暴走しかけるが、
造反したテレパシスト・ユーゴーの手を借りたARMS3人の協力で、救われる。

311 :ARMS:2005/05/08(日) 18:09:42 ID:???
X-ARMY は ARMS達と和解するが、(以後も「和解」がよく出てきますが、
両者ともモルモットとしての境遇にあるためです)ユーゴー、キャロル以外は、
X-ARMY の超能力を備えられた部隊“レッドキャップス”に惨殺される。
レッドキャップスは、藍空市民を脅し、市民自身に高槻らを襲わせる作戦を展開。
その中で、隼人はキース・レッド(ARMS名グリフォン)と遭遇。
危機に直面し、高槻のように、ARMS“ナイト”の全身侵食が起こるが、
その力を自由に操り、グリフォンを撃破。本懐を果たしたかに思えた。
しかしキースは死に際、隼人の父を殺した“キース”とは別人であると話す。
武士はレッドキャップスの用意した核兵器を遠方に運ぶ際同じく覚醒、
“ホワイトラビット”の力で高速飛行を行い、海中に運んで被害を食い止める。
ジャバウォックはウィルスプログラムに犯されるが、
苦しむジャバウォックを救おうとする努力を高槻が見せると、
ジャバウォックは正体“アリス”を束の間現し、高槻に従うことを誓う。
高槻らはジャバウォックの力を制御下に収め、戦いに勝利する。

ブルーメンらと共に安堵する高槻らの上空にヘリコプターが飛来し、
ブラック、シルバー、グリーン、バイオレットの4人のキースが現れる。
アリゾナにいるカツミの写真をバイオレットが投げ渡し、ヘリは去っていく。

4人のARMSは、ブルーメンのリーダー、キース・ブルーと対面する。
ブルーは過去エグリゴリの実験体だったが、ARMS 移殖に失敗し、
発動を抑える機械をつけられていた。ブルーにエグリゴリの破滅を託され、
4人はアル、ユーゴー、兜とともにアメリカへ向かう。

312 :ARMS:2005/05/08(日) 18:10:20 ID:???
ブルーメンと落ち合うはずだった荒野の街ギャローズベルは、
アルと同じ天才少年“チャペルの子供達”の支配下にあった。
その部下“ハウンド”部隊により武士、ユーゴー、兜は囚われ、アルは寝返る。
久留間はリーダーとして行動していたが、自信を失くし別行動をとる。
そこに高槻の父・巌が現れ(素性は明かさない)、束の間、久留間に助言する。
アルはチャペルの子供達に“アザゼル”と呼ばれる鉱物生命を見せられ、
ARMS 生成にこれが使われていることを知る。
高槻・隼人の前にはバイオレットが現れ、中立的立場をとっていることを匂わす。

高槻らとチャペルの子供らは戦闘の後和解。
しかしギャローズベルはキース・シルバーの侵攻にさらされる。
アザゼルは高槻の怒りに呼応し、ジャバウォックの姿となり暴走するが、
毒ガスに犯されたユーゴーらを救うために、解毒ナノマシンを散布させ自壊する。
シルバー(ARMS名マッドハッター)の猛攻に対し、
高槻のジャバウォックは進化を遂げ、反物質生成という恐るべき力を会得する。
ジャバウォックの反物質砲でギャローズベルの大半は消し飛び、
シルバーは回復不可能な大ダメージを負って、バイオレットに回収される。

高槻達、チャペルの子供とその親達、ハウンド部隊は地下水脈を辿って逃亡、
グランドキャニオンにたどり着くが、キース・グリーンの部隊に阻まれる。
高槻は鐙沢村と同様の虐殺を目の当たりにし、怒りでジャバウォックが暴走。
その阻止を目的に、ナイトとホワイトラビットも隼人と武士を無視して暴走。
グリーンは撤退、ARMS3体の殺し合いが始まるが、
久留間の“クイーン・オブ・ハート”が覚醒し、3人の ARMS を沈静化させる。
バイオレットによる救援が到着し、負傷者は保護され、
高槻らはバイオレットが藍空で与えたカツミの写真の場所へと招かれた。
そこはカツミの母を名乗っていた女の勤める研究所。
カツミも ARMS 移殖の為にエグリゴリが作りだした人工授精児だったこと
(同根の遺伝子を持つ久留間は、だから似ているらしい)、
高槻と出会ったのもエグリゴリの計画上のことだった事実が明かされる。
カツミの育ての母からカツミを守ることを頼まれ、高槻らは旅を再開する。

313 :ARMS:2005/05/08(日) 18:12:36 ID:???
高槻らは、エグリゴリのサミュエル・ティリングハースト博士を拉致。
カツミに恋をしているグリーンは、Dr 奪還と高槻以外の捕獲
(高槻とのタイマンに持っていきたい)を目的として、
超筋力の持ち主コウ・カルナギ、テレパシストのラヴィニア・ウェイトリー、
遠視能力者ジェームス・ホワンを差し向ける。撃退するが、武士が意識不明に。
隼人はナイトを発動できず得意の武術も冴えないことから、仲間から離れる。
そこに巌が現れ、隼人をマフィア退治の実戦に招き、戦いの感覚を取り戻させる。
カルナギ、ラヴィニアが再び襲来。ラヴィニアはユーゴーが撃退、
カルナギはブルーメンの兵士を虐殺するが、戻った隼人が撃退する。
遅れてホワンが現れるが、武士の体は繭に変形して部屋に根を張り、
この状態を研究したいと主張する Dr にも拒否され、ホワンは撤退。
高槻は追撃を試みるが、未知だったホワンのテレキネシスに阻まれてしまう。

ブラックはグリーンを叱責するが、巨大な繭状のアザゼル“アリス”を公開し、
自分はアリスの命の下行動していること、それがキースシリーズの運命だと諭す。
ブラックはグリーンの屋敷にいるカツミ確保にホワンを送り、
カツミが“犠牲”の役割を持つと明かされたグリーンは阻止に向かう。
しかしホワンはグリーンの ARMS“チェシャキャット”と同じ空間干渉能力、
さらには ARMS の腕までも持ち、グリーンは敗れカツミを奪還される。

武士は ARMS の中でホワイトラビットに、高槻らはティリングハーストに、
エグリゴリの目論見、ARMS が作られるまでの経緯と、
高槻が ARMS の中で束の間出会った“アリス”の正体を打ち明けられる。

314 :ARMS:2005/05/08(日) 18:14:02 ID:???
ギャローズベルの隕石・鉱物生命アザゼルを研究していたティリングハーストは、
エグリゴリの幹部キース・ホワイトに、アザゼルごとスカウトされる。
アザゼルとの対話を試みるも、突如暴走したアザゼルに研究員らが侵食され死亡、
研究続行は危ぶまれる。しかしホワイトは無事な研究員もいたことをヒントに、
アザゼルと人間の融合を新たな研究テーマとする。
ほどなく、アザゼルとの融合が可能な遺伝子を持つ少女、アリスが産み出される。
アリスはアザゼルとの対話に成功し、ホワイトはこれを高く評価するが、
アリスが、自分を生み出す過程で生まれた失敗作を心配することを疎ましく思い、
失敗作の処分を検討する。それを知ったアリスは失敗作たちとの逃亡を図るが、
粛正にあい、アリスも誤って射殺されてしまう。
アザゼルは死に行くアリスと融合を図り、新しいアザゼル“アリス”と、
のちに高槻らに移植される4つの ARMS“オリジナルコア”が生み出される。
ARMS は、人類への対処に悩むアリスが生んだ、未来の選択肢を孕んだ種だった。

315 :ARMS:2005/05/08(日) 18:14:30 ID:???
ティリングハーストはアリスを失った失意を抱きながらエグリゴリを抜けるが、
再びスカウトを受け、アザゼルの中のアリスと対話を試みるようになる。
一方、ホワイトは自らのクローン達への ARMS 移植を試みており、
その過程で行われた人体実験とサイボーグ手術が、
当時から現在までのエグリゴリのサブ研究や産業となって定着していた。

オリジナルコアの移殖は、幾度もの全身侵食→被験者死亡から断念され、
人工的にアリスから分離された ARMS“アドバンスド ARMS”の研究が開始される。
クローン・エドワウは、自分の運命を決めつけたホワイトへの復讐を目論み、
呼応したティリングハーストの後押しで移植が行われるが、失敗。隔離される。
その後、ブルーメンに雇われた傭兵、巌達がエグリゴリに潜入。
ティリングハーストは4つのオリジナルコア、
のちに高槻らを生み出す遺伝子情報、そしてエドワウを、巌達に託す。
エドワウはホワイトの嫌いな色“ブルー”の名をティリングハーストから貰い、
巌達と共にエグリゴリから脱出、後にブルーメンのリーダーとなる。
エドワウと仲のよかった弟・セロは、ARMS を移植されてブラックとなる。
しかしそこにアリスの意思が介入し、操られたブラックは、
ホワイトを手にかけ、ティリングハースト以外の幹部も全滅させ、
シルバーら兄弟を従えて新しい頭目となって君臨してしまった。
ブラックにアリスが課した使命は、ジャバウォックによる人類の破滅らしい。

316 :ARMS:2005/05/08(日) 18:15:00 ID:???
マンハッタン島にあるエグリゴリ本部にブルーメンが部隊を展開。
高槻らはホワンに招かれ、ブラックと対峙する。
ブラックは隼人に父殺しを明かして激昂を誘い、隼人と高槻の2人と、
久留間・ユーゴー・アル・ティリングハーストの4人とに分断する。
目的は高槻の怒りを増幅させること。
ブラックはホワンの能力でテレポート、行方をくらます。
2組は、エグリゴリからブルーメンに寝返った部隊“ドラッケン”と協力しつつ、
ARMS実験体の生き残りや、脳までも機械化されたサイボーグ“ネクスト”、
復活したシルバーなどと戦い、本部破壊・合流を達成する。
しかしその過程で、ティリングハーストは絶命してしまう。
ジャバウォックの暴走による人類破滅を危ぶみ立ちはだかるバイオレット
(ARMS名マーチヘア)との戦いを経て、一行はカツミの元へと向かう。

そこに瀕死のグリーンが現れ、カツミを救うため、高槻をブラックの元に運ぶ。
ブラックは高槻の攻撃を受け絶命するが、代わりに、
ARMS“ハンプティ・ダンプティ”に取り込まれていたキース・ホワイトが蘇える。
実はブラックは、途中からアリスではなくホワイトに操られていた。
ホワイトは、カツミを戦いに引きずり込み、高槻に殺させる。
高槻はジャバウォック化、カツミと共にアリスに呑まれ、
絶望と破壊の権化、巨大なジャバウォックが生まれる。
アリスの望みはこのまま人類を滅ぼすことだが、ホワイトの目論みは、
強大な力をハンプティダンプティで自らの体に取り込むことだった。
一方、巌はホワンと決闘を行っていたが、取り逃がしてしまう。
ホワンの正体は巌の弟崖(たかし)。鐙沢村をエグリゴリに売った張本人だった。

317 :ARMS:2005/05/08(日) 18:15:46 ID:???
隼人と久留間は ARMS を発動させ、高槻殺しを覚悟するが、取り込まれてしまう。
“アリス”内部では、以前から、人類に絶望し破壊を望む“黒いアリス”と、
人類の救いを求める“白いアリス”がせめぎあっていた。
武士は、通信回線を通じて自分の繭に逃げ込んできた白いアリスを
外界へと連れ出し、ホワイトラビットを発動させ、ジャバウォックに到達し侵入。
ユーゴーはテレパシーで、精神世界のジャバウォックと戦い撃破、
しかし自らも精神力を使い果たして、死んでしまう。
高槻らは皆合流、カツミを救い出し、白いアリスは黒いアリスを道連れに自滅。
巨大なジャバウォックは消滅し、高槻らは抜け出ることができた。
エグリゴリはホワイトと若干勢力を残して壊滅、バイオレットは巌に救われ離反、
高槻らは ARMS を失い、エグリゴリ掃討をブルーメンらに任せて藍空市へ帰る。

318 :ARMS:2005/05/08(日) 18:16:07 ID:???
高槻らは束の間の平和な日々を送っていたが、
黒いアリスを孕みカツミの体内に潜んだ ARMS、“バンダースナッチ”が覚醒。
カツミはホワイト、ホワンにより鐙沢村に連れ去られ、高槻らは救出に向かう。
新しい量産型 ARMS“モジュレイテッド ARMS”らに行く手を阻まれるが、
片腕変異のみの、サイボーグと大差ない力なので、これは撃破。
しかしカツミ=バンダースナッチの猛攻に対処の術もなく、敗走する。
ブルーが救出に向かい、発動を抑えていた ARMS“ドーマウス”を開放、
ホワイトと戦い、自爆の一撃を与えるが、効果なく絶命してしまう。

ホワイトはアザゼル“Ω”をいくつかに分けて搬送し、東京に終結させている。
目的は、バンダースナッチと融合したΩを媒体に、地球と一体化すること。
巌はΩの欠片の一つを確保し、持ち去るが、ホワイトの計画は進む。
カツミ=バンダースナッチは渋谷に降り立ち、藍空市に向かいながら、
ナノマシン散布により東京全体を極寒の地に変えてしまう。
高槻、隼人、武士、アル、兜は、方策がないながらも、
相手がカツミであることに一縷の望みをかけて阻止に向かう。
コウ・カルナギが現れるが、アルに促され、味方につく。
モジュレイテッドARMSの襲撃を受けるが、カルナギが引き受け、高槻らは先へ。
ホワンが劣勢のモジュレイテッドARMS 部隊を見かね、全身侵食を発動させる。
カルナギは敗れ、高槻らへの追撃が始まる。

319 :ARMS:2005/05/08(日) 18:16:42 ID:???
巌の確保したΩの欠片は美沙の手を経て久留間に届けられるが、
交信を試みた久留間にΩが見せたのは、瀕死の高槻らだった。
久留間の悲しみを受けクイーンオブハートが復活、高槻らの ARMS も復活させる。
武士はモジュレイテッド ARMS を全て引き受け、
隼人はホワイトを食い止め、高槻はカツミ=バンダースナッチの下へと向かう。
ホワイトはこれまで取り込んだ全ての ARMS の力を駆使した挙句、
ナイト自身の力で隼人を葬ろうとする。
しかしブルーとブラックの思念、バイオレットの補助によって、
隼人はホワイトを倒すこと=父らの仇を討つことに成功する。
ホワイトは、アザゼルΩに融合を呼びかけるが、
「Ωは地球支配などではなく、アリスと融合したアザゼルがそうであったように、
 人の心のみを求めているのだ」とアルにより諭され、慟哭しながら消滅した。
ホワン=崖はジャバウォックの破片を武器にした巌と対峙し、
自身のモジュレイテッド ARMS を全身侵食させるが、滅ぼされる。
倒れんとする巌を武士が支え、二人は高槻を見守る。

カツミはバンダースナッチの内部で黒いアリスを諭し、暴走を食い止め、
人間の姿に戻る。高槻に、黒いアリスもろともの破壊を求め、覚悟する。
しかし高槻は、破壊ではなく愛することで黒いアリスを救うことを選ぶ。
アリスの暴走はとまり、争いは終結する。
アザゼルΩは巨木の姿となって東京中に生命の光を注ぎ、
高槻たちの ARMS=アリスの分身たちは、最期の別れを告げた。

数年の後、隼人、武士、久留間、アル、バイオレットは社会に出て成功し、
高槻とカツミが、間に生まれた亜里須と平和に暮らす場面を持って、終演。

320 :寄生獣:2005/05/08(日) 20:10:33 ID:???
ある夜、世界中に、新生物の卵が降り注いだ。
卵から生まれた蛭のような生き物は、耳から人間に入り込み、融合、擬態する。
首から下は人間のままで、頭部は群体からなる変幻自在な生物となる。
人間と同程度の知能をたちまち習得するが、ルーツは彼ら自身もわからない。
食事時には、全体を幾つかの触手・刃物に変形させ、人間を切り刻んで喰う。

主人公・泉新一も寄生生物に襲われるが、右手からもぐりこまれ、
頭部に至る前に食い止めることができた。痕跡はたちまち消えてしまうが、
翌日、右腕が意に反して動き出したため、包丁で威嚇すると、
正体を現した右腕の寄生生物に、共生をもちかけられる。
泉は右手に取り付いた寄生生物をミギーと名づける。
ミギーは、泉の通常の食事から栄養分を得つつ、人語を習得していく。
彼らは人間の消化・循環器官がなければ生きてはいけない。

虐殺事件や行方不明者の増大から、寄生生物が他にも潜むことが分かる。
また、寄生生物同士は、300m半径内の互いの存在を、単純な信号で感知できる。
泉は、存在を秘密にするべく襲ってくる“完成版”から、幾度となく襲われる。
ミギーはある完成版に、一つの胴体への2体同居を求められるが、
ヒトの臓器移植同様、成功の確信が持てないことから拒否する。
泉はミギーの公表を考えるが、ミギーは実験材料にされるのを拒み、
泉の身体から対話の能力を徹底的に奪うことを脅迫する。

教師「田宮良子」に取り付いた寄生生物は、同様に襲おうとするが、
泉とミギーが今後興味深い観察材料となると考え、放置したまま行方をくらます。


321 :寄生獣:2005/05/08(日) 20:10:45 ID:???
泉の母親が、夫婦で行った旅行先で寄生生物に殺され、体を奪われてしまう。
母の顔をした寄生生物は泉宅に舞い戻り、油断しミギーを抑えた泉の心臓を貫く。
ミギーは右肩から離れ、心臓との融合を行うことで生命を維持しようと試みる。
しかし図らずも、ミギーの一部が細分化され泉の体中に散ってしまい、
泉の体は強靭になる。しかしこのことと母親の死のショックで、
精神構造に変化が現れ、無感動な面や残忍な面が強くなってしまう。
また、ミギーには、1日あたり4時間、
寄生生物の接近を察知できない深い眠りについてしまう癖がついてしまう。
眠っている間でも相手には探知されてしまうため、決定的な弱点となる。

泉は母を乗っ取った寄生生物を追い、父親の口封じの阻止と敵討ちに向かう。
その過程で、同じ境遇の宇田とパラサイト
(のちにジョーと命名。両あご〜胸に寄生)に出会う。
泉は母の体を死に追いやることができず、代わりにジョーが止めを刺す。
帰宅後、父は警察に告発するが、泉はミギーの暴走を恐れ存在を明かさなかった。

田村玲子(田宮の偽名)が差し向けた監視人、「島田」がやってくる。
島田は、食人をやめた事を告げ、友好を示し近づくが、全くのウソ。
その後クラスメートの女子に正体を見破られて塩酸を投げかけられ負傷、
群体の意思統合がうまくできないことから知性の低い化け物に成り下がり、
正体を顕にして生徒や警官を多数殺した挙句、泉に止めを刺される。
島田の死体により、警察組織が生体を詳しく研究することになる。

物語当初から、同じ中学だった村野里美が登場している。
彼女との仲は、友達以上恋人未満な感じで、近づいたり遠ざかったりを繰り返す。
雰囲気の変わったことを心配されたり、加奈(後述)の不良仲間から救ったり、
残忍になってしまって嫌われたり、島田の暴走から助けたりするが、
ミギーの存在はひた隠しにし、加奈への態度もはっきり伝えられないため、
今ひとつ信頼関係を築けないまま過ごしていく。


322 :寄生獣:2005/05/08(日) 20:11:03 ID:???
加奈は、寄生生物の存在を感知できる女子高生。
しかし本人は、泉個人の存在を感知できるが時折勘違いも有る、と解釈している。
泉は、計6体の寄生生物による、加奈の住む市の市長候補演説の場面に出くわす。
広川候補ら一派は市長選を制覇し、泉は危機感を覚え、
加奈にミギーの姿を明かしてまで警戒させようと計画するが、
加奈は泉と勘違いして人喰い現場に遭遇、口封じに殺されてしまう。
泉はその場に駆けつけ復讐を遂げるが、助けられなかった自分、
さらに、母や加奈が死んでも全く涙が出ない自分に苛立ちを感じる。

田村に差し向けられた探偵・倉森に、ミギーの存在を知られてしまう。
宇田・ジョーを呼び寄せ協力して倉森を捕え、警告し、
倉森が人間だと思っている田村の正体も明かすが、倉森は独自に行動。
田村の関係者「三木」を尾行していた倉森の手下が「食事場」で襲われてしまう。
泉と倉森が現場に向かうが、誰の姿も無く、別の寄生生物が知らずに到着。
退治するが、同行していた食事対象は殺されてしまう。
泉はミギーの反対を押し切り倉森に告発を求めるが、倉森は恐怖で手を引く。

泉・倉森は「食事場」を荒らしたことにより広川一派の反感を買う。
田村としては未だ泉を観察対象としていたいが、諦める。
戦いなれしている泉に対し、腕などに寄生部分をもつ「後藤」を差し置いて、
三木が刺客として差し向けられる。


323 :寄生獣:2005/05/08(日) 20:11:20 ID:???
三木は、両手に同居する他の寄生生物を変形させて攻撃を行う。
(ミギーと泉の経験を聞いた田村がこの多数同居体を作り上げた)
ミギーが眠ってしまったため遠距離の逃亡、しかし追いつかれる。
起きたミギーの作戦で頭部の切り離しに成功するが、右手が新たな頭部となった。
右手の正体は「後藤」。実は「三木」と「後藤」は、同じ胴体の同居者だった。
自分以外の計4体を操り脚までも変形させる「後藤」を倒すことはできず、
泉は逃げおおせるだけで精一杯だった。家が襲われる可能性があるため、父に
「偶然目撃して追われ、落とした定期入れの中に書かれた住所に行くかも」
という(ミギー曰くのちょっと苦しい)連絡を入れた。

田村は一派の3人「草野」らに粛正されかけるが返り討ちにし、一派から離れる。
倉森は、焼き討ちにあい、家族を殺され、警察の事情聴取を受ける。
広川の東福山市乗っ取り計画を告発した後逃亡、田村が実験的に作った赤ん坊
(生殖器に変異は起こらないので普通の人間)を連れ去り、田村をおびき寄せる。
田村は泉の自宅に寄り、偶然電話してきた泉を倉森が指定した場所に呼ぶ。
田村は倉森を殺し、子供を奪還。
その後現れた泉に、自分達が何者であるかの自分なりの見解、
そして広川一派の内部情報などを伝えるが、その最中、
倉森・田村を追った刑事らが現れ、田村は銃撃を受ける。
田村は反撃せぬまま、いつしか愛しくなっていた子供を守り、泉に託し絶命する。
泉はこの光景を見て、母親を失った悲しみを再度認識し、涙を流す。
村野も居合わせ、泉が寄生生物がらみで悩んでいたことをそれとなく知る。


324 :寄生獣:2005/05/08(日) 20:11:38 ID:???
泉は寄生生物としての容疑を受けたまま、しかし名目上保護される。
寄生生物を目で区別できる快楽殺人鬼、浦上と対面させられるも、
浦上にははっきり見破ることはできず、釈放される。
しかし倉森の告発から、自衛隊と警察が市役所制圧にのりだし、
泉と浦上はアドバイザーとして呼ばれる。
父に避難を呼びかけた経緯も警察に知られているので、後藤の面通しを頼まれる。
多くの犠牲者を出しながらも、自衛隊は確実に広川一派の殲滅を進める。
広川市長も死ぬが、寄生生物を保護しようとしたただの人間であることが分かり、
読者にはこのときはっきり、演説時の6体=後藤+草野、ということがわかる。
自衛隊は後藤だけは討ちもらし、返り討ちにされ、
自衛隊・寄生生物は双方ほぼ全滅の結果に終わる。
浦上は見分け役で前線に駆り出されていたが、どさくさに紛れて逃亡。
後藤は、殲滅作戦に泉が噛んでいたことを知り、事のついでとして、
未遂に終わった泉抹殺を当面の目標にすえ、一旦離脱する。


325 :寄生獣:2005/05/08(日) 20:13:18 ID:???
泉とミギーは後藤の追跡から山中に逃げるが追いつかれる。
ミギーは泉からの分離を伴う反撃の作戦を練るも失敗し、身を挺して泉を逃がす。
もはや親友だと感じていたミギーを失った泉は、半ば放心状態のまま、
山中にすむ老婆の世話になるが、後藤が村民を餌食にしたことを知り、
退治と行かないまでも一矢報いることが義務だと感じ、ナタ一本で森へ向かう。
ナタを失いつつも、不法投棄物の破片を最後の武器として一撃を与えると、
毒物の侵入により、後藤に従う他の寄生生物が統率に抵抗、
実は後藤に取り込まれていたミギーが、自我を取り戻し泉の右手に戻る。
統率の取れなくなった後藤の体は敢え無く破壊される。
後藤が復活の兆しを見せた際、彼らの命を奪うことにミギーも泉も逡巡するが
(それぞれ後藤との共生、田村の殉死などを経ているので)、
泉は村野や父ら、同胞である人類の安全と天秤にかけ、やむ無く止めを刺した。

ミギーは田村の行動や後藤との経験を手掛かりに、
自分なりの真理を求めるため、思索のため長い眠りに入ることを宣言する。

後日、浦上が現れ、ビル屋上で村野を人質にとり、泉に「真理」を求める。
でも何かもうどうでもよくなってきて、村野を壊しにかかる。
(彼なりのやけっぱちの行動なのでこれ以上どう言っていいか分かりませぬ)
泉は浦上を倒すが、屋上から転落する村野を救おうとして失敗する。
しかしミギーが僅かの間だけ覚醒し、村野を救ってくれる。
泉は、気絶した村野と屋上に寝転ぶ。
今こそ村野に明かそう、ミギーと3人で生きていこう、
というような空気を匂わせながらおしまい。

326 :銃夢:2005/05/08(日) 21:39:52 ID:???
世界観は空中に浮かぶザレム(宇宙側で空中に固定されてる)と、その下にあるクズ鉄町に別れる。
話の始まりはクズ鉄町で暮らす元ザレム人、医師イド・ダイスケが瓦礫の山の中で、頭の部分だけになったある少女を発見する。
記憶をなくした彼女はガリィと名づけられ、彼女はボディに凶暴なバーサーク体をくっつけて超最強に。

その後、クズ鉄町でイドの家族としての生活を始めていたが、空中都市ザレムに憧れる、ガリィの恋人ユーゴが死亡。
悲しみを断ち切るためにかどうにかわからんけど、(公式にはこうらしい)
持ち前の運動神経で危険な人気スポーツ“モーターボール”の有名プレイヤーとなる。
そしてガリィはチャンプに勝ち、体をバーサーク体に戻そうとしたが、もうそれがどっか行ってて元に戻せないありさま。

で、ガリィの体があると言われて、プリン大好きなディスティ・ノヴァ教授のお家に向かったイド、
そこで目にしたのは、死んだはずの男ザパンの脳(一応意識や言葉を喋れるようになってる)とバーサーク体。
教授が調子こいてバーサーク体に刺激を与えたら、バーサーク体が暴走、ザパンの脳をむしゃむしゃして合体、
もともガリィに怨みのあったザパンはノヴァ邸を無茶苦茶にして(イド死亡) グズ鉄街に向かう。
ガリィはガリィで、ノヴァにイドを戻したかったらザパンを殺して来いと言われ、ザパン殺しに違法な武器を使用して倒すハメに。

327 :銃夢:2005/05/08(日) 21:41:47 ID:???
で、片腕無し、片足なんか棒のままでやっとこさついたノヴァ教授邸(前とは違う場所、豪華な遊園地付き)
そこでザレム人の秘密を見せるため、ノヴァ教授は自分の脳を真横にかっきる(脳だけはやられると死亡する世界なんで本当の自殺行為)
しかしノヴァ教授はピンピン、何故かって言われると、ぽっかり明いた頭の中に小さなICチップ、
なんとザレム人とは、大人になると脳をとっかえられて、ストレス無く支配の出来るICチップを埋め込まれるのだ。
空中都市ザレムは巨大なモルモット小屋、その事実を聞いちゃったザレムの地上監視局・局長は発狂。
さらにその事実を知ったという反応がチップにあれば自動ロボ(M.I.B)が抹殺に来る、そのまま局長達即死END。
ちなみにノヴァ教授はM.I.Bを出し抜いて地上に降りておている。

ここまでくるとなんだかノヴァを倒す必要はなくなるけど、ノヴァの酷さを知ったガリィは結局倒す事に。
そのなかでノヴァはガリィを仮想世界に連れ込んで倒そうとするのだが、
ここはもういくつもの漫画を読んできた俺だが名場面中の名場面、ここだけは言わん、見れという、
まぁ言葉にしても仮想世界をうちやぶりましたってだけだし。
そしてノヴァ死亡、グットエンドっぽくなり、ケイオスはクズ鉄町とザレムを繋ぐという計画と持ち別れる、
ガリィはガリィで恋人フォギアの元に戻ろうと車を運転をするが子供を轢き殺す。
エンディングで子供轢き殺す主人公って聞いたこと無いけど、実はその子供、やっぱり生きていたノヴァのしかけた爆弾、爆発してガリィ死亡。

(銃夢完全版終了、銃夢LOに続く・・・・ が、銃夢9巻はまだ終わってない。)

328 :銃夢:2005/05/08(日) 21:43:06 ID:???
気がついたガリィはもうすでにノヴァのおもちゃ、ただしノヴァは制限付けちゃ面白くないと完璧野良犬状態でザレムに放つ。
ガレキの山に捨てられそうになっていたルウを救助。(しつこいようだけど銃夢LOとは別の話)
野放し状態のガリィとノヴァのコンビはもはや最強の最強、ザレムの中央電脳に侵入、さらに調子付いたノヴァ教授は中央電脳を暴走させる。
暴走した中央電脳は自殺を決意、あと5分で宇宙との接合部分が解除され、ザレムもクズ鉄町も一緒にさよならな状況になってしまうハメに。
どうすりゃ良いんだとノヴァを問い詰めるガリィ、そしてノヴァ教授によって最高マッハ17,5に改造されたガリィが接合部分に向かい、
一度だけできるという増殖変形をし、地球から宇宙にかけて貫く巨大な樹に。

糞デカイ樹になったガリィは、ノヴァ教授のナノ再生の手によって人間として再生、
恋人フォギアによって目覚めるのだった・・・・・完。

(PSゲーム、火星の記憶は未プレイなのではぶく)



※続編、銃夢LOについて
銃夢LOから見た始めた人は「ナニコレ?」って人が多いと思う。
ルウって誰よ?ゼクスってなに?って人がいたと思うけど、
LOに出てくるゼクス達はザレムに量産されたお人形の一つ、これだけわかりゃ大丈夫だと思う
今俺が冗談交じりに話しているけど、実際はけっこうグログロで、かなりまじめな話。

329 :銃夢:2005/05/08(日) 21:44:01 ID:???
っと、326と327の間に1箇所ぬけたな・・・話dじまってる、スマソ

330 :326と327の間:2005/05/08(日) 21:59:36 ID:???
ザパンとの死闘でかなりボロボロにされたガリィは、その戦闘能力を買われザレムに拾われる。
A級犯罪者&脳だけ状態のガリィに断る術は無く、ガリィは「TUNED」という組織にはいることに。
TUNEDの目的は2つ、ノヴァ教授の奪還と反ザレム組織バージャックの撲滅。

オペレーターの“ルウ”をサポートにつけ、人気ラジオDJでノヴァの息子のケイオスと出会う、
そしてケイオスの知り合い、バージャックのトップ“電”とウエディングドレス姿で戦闘。
で、けっきょくいろいろあって電との勝負はつかずじまいののち、ケイオスと電は同一人物だと知る。
ちなみにノヴァ教授によって電との意識は分裂している。

その後ケイオスによって教えられた場所はなんとイドの居場所、
ウキウキでイドに出会うも、イドはザレム人の残酷な秘密とやらを知り、自ら記憶を抹消させガリィが誰だかわからずじまい。

イドに褒めてもらいたかったと、きべそかいてるガリィにさらなるおいうち、
目の前に立つはもう1人の自分、なんとザレムはガリィをとっつかまえた際に記憶を全部コピーして12匹量産、
普通コピー品は物語的に負けるはずだが強い強い、オペレーターのルウの邪魔があってなんとか勝利。
(銃夢LOではここで死んでるが、無印銃夢はまだルウが生きている)



>>326>>327の間にこれいれてください

331 :マロン名無しさん:2005/05/09(月) 16:32:26 ID:???
リヴァイアサン予約します

332 :おしえて菜花:2005/05/09(月) 19:08:28 ID:???
動物並みの聴力、嗅覚、視覚を3人の兄がいる菜花だが
本人はいたって普通の中学生。
そんなある日、突如他人の心を読めるという能力が目覚めて戸惑う。

その力に悩んだり、逆に利用して事件を解決したりつつ日々を過ごす菜花だったが
実は3人の兄とは血が繋がりはなく
異世界のお姫様だということが発覚。
(兄たちの両親は王家に仕える従者で、お家騒動に巻き込まれた姫=菜花を
守るためにこっちの世界にやってきた。兄や菜花が人並みはずれた聴力や特殊能力を持つのも異世界人だから)
異世界の刺客に命を狙われたりするも、いろいろあって事件解決。

途中でお互いを意識し始めた三男と互いの思いを確認しあって
ハッピーエンド。

うろ覚えなんで、間違ってる部分も結構あるかも

333 :マリーとエリーのアトリエ:2005/05/09(月) 19:09:59 ID:???
マリー…アカデミー始まって以来の問題児。5年の留年生活の間に
 魔王を倒したり、貴重なアイテム作ったりして名を知らしめる。

エリー…マリーが旅の途中で救った少女。命の恩人のマリーに憧れてアカデミーに入学する。

ザールブルグ…舞台となる街

アカデミー…マリーのエリーの母校。

妖精さん…人間の手伝いをしたり、物を売ったりして生計を立ててる一族。
 見た目はみな子供で性別はない。

エリーがアカデミーを卒業したばかりの頃、マリーがザールブルグに帰ってきて
エリーとマリーは共同で工房経営することに。
そんなふたりの前に妖精さんが現れ、酔った勢いで
新米妖精さんふたりに錬金術を教えることになる。

妖精さんに錬金術を教えたり、復活した魔物を倒したりしつつ
騒がしい毎日を過ごすふたり。
最後に恩師の勧めで教師になることを決意したマリーが
新入生に挨拶をするところで終わり。

334 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 01:37:34 ID:???
矢沢あいの「NANA−ナナ−」をリクエストされた方に質問します。(まだいるのかな、不安)
・ストーリー解説は、1巻につき1レス程度でいいですか?→まとめサイトのMONSTER2参照
その形式の場合、セリフや、過去を振り返るような意味深なモノローグを省略することになります。
・本編の序章である1〜2巻の内容は既に端的にまとめられているので、3巻からの紹介で構いませんか?
または既読の巻があれば、その旨を申告していただければ、解説部分が少なくなるのでありがたいです。

335 :かたつむり前線:2005/05/10(火) 02:25:00 ID:???
高二の若森朝子は、同級生で陸上部の佐倉高範に片想いしている。
朝子がいつものように陸上部の練習を見ていると、そこになぜか落ちている制服と
言葉をしゃべるかたつむりを見つける。そのかたつむりは佐倉の親友で陸上部のエース
梶原篤士だった。彼はストレスが溜まるとかたつむりになる特異体質だったのだ。

梶原は万能美形のモテ男だがかなりの皮肉屋。
関わりたくない朝子だったが、佐倉の親友である彼を無碍にすることもできず、
彼の特殊体質を秘密にするためフォローに追われるはめになる。
そのせいで友人の芙美や佐倉に梶原との仲を誤解されたりするが、いつ変身するか
本人にも分からない困った体質のため、間もなく佐倉にも秘密がばれてしまい
結局三人で秘密を共有することに。

微妙に三角関係になった三人とその周囲の人間との関わりをメインに、
主に学園ものに終始して話はほのぼのと平和に進む。
特殊体質についてはただ三人がお互いに関わるための設定としか言えず
作中この体質についてはほとんど解き明かされずに終わる。
梶原の精神的弱さが言及される部分はあるものの、「かたつむり」である理由も謎。

ラストは高校卒業を分岐点に三角関係に終止符を打って物語は収束する。
当初、佐倉と隠れた両思いだった朝子だが、卒業直前に佐倉に振られる。
梶原は結局体質改善して留学し、帰国後朝子を口説く毎日。・・・のはずがまた
「かたつむり」がぶり返して朝子のフォローを受けたりな感じで終わり。

〜主な登場人物〜
若森朝子 パワフルですかっとした性格の高2の主人公。いつも梶原に弄られる。
梶原篤士 天才万能美形男だが捻くれ者。テンパるとかたつむりになる体質。
佐倉高範 朝子の想い人。好青年で優しいがのほほんとしていて超鈍感。
梶原有理 篤士の妹。出来の良すぎる兄にコンプレックスを持っている。
黒沢貴一 朝子の従兄弟で朝子を妹のように可愛がっている。教師。
渡辺芙美 朝子の中学以来の親友。清楚な美人に見えて侮れない企み系。
鹿上隼人 梶原を教祖のように慕っている後輩。朝子といつも喧嘩している。

336 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 12:49:12 ID:???
渡瀬悠宇の「絶対彼氏。」をお願いします。
ラストがどうなったのか気になる・・・。

337 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 16:13:01 ID:2Dd1QGLa
マリーとエリーのアトリエ乙です。

338 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 17:21:31 ID:cznCV2T/
「鋼の錬金術師」の最新刊10巻以降〜先月号までのストーリー教えて下さい。
エドの父が帰ってきて「家がない・・」と言ってる以降の話です。
10巻までは持っているんですが、次の巻が出る7月まで待ちきれません・・


339 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 17:50:39 ID:???
某板のネタバレスレ向きだよそれ

340 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 17:56:05 ID:???
>>338
ホーエンハイム去る
エド・イズミ墓掘り返す
アルなんか勇気もてりんぐ

341 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 18:02:31 ID:cznCV2T/
>>339
ネタばれスレは「最新」のネタばれ専門
というか、当然読んでいるよね?という前提で語られるので、こんな質問できないし
してもスルーです。だからこちらで質問してます。
詳細な情報お願いします

>>340
ありがとうございます

342 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 18:47:07 ID:???
>>336
ラストだけでいいの?

343 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 19:12:58 ID:???
>>342
どういう形式でもありがたいです。
できれば最後のほうを詳しくお願いしたいくらいです
ナイトが故障したようなところまでは読んだのですが・・・

344 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 19:25:52 ID:???
>>334
>1巻につき1レス
あ〜、だからモンスターの紹介は全18レスだったんだ。
チャプターとか妙に気取った(失礼)書き方してるからなんでかなと思ってた。
そういう区切り方は、漫画買う時に参考になって便利かもね。

345 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 20:25:55 ID:???
チャプターは本編でそう描かれてるのに倣っただけじゃないかな

346 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 21:23:14 ID:???
>>304
まだ見てるかな?手元に現物が無いので記憶を頼りに書いたのを投下します。

「飛ぶ教室」 ひらまつつとむ(全2巻)

小学生・オサムはある日、クラスメートと学校に新設されたばかりの核シェルターを探検していると
突如シェルター内のアラームが発動。オサム達を探しに来た担任の女教師・北川と、校庭に居た生徒達と共に
半信半疑でシェルターに入ると、世界を揺るがすような衝撃と悲鳴が。核戦争が勃発したのだ。
一ヶ月後、シェルターから出たオサム達が目にしたのは、壊滅した世界と死に絶えた人々の姿。
悲しみと絶望に暮れるオサム達。だが、生き残る為に子供達は力を合わせて奮闘する。

生存者探索の旅に出たオサムと親友の天才少年・サトルは、地下施設で生き残っていた電脳から
核戦争の原因が、隕石落下を某国が敵国の攻撃との誤認であったことを知ったり、
生存者と思って探し当てた物音が、無人となった工場でなおも働き続ける工業ロボットだったり
オサム達と同様に、偶然からシェルター内に閉じ込められた姉妹と乳幼児達を救出したりする。

様々な困難に直面しながらも、サトルをリーダーと据えた子供達は
爆風で地面に突き刺さったサンシャイン・ビルによって出来た井戸から、汚染されていない水を確保するなど
来るべき核の冬に備え始める。が、子供達の心の拠り所であった北川は、実は死の灰に蝕まれていて余命僅か。
サトルにだけその事を打ち明けた北川は、皆の動揺を防ぎ備えを優先させる為サトルに口止めする。

サトルは一人悲しみを胸に秘め、冬が迫る中皆を作業に駆り立てる。その強引な態度に不満を覚える子供達。
だが、サトルの人柄を知るオサムは彼を庇う。その最中、北川の病状が皆にばれる。
そして作業を放り出した子供達が、北川の元に駆けつけると彼女は既に息絶えていた。
悲しみに暮れる子供達。だが、病床の北川が書き残した一人一人に宛てた手紙を発見。
それに勇気付けられ、子供達は生き続ける決意をするのだった           END

347 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 22:06:03 ID:???
かなり穏やかになった漂流教室って感じだね

348 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 22:28:37 ID:???
LUNAR ヴェーン飛空船物語

 魔族の青年ガレオンは、旅先で訪れた村で彼にいたずらをしかけようとした少年を一瞬でひねり上げた。
少年の名はダイン。両親はない。祖父母に引き取られた彼は、退屈な村の生活に厭きて家業の手伝いもせずに
悪ガキを引き連れて暴れ回っていた。からかいついでに、旅の魔族を集団で襲おうとした彼は、当の魔族に
あっという間にねじ伏せられ、祖父母に突き出された。そうとうな屈辱だろう。しかし、祖父に叱られながら
ふてくされた目でガレオンを見るうちに、ダインの屈折した感情は、彼が常日頃から持て余していた
まだ見ぬ世界への憧憬へと次第に結びついていった。
 
 ダインの家で、彼の祖父母から一夜の歓待を受けたガレオンは、翌朝村を旅立った。
その後を追うダイン。村へ帰れと冷たくあしらいながらも、少年の面倒を見るガレオン。数日後、二人を嵐が襲った。
洞窟の外で、葉っぱをカサにして雨をしのぐダインを洞窟内に招くと、ガレオンはこう言った。

「パンを分けてやる。その代わり、晴れたらブルグ村へ帰れ!」

 ダインはパンを突っ返し、豪快に空腹の音を鳴らす腹を抱えたまま、寝転がった。
頭を抱えるガレオンの後ろで、背を向けたままダインはひとりごちる。

「ブルグ村は好きだ。爺ちゃんも婆ちゃんも優しい。でも、それだけなんだ。俺は…俺は、村の柵の中じゃ知ることも
できない。空の彼方も海の底も山のてっぺんも! この世界にあるものひとつ残さず全部見たい!」

「……仕様のない奴だな。本当に仕様のない……」

 これが、ドラゴンマスターダインと魔法皇帝ガレオンの初めての出会い。(続く)

349 :マロン名無しさん:2005/05/10(火) 22:33:31 ID:???
 なんていうか、神様キターってならないと上手く書けないね。
騎士ガンダムは、なんていうか、いつ書けるか分からないから、エルガの妖怪とか、書ける人書いて。

350 :マロン名無しさん:2005/05/11(水) 00:05:51 ID:???
いやリクした人もそんな高度な文章求めてないと思うよ
書き手としては上手く書けると嬉しいけどね

351 :マロン名無しさん:2005/05/11(水) 00:23:33 ID:???
>>348
続き期待age

352 :CAT'S EYE 1:2005/05/11(水) 12:12:49 ID:???
登場人物

怪盗キャッツアイ…主に美術品を狙う泥棒。来生三姉妹の裏の顔。
来生(きすぎ)瞳…主人公。三姉妹の次女。表向きは姉の泪と共に喫茶キャッツアイを経営。
怪盗キャッツアイでは主に実行犯を担当。
来生 泪…三姉妹の長女で、瞳と愛の母親的存在。事前潜入や実行犯、バックアップなどをこなす。
来生 愛…三姉妹の末っ子で高校生(終盤近くで大学生)。実行犯もたまにやるが主にメカニック担当。

永石…三姉妹の父親の親友で三姉妹の母親が遺した莫大な遺産の管理・運営をし、でかい会社を運営。
キャッツアイが行動を起こす時に資金を提供したりバックアップをする。

内海 俊夫…犬鳴署捜査一課の刑事で瞳の恋人。中盤でキャッツ特捜班に配属される。
浅谷 光子…俊夫の同僚。来生三姉妹をキャッツアイではと疑っている。かなりの味オンチ。
武内…俊夫の同僚。俊夫とは警察学校で同期だった。ロリコンで愛が好き。
平野…俊夫の後輩。逆噴射野郎でマザコン気味。泪が好き。
海野 重三…キャッツ特捜班に赴任してきた刑事。最年長でスリの名人。通称しげさん
木崎…犬鳴署のエリート刑事で俊夫のライバル。キャッツ(瞳)にカッパ禿にされる。興奮すると
オカマ化。
課長…俊夫が警官だった頃からの上司。使えない部下達に悩まされている。

キャッツ特捜班…キャッツアイ逮捕を目的に設立された部署。初期メンバーは俊夫、浅谷、武内、
平野、しげさん、課長。途中から木崎が入る。当初犬鳴署内にあったが、キャッツ(瞳)によって
部屋を破壊された為喫茶キャッツアイの向かいのビルに移動する。

神谷 真人…俊夫の知り合いのジャーナリスト。裏の顔は通称「ねずみ」と呼ばれる泥棒。
キャッツとはライバルになったり、協力しあったりする。事務所はキャッツ特捜班の隣。
余談だが、シティーハンターのリョウは神谷を元にしている。

ミケール・ハインツ…来生三姉妹の父親。ドイツ人と日本人のハーフで若い頃の姿は俊夫に似てる。
美術品の裏シンジケートに自身の作品とコレクションを奪われた上追われている不遇の画家。行方不明。
クラナッフ…美術品の裏シンジケートのボス。ハインツの弟子と共謀してハインツの作品を奪い、
自分の名前で発表、名声を得る。

353 :CAT'S EYE 2:2005/05/11(水) 12:14:26 ID:???
喫茶キャッツアイで働く瞳と犬鳴署の刑事の俊夫は高校時代からの恋人同士。
しかし瞳には秘密があった。俊夫が追う怪盗キャッツアイとは瞳と姉・泪、妹・愛の事だったのだ。
三姉妹の目的は美術品シンジケートによって散逸した父親のコレクションの奪還と父親の行方を
知る事。という訳で、俊夫から情報をいただいてガンガン盗みを成功させたり、思い出した頃に
わざと盗みを失敗して俊夫に手柄を立てさせたり、三姉妹を疑う浅谷の執拗な追求をどうにか
かわしたり、浅谷と俊夫をめぐって恋の鞘当があったり、神谷ことねずみと盗み勝負をしたり、
神谷と協力して盗みを働いたり、俊夫の浮気疑惑が上がったが実は宝石店に頼み込んで瞳との
エンゲージリングを代金を払いきった時に売ってもらうようしていただけだったり、
俊夫のアパートが火事になって全焼した為俊夫を喫茶キャッツアイに居候させる事になったり、俊夫が
キャッツはハインツの関係者ではないかと考え初めたので金髪に染めた瞳がキャッツとして俊夫の前に
現れて愛の告白したり、金髪キャッツのモンタージュから俊夫が瞳を疑い始めたので誤魔化したり、
男装した泪に惚れてしまった浅谷を諦めさせる為男装した泪=キャッツの一味とばらしたが逆に浅谷を
燃え上がらせる結果になったり、キャッツ特捜班が出来たり、全然発展しない俊夫との仲に焦った瞳が
俊夫との部屋の壁をぶち抜いて無理矢理同棲状態にしたり、でも結局発展しなかったり、ちょっとした
事から神谷に惚れてしまった浅谷の応援をしたり、浅谷の料理で神谷が死にかけたり、瞳と俊夫が捜査兼
デートした際に手に入れたオルゴールに二人して懐かしい風を感じたり、俊夫がようやく手に入れた
エンゲージリングを金髪キャッツの瞳に奪われたりしている内にハインツ失踪の本当の原因が判明。
ハインツは多数の闇シンジケートが狙う「アテナイのアフロディーテ像」という彫像を偶然手に入れて
しまった為、家族に害が及ばぬように失踪したのだ。


354 :CAT'S EYE 3:2005/05/11(水) 12:15:23 ID:???
彫像は引き上げ困難な海域に沈んだ船の舳先に危険なトラップと共に取り付けられており、その引き上げ
方法はハインツの描いた三枚の絵の中に隠されていた。この彫像が公的機関に保護され一般に公開され
れば父親が見つけやすくなると考えた三姉妹は三枚の絵の行方を調べ始める。一枚は父の親友の物で
あった事が判るが彼は廃人となっていた為行方がわからない。そこで父親そっくりな俊夫と彼を上手く
引き合わせ、三枚の絵がクラナッフの元に渡ってしまった事を知る。しかし俊夫にキャッツの狙いが
「アテナイのアフロディーテ像」と三枚の絵である事がばれてしまう。キャッツ逮捕に向けて
クラナッフの行方を捜す俊夫とそれに便乗する三姉妹。やがてクラナッフはキャッツが現れた頃に
三枚の絵と共に失踪していたと判明する。そこへ三枚の絵のうちの一つと共にクラナッフからの手紙が
三姉妹の元に届く。いわく「三枚の絵を賭けて勝負をしよう」と。最初のゲームは船上レストランでの
ちょっとした賭け。この賭けに勝った瞳は二枚目の絵も手に入れる。そして最後のゲームは
蔵内美術館という凄く判りやすい名前の新設の美術館に展示されている三枚目の絵を手に入れる事。
堀で囲まれ跳ね橋が上げられた状態の美術館、その周囲を俊夫率いる無数の警官隊が包囲している。
そんな中を三姉妹はど派手に潜入、華麗にトラップをかわしつつ目的の絵の元にたどり着く。
また「蔵内」という物凄く判り易い名前からクラナッフとの関係を疑っていた俊夫も根性で美術館に
潜入、トラップに引っかかりつつ美術館内で警官に化けて潜り込んでいた神谷と合流する。神谷に案内
され俊夫が見た物、それはクラナッフに呼ばれ集められたハインツのかつての弟子達だった。


355 :CAT'S EYE 4:2005/05/11(水) 12:16:09 ID:???
その頃、三姉妹はあっさり絵の元に来れた事をいぶかしんでいた。そんな三人の前に現れたのは
捕らえられた父親のホログラフィーだった。父親は美術館のてっぺんの塔に捕らえられており、
三十分以内に助けないと死ぬと告げられる。三姉妹は父親救出に向かうが強力なトラップに一人、また
一人と倒れ、辿りつけたのは瞳一人であった。ぎりぎりで父親を助ける事が出来たが二人は死んで
しまったと嘆く瞳に、「二人は生きている」「私はハインツではない」と言う父親そっくりの男。
彼こそハインツの双子の兄にしてハインツを陥れたクラナッフその人であった。
クラナッフはハインツの才能に嫉妬しハインツの弟子達と共謀してハインツから全てを奪ったのだが、
今や改心しており、呼び集めたハインツの弟子達と共に美術館ごと爆破すると告げる。
後からやってきた泪、愛と共に脱出する瞳。クラナッフの真意に気付いた神谷も俊夫を連れて脱出する。
そして蔵内美術館炎上事件が落ち着いた頃、俊夫は金髪キャッツに呼び出されれ、瞳こそ金髪キャッツ
であり、キャッツアイとは三姉妹の事であったと明かされる。今まで瞳を疑ったりもしたがそれを否定
し続けていた為呆然となる俊夫に、最後の絵に添えられた手紙に父親の居場所を示されていたので
日本を発つ事を告げエンゲージリングを返し、瞳は姿を消す。喫茶キャッツアイももぬけの殻となり
警察にはキャッツから三枚の絵と共に「アテナイのアフロディーテ像」に関する情報が届けられていた。
誰もいない店内で一人佇む俊夫。そこへ神谷がやってきて瞳たちが今日日本をたつ事を知らせる。
ここに来てようやく神谷の正体に気付いた俊夫は、彼に辞表を届けるよう頼み空港へと向かう。
離陸直前に空港に着いた俊夫は飛行機のドアに立つ瞳に「キャッツを逮捕するのは俺しかいない」と
宣言、しかし辞表を出したからお前にかける手錠はこれになったとエンゲージリングを投げて渡す。
瞳は「捕まえてごらんなさい」と言って旅立っていったのだった。
↑ここまでジャンプ掲載


356 :CAT'S EYE 5:2005/05/11(水) 12:16:52 ID:???
↓ここから単行本おまけ
瞳を追いかける為に海外へ向かおうとしていた俊夫の元に、ロスにいる神谷から葉書が届く。
一見能天気な内容なのだが、その裏に「瞳が大変な事になったから早くロスに来い」という
メッセージが隠されていた。俊夫が急いで空港へ向かうと課長と遭遇。来生三姉妹とキャッツの
関係について暗に問いただされ口ごもる俊夫。課長はそれ以上問い詰めず「人生には一つや
二つ秘密があった方がいい」と言い、俊夫を送り出す。展望デッキには特捜班の面々も集結して
おり、俊夫を激励する。
ロスに着いた俊夫を待っていたのは記憶を失った瞳だった。瞳はロスに着いた直後に脳炎を
発症、一命を取り留めたが全ての記憶を失ってしまったのだ。「あなた誰?」と言われて
ショックを受ける俊夫。しかし、俊夫が以前二人して懐かしい風を感じたオルゴールを鳴らすと
瞳が反応。俊夫は瞳にオルゴールをあげると「また恋が出来る」とか何とか言って、二人で
夕方の浜辺へデートしに行って、追いかけっこして了。


記憶に頼って書いたので細かいところが多少違うと思います。あと、かなり意見が分かれる
ラストだったのでジャンプ掲載とおまけを分けてみました。


357 :マロン名無しさん:2005/05/11(水) 15:25:13 ID:???
なんか全然方向性の違うおまけだね・・・
父親は結局見つからなかったの?

358 :マロン名無しさん:2005/05/11(水) 15:40:43 ID:???
>357
父親は見つかってないです。瞳が脳炎を発症した時点で父親探しも中断。

359 :マロン名無しさん:2005/05/11(水) 18:02:35 ID:???
>>346
ありがとう。タイトルと先生の髪の毛が抜けるシーンがずっと印象に残ってた。
打ち切りじゃなくてしっかり終わってたようでよかった。

360 :マロン名無しさん:2005/05/11(水) 23:24:24 ID:???
三姉妹の名前はなんて読むんですか?
瞳はわかるんだけど泪が分らない。
愛はあい?めぐみ?

361 :マロン名無しさん:2005/05/11(水) 23:59:41 ID:???
るい、ひとみ、あい。

362 :マロン名無しさん:2005/05/13(金) 11:53:30 ID:???
久しぶりに来たけどなんか人減ってる?

363 :マロン名無しさん:2005/05/13(金) 12:10:27 ID:???
依頼者と書ける人が大体出尽くしたからではなかろかね。

364 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 00:51:36 ID:???
>管理人さま
「東京のカサノバ」のリクエストを取り下げます。
お手数かけてすみません。

365 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 02:57:09 ID:???
書いてても仕事が忙しくてなかなか進まない

366 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 10:55:44 ID:???
書けるのが無くなっちゃった

367 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 12:26:45 ID:???
書けるのあるけどね〜・・・コミックス手放したヤツとかだと
そんなに自信持てないからなぁ
結構古い作品のリクエスト多いよね

368 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 12:29:47 ID:???
知ってるけど手元にないとさすがに書けない。間違う可能性高いし。
といってブコフで立ち読みするのは疲れるし…

369 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 13:41:42 ID:???
手元にあるのもあるけど、一話完結もので主要ストーリーがあんまりないやつとか
リクした人って何が知りたいんだろうと思う。
流石に一話一話のストーリーを書く気力はないし

370 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 14:21:30 ID:???
>>369
>>334氏みたいにリク主に聞けばいいんじゃない?
個人的には、一話完結モノは登場人物の紹介とお気に入りの話を2,3書くぐらいでいいと思う。あとラスト。

371 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 14:59:36 ID:???
スクライド
頼みます

372 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 19:48:36 ID:???
書きにくい作品の例
・一話完結型であらすじを捕らえにくい
・画風や雰囲気が魅力の作品なので、あらすじを書いても意味が薄い
・18禁
・そもそも存在しない(だからさぁ、『ネオファウスト第二部以降』は無理だっつーの!)

373 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 21:41:47 ID:???
キャラクターとか個々のセリフとかノリが面白いヤツとかも書きにくいね。
いちいちセリフ書き出すわけにいかんし

374 :マロン名無しさん:2005/05/14(土) 23:37:36 ID:???
伏線の使い方がうまい作品を取り上げようとしたら
「ダイジェストにしなきゃならんのに削るところが見つからねえー!」
という展開の予感…。

375 :マロン名無しさん:2005/05/15(日) 00:16:15 ID:???
>>372
ネオファウスト第2部は2回だけ描かれたみたいだよ。

376 :マロン名無しさん:2005/05/15(日) 13:59:01 ID:???
>>371

377 :マロン名無しさん:2005/05/15(日) 19:43:47 ID:???
メジャーのあらすじおねがいします。
アニメやってるの見ておもいろいなーと思ったんですが何十巻も出てるんですね。
簡単にでいいんでおねがいします

378 :MAJOR 1:2005/05/15(日) 21:48:25 ID:???
主人公は元名投手であった茂野シゲハルの一人息子
茂野吾郎。
母親は既に死んでいて、父親も怪我のせいで2軍生活。
吾郎はいつも一人で壁あてキャッチボール。

ある日、シゲハルは球団に解雇を言い渡される。
酒におぼれ、自暴自棄になるシゲハル。
しかし、吾郎のおかげで、打者への転向を考え始める。
球団のだした条件は3打席でヒットを1本打つこと。
しかも、相手は現エースで同じ高校出身の本田。
いくら自分が高校時代エースで4番だったからと言って無理だと思いながらもかつての勘を取り戻そうと頑張るシゲハル。

いよいよ、勝負の日
最初は理論立てて打っていたシゲハルだが、本田に諭されホームランを放つ。
その日から連日連夜の大活躍。
死んだ奥さんにそっくりで吾郎の保育園の保母でもある人(名前失念)とも恋仲に。

だが、ある試合で元メジャーリーガーのギブソンに死球を当てられ、翌朝なくなってしまうシゲハル。

379 :MAJOR 2:2005/05/15(日) 22:09:46 ID:???
吾郎は、シゲハルと結婚していた先生に引き取られことに。
また、近所に野球仲間の佐藤君ができる。

小学四年生になって、リトルリーグ三船リトルに入団し
小学校で入団者を募る
いろいろあって
キャッチャーの小森
元サッカー選手で商店街の会長の息子沢根?
唯一の紅一点ヘタッピの清水

ある日
先生と本田が会っていることを知って複雑な吾郎は母親にあたってしまう。
先生も自分の辛さを吐き出し
仲直りする二人

そして三船リトルは全国の強豪が集まる合宿場へ

380 :MAJOR 3:2005/05/15(日) 22:11:11 ID:???
強化合宿へ行くと
強豪チームの横浜リトルにあの佐藤君とあのギブソンのフォームを真似る涼子がいた。
涼子に淡い恋心を抱く吾郎であった。

メジャーリーガーとしてアメリカのオールスターの試合のチケットが航空券とともに送られてきて
ギブソンの投球を見て感激した吾郎は
いつかメジャーでともにプレイしようと約束する。

更に練習に打ち込む吾郎たちに
いよいよ、全国大会の予選の日が迫った
順調に勝ち進む三船リトルは
3回戦で横浜リトルと激突。
必死のプレイでなんとか勝った三船リトルだが
力を使い果たし、4回戦でぼろ負け。

吾郎は先生と結婚した本田のトレードで
仲間たちに何も言わずに
福岡へ去ってしまった。

第1部 完


381 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 08:49:00 ID:???
小説読みたいけど金が無くて読めない。
小説の変わりにあらすじを読もうと思う。
一番長いあらすじ教えて。

382 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 08:52:34 ID:???
>>381
最近「あらすじ本」が沢山出てるし、
なんとプルーストの「失われた時を求めて」も数ページにまとめた本もあるんで
そっちを探したほうがいい。

383 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 09:15:14 ID:???
本を買う金がないといってるんだ。
とりあえず漂流教室を読み始めた。

384 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 09:16:42 ID:???
>>383
あらすじ本は立ち読みできるコンパクトさですよ。
数ページくらいならものの数分で読めますし。

385 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 09:18:49 ID:???
あらすじ本業者かよw

386 :時間旋律:2005/05/16(月) 09:32:18 ID:???
夕暮れ時 現がゆらめく時間。
古い古い町並みの椿町では思い出したように過去の風景に出会える事がある。
町の人々はそれを幽霊≠ニ呼んだ。

小さな椿町にはもったいない陸上の名門校に東野は特待生としてやってきた。
しかし東野は特待生の自覚を持たず、せっかく類稀なる脚力を持っているのに連日部活をサボっていた。
理事長の孫で陸上一筋の由郎は、サボる彼を部活に出させるために日夜彼を探して走り回っていた。

部活をサボった東野は由郎の祖父が所有する今は古くて使われていない椿館に毎日通っていた。
そこには夕暮れ時だけ、大正時代の少女・カヤが現れるのだ。
足の速さにしか取り得がなく、もし足が使えなくなってしまったら皆に捨てられてしまうのではないかと
恐れを抱いている東野にカヤは「足が遅くなっても東野は東野じゃないか」と言ってくれた。
東野はカヤを抱きしめようとするが、過去の幻影でしかないカヤに触れる事は出来なかった。

統計を取れば原因がわかるのではないかと思い、由郎は幽霊℃膜盾フ調査をしていた。
何故か幽霊≠ヘ椿館を中心にして現れていた。
一年前までは椿館から半径500m以内 月一件弱の発見件数が、半年前にいきなり月10件程度半径1,2km以内に。
そして三ヶ月前からは月20件ほど半径3km以内で目撃されるようになった。
まるで何かが近づけているかのようだと由郎は思う。

幼い頃からの知り合いで陸上コーチの佐々木は、恋人で婦人警官のひさえが来るからと、
ボケ気味の祖父を由郎に預けに来た。ひさえさんを押し倒せないように30分だけねと由郎はからかう。
30分経ち佐々木祖父を連れて行こうとしたら、佐々木は理事長につかまってまだ由郎の家にいた。
「東野は天才です。努力だけでは超えられない壁≠ェそもそもあいつには存在しない」
佐々木は理事長にそう言っている。
それを聞いた由郎は東野に劣等感を抱き、佐々木に顔を合わす気にならず佐々木祖父を連れて外に出た。

387 :時間旋律 2:2005/05/16(月) 09:36:01 ID:???
すると、椿館の方から塀を越えて椿の花びらが飛んできた。
椿館とは名ばかりで、今はもう椿の花は咲かなくなったのに。
不思議に思って見に行くと、中で東野と着物姿の少女が笑いあっていた。
佐々木の祖父はその少女を見て
「さすが椿町一の別嬪だと名高いカヤさんだ。
 ずいぶん久し振りなのに変わっていない」とつぶやいた。
次の瞬間、その少女は消えた。幽霊≠セ。
「幽霊なんかのために部活をサボっているのか」由郎は訊ねる。
「たかが駆けっこよりあの子の方が大事だ」と東野は答え、由郎は傷ついた。
類稀なる脚力を与えられた東野。選ばれたのは由郎ではなく東野。
それならば東野は走らなくてはいけない。
東野はカヤに会う時、塀の穴の空いた部分から椿館の敷地に入っている。
あの塀の穴を塞いでくれと、由郎は車椅子に乗った祖父に頼み込んだ。

数日後、なんで塀の穴が塞がれているんだと東野は由郎にクレームをつけてくるが、由郎は真意を告げない。
そこに徘徊してきた佐々木祖父が現れ椿館を見上げながら
「カヤさんが嫁いだと聞いた時は哀しかった」とつぶやく。
どういう事だと東野は詰め寄るがボケた佐々木祖父は答えなかった。
「じいさんさ、この頃よく口走るんだって。若いころのこと」

塀の向こう≠ナは雨が降っていた。濡れているカヤに東野は上着を投げかけるが、
こちら¢、の物である上着はあちら¢、のカヤには触れる事すら出来ず地面に落ちた。
カヤはここには存在しない過去の幻影。なのに何故東野とカヤは出会ってしまったのか。
越えられない時間という壁≠フ存在を東野は思い知り落ち込み、塀を破壊した。
壊した時に東野は腕に傷を負い、それを見たひさえは「こんな風に痕になるわよ」と自分の手の傷を見せながら言った。


388 :時間旋律 3:2005/05/16(月) 09:39:40 ID:???
陸上の測定の日。東野の噂を聞きつけた陸連関係者も見に来ていた。
そこで東野はかなりのタイムを出した。
測定が終わると同時に東野は椿館へと向かった。
東野に気付き走ってきたカヤは転び、東野は咄嗟に手を出す。
すると、いつもは触れられもしなかったカヤの手を東野は掴めてしまった。
東野とカヤの目がはじめてあったのが半年前。初めて言葉を交わしたのが三ヶ月前。
そしてその日はじめて触れ合った東野とカヤは、キスをした。

二人が触れ合ったと同時に、椿町のあちこちで幽霊≠ェ大量発生した。
それとまた同時刻に、放火事件が起きた。それが椿町連続放火事件のはじまりだった。

カヤは周太郎という許婚者がいる事を東野に話す。
小さい頃に親によって決められた仲で、周太郎は遠い所にいて長い間会っていない。
その周太郎がカヤの元へ帰ってきた。周太郎はカヤに、上京してそこで式をあげようと言った。
良いタイムを出した東野に陸連関係者は目をつけ、寮があり設備の整った学校に転校させろという。
東野は佐々木と同じアパートに住んでいて、食事の世話もされておらず、椿町には大した設備もないのだ。
しかし東野は、陸上はどこでも出来る、でもカヤは椿町にしかいないからとその申し出を断った。
去って行く東野を見ながら理事長はつぶやく。
「私は時々、自分がやってる事がわからなくなるよ…」

由郎は東野に転校を勧める。
東野とカヤの関係と、幽霊事件の規模の拡大はつながっている。
町がこれ以上騒ぎになる前にカヤと会わないようにしろと由郎は言う。
本当は、東野はカヤを捨てれば陸上を選ぶのではないかと言う思いがあった。

椿町には放火事件が相次ぎ、また、横を見れば幽霊≠ェうろうろしているというとんでもない事態になっている。
幽霊が放火しているんじゃないかという説まで出ているが、やっているのは生きた人間に他ならないとひさえは否定した。
そこへ、現場近くで東野が目撃されたという情報が届いた。


389 :時間旋律 4:2005/05/16(月) 09:43:28 ID:???
由郎が東野のようになりたいと願うように、東野もどうやっても得られないものを欲しがっている。
「東野、好きなだけじゃどうにもならない事あるんじゃないかな」由郎はそう言う。
「どーにもなんないからって、じゃあやめるって言える? 由郎」東野はそう訊ね返した。

東野は周太郎と話しているカヤに声をかけ、手を引いて外に連れて行く。
周太郎は驚くが、カヤの母に、カヤが幽霊(あちらからは東野側が幽霊扱い)を
面白がってるだけだと言われたので後を追わなかった。

東野はカヤと共に椿館の外に出る。
現代ではコンビニのあった場所に古めかしい建物があった。
それを不思議に思っていると「火事だ!」と声が聞こえた。
手を離して声のする方を見ると、また火があがっていた。
東野がカヤの方をふりむくと、そこにカヤはおらず、古めかしい建物も消え元のコンビニがあるだけだった。
手を離したために戻ってしまったが、さきほどまでは確かに東野はあちら≠ノ居たのだ。
手を離してさえいなければ…
東野はとぼとぼとアパートに帰る。アパートの廊下には佐々木祖父がいた。
どうしたのかと東野が話し掛けると、佐々木祖父は東野を振り払い、睨み、去っていった。

由郎は、幽霊事件は椿館から広まっているようだと祖父に言う。
「花をつけなくなった椿の見る夢かな。お前のお婆ちゃんは椿がとても好きな人だったから。
 椿が昔を懐かしがって夢を見るんだ。あの人の……カヤの…」
カヤが自分の祖母と知り由郎は衝撃を受ける。しかし祖父は周太郎という名前ではない。
「椿家に入る時、名前を変えたことがある。その前は周太郎と名乗っていた時もあるよ」と祖父は言った。

椿館の女主人は椿を愛した人だった。その人が死んだ時、椿たちは花をつけるのをやめた。
そうして椿たちは夢を見る。自分達が花をつけていた時を。自分たちを愛したその人の姿を。
夢は 時間のヴェールを揺らした。

東野は放火事件の犯人ではないかと疑いをかけられたが、動機も証拠も不十分としてとりあえずは釈放された。
由郎はカヤが自分の祖母であり、カヤは周太郎と結婚したのだと東野に告げた。
東野は投げやりになり、放火事件の事で「これ以上その町に置いておかない方がいいから早く転校しろ」
と言う陸連の言葉を承諾する。

390 :時間旋律 5:2005/05/16(月) 09:46:45 ID:???
東野は駅に直行し、由郎と佐々木が見送りに来た。佐々木祖父は理事長に預けられた。
佐々木の話によれば、生前の由郎の祖母――カヤに理事長は「幸せですか」と口癖のように訊ねかけ、
カヤもまた習慣のように「はい」と答えているところを見たことがあるのだという。
「あの子ははい≠チて答えたんだな…」時間は思いを無視してただ流れていくだけなのだと東野は思う。

一方あちら≠ナは東京行きの汽車に乗るために周太郎が伽?を呼び出しているところだった。
しかしカヤは行きたくないと最後に抵抗した。
カヤ母は「ただの感傷ですわ」と大した事と扱わず、周太郎に先に駅に行くよう言う。
周太郎は、カヤの手を引いていた幽霊≠フ男の事を気にかけていた。

佐々木祖父はふらふらと徘徊し、椿館の前でライターを取り出した。
理事長はそれを追い「何をしている」と訊ねた。
「あの時椿館が燃えていた。それきり伽?さんはいなくなった。
 もう一度火事になればきっとあの時に戻れる。
 私は今度こそカヤさんを引きとめるんです」
理事長は言う。「それで納得するなら火をつけなさい。周太郎さん」

椿館に火がついているのを東野は見る。
椿館がなくなれば全部終りになってしまう。本当に全てが幻だった事になる。
東野は電車が来たのにもかまわず椿館へと走り、炎の燃え盛る椿館の中に飛び込んだ。
燃え落ちた木材が東野の足をはさむ。そこへ、椿の幽霊≠ニともにカヤが現れた。
カヤは足をはさまれ倒れている東野を起こす。その途端、火のついた木材は消えうせた。
東野があちら側にたどりついたために、こちら側のものである木材が消えたのだった。
あちら側へと消えていく二人に「カヤさん!カヤさん!」と佐々木祖父は叫び続けた。

火事は火の幽霊≠ニしてあちら側でも騒ぎになっており、周太郎はカヤを心配し駅から椿館に戻ってきていた。
周太郎に近づこうとする佐々木祖父を阻んだ理事長は、尚も向おうとする佐々木祖父によって服の袖を破られた。
「どうしてすぐに来なかった!どうして置いて行ったりしたんだ!理由を確かめる事さえせず…
どうして…あの人がいつも自分の物だなどと思っていたんだ……!」
佐々木祖父は周太郎に向かいそう叫ぶがあちら≠フ人々は消えていく。

391 :時間旋律 6:2005/05/16(月) 09:48:11 ID:???
理事長は佐々木祖父に言う。
「気が済みましたか?もう火をつけなくても大丈夫ですね周太郎さん」由郎はその言葉に驚く。
火事を聞きつけやってきた警察に理事長は、放火犯は東野だと言った。
なにを言っているんだと由郎は驚く。
「いいんだ由郎。もう二度と帰ってはこないから」
そう言う理事長の破れた袖から覗く腕には、東野が塀を破った時につけたのと同じ傷があった。
「おじいちゃん…まさか……東野?」

392 :時間旋律 7:2005/05/16(月) 09:50:30 ID:???
火事の幽霊で町中が大騒ぎになった隙を見て、
あちら側に行った東野とカヤは汽車に乗り町を出た。
理事長――東野はそう由郎に説明する。
「どうしてあの時 自分は周太郎だなんて言ったの?」
「お前からあの子がそう聞けば、もしかしたらあの子は行くのを諦めるかと思ってね」
戦争のどさくさに紛れて戸籍を手に入れるために、東野は犯罪まがいの事もやった。
許されてこの町に戻るまで何年もかかった。
何より、あの時から歩くのにも足を引きずるようになり、
守りたいと思っていた人にずっと手をひいてもらわねばならなくなった。
「もう一度自分にあった時、ふと思った。もしこっちを選ばなければどうなっていただろう と」
カヤは佐々木周太郎中尉の奥方として皆に羨ましがられただろう。
東野はその脚力で幾つもの大会を勝ち抜けただろう。
しかし、その心の内は――
「それで…がっかりした? せっかく邪魔したのに結局あっち行っちゃって」
「……うれしかった。ひどく、うれしかったよ」
由郎の問いに東野はそう答えた。

世間では放火犯の少年Aが失踪したという事になっていた。
佐々木は、どうせ失踪するなら足だけ置いてってくれれば自分が走るのにとうじうじする。
ひさえは自分の手の傷を佐々木に見せる。その傷は、鏡を割ってつくった傷だと言う。
学生時代ひさえには好きな人がいたが、美人の女の子に取られてしまった。
顔ばかりはどうにもならなくて、ひさえは悔しくて思わず鏡を割ってしまったのだ。
「だからとゆーわけではないんだけど、そうやって悩んでる佐々木くんが一等好きだったりするのさ」

東野は一人、火事によって跡形も無くなった椿館を眺めていた。
「椿もみんな焼けちゃったね」由郎が話し掛ける。
椿が焼けてからは、幽霊の目撃談が一つも無い。
椿が昔を懐かしみ、夢を見る事がなくなったからだ。

椿町に幽霊が出ることは、もう、二度となかった。

<完>

393 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 11:09:23 ID:???
>>385
業者だったら買えっていうよ。立ち読みで十分。

394 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 12:42:25 ID:NiM88yld
j

395 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 15:35:46 ID:ugnM3yZy
業者の弁解ウゼー

396 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 16:05:38 ID:???
知らんけど、ここに来てあらすじ読むつってんだから
ここのまとめサイト読むってことだろうに
なぜに「あらすじ本」を薦めるのか

397 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 17:07:28 ID:???
非礼には非礼を

398 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 18:02:28 ID:???
>>392
禿乙。これ少女マンガ?独特な雰囲気があるね。
ひさえってキャラのそのセリフ、何か好きかも

399 :マロン名無しさん:2005/05/16(月) 18:08:11 ID:???
『横山三国志』で劉備が漢中王になるくらいまでのあらすじをお願いできますか

400 :マロン名無しさん:2005/05/17(火) 02:58:36 ID:???
小説なら図書館があるじゃないか!

401 :マロン名無しさん:2005/05/17(火) 08:29:21 ID:???
俺の近所にある図書館は有料だが・・・普通は無料のものなのか…?

402 :マロン名無しさん:2005/05/17(火) 09:05:06 ID:???
何度か読み返してやっとわかった。

>>381は小説が読みたいけど金がなくて本が買えないんだな。
で、その代わりにまとめサイトのあらすじを読もうと思うから長いの教えれ、
つってるのな。
俺も最初はなんかの小説のあらすじを読みたいのかと思ったよ。

で、答えだけどなるたる、国民クイズがボリュームあるよ。
あとMONSTER、手天童子、レヴァリアースなんかも。


403 :天使禁猟区 1:2005/05/17(火) 09:51:35 ID:???
【物質界(アッシャー)編  ACT.電気仕掛けの天使】
男子高校生の無道刹那は両親の別居によって離れて暮らしている実の妹・紗羅に恋心を抱いている。
彼は幼い頃から他の人全てが怪我を負ったような状況でも一人だけ無傷でいて、その事で母から気味悪がられていた。
また、いつの頃からか、人の血を見るとひどい眠気に襲われるという謎の持病を持つようになった。
それらの事を知るのは、信頼する先輩である吉良朔耶だけだった。
そんな刹那を見ている二人の人物。銀色の髪と褐色の肌を持つ彼らは邪鬼(イヴィル)だ。
一人はゲヘナ王の第14子でドラゴンマスターの九雷。もう一人はそのいとこでオカマのアラクネ。
彼らが物質界にきた目的はただ一つ。かつて邪鬼に味方し
天に反旗を翻した咎で堕天使の烙印を押され
肉体と精神を引き裂かれ、罪が消えるまで物質界に転生され続けているという
美しき女天使・アレクシエルの生まれ変わりを探す事だ。それこそが刹那だった。

紗羅の通うカトリック女子校での友人・斉木翠雀は強い霊能力を持っていた。
ある日彼女は街を歩いていて謎の男――上級天使のカタンにフロッピーを渡される。
「これを貴方にたくすのは全てあの方のため…かつて天上で最も輝いていたロシエル様の御身のため…」
そこへ現れた刹那は「あんな危ない奴と関わるな」と翠雀をその場から連れ出す。
カタンは刹那の顔にロシエルの…そしてロシエルの双子の姉であるアレクシエルの面影を見る。
刹那にほのかな恋心を抱いた翠雀は、帰ってから『天使禁猟区』と題された先ほどのフロッピーを見る。
開いた途端翠雀が今までに受けた中傷などの酷い体験が頭の中に飛び上がってきた。
泣き出す翠雀に、パソコンの中から囁きかける声が聞こえた。
パソコンの中の人は翠雀をラピスラズリと呼び、君は特別な存在なのだと言った。
そして、自らをANGEL(天使)と名乗った。

刹那・紗羅・翠雀がいる場所へ、九雷はカタンに当てるつもりで誤って攻撃を仕掛けてしまう。
刹那がとっさに紗羅をかばった瞬間、刹那の体から謎の波動が出て傷は一切できなかった。
しかし、攻撃によって割れたガラスをまともに全身に浴びた翠雀は、体中に傷を負い、
目の中にも大量のガラスが刺さったため失明した。
最後に見たのは刹那が紗羅だけをかばう姿だった――

404 :天使禁猟区 1:2005/05/17(火) 09:52:13 ID:???
続く

405 :天使禁猟区 1:2005/05/17(火) 09:56:55 ID:???
あ、ACT.1 電気仕掛けの天使
でした。

406 :天使禁猟区 1:2005/05/17(火) 09:59:38 ID:???
>開いた途端翠雀が今までに受けた中傷などの酷い体験が頭の中に飛び上がってきた。
それでもって「飛び上がってきた」ではなく「飛び込んできた」でした。度々すみません。
次から推敲します。

407 :マロン名無しさん:2005/05/17(火) 10:37:37 ID:???
>>401
それ図書館じゃないよ…

408 :マロン名無しさん:2005/05/17(火) 11:05:46 ID:???
いや、有料の図書館ってあった気がするな
個人の持ち物の図書館とかもあるし

409 :マロン名無しさん:2005/05/17(火) 11:25:20 ID:???
板橋しゅうほうの「凱羅」の、舞台がアメリカに移ってからのをお願いします。

410 :マロン名無しさん:2005/05/17(火) 22:11:03 ID:???
たとえばこんなラブソング、きまぐれオレンジロードお願いします。
どんなストーリーでどんな結末なのか知りたいです。

411 :マロン名無しさん:2005/05/18(水) 05:55:05 ID:???
衣谷遊のリヴァイアサンをお願いします

412 :マロン名無しさん:2005/05/18(水) 07:58:08 ID:???
>>411
とりあえず、まず検索することをオススメする。

413 :ベルセルク:2005/05/18(水) 15:34:46 ID:???
疫病が蔓延し、災害に見舞われ、軍隊に蹂躙され、世界は闇に包まれる。
そんな中、光の鷹が舞い降りる。人々がそれが“求めしもの”であると直感した。
そんな夢を、ミッドランドの多くの人々が見た。

ミッドランドのラバン将軍は、荒れた山を見回っていて、流れ着いた死体から
疫病で滅びた町を見付ける。その町は疫病で死んだ死体の山と、それを食う鼠ばかりだった。
それは既に、国中の至るところで目にしてきた光景だった。疫病、飢饉、野盗の群れ。
そんな中、王は国を再建するどころか国軍の七割以上をグリフィスの探索に向けていた。
二年に渡って、狂人のような目で。
ラバンも夢を見て、想うところはあった。彼に限らずミッドランド国民にとって、
鷹を象徴するものは1つ。そこに救いがあるとすれば・・・
そんなことを考えている時、知らせが来た。国王が病に倒れたと言う。

一方ラバンが去り、誰もいなくなった病に滅びた町の奥で・・・鼠が集まり形をなして、
ゴッドハンド・コンラッドが降臨する。それは病魔を撒き散らし、去って行った。

414 :ベルセルク:2005/05/18(水) 15:35:12 ID:???
王が倒れたとなれば後継者はシャルロット、その時摂政に任命されるのは誰か、と・・・
なおフォス大臣は、すっかり隠遁を決め込んだようになっていた。

国王は狂気に取り憑かれたまま息を引き取った。
その頃、象を連れた異国の軍隊がミッドランドに迫っていた。

「不死のゾッド」は、その時も傭兵として戦場にいた。だが所詮、人間が束になっても
相手にならない。死骸の山に腰掛けてゾッドは振り返る。使徒と戦ったことも何度かあったが、
なぜかそれでは満たされない。やはり、髑髏の騎士しかいないのか。
そこでふとあの烙印の剣士、ガッツのことも思い出す。
そこに、金色の鳥が舞い降りた。鳥は語りかける。「これはまどろみの中、夢と現の溶け合う領域」
ゾッドは相手の正体に勘付き戸惑うが、やがて自分の求めたものはただ1つ、絶対の強者のみ
ということを思い出し、挑みかかる。だが変身したゾッドの攻撃はすり抜けるようにかわされ、
角が切れ落ち、頭が見事に切断される。
そこでゾッドは目覚めた。夢か? だが足元には自分の角が落ち、額から血が滴っていた。
そして、お告げのようなものが聞こえる。「火の柱の立つ盲目の羊達の集いし聖地に天堕ちる刻、
求めしものは来たる」

ガッツの旅をする先も、どこも疫病に見舞われ何も残らず、死霊や夢魔がうろついていた。
「昔妖精を祭っていた遺跡のある丘なら夢魔も近付かない」とパックに言われ休息を取る
ガッツだが、夢を見る。キャスカが磔、火刑にされる夢を。
目を覚ますとあのキャスカの産んだ胎児の怪物が目の前にいて、
「アブナイ、急ゲ・・・」と警告してくるのだった。そして、こうも。
「火ノ柱ノ立ツ盲目ノ羊達ノ集イシ聖地ニ天堕チル刻・・・」

415 :ベルセルク書いた人:2005/05/18(水) 15:35:54 ID:???
おっと・・・続く。

中々進まないんですいません。次はもうちょっと早くいけるようにします。

416 :天使禁猟区 2:2005/05/18(水) 20:22:52 ID:???
翠雀は失明した事と、刹那が紗羅の事しか考えず、紗羅だけをかばった事に一人で泣く。
パソコンの中の人が翠雀の頭に直接アクセスする。
「君ヲイジメル子ガイルナラ僕ガ消シテアゲルヨ」翠雀は紗羅の名を告げた。

刹那のクラスメートの松野が、謎の人物にもらった『天使禁猟区』というパソコンゲームを
やっている最中に頭を破裂させて死んだ。翠雀がもらっていたものだと同じだと気づき、
刹那は心配して翠雀宅へと走る。そこには見舞いに来ていた紗羅もいた。
何故か翠雀の両親は眠っており、翠雀は部屋から出てこない。二人は開けてくれとドアを叩く。
翠雀はパソコンの中の人と会話中だった。中の人は翠雀の目を治し、紗羅を消すと言う。
それを信じ、翠雀は中の人がいう通りの呪文を唱える。所変わってどこかのビルの屋上にいるカタン。
「主よお許しを。私はもうロシエル様についていくしかないのです。
 例えこの身が禁じられた暗黒魔術で堕ちようとも、私は彼の御方の封印を解く!」
彼は東京の人工電気の熱量を全てエナジーに変換し、それを全てロシエルに捧げた。
東京に大規模の停電が起こった。

気づくと翠雀の目は治っており、目の前に刹那に似た顔の美しい天使――ロシエルが現れた。
ロシエルは翠雀のおかげで目覚める事が出来たと感謝を述べると、体中から電気コードを伸ばして翠雀に巻きついた。
「君のデータと残りの霊力を吸収させてよラピスラズリ。他の皆も逝ったから寂しくないよ」
翠雀以外の『天使禁猟区』を使っていた人々は既に松野と同じく死んでいた。
刹那がようやく翠雀の部屋に入ると、そこには自分と同じ顔をした天使がいた。
初対面であるにも関わらず彼がロシエルという名だと刹那は何故かわかってしまう。
「僕を忘れた何て言わせないよアレクシエル。ほら…僕のこの顔と君はそっくりだろ…姉さん…」
ロシエルは血まみれの顔で笑いかけ、電気コードを刹那にも巻きつかせた。
刹那は必死で抵抗し、気づくと翠雀の部屋の前にいた。
扉はあけるとロシエルはもうおらず、翠雀だけがいた。
翠雀は「天使さまのおかげで目が見えるようになった」と笑う。
実はそれは、翠雀の姿をコピーして成り代わったロシエルだが、刹那たちは気づかない。

417 :天使禁猟区 3:2005/05/18(水) 20:26:56 ID:???
夜道の中紗羅を家まで送っていく刹那。
そこに現れた同じ男子校の不良が二人に絡む。
刹那は不良を殴りまくる。停電のため街は暗く、血が見えないため眠気も起こらない。
「もうやめて!死んじゃうよ!」紗羅の言葉に刹那は我に返った。
紗羅と母の家の前で、紗羅は刹那が喧嘩のなかでつけた傷をなめる。
それを見つけた母は刹那を無視して紗羅を家に引き込む。
母は刹那の紗羅への思いに勘付いていたのだ。

カタンは、一刻も早く神性界(アツイルト/天界第一階層)に帰ってくれとロシエルに頼む。
アレクシエルによってロシエルが封印されている間に、神性界は神の力が圧縮され悪魔の力が活発になる
惑星十字路列(グランドクロス)が近づき、神は力を溜めるために長い眠りについた。
神なき今神性界は上級天使の権力争いと独裁が続き、
地上を導くための天使が階級性や差別に振り回される最悪な状況になっている。
今の天上を救えるのは『有機天使アレクシエル』と対をなし、
かつて天上で最高の位置にいた『無機天使ロシエル』しかいない。
カタン他数名の天使たちは、地上に降りてはいけないという規則を破り、
人間の命を犠牲にしてまでもロシエルを復活させたのだ。
しかし、ロシエルはアレクシエルの生まれ変わりらしき刹那を観察するためしばらく地上に留まると言った。

刹那に絡んだ不良・洋司は紗羅と同じ制服の女――翠雀(中身ロシエル)に絡む。
ロシエルは簡単に洋司に体を許すと、口写しに洋司に自分の細胞を飲み込ませる。
そうする事で、相手を自分の意のままの傀儡人形にする事ができるのだ。
洋司は体中からコードを飛び出させた化け物となった。
「とってもいい感じだ…もうすぐやわらかい肉を食わせてあげるからね」

ロシエルは翠雀の体で紗羅を呼び出し、洋司を通して不良たちに拉致らせ、刹那を呼び出した。
影で覗き見ていた九雷は、ロシエルから、確かに聖なる光を発しているのに、なにか恐ろしいものを感じた。
紗羅を開放しろと訴え掛ける刹那に、コードだらけの化け物になった洋司が襲い掛かる。紗羅は気を失う。
洋司に捕まれ刹那の腕がちぎれる。コードが腹を貫く。九雷は助けにいこうとするが、
極限状態で刹那がアレクシエルとしての力に目覚めるかもしれないとアラクネに止められる。

418 :天使禁猟区 4:2005/05/18(水) 20:29:24 ID:???
しかし刹那がどれだけボロボロになってもアレクシエルは目覚めない。
紗羅という存在が『無道刹那』の意識を維持させているのだ。
ロシエルはアレクシエルを目覚めさせるため、紗羅に危害を加えようとする。
すると、六枚羽を持つ男とも女とも似つかない目も眩むように美しい精神体が現れた。
それは、太古の昔失われた宇宙魔術を自在に操れるという聖隠者(アダムカダモン)のセラフィタだった。
その精神体の放つ光の前ではロシエルの力が消える。
ロシエルはカタンの手引きによってその場から逃げた。
逆に、その光の力で刹那の体の傷は癒え、ちぎれた腕も治った。
九雷は、これで刹那がアレクシエルの生まれ変わりだと確定されたと言う。
「アレクシエルなんて知らない。今の俺には関係ない。お前も国に帰れ」
「俺の国はもうない。お前ら天使と人間に滅ぼされたんや」九雷は涙を流した。


九雷はゲヘナ皇家一の剣の使い手で皇位継承権があったが、手のつけられぬ乱暴者だからと追放された。
その頃、物質界では環境汚染が進み、崩れたバランスは表裏一体であるゲヘナ皇国まで汚していた。
弱体化した隙をついて天使軍は平和条約を破りゲヘナを襲撃し、九雷が戻った時には辺りは死体の山だった。
九雷は天使に見つかり殺されそうになった。それを救ったのがアレクシエルだった。
父王は九雷を追放する際、ピアスを渡した。それは三姉妹の龍が封印された秘宝だった。
天界の不審な動きを察知していた父王は、追放と言う名目で九雷を逃がし未来を託していたのだった。
「神も悪魔もない理想郷をつくろうって言ってくれとったのに…
 こんな風に見捨てるぐらいならなんであの血の海の中で野垂れ死ににさせてくれへんかったんや!」
九雷は泣き叫び怒鳴り、刹那を追い出す。

ゲヘナ皇国に戻った九雷が、死にかけた少年を救おうとした瞬間、現れた数人の天使によって少年は殺された。
「よく見りゃこいつ…一応女じゃないかよ。こいつはいいや」
泣き震える九雷を天使たちが蹂躙しようとした瞬間、何者かが彼らを斬り殺した。
「情けないこれが天使の姿かね。こいつらと悪魔とどう違う? 綺麗事並べ立てないだけまだ魔物の方が純真だ。
 立てるか小鬼。私は有機天使アレクシエル。たった今より神に反旗を翻す!」
それがアレクシエルとの出会いだった。

419 :天使禁猟区 5:2005/05/18(水) 20:32:12 ID:???
それから九雷はアレクシエルに近づくために、夢中で剣術や魔術に励んだ。
アレクシエルの手には戦う相手によって属性を自在に変える
伝説の神剣・七支刀御魂剣(ナナツサヤノミタマノツルギ)がいつも光っていた。
しかしロシエルを封印するため奴に突き立てられた神剣は砕け散り、
アレクシエルも相打ちとなり天使軍の手に落ちた――



刹那が紗羅を連れて去った後の現場に、吉良が現れる。
吉良は話を全て聞いていたらしい。
アラクネは吉良を殺し、九雷と共にその場を去る。
二人が去った後、吉良は生き返った。
「だいぶ再生に時間がかかるようになってきたな。この体もそろそろ限界かね。
 刹那を渡すわけにはいかねーよ。なにしろあいつは、生まれる前から俺の女だからな」

気を失ったままの紗羅を母の家に連れ帰り、刹那は紗羅にキスをする。そこに母親がやってくる。
母は刹那を殴り叱咤し、お前はあの子をそんなに不幸にしたいのかと泣き叫んだ。
「こんな事許されるはずないじゃない! もうすぐ夫との離婚が成立して
 紗羅の苗字が変わるけどあんたたちは他人になるわけじゃない!
 たとえその血を全て抜き取って入れ替えたってそれは変わらない!
 あんたたちは一生実の兄妹なのよ!」
目覚めた紗羅はそれらの話を全て聞いた上で、
「お母さんいいの…私もずっと前からお兄ちゃんが一番…好きだもん…!」と言う。
母の言う通り紗羅を不幸にするだけだとわかっている刹那は、わざと紗羅をなじった。
傷ついた紗羅が飛び出した後で刹那は母に言う。
「あいつにはもう会わねーよ。でもそれは紗羅のためだ!あんたなんかに言われたせいじゃねえ!」
刹那は涙を流しながら家から飛び出し、先輩の吉良のもとへ行く。
吉良は父親を罵倒しながら家から出るところだった。
紗羅の事を話す刹那に「お前は溺れるように人を愛するな」と吉良は言う。
刹那は「先輩は女をとっかえひっかえしたり親を罵倒したりしてわざと愛を遠ざけようとしている」と言った。
「俺はオヤジに愛される資格がないんだ。世の中にはどんなに思っていても打ち明ける事さえ出来ない事がある。
 口に出してしまったら全てが終わる。どんなにそばにいても、だましつづけるしかない事も…」

420 :天使禁猟区 6:2005/05/18(水) 20:34:38 ID:???
落ち込む紗羅のもとへ、翠雀の姿をしたロシエルがやってくる。
この前の拉致騒ぎは刹那もグルになってやったおふざけで、
自分にべったりしてくる妹が邪魔だといわれて手伝っただけだとロシエルは言う。
そんなの嘘だと叫ぶ紗羅をロシエルは気絶させ、紗羅のデータを取る。
「一体どうなされたというのです最近のあなたのなさり様は…」
そう問うカタンにロシエルは、口移しに自分の細胞を飲み込ませようとした。
カタンは咄嗟に吐き出す。ロシエルは他の天使たちにも自分の細胞を飲み込ませ、
次々と操り人形を作っていったのだという。
そんな事をしなくても皆ロシエルに忠誠を誓っていたのにとカタンは言う。
「双子の姉にまで裏切られた僕になにを信じろって言うのさ…!
 僕はね自分への愛か恐怖しか信じないんだよ。だから君も僕に完全に服従するか、
 僕を受入れて同化するかどっちかにしてよ。そう…父親の言う事は聞くもんだよ」
復活したロシエルが以前とは違うおかしな態度をとる事にカタンは疑問を感じた。
しかし、今の天界を立て直せるのはロシエルだけだ。

神剣を持ったアレクシエルはロシエルを完全に殺す事も出来たはず。
しかし彼女は何故かロシエルを生かし、封印するだけにした。
アレクシエルは復活したら、今度こそ完全にロシエルを殺してしまうかもしれない…
まだ刹那がただの人間であるうちに、自分の手で刹那を殺そうとカタンは決意する。


続く

421 :マロン名無しさん:2005/05/19(木) 09:20:55 ID:???
エロゲーみたいな話ですね

422 :マロン名無しさん:2005/05/19(木) 10:07:32 ID:???
「ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事」と「おまえが世界をこわしたいなら」、
できたらなるべく詳しくお願いします。

423 :マロン名無しさん:2005/05/19(木) 19:13:22 ID:???
>>421
あんまり少女漫画読んだことない?
こうゆう話がゴロゴロしてるよ(近親相姦やらレイプやら
でも何故か少女漫画はアルファベット三文字の頭弱い連中に「規制しろ!」って言われない

424 :マロン名無しさん:2005/05/19(木) 20:15:40 ID:???
>>423
少女漫画は規制されないんじゃなくて、
少年誌で中身からっぽのエログロ描写での客寄せに味をしめた出版社が、
規制されたから今度は規制の緩い少女漫画で同じ事をやったというだけ。
最近ではPTAの抗議が絶えなくて規制がはじまっている。
知ったかぶりはやめとけ。

425 :マロン名無しさん:2005/05/19(木) 20:33:56 ID:9SdF0UcQ
【エロ本】過激な少女漫画を撲滅するスレ三【以下】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1114860821/

うざい議論になりそうな予感がするのでこちらのスレにいってね

426 :オレンジ・ロード人物紹介:2005/05/20(金) 14:32:12 ID:???
洗礼とか書いた人です。予約なしの携帯から投稿ですが、好きな作品なので。
台詞などは要約してますので、正確ではありません。
その点ご了承くださいね。

おもな登場人物
鮎川まどか…元不良。美人で頭もいい上運動神経も抜群。
両親が海外にいるため1人でマンション暮らし。
音楽的才能はプロが認めるほど。
春日恭介…優柔不断。あまり役に立たない超能力(ちから)を持つ。
檜山ひかる…まどかや恭介の後輩で、まどかとは幼なじみ。彼女を姉のように慕っている。

427 :オレンジ・ロード:1:2005/05/20(金) 15:25:23 ID:???
引っ越してきたばかりの恭介は、街中の階段を数えながら上っていた。
強い風とともに真っ赤な麦わら帽子が飛んできたので、能力(ちから)を使って高くジャンプしてキャッチ。
帽子の持ち主は、長い黒髪をなびかせた涼しげな目の美少女。
二人は階段の数が99か100か互いの主張を譲らなかった。
彼女は帽子を恭介にあげると言い残して去っていった――。
高校に転入してきた恭介は、校舎裏でタバコを吸っている彼女と再会した。
話しかけても無視されてしまう。
「まどかさん、知り合いですかそいつ?」「知らないよ…こんなやつ!」
一緒にいたショートカットの美少女の問いにもぶっきらぼうに答えた。
でも確かに、彼女だ。まどかは、いわゆる不良少女だったのだ――。

428 :オレンジ・ロード:2:2005/05/20(金) 16:05:32 ID:???
『99だ』『100よ』『限りなく99に近い100だ』
妥協案に笑いあった俺たち。あの時確かに会っていたのに――。
放課後の体育館で、落ちていたボールを能力(ちから)を使ってロングシュート。
それを偶然目撃し、能力のせいとは知らないショートカットの美少女ひかるは恭介に惚れてしまう。
積極的にアプローチするひかるに戸惑いながらも、そのおかげでまどかとも交流ができた。
…ぎこちない三角関係のはじまり。
まどかもひかるも不良はやめた。

1たす1は3じゃない。
男だったらよかったのに…。
この関係に苦しんでいたまどかは、音楽留学も兼ねて両親のいるアメリカへ旅立つことにした。
学校に来なくなったまどかを心配するみんな。
そんな時、恭介の妹たち(双子)に会いに来ていたひかるは、恭介の部屋で真っ赤な麦わら帽子を見つけてしまう――。

429 :オレンジ・ロード:3:2005/05/20(金) 16:40:13 ID:???
『これ…まどかさんの…?』
初恋の人からもらったと言っていた宝物なのに、どうしてここに?
引っ越してきた日にもらったと、その子に惚れちゃったけど名前もわからないと言っていたという。
「え…?だってまどかさん、恭介先輩が引っ越してきた時、先輩のこと知らないって…」
「あー、そういえばひかるちゃん、あの頃タバコ吸ってたんだよね!?」
「それ言わないで!先輩に…好きな人にタバコ吸ってるところ見られたなんて…、
グレてると思われたなんて…」
――――――!!
「そう思ってたのは…ひかるちゃんだけじゃないんだ…」
そんな…それじゃあ…っ!
ショックで飛び出したひかるは、降りだしてきた雨を避けるために入った行きつけの喫茶店の軒下で、
まどかがマスターに苦しい胸の内を打ち明けているのを見てしまう。
みんなが自分を騙していた…ずぶ濡れのまま彷徨っていたひかるを、彼女を思う二人の男子が慰める。
ひかるが自分たちを見てくれるまで、自分たちはケンカしながら待ってるからと―――。

430 :オレンジ・ロード:4:2005/05/20(金) 20:04:55 ID:???
恭介はまどかに優柔不断返上して告白する。
まどかの「Like or Love?」という問いに、
「ひかるちゃんはLike、鮎川は―――あいしてる」

――まどか旅立ちの日。空港に集まった仲間たちの元に、笑顔のひかるがやってきた。
恭介は土下座でひかるに謝る。
「先輩――顔を上げてください」
ひかるはあの麦わら帽子をかぶっていた。
パァン!
ひかるの平手打ちが決まる。呆然とするみんなを尻目に、まどかの側へ。
「あたし怒ってるんですよ!だって水くさいんだもん!
先輩がまどかさんを好きだったこと…」「ひかる……」
「でもおねーさん!早く帰って来てください!あたしのために…そして…
恭介…せんぱいのために…」まどかに帽子をかぶせる。二人は抱き合ってともに泣いた――。

飛行機が飛び立っていった。
「先輩…今はまだ口をきくのは辛いけど…、
先輩がまどかさんを好きになるのわかります。ステキですもんね。
今まであたしひとり先輩を独占してきたけど…先輩には自由になってほしい。
みんな…まだまだ片思いなんですね」
―そうだ、恭介は肝心のまどかの気持ちを聞いていなかった。
『でも…いつまでも待つよ鮎川…』

―やがて次の春。数えながら階段を走る恭介の前に、麦わら帽子をかぶったまどかの姿。
「また数え間違えたわね」
「限りなく100に近い99段だ!」微笑むまどか。
「答えてくれる?Like or Love?」
「Like!――限りなくLOVEに近い…ね!」
まどかの唇が重なる。風に飛ばされてゆく、麦わら帽子――。

431 :オレンジ・ロード:訂正:2005/05/20(金) 20:12:11 ID:???
以上です。携帯からのせいでブツ切れでごめんなさい_| ̄|○
>428の一行目『限りなく100段に近い99段だ』が正しい台詞でした(´・ω・`)
ちなみに今回書いたのはコミックス版です。
文庫版ではかなり加筆されているのですが、絵の劣化が哀しいので、
もし満喫とかで読まれるのでしたらコミックス版をお勧めします_| ̄|○ノシ

432 :天使禁猟区 7:2005/05/21(土) 14:20:17 ID:???
【物質界(アッシャー)編  ACT.2 クライング・ゲーム】
洋司の不良仲間の加藤は薬の売人からドラッグを買っていた。
新しい薬があると言われ飲んだ途端、加藤の意識が消える。
薬の売人の正体はロシエルだった。
飲み込んだものは、ロシエルの細胞――

刹那からの罵倒に悲しむ紗羅に、母はいい話≠する。
紗羅はそれを聞き、すぐにでも会わなければと刹那のもとへと走った。

気まずい思いで刹那が紗羅に対峙すると、紗羅はキスをしてくれと言った。
泣きすがりつく紗羅にキスをしようとするが、違和感を感じ途中でやめる。
そこへ、もう一人紗羅が現れる。キスしかけた相手は姿を変えたロシエルだったのだ。
ロシエルは翠雀を殺したと言う。今までの翠雀の豹変はそのためかと紗羅は思う。
口移しに刹那に細胞を飲ませる事に失敗したロシエルは消え去る。
あれはなんだと問う紗羅を、巻き込みたくない一心で刹那は口を閉ざし冷たく接する。
その態度に涙を流しながら紗羅は、母と共にイギリスに留学する事を告げた。
もう二度と会えなくなるから良いに来た、しかし迷惑ならもういいと紗羅は駆けていった。

刹那と紗羅のそれぞれの学校で、刹那と紗羅(中身ロシエル)がキスをしかけるところの写真が貼られていた。
それを撮ったのは、ロシエルに操られた加藤だ。
紗羅はシスターに写真の事を問い詰められる。母は、刹那が悪戯につくった合成写真かなにかだと言った。
「汝 地獄に落ちたくなければ罪を犯した片手を切り捨てその体で天国へ行くがいい」
シスターは聖書にあるその言葉を出す。それに対し紗羅は、汚れた部分を捨てねばならないのなら、
刹那をなによりも愛しく思うこの心臓を抜き出さなければ天国へ行けないと言った。
寝顔に刹那がキスをしようとした時、紗羅は本当は起きていた。
しかし刹那にキスをされたいがために寝たふりをしていた。
「ずっと兄貴が好きで…この感情がなくなったらそれはもう私じゃないんです。
 この汚れた心臓と共に地獄に堕ちます!お兄ちゃんと堕ちる地獄なら…怖くない…!」

龍の三姉妹の長女で予知能力のある翡翠(ジェイド)は近くアレクシエルが完全覚醒し、
アレクシエルの覚醒による強い波動は周囲のものを都市ごと破壊し、刹那をも消滅させると九雷に言う。
刹那などアレクシエルの復活に比べたら些細な事だと言いつつも、九雷の心は揺れた。

433 :天使禁猟区 8:2005/05/21(土) 14:23:57 ID:???
紗羅と刹那のキスシーンの写真は男子校中に貼られ、当然噂の的となった。
逃れるように刹那は耳をふさぐ。昔吉良に無理矢理つけられたピアスのある耳が痛んだ。
食堂で加藤(中身ロシエル)は刹那をからかう。殴りかかった刹那は返り討ちにされた。
外へ出る刹那。そこへ、屋上からキス写真が大量にばらまかれた。
「見るな!見るな〜!」狂ったように叫び、写真を回収しようとする刹那に吉良は、
みっともない真似はやめろと冷たく言った。刹那をなじった者たちは誰も刹那の立場には立っていない。
ただお利口な道徳観念を振り回しただけだ。正しくなくても、お前はお前の愛を貫けと吉良は言った。

加藤は吉良の前で口から大量の電気コードを吐き出した。
一瞬加藤の意識が戻るがすぐにロシエルが現れ、吉良の服を破った。
吉良の胸には血の跡があった。それは遠い昔についたロシエルの血だ。
その血によって吉良は不死身の体を手に入れた。
だが血の力は弱まりつつリあり、やがては吉良は死に絶えるだろう。
血をやるかわりに味方についてあれ≠渡せとロシエルは言う。
「あれはもう俺の手にはない。とっくに真の主人である刹那のもとへいってる」
ロシエルは怒り、吉良を殺す。そこへ刹那がやってきた。
吉良の流す血を見て眠気を感じるが、刹那は意志でそれを振り払う。その途端ピアスが砕け散った。
首にかけている、かつて吉良にもらった石のペンダントが変形し、剣の形となった。
「あれは間違いなく…アレクシエル様の神剣 七支刀御魂剣や!」覗き見ていた九雷は驚く。
刹那の背には三枚の翼が生え、姿は刹那のままだが、アレクシエルの意識が目覚めた。

アレクシエルはロシエルを斬りつける。しかし、寸前でロシエルは加藤の体から出て、
加藤だけが重症を負った。これでまたその体は血に汚れたと嘲笑いながらロシエルは消え去る。
死にたくないと泣く加藤にアレクシエルは冥道を開き照らした。加藤は温かい光に涙しながら絶命。
ロシエルに毒された加藤の魂を浄化し、最初から救うためにアレクシエルは剣を奮ったのだった。
九雷は喜ぶが、アレクシエルはすぐに消え刹那がまた表に現れた。
ピアスには刹那が人殺しをしないために戦意喪失するよう封印がかけられていると九雷は言う。
七支刀もピアスも渡したのは吉良だ。振り向くと、先ほど死んだはずの吉良が無傷で居た。

434 :天使禁猟区 9:2005/05/21(土) 14:26:05 ID:???
前の大戦の時にロシエルの返り血を浴びて不死身になったと吉良は説明する。
「この俺が人間ごときに情がわくなど有り得ない」
刹那に対する今までの態度は全て演技で、刹那に近づいたのもアレクシエルの生まれ変わりだからというだけに過ぎなかった。
悲しみと怒りで涙を流す刹那から強い波動が溢れる。その波動に反応する三人の謎の人物。
泣きながら去って行く刹那。それを追う九雷。後に残されたアラクネは、吉良に再び危害を加えようとする。
すると吉良は自らの体を切り裂いた。吉良の血を媒介にして一本の刀が現れた。
その刀で吉良はアラクネを追い詰めるが、とどめをささない。それは感情を持っている印だとアラクネは言う。
認めない吉良を置いてアラクネもその場から立ち去る。吉良は加藤の死体を校舎裏に埋めた。

刹那を追いかけ車に轢かれそうになった九雷を刹那はかばう。刹那の波動により車が吹っ飛ぶ。
「女ってのは守ってもらってこそ綺麗にも優しくもなれるんだぞ。男のふりなんかしてんじゃねえ。
 そして自分を守ってくれる男を早く見つけるこった。俺は…紗羅を…もう二度と守れねえけどな…」
刹那はそういって涙を流し九雷を抱きしめると、すぐにまた走り去った。
かつてアレクシエルも同じような事を言って九雷は抱きしめた。
その時はただ温かくて気持ちが良かったのに、刹那からの抱擁はひどく切ないものに感じられた。

紗羅は遠くへ行く。吉良は自分じゃなくアレクシエルを見ている。学校にも行けない。
全てに絶望した刹那は廃工場で手首を切ろうとするが、通りすがりの盲目の神父に助けられる。
彼は、自分はかつてアダム・カダモンを見た事がありその輝きによって視力を失ったという。
そして首筋にある大きな傷を見せた。刹那は驚くが、神父は全部嘘だと笑った。
首の傷はただの事故の跡。しかし、夢かもしれないがアダム・カダモンには確かに会ったと言う。
それはただの夢だと刹那の言葉に「そうかもしれません。それでも私は信じてるんですよ」
と彼は言った。刹那が振り向くと神父は消えていた。
神父の正体は座天使長(グレート・トロウンズ)のザフィケルだった。
彼の弟子である金髪碧眼の少年ラジエルはザフィケルを見つけると、
無断で人間界に降りるのは重大な違反だからすぐ帰って下さいと言った。


435 :天使禁猟区 10:2005/05/21(土) 14:29:28 ID:???
地上での騒ぎがばれないようにカタンが張った結界が破られた。何者かが地上に降りたのだ。
これではいずれロシエルが復活した事も、そのために人間の命が犠牲になった事も上にばれてしまう。
天界に戻り何事も無かったかのように元の勤務につけとロシエルは命令する。
代わりはロシエルに熱をあげている士官候補生のキリエがやるという。

翠雀は死んだのに親はなにも騒がない。ただ不登校になったというだけの扱いだ。
本当に翠雀が死んだのかを確かめるためにも紗羅は翠雀の家へ行く。
そこには、大量のコードに体を捕らわれ、頭の半分をパソコンの画面にめり込ませた翠雀父の姿があった。
おかしくなった翠雀母も自らパソコンに向かいコードに潰される。
それを眺めるキリエの姿。キリエが翠雀を操作しているのだ。
九雷はそれを止めようとするが、もし紗羅が死ねば刹那はどうなるだろうかと思い躊躇した。
その間にも蠢き続けるコードは紗羅を捕える。
「殺してもいいよ翠雀…!あたしにはもうこんな事くらいしかしてあげられないもん…」
紗羅はそう涙を流しコードに頬擦りする。
憎しみと殺意の残像でしかなかったはずの翠雀は正気を取り戻す。
キリエは直接紗羅を攻撃しようとする。我に返った九雷はキリエを攻撃する。
燃えるキリエは何者かの手によってその場から消えた。
翠雀は紗羅からコードを解くと、今までもこれからもずっと紗羅が好きだからと言い残し消えていった。
紗羅は、ロンドンで学校を出てから母の決めた婚約者と結婚すると九雷に告げた。
お前は刹那を残して一人で幸せになる気かと言う九雷の問いに紗羅は
兄と一緒に居られないのに幸せになんて一生なれるわけがないと言った。

キリエを助けたのはカタンだった。実戦経験の無い士官候補生のキリエに地上での行動は危険すぎる。
しかしキリエはカタンに耳を傾けない。ロシエルは最初からキリエを捨て駒扱いしているのではとカタンは危惧した。

刹那は学校に行った。誰もが受け入れるわけではなかったが、刹那を支えてくれる友人たちがいた。
事態は何も好転していないが、身近すぎて気付けなかった優しさを実感しただけで、刹那は救われた。

校舎裏からは加藤の死体が発見された。加藤の不良仲間たちは事情聴取を受け、
食堂で加藤(中身ロシエル)にコテンパにされた刹那が加藤を殺したのではないかと証言した。

436 :天使禁猟区 10:2005/05/21(土) 14:30:40 ID:???
続く

437 :地球”管理”人:2005/05/22(日) 00:26:51 ID:???
<主な登場人物>
鵜飼なのは・・・15歳の女子高生。マオの心臓の一つで生きている。
マオ・・・超悪魔。オレ様な性格でワガママ。
     普段は子供の姿だが魔力を使うときは大きくなる。
カヤ・・・無口。マオの母親にかけられた呪いのせいで昼間は猫の姿に。
ルイジ・・・男色家の吸血鬼。カヤに惚れる。
燈・・・謎の魔術師。メゾン・アースをなのはに任せる。

<あらすじ>
 生まれて間もない頃、飛行機事故でかすり傷一つ負わず唯一生還した鵜飼なのは。
母が守ってくれた奇跡と信じていた「なのは」の前に悪魔「マオ」が現れ、15年前に
彼女の母親との契約でなのはに3つある自分の心臓の一つ貸したが期限の15年が
来たので返せと言う。困ったなのはを助けたのは謎の魔術士・燈。彼はなのはの父親
をも唆し、なのはにメゾン・アースというアパートの管理人の仕事を任せる。
 そこはなんと魔物専用アパート。住人は悪魔「マオ」、ネコ男「カヤ」、吸血鬼「ルイジ」
など個性派揃い。最初は奇策を講じ心臓を取り替えそうとしてきたマオだが、素直で
芯の強いなのはには効かず、食事や他の住人ともドタバタやるうちに(口では言わないが)
心臓を取り返す気がなくなる。他の住人も少しずつ打ち解けていく。
 ある日シッカという赤ん坊の悪魔が現れる。実はそのシッカはマオの母親ネルに
差し向けられた刺客だった。なのはの心臓を奪おうとするシッカを大人の姿になり、止めた
マオだが、シッカはこのままメゾン・アースの住人に。
マオの誕生日、シッカはなのはを連れて魔界に帰ってしまう。なおはを追ってマオたちも
魔界へ。マオの母親・ネルに捕まったなのはは、「マオの心臓」を魔族との取引の材料に
使われてしまう。なのはを返す取引として、魔族はネルを殺しその心臓を手に入れることを
要求するが、結局マオはネルを殺しはせず心臓だけ持ち帰る。返されたなのはには
心臓がなく、マオは残りの二つの心臓のうち一つを分け与える。なのはの内にあった
マオの心臓を取り込んだ魔族はマオの操作により焼け死んだ。
そして皆とメゾン・アースへ帰るのだった。

※基本は一話完結のコメディです。シリアス部分は主に最終巻のみ。

438 :437:2005/05/22(日) 00:29:41 ID:???
名前欄に入れるタイトルがここでは変になってしまうので
まとめサイトの管理人さん、纏めるときに訂正よろしくお願いします。

439 :マロン名無しさん:2005/05/22(日) 06:14:01 ID:???
書き手の皆様、お疲れ様です。

>天使禁猟区
登場人物が多いですね。出来れば上の方のように一覧を作っていただけると嬉しいです。

440 :天使禁猟区 10:2005/05/22(日) 10:48:07 ID:???
>>439
地球編がもうすぐ終わるのでその時にやります。

441 :天使禁猟区 11:2005/05/22(日) 10:50:02 ID:???
【物質界(アッシャー)編  ACT.3 推定有罪】
11年前吉良朔耶と母は事故にあった。母は死に、かばわれた朔耶も重傷を負った。
死にかけの朔耶に話し掛ける謎の発光体があった。発光体は朔耶を生き伸ばさせる代わりに、
自分がある目的を果たす間までその体を貸してくれと持ちかけた。
何年かしたら朔耶はまた死んでしまう。妻と子を失い、父は二度悲しんでしまう。
発光体に朔耶は、体を貸す条件を二つ言う。自分の代わりに沢山本を読み勉強して欲しいと、
そして、また自分が死んだ時に父が悲しまないよう、父に嫌われ憎まれるようになってくれと。
その発光体には――吉良には朔耶の父への遠回りな愛情が理解できなかった。
しかし、朔耶の体を借り同化しているうちに朔耶の感情をも吸収し、
吉良はいつしか人間を、刹那を、そして父を愛するようになった。
だからこそ父を無下に扱った。しかし、父は叱りながらもけして吉良朔耶≠憎んだりはしてくれなかった。

空港に行く前に紗羅は、昔刹那が夜店で買ってくれた指輪を九雷に渡した。
九雷がつけてみてもそれはサイズが大きすぎて落ちてしまう。これが似合うのは紗羅だ――
加藤の事で刹那は警察に捕まりそうになる。九雷は指輪を刹那に手渡し、
これを早く紗羅に返して呼び止めろと言った。刹那は警察を振り切り空港へ走った。
一緒に逃げようと言う刹那の胸元へ、母に謝罪してから紗羅は飛び込んだ。
刹那は紗羅の左手薬指に指輪をはめさせると、二人で電車に乗り旅立った。
警察や無道母が追いかけようとする。かく乱させるために吉良は爆竹を投げ込むと、
血を媒介にして出した日本刀を片手に「俺が加藤を殺した」と刹那をかばうため警察に自主をした。


セラフィムという最高の肩書きを与えられながらも見掛けも中身も幼児のメタトロンは、
ロシエルが血まみれの地球を掲げて「これがお前達の死に様だ」と高らかに笑う姿を夢に見た。
メタトロン付きで覆面をした宰相セヴォフタルタは、そんな夢など気にせずに、
もうすぐ時間だから早くいつもの薬を飲んでくださいと言った。
「サンダルフォンだ。ぼくのおとうとのしんじゃったサンダルフォンが
 うまれてこなくてくやしくて ぼくにへんなゆめをみせるんだ」とメタトロンは泣き出た。

442 :天使禁猟区 12:2005/05/22(日) 10:52:09 ID:???
メタトロンは元智天使長(グレートケルビム)のジブリールに会わせてくれないと薬を飲まないと言った。
美しい女天使ジブリールは心を閉ざし、いまでは生き人形のようになっている。
母性を見出しているのかメタトロンはジブリールに執心だ。
現れたザフィケルはあんなに愛らしいメタトロンを厳しく躾すぎではないかと笑顔で言う。
「アレクシエルやロシエルとあれも同類だ。創生神が創りあげた忌まわしき化け物だ」
神なき今天界の頂点に立つのは七大天使の一人でセラフィムのメタトロン。
しかし実質的にはメタトロンの宰相で同じく七大天使のセヴォフタルタが実験を握っている。
セヴォフタルタは恐怖政治で天界を治めている。表面上は内乱も沈静化している様に見えるが、
内に溜まった不満はどれだけのものか計り知れない。それに、顔も見せない独裁者など疑惑の的だった。

アラクネは人間たちを失神させ、吉良の刀を取り返し、事情聴取を受けていた吉良のもとへ行く。
その日本刀――不知火は吉良の前世からの付き合いだ。
アレクシエルは刹那に生まれ変わる前にも幾度も転生を遂げた。
生まれ変わりは全て、精神的にも肉体的にも酷く傷つけられた末の非業の死を迎えた。
それこそが天界がプログラムした、堕天使の最高刑だった。
刹那の一つ前のアレクシエルの転生した姿は、遊郭の若い遊女だった。
遊女は落ちぶれた武士の出である少年と隠れ忍ぶ危険な仲だった。
二人は意を決し駆け落ちをするが、追っ手によって少年は斬り殺された。
悲しみに遊女はアストラル力を爆発させ、遊郭の若旦那を殺してしまった。
吉良は朔耶の時と同じように、願いを叶える替わりに少年の体を借り遊女の後を追った。
あの人を愛してるといってくれ。そして、俺の手であの人を安らかにしてやってくれ…
遊女は若旦那を殺した咎で今までと同じように無残な最期を遂げてしまうだろう。
少年の願いを叶えるためにも、悲劇を繰り返さないためにも…吉良は刀を手に持った。
「お前は優しい奴だ。殺っておくれ。今まで誰も私のために、神の運命に逆らってはくれなかった…!」
遊女の姿のままアレクシエルはそう言い、吉良は刀を振り下ろした。
少年の体から抜け出て元の霊体に戻った吉良に、少年の刀の不知火はついていくと言った。
不知火は高僧千人以上の血を吸い自ら意志を持つ霊剣となっていたのだ。
吉良はいつでも呼び出せるよう、不知火を自分の血に封印したのだった。

443 :天使禁猟区 13:2005/05/22(日) 10:54:25 ID:???
刹那と紗羅ははじめての契りを交わした。
ロシエルはその様子を見て悶絶した。
「何故姉さんは僕を苦しめるんだ…!」

紗羅はもう後戻りできないのだと涙を流す。「なのに、何故こんなに幸せなの…?」
刹那は今までの事件の顛末と自分の前世の話をする。この状況では信じざるを得ない。
束の間の幸せの時を過ごす二人にキリエは攻撃を仕掛けようとするが、
他の人間も巻き添えになってしまうとカタンに止められる。
ロシエルの寵愛を受ける自分に嫉妬し、邪魔をしているだけじゃないかと憤るキリエに
「私はロシエル様の子供なのですよ」とカタンは言った。

恋愛が禁じられた天界で子を成すなど禁忌中の禁忌。有り得ないと言うキリエにカタンは説明する。
天界には階級性からすら忘れられた最下位天使・精霊天使(グリゴール)がいる。
古の時代、人間とほぼ変わらぬ肉体を持ち地上での労働を任されたグリゴールは誘惑に弱く、
人間と子を成しそれが多くの悪魔を産む結果になり、神の怒りを買い精神だけの存在にされた。
カタンはかつてグリゴールであったと言う。
グリゴールは姿こそ見えないが常に空気中に無限に散っていて、
一般天使たちが力を使うたびにその命を消費された。
たとえどんなに下らない事で使われようと、命儚き彼らはただ一度の仕事で死んでいった。
彼らはあらかじめ知能を抑えられたために自らの運命を嘆く事は無かったが、
無残につけられた傷は間違いなく痛むのだった。
感情や知能の低いグリゴールの中にも物を考える変わり者は時々いた。それがかつてのカタンだった。
なんのために生まれたのだと悲しむカタンの前に現れたロシエルはその問いに答え、カタンに体を与えた。
「名前がいるね。導きたる者=cカタンにしよう。私に会いたければ神性界のエテメナンキにくるがいい」
カタンは自分に奇跡を与えてくれたロシエルに再開するため狂ったように勉強し功績をあげ、神性界へ行った。
人間で言えば25、26歳ほどの外見のまばゆいばかりの美しさを持つロシエルにカタンは忠誠を誓った。

444 :天使禁猟区 14:2005/05/22(日) 10:57:17 ID:???
現在16、17歳ほどの外見のロシエルが数百年も前の頃に20代の外見をしていたのはおかしいとキリエは言い、
たとえどんなにロシエルとカタンの絆が強かろうと自分はただ愛する者に仕えるだけだと宣言した。
恋愛が禁忌とされる天上界において、女は堕落を誘う不浄な存在という扱いだった。
体を武器にした堕落した女天使もいたが、キリエはただひたすらに努力した。
優秀なキリエに嫉妬し下劣な言葉を浴びせる男天使もいたが、キリエは耐えつづけた。
その反動か、高貴な存在であるロシエルが自分を愛していると言った時の喜びは例え様がなかった。
ロシエルからの愛を失ったらキリエはもう生きてはいけない。

吉良に面会しに来た父は、息子の罪は自分の罪だ、罪を償い二人で生きていこうと言う。
吉良父はこれから北海道に行かなければならないが、すぐに帰ってくるという。
「前にも言ったろう?俺は本当の朔耶じゃない。証拠を見せてやるよ」
吉良は鏡を割って破片で自分を傷つける。傷はつけてもつけてもすぐに消えていく。
「気持ち悪いだろ?おぞましいだろ?あんたを11年間も騙してきた俺を憎めばいい!北海道でもどこへでも行け!」
近い日に刹那の覚醒によって東京が崩壊する事を吉良は知っていた。
その崩壊に巻き込ませないために父を遠くへ行かそうとしていた。

加藤殺しの犯人として吉良が捕まった事を知り、刹那達は東京へ戻る事を決意する。
東京への帰路の途中、人間のふりをしたキリエが近づいた。
キリエは刹那を殺そうとし、かばった紗羅が重傷を負った。
刹那が昔買ってくれた、赤いガラスのついた指輪が衝撃で壊れる。
「あの指輪じゃないと…だめ…なのに…!」紗羅は涙を流しながら絶命した。
刹那の発する、悲しみによる恐ろしい量のアストラル力が周囲のものを破壊する。
キリエの体も壊れていく。カタンは助けようとするが、キリエは情けは受けないと拒む。
「まだわからないのですか!ロシエル様は最初から貴方を捨石にするつもりだったんです!」
キリエをそれを認めず「うそよ」と泣き叫びながら死んでいった。
最期までキリエを救おうとしたカタンもまた、刹那のアストラル力を受け体の半分が崩れた。
刹那が首につけていた石のペンダントに亀裂が入る。同時に、吉良の体から大量の血が溢れた。
東京は、崩壊していった―――

445 :天使禁猟区 14:2005/05/22(日) 10:59:20 ID:???
続く

446 :マロン名無しさん:2005/05/22(日) 22:00:14 ID:/lPJonMv
これが「妹萌えの兄が妹の死に怒って地球崩壊」のシーンか。
思ってたよりもキャラ萌えが前面に押し出されてるわけじゃなくて意外だ。乙

447 :天使禁猟区 15:2005/05/23(月) 08:43:52 ID:???
【物質界(アッシャー)編  ACT.4 GOOD-BYE-MOTHER】
吉良父は北海道へ行かず東京に残り、東京崩壊と共に重傷を負った。
「このまま行ったらもうお前と…息子と会えない気がしてな。
 お前はどんなに私に反抗していてもいつも目の奥で辛そうだった。
 ずっとお父さんはわかっていたよ…私に助けを求めていたんだろう?」
吉良はいつしか日常の心地よさに慣れきり、周りを騙す苦痛に耐えれなくなってきていた。
人間になりたいと願って止まなかった。死に行く父に向かい吉良は涙を流す。
そこへ正気を取り戻した刹那が紗羅を抱えてやってくる。刹那は吉良の正体を思い出した。

七支刀は何万人もの命を奪ったために自ら血を求める意志を持つ魔剣になり、そのために封印された。
その剣の持ち主は全て発狂し、時にはその剣で自らの命を絶った。使いこなせたのはアレクシエルだけだった。
そして、その剣の魂はアレクシエルの転生した姿を探して人間界を彷徨うになった――それが吉良だ。

本体である石が破壊された事によって吉良も重傷を負った。刹那が石を治そうとした瞬間、セラフィタが現れた。
人間のふりをした化け物である吉良は今に必ず災いを呼ぶ。このまま殺せとセラフィタは言う。
セラフィタは天地創造の館(エテメナンキ)に人知れず幽閉されている。今のセラフィタは幽体だ。
東京が崩壊する前、紗羅の死んだ直後に地球の時間を固定するから、その間に自分を救出しに来てくれとセラフィタは言う。
創造神は地球をリセットしようとしており、セラフィタはそれに反したために幽閉されたのだという。
何故紗羅が死んだ直後なのか、紗羅が死ぬ前に戻してくれと刹那は言うが、紗羅の死は必要なものだと言われる。
紗羅の死がなければ刹那が死んでいたし、また怒りと悲しみによる刹那の完全覚醒もなかったのだ。
早く七支刀を殺せといわれるが、刹那は逆に石を修復し吉良を回復させた。
「俺の助けたい世界は俺にとっての吉良先輩がいる世界だ」
そして、紗羅のいる世界もでもある。紗羅の魂は今星幽界(ヘイディーズ)にあるという。
刹那は星幽界に行き紗羅の魂を連れ戻すと宣言する。吉良や九雷も流石に驚く。

448 :天使禁猟区 16:2005/05/23(月) 08:45:45 ID:???
「俺はアレクシエル様みてーにお利口じゃねーからさ、あきらめ悪いんだよ。
 危険だから不可能だからって仲間や恋人を切り捨てたるなんてマネはできねーんだよ」
アレクシエルにも成し得なかった事を、刹那にはできるかもしれないとセラフィタは期待をかける。
七支刀を心臓に刺せば、七日の間刹那は仮死状態になり、その魂は星幽界へと行ける。
しかし七日が経ったり、胸に刺した剣が外れれば刹那は本当に死んでしまう。
危険はあるが、紗羅を生き返らせるための道は他にない。刹那は七支刀を胸に刺した。


カタンは半身を失いながらもロシエルに救われ生きていた。しかし今にも死にそうな状態だ。
アレクシエル覚醒の場に行くなんて自殺行為だ何故行ったと責めながらロシエルはカタンに鞭を奮う。
「キリエがあまりにも一途で…あなたにも一秒でも長く笑いかけてもらおうと
 必死な姿を見ていて……昔の私を思い出したのでしょう」
飲めばすぐに体が戻ると、ロシエルは自分の細胞をカタンの口元に寄せる。カタンは弾けたように笑った。
「とうとう私を殺しておしまいになるのですねロシエル様…!
 これを飲めば体は再生しても徐々に意識が侵食され最後には貴方の命令しかきかないただのロボットになる…
 本来の私は消え、あなたはあなたに無償の忠誠を誓う男を永遠に失うのです…!
 高貴なるロシエル様…誰よりも美しく誰よりも輝いて…そして誰よりも可哀相な…ロシエル様…」
最後まで抵抗するカタンの口に、ロシエルは無理矢理細胞を突っ込む。
幾本ものコードが伸び、それが凝縮され、カタンの体を再生した。
「美しい…? 何も知らないくせに。僕はね、神の排泄物なんだよカタン……
 お前はそんな僕の手の中から生まれたたった一つの綺麗なもの。
 懸命に慕ってくれるお前が可愛くて、お前だけは僕のようになってほしくなかった。
 なのにお前のこの手…こんなにも人間どもの血で汚れて…お前が悪いんだよカタン。
 お前があの時天上に帰っていれば…お前にこんな事しなくてすんだのに…」
ロシエルは涙を流しカタンにすがりついた。

449 :天使禁猟区 登場人物紹介:2005/05/23(月) 08:47:24 ID:???
・無道刹那
 有機天使アレクシエルの生まれ変わりの男子高校生。
 実妹・紗羅を愛し、紗羅を甦らせるため星幽界へ向う。

・無道紗羅
 実兄の刹那を愛する。刹那をかばって死亡。

・アレクシエル
 ロシエルと共にかつて天使の中で最高の位置に立っていたが、
 邪鬼に味方し天に反旗を翻した咎で堕天された。
 神剣七支刀御魂剣を扱う最強の女戦士。

・ロシエル
 アレクシエルの双子の弟で無機天使。
 アレクシエルに執心する。

・吉良朔夜
 意志を持った神剣七支刀御魂剣の魂そのもの。
 アレクシエルを探して人間界を彷徨い、11年前に死亡した少年吉良朔夜から体を借りる。

・九雷
 ゲヘナ皇家の第14子で三姉妹の龍を操るドラゴンマスター。
 剣術の腕はかなりのもの。アレクシエルに心酔する。
 ゲヘナを滅ぼした原因である人間と天使を憎むが、
 刹那に恋心のようなものを抱くようになる。

・アラクネ
 九雷のいとこでオカマ。九雷の良き理解者。

・カタン
 ロシエルを慕う。死亡する寸前にロシエルの細胞を飲み込むが……
顔見世程度のキャラなどは次回。続く

450 :マロン名無しさん:2005/05/23(月) 22:31:24 ID:???
ストーリーと言うか、結末を教えて欲しいのですがイケスミチエコの「孔雀の微笑」。

2巻までしか読んでないんですが、年端も行かない幼女(後にトップモデルに成長する主人公)の胸に
薔薇のイレズミを施して「ほーら(主人公)の胸に薔薇が咲いたよ 真っ赤な薔薇が咲いたよ」
とかぬかす、どう見てもペドで児童虐待な父親(養父?)らしき男に「このまま薔薇が消えないようにして
そしたらパパといつも一緒にいるような気がするから」とたぶらかされまくりの主人公が
どんな結末を迎えたのか20年ほど気になってます。
(ググってみたら、最終回は全部、ペン入れをアシに任せたとかものすごい伝説があるみたいでしたが)

451 :マロン名無しさん:2005/05/24(火) 12:15:51 ID:y5Zu7uTF
中川勝海の「姫麿!」をお願いします。

452 :334:2005/05/25(水) 08:34:27 ID:???
やっぱり、リク主さんはいらっしゃらないですね。
それでは今から、『炎トリッパー』を投下します。

453 :炎トリッパー:2005/05/25(水) 08:35:44 ID:???
高橋留美子(たかはし・るみこ) 『炎(ファイヤー)トリッパー』

<主な登場人物>
涼子(すずこ)…現代の女子高生、17歳。拾われっ子のため、両親と血の繋がりはない。
周平(しゅうへい)…涼子宅の隣家に住む、元気な男の子。盲腸の手術をしたばかり。
宿丸(しゅくまる)…戦国時代に生きる、16歳。「赤馬」という野盗の大将と敵対している。
すず…宿丸の妹。戦の戦利品として、宿丸が拾ってきた「鈴」を宝物にして手放さない。

<あらすじ>
涼子とすず。周平と宿丸。「炎」をキーワードに、現代と戦国時代を結び、二重のタイム・パラドックスが
織り成す物語。──現代に生きる涼子は、周平とともにガス爆発に巻き込まれ、戦国時代に飛ばされる。
数え切れないほど多くの亡骸が転がる戦の跡地で呆然とする涼子は、野盗に襲われかけたところを宿丸に
助けられる。翌日、涼子は、「死体から剥ぎ取った」着物の中に周平の洋服を見つけ、慌てて外に飛び出す。
幼い周平の身を案じる涼子は、日が暮れるまで周平を探し回るが、一向に見つかる気配はない。ある日、
涼子は、宿丸の妹すずが見覚えのある「鈴」を持っていることに気づき驚愕する。「すずちゃんはあたし?」
混乱する涼子は、野盗の急襲を受け、炎に包まれた家の中から現代にタイムスリップするすずを見送る。
涼子は、このとき現代に飛ばされたすずが成長した姿だった。一方、敵の大将に追い込まれた宿丸を庇った
涼子もまた、炎の中、宿丸とともに現代にタイムスリップする。帰還した日はあの事故当日だった。負傷した
宿丸の腹に盲腸の手術跡を発見した涼子は、宿丸こそ、過去に飛ばされた後に、立派に成長を遂げた周平
本人だったと気づく。「一緒に村に帰ろう」宿丸のプロポーズを受け入れた涼子は、再び事故現場に立つ。
爆発のそのときが迫り、涼子と宿丸はきつく抱きしめ合う。離さないでね。今度こそ一緒に行こう。二度目の
ガス爆発がふたりを包み、涼子と宿丸は戦国時代へ帰っていく。 <了> 「高橋留美子傑作短編集2」より

454 :LUNA 幼年期の終わり:2005/05/25(水) 08:45:34 ID:???
 アリス・ラプティングは人間と魔族の女の間に生まれたハーフ。その母親は、ルナ(銀)でアレスに味方した
フェイシア。裏切った妹を許せない姉のゼノビアは、妹の娘を苦しませようと父親をさらったり、娘の魔力を
暴走させて人間を殺させようとしたり、散々にいじめ抜くが、ときのドラゴンマスターヒイロの介入で失敗に終わる。

 最後は、
「あの御方の心を占めていたのは一人の人間の男だった」とか恨み節をかたるゼノビアの前に、ガレオンの
霊がやってきて、彼女の心を救っていく。

ヒイロが地球の女神に会おうとする前の話。

 え? もっと詳しく知りたいだとー? 古本で買え。


455 :マロン名無しさん:2005/05/25(水) 11:39:01 ID:???
>>454
それじゃ固有名詞を説明無しで出してるから何がなんだかさっぱりわからないよ

456 :マロン名無しさん:2005/05/25(水) 13:51:48 ID:???
>>455
リク主が(だいたい話は知ってるから)おおまかなあらすじとラストだけお願いとか書いたのかもよ。
いや、詳しいことは知らないけど。まぁ最後の一言は余計だわな。

457 :マロン名無しさん:2005/05/25(水) 17:52:42 ID:???
>>455
 伯母さんは、人間と結婚して幸せのうちに亡くなった妹を許せず、その娘を祟りに現れた。ついでに姪の力を利用して人間を大量に
殺そうとした。しかし、娘を護る王子様が現れたせいでおばさんの企みはもろくも潰えた。
 自分だけが幸せになれないと嘆くおばさんを、かつての上司の魂が他人に迷惑かけないように連れていった。

ということだろ。特にわかりにくいとは思えないが。

458 :マロン名無しさん:2005/05/25(水) 18:45:22 ID:???
>>457は、この話を知ってるんだね。で、
>フェイシア→人間と結婚して幸せのうちに亡くなった妹
>ドラゴンマスターヒイロ→娘を護る王子様
>ガレオンの霊→かつての上司の魂

てことなのね。ついでに
>ルナ(銀)でアレスに味方した
この部分をもう少し補足してくれると分かりやすくなる。
まぁ、>>457が説明を追加しなきゃいけないわけじゃないんだけど。

459 :マロン名無しさん:2005/05/25(水) 22:05:17 ID:???
ルナって何。アレスって何。
最初の部分で既に意味不明になってくる

460 :マロン名無しさん:2005/05/25(水) 22:07:46 ID:???
 知らない奴もいるんだな。LUNAってゲームがあったことを。


461 :マロン名無しさん:2005/05/25(水) 23:25:21 ID:???
知らないなぁ

462 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 00:57:02 ID:???
知らんよんなもの

463 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 01:07:34 ID:???
知らない

464 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 02:22:25 ID:???
聞いたことない

465 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 07:42:21 ID:???
ひとり大人の対応を示してる>>458に乾杯。


466 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 10:51:25 ID:???
 わざわざ要望する時点でリク主が原作であるゲームを知らないとは思えない。リク主がわかればそれでいい気が
するんだけどね。とりあえず、変わりに説明。

ルナ(銀) メガドライブのゲーム「LUNAR シルバースターストーリー」のこと。後に色々なハードに移植されたらしい。

アレス ルナ(銀)の主人公。

 他はぐぐればわかる単語ばかりだから省く。

467 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 11:25:17 ID:???
>>466
代行乙。
>リク主がわかればそれでいい
同意。ただ、ここは新規ファン獲得の土壌が少なからずあるようだから
言葉足らずなところは、こうしてフォローされるとみんなが喜ぶ。

468 :LUNAR ヴェーン飛空船物語:2005/05/26(木) 12:08:00 ID:???
 気になったんで、在庫を調べてみた。一般的なところだとカスリもしないね。
紀伊国屋札幌店に在庫があるのは分かった。ま、適当に他の所も調べてみるか。

469 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 13:35:32 ID:???
>>453
乙〜読んでて面白かった

470 :LUNAR ヴェーン飛空船物語:2005/05/26(木) 20:26:43 ID:???
 魔法都市ヴェーン。空に浮かぶ巨大な都市。その地に残っていた六人の魔族。その一人が死んだ。
その男をヴェーン市民の誰もが尊敬していた。だが、男は死んだ。未完の夢を残したまま。

 男の最期の夢だった魔法式飛空船の建造は、弟であるガレオンが受け継いだ。
協力を求めるガレオンに、四人の魔族のうち三人が否定的な立場をとった。一人はガレオンに反対した。
一人はガレオンを無視した。最後の一人は何故船を造るのかという問いに答えないガレオンを前に静観を決め込んだ。
 しかし、当初は反対していた魔族も、二週間たらずで魔法力学の全てを暗記したガレオンの才能と熱意に
ほだされて、協力を約束した。彼はガレオンを無視していた息子を口説き落とした。
静観を決め込んでいた魔族も、暇を持て余していたところだと言って協力を約束した。

 飛空船の建造は順調に進んだ。だが、完成を目前にして、また一人魔族が倒れた。倒れた魔族は
は魔法力学の権威と謳われたガレオンの兄の師。今のガレオンには、魔法力学の基礎を応用できるほどの知識
も経験もない。飛空船の建造はまたしても頓挫しようとしていた。

 葬送が終わった夜、ガレオンは設計図を焼こうとしていた。それを目撃した魔族の女性は必死で止めた。
「……お願い、ガレオン。これ以上私から彼の思い出を奪わないで! この船は落ちたりなんかしない。彼の船だもの!!」
涙を流して訴える彼女を見たガレオンは、翌日ザインの生徒だった人間の学生達に協力を請うのだった。

 「君たちからの協力の申し出を断っておきながら、ムシのいい話だと思う。だが、もう、ロージはいない。
部品はできている。あとは組み立てとテストだけだ。飛空船の建造を手伝って欲しい」

471 :LUNAR ヴェーン飛空船物語:2005/05/26(木) 20:48:59 ID:???
人間達の協力のもと、飛空船の建造は順調に進んだ。魔族達は完成した飛空船を使ってどこを跳ぶのか
語り合った。ガレオンの兄は飛空船を使ってどこを行きたかったのだろうか。

 数日後、飛空船はついに組上がった。残すところは明日の飛行テストのみ。そこで、ガレオンは兄が
飛空船に残した遺言を見つけた。マジックスペルに紛れていたため、最後まで気づかなかったのだ。

 「この船はヴェーンの発展と ヴェーン当主の未来のために」

 飛空船は、自分のために造った物ではなかったのだ。ヴェーンの当主は当然魔族ではない。人間の女性だ。
ガレオンの兄は、ヴェーンに住まう人間たちのためにこの飛空船を造ろうとしていたのだった。
そして、その遺言が、魔族の女性の心に拭いきれない影を落とした。

 処女飛行の日、操縦者に選ばれたヴェーン当主を、魔族の女性が襲撃する。

「私はこれ以上なにひとつ譲らないわ! ヴェーンも!! 彼も!!!」

 ヴェーンの当主に選ばれる者に必要なもの、それは絶対的な魔力。彼女はヴェーンの当主の魔法に
焼かれて塵一つ残さず燃え尽きた。飛空船の飛行テストは無事成功した。

 その後、生き残った魔族達とともにガレオンはヴェーンから旅立とうとしていた。
最後まで泣きついて離れない当主の娘の頭に、御前の誕生日には手紙を書くという言葉と、幼い日に兄から
プレゼントされた帽子を残してガレオンはヴェーンから去った。

472 :LUNAR ヴェーン飛空船物語:2005/05/26(木) 21:05:05 ID:???
 ガレオン以外の登場人物の名前は、最後まで出さないつもりで書いていたのだが、途中で出してしまった。
ざまぁない。今日検索して知ったんだけど、「ガレオン ザイン」か「ヴェーン当主」でぐぐれば
『LUNAR ヴェーン飛空船物語』収録の二編が全部わかるところがあったんだよね、詳しく知りたい人は
そこを見てよ。最後の一遍は、適当にしか書かないから。

・登場人物紹介

ザイン…ガレオンの兄。魔法力学の権威としてヴェーンの教壇で多くの人間達に魔法を教えた。
多くの人間達に慕われていたが、唯一の身内であるガレオンだけには上手く接することができなかった。

ラトーナ…ヴェーンに残った六人の魔族のうちで唯一の女性。ザインを愛していたが、その想いが報われることは
なかった。

モリス…ヴェーンの宰相。人間である当主のもとで補佐に務めていた。業務の全てを人間に引き継ぎ、
ガレオンとともにヴェーンを旅立つ。ラトーナの指輪を左手の小指に填めて。

ロージ…ザインの師。タガクの父親。飛空船の建造中に寿命を迎える。

タガク…偉容を誇る長身の魔族。その容姿から初見の人間達に恐がられることが多く、そのことがコンプレックスに
なっていた。

ニイア…ガレオンをおにーちゃまと慕う当主の娘。

473 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 21:51:04 ID:???
反対していた魔族と無視してた魔族と静観していた魔族で四人中三人が否定的。
協力した魔族が一人いたってことで、それがロージ?
固有名詞使わないというのはわかりやすい工夫だけど、それなら老人な魔族とか女の魔族とか
一般名詞での軽い説明をつけないと逆にわかりにくくなるような。

474 :LUNAR ヴェーン飛空船物語:2005/05/26(木) 21:51:23 ID:???
・魂の告白

 あれから十年後、ダインとガレオンはまた洞窟のなかで嵐を避けていた。
彼らは翌朝、岩肌に挟まったヴェーンの飛空船に遭遇する。飛空船の難儀を知らせにダインを連れて
転移装置からヴェーンに跳ぶガレオン。

 折しも魔法都市ヴェーンでは、警戒体制がしかれていた。歓迎に現れた当主代理を名乗る年若い少女に、
「老人どもはどこにいる? 当主はどこだ?」と詰問するガレオン。党首代理は答えなかった。

 場面変わって、谷間から自力で抜け出せない飛空船を救助するためのプランを練る当主代理達。
プラン自体はできあがったが、要となる魔法増幅装置を修復するための地図が虫食いで駄目になっていた。
秘密会議を盗み聞きしていたダインの行動が契機で彼らがどうやってヴェーンまで来たのかがやり玉にあげられる。
「連れの魔族に言われるまま転移装置の柱を引っこ抜いたら、一回だけ外から強制作動させるって……」
 しれっと答えるダインに外から作動できるなんて学校で習ったことがないと騒然になる一同。彼らは、ガレオンの
協力を請うことにした。

「断る。私には関係ない」
 にべもなくはねつけるガレオン。「すねるなよ。助けてくれたらなんでもしてやるからさ」というダインを
「なんでも?」と聞いて黙らせると、彼は当主代理にこう言った。
「当主代理、三度目は聴かん。あの船には誰が乗っている」
 飛空船に乗っていたのは、ヴェーン当主ふくめ都市の重役連三十六名だった。

 救助プランは、魔法増幅装置で魔法力を増幅させた当主代理が雷の魔法で岩壁を破壊、その後風の魔法を
使って空へ浮上させる。魔法の余波からは飛空船の障壁機能を作動させてガードするというものだった。


475 :LUNAR ヴェーン飛空船物語:2005/05/26(木) 22:30:45 ID:???
 途中、伸びた日陰から飛空船の難儀を知った市民達が当主の館に殺到する事態に見舞われたが、
当主代理の演技でその場は凌がれた。

 その夜、遅めの夕食を取ったダインは、当主代理と束の間歓談にふける。「ヴェーンで初めて魔法式飛空船を
完成させた五人の大人と一人の子供の魔族の物語が一番好きと語る彼女を、ダインはこれが終わったら三人で
旅に出ようと誘う。当主代理だって一人の人間さ、誰かと何かをわかちあう必要があるというダインに、
彼女は自分の弱さをダインの様に認められない弱い人間だと語り、彼の申し出を拒否する。
 
 魔法増幅装置の制御装置の修復が済み、飛行船の救助は夜明けの前に実行された。失敗は許されない。何故なら明日の昼には、
嵐が来ると風が告げていたからだ。放たれた雷の魔法で飛空船を閉じこめた岩肌は崩れ、風の魔法の力で
ヴェーンの近くまで船は舞い上がった。しかし、一緒に浮上した瓦礫のかけらが魔法障壁にぶつかったために
余分な力が働いてしまった。最後のエネルギーランプがチカチカと点滅を繰り返す。祈る市民の目の前で、
ヴェーンを間近にしながらエネルギーの尽きた飛空船は落下。泣き崩れる当主代理。必死でガレオンに
懇願するダイン。
「魔法増幅装置は限界にきている。完全に治す時間がなかったからな。今これで魔法を使えば、あんな老朽船。
落下程度ではすまなくなるぞ!」
「なんとかしてくれよ、頼むから」 

 そのダインの言葉からガレオンは天啓を受けた。彼は制御装置を壊すと、「今望むことを願え、祈れ!」と呼びかける。
「女神アルテナよ」とアルテナ神に祈りを呼びかけた後、ガレオンは魔法増幅装置を起動させた。
ガレオンの船を想う気持ちと、ダインの当主代理を想う気持ちと、当主代理の母を思う気持ちが、強い魔力となって
ヴェーンを覆い、飛空船を覆う。気を失った当主代理が目を覚ましたとき、地上に墜落した飛空船の側に立つ
中年の美しい貴婦人の姿があった。 飛空船は壊れたが、当主達は無事だった。

476 :LUNAR ヴェーン飛空船物語:2005/05/26(木) 22:51:51 ID:???
 最後のアレは何だったんだ、一体?
 極めて原始的な魔法の本来の姿だ。ただの祈りだよ。
 へぇ、祈りであんなことができるのか。
 そうだ。少しは魔法に興味が出来たか?
 少しね。

事が全ておわり、一息つくガレオンとダインの前に、当主がお礼を述べに来た。

「御免なさいね。貴方の船が」
「構わん。所詮は前世紀(百年前の)の遺物だ」
「そんな風に感じてらしたの? 貴方がヴェーンを最後にしたあの日。あの日のままの貴方と違い、私が
こんな風におばさんになってしまったように、歳月はヴェーンをかえてゆくでしょう。けれど、それでも貴方の
故郷には違いないのです。私共いつまでも、貴方のお帰りをお待ちいたしておりますわ」

目の前に立つ当主はニィアの四代目の子孫(曾曾孫)。その容姿は、彼が最も心を許したニィアとほぼ瓜二つ。
当主の言葉を聞いたガレオンの脳裏に、ニィアから続く歴代当主と手紙を交わした百年の日々が去来する。
訳を聞かせろよと迫るダインに「長すぎる話だ。いつか御前には話す」とガレオンは答えるのだった。

 二十年後、ガレオンは、生涯癒せぬ傷を胸にヴェーンに帰還する。だが、それはまた別の物語。

登場人物紹介

 レミリア・オーサ…ヴェーン当主の娘。この事件の後、当主に促されてダインとガレオンの後を追い、彼らの
旅に同行する。

477 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 23:31:09 ID:???
>>474であれから10年後って言ってるのに>>476では百年経ってることになってるのはどういうこと?

>秘密会議を盗み聞きしていたダインの行動が契機で彼らがどうやってヴェーンまで来たのかがやり玉にあげられる。
>「連れの魔族に言われるまま転移装置の柱を引っこ抜いたら、一回だけ外から強制作動させるって……」何を強制作動させるの?柱を抜く意味は何?

> 途中、伸びた日陰から飛空船の難儀を知った市民達が当主の館に殺到する事態に見舞われたが、
日陰って何の日陰?何で日陰が伸びると飛空船の難儀がわかるの?

478 :マロン名無しさん:2005/05/26(木) 23:39:17 ID:???
>>454の最後の方の「ヒイロが地球の女神に会おうとする前の話」と
それまでの流れを無視していきなり入ってる一文の意味がわからない

479 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 00:11:58 ID:???
日陰ってのは飛空挺の影のことでは?よく分からないけど

480 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 06:01:38 ID:???
>>477
>あれから10年後〜は、>>348の、ガレオンとダインの出会いから現在までの期間・・・かな。違う?

481 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 09:33:59 ID:???
>>472で言われた通り、ヴェーン当主でぐぐってみた。
これは確かに詳しく説明する気にならんだろうな、書き手の人も。

482 :天使禁猟区 17:2005/05/27(金) 09:49:49 ID:???
【星幽界編 ACT.1仮面の少女】
地球の動きが停止した事は天上界でも騒ぎになっていた。
事件の中心人物である無道刹那は覚醒と同時にそのショックで死んだのではないかと噂されていた。
そこへロシエルが現れ、刹那が天使も悪魔も入れぬ人間の魂の聖域・星幽界に行った事を告げる。
星幽界に入れる天使は元七大天使であった屍天使ウリエルだけだ。
人々はロシエルを敬い賞賛する。しかしロシエルの心は晴れない。カタンはいまだ目覚めないのだ。
カタンの体を入れた棺の中では、無数のコードが蠢いている。カタンをつくった頃の力と、
今のロシエルの力はあまりに質が違いすぎ、二つの力が反発しあっているのだ。
このまま適合できなければ、カタンは死に絶えるだろう。
カタンは智天使代行のドビエルの部下という立場にあった。
セヴォフタルタは、ロシエルの復活をさせたカタンの罪はお前にもあるとドビエルを責め、
ロシエル殺害を暗に強制した。ドビエルは首を縦に振った。

上級霊の結晶体で星幽界の指導者である閻羅王は、紗羅の魂はもう自分の監視下にはなく
星幽界の中心の泉に植える宇宙樹(ユグドラシル)の根元に住む地獄門の鍵守人・ウリエルが紗羅の魂を連れ去ったという。
死者は星幽界で修行し霊格をあげ、その成果によって地獄行きか楽園行きかを定められる。
ウリエルはその地獄行きの門番であり、星幽界で最も恐れられる処刑人だ。
紗羅の魂は地獄に落ちるほど罪深い少女の魂≠ニして宇宙樹の生贄にするという。
その罪とは、実兄と結ばれた事である。紗羅を救うため刹那は宇宙樹へと向う。
閻羅王がつけた道案内人は、アレクシエルが殺した加藤だった。
刹那の前世のいざこざに巻込まれ死んだ加藤は刹那を恨んでも仕方がない。
しかし加藤はどうせ目的があって生きていたわけではないし、
過ぎた事はいいいじゃんなどとふざけた態度をとり、死んだ奴を生き返らせるなんて無理だ、
諦めて自分のようにいつでも適当に流していれば死んだって平気だと言った。
「俺はやってもいないうちから諦めるぐらいなら戦って傷ついたほうがマシだ。
 それに死ぬのが怖くないだって?あんたは息を引き取る前、死にたくないって言ったじゃないか!」

483 :天使禁猟区 18:2005/05/27(金) 09:52:54 ID:???
反論しかけた加藤はその場から駆け去る。
浄化されたはずのロシエルのコードはいまだに加藤の体を蝕んでいる。
精神体だけの存在になっている加藤の弱い心が、ロシエルを恐れる心が幻覚を見せているのだ。
そして荒みきった魂はいくら修行しても霊格など上がる素振りもなく、このままでは加藤は地獄行きだ。
閻羅王は、刹那を殺せば楽園行きにしてくれると言った。
「俺はしれっとした顔で裏切るのも裏切られるのもなれっこなんだよ」加藤はそれを承諾した。
一人でいる加藤の元に、星幽界を彷徨う亡者が襲い掛かる。閻羅王より与えられた霊波を隠すためのコートも、
亡者を倒すための武器も刹那のもとに置いてきた。絶体絶命の時、追いかけてきた刹那がそれを救った。
刹那は加藤の真似をし「過ぎた事はもういーじゃん。先に進もう」と言った。


メタトロンはセヴォフタルタに走りより「おうたをうたって。うささんがいってたよ、むかしはよくうたってたって」とせがむ。
「……うさぎさんに伝えて下さい。私はもう歌えないんです。みんな…忘れてしまったんですよ…」
セヴォフタルタはそう言い、歌の代わりにメタトロンを抱きかかえ手を握った。
メタトロンの片手にはうさぎのぬいぐるみがにぎられていた。

メイド姿の少女は侵入者≠フ気配に苛立つご主人様のために侵入者を退治しようと決意した。
彼女は亡者にペルソナを被せ、亡者を意のままに操り侵入者に向けた。
喧嘩しつつも仲良く(?)進む刹那と加藤。
襲ってきた亡者を刹那は逆に浄化させ成仏させた。後には謎の仮面だけが残った。
その仮面が加藤の顔に吸い付くように消えた気がしたが、深く気にせず二人は先に進んだ。

ドビエルの部下はロシエルの城に侵入した。ロシエルは謎の棺を城に運び込んだという情報がある。
なにか弱みにならないかと調べに棺の中を覗き込んだ侵入者たちは、中から飛び出してきた蠢くコードに体を絡めとられた。
「食欲が出てきたのはいいけど、ちょっとお行儀が悪いなんじゃないかな?」
気付いたロシエルは棺にそう話し掛けるが返事はない。ただコードがロシエルの体にすりよるだけだった。
「今度はもっと若く柔らかい生餌をあげよう…」


続く

484 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 13:48:44 ID:???
>>453
これ、ずいぶん前に一度テレビアニメで観たきり、
タイトルが分からずじまいでずっと気になってたやつだ。
こんなとこで発見できると思わなかった。ありがとう。

485 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 14:04:37 ID:???
>>481
いや今回のはかなり詳しく書かれてるんじゃないか。苦労が伺えるよ。
それで逆に首を絞めてるというか・・・>>477に重箱の隅をつつくような質問をされてるわけだが。

486 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 16:26:47 ID:???
>>485
いや、手を抜いていると思うよ。手を抜いたからつつかれるような隙を残してしまうわけだ。
ていうか、この人だけなんでこんなツッコミくらってんだろう。

487 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 18:22:58 ID:???
その前に「幼年期の終わり」を書いてる人と「飛空船物語」を書いてる人は同一人物なの?
幼年期〜の人がちょっといい加減だっただけで、飛空船の人が割り食ってるみたいに見えるんだけど。
>>348の書き方、好きなのになぁ。

488 :ヴェーン飛空船物語:2005/05/27(金) 20:34:29 ID:???
>>487
 いや、違う人ですよ。「幼年期の終わり」は書きたくても持っていないので書けないですよ。
もっと煮詰めようかと思ったんですけど、書き上げる前に全文載ってるwebサイトを見つけたり、
原作の良さをどうやっても自分の文章に置き換えて表現できないので意気が挫けました。
俺の文章で分からないところがある人は、検索して全文があるwebサイトを見てください。

 わかりにくく書いた覚えはないけど、分からないと言われて凄くショックを受けた時系列と、
>>473だけ説明しておきます。

「ヴェーンで初めて魔法式飛空船を完成させた五人の魔族の大人と一人の子供の物語」(百年前)
「その九十年後、ガレオンは少年ダインと出会う」
「十年経って成長したダインは、遭難した飛空船を発見した縁でガレオンとともに魔法都市ヴェーンへ」

>>473
 ラトーナ。彼女はそのとき、ただ暖かく見守っていただけなたので、詳しく書く気になれませんでした。
このあたりは、「彼はガレオンを無視していた息子を口説き落とした。」という部分で
最後の一人が女の魔族だと分かるので放置していたのですが、駄目でしたか? わかりにくかったですか?
だったらすいません。

489 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 21:32:55 ID:???
いや分かりにくくはない。
多分一番見る人を混乱させたのは
>>474>>348の続きだと書かなかったことだと思う

490 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 21:56:56 ID:???
確かに、>>348の存在を知らなかった人には不親切だったかもね

でもさ、>>474のはじめに“ダイン”とか“また”洞窟のなかで嵐を避けていた、と書いてあるんだから
>>348の続きだと察することも十分可能だよ
だから、「十年後」も、ガレオンとダインの最初の出会いから今までだって分かる

てか>>477の2個目と3個目の疑問なんて書き手に対するいやがらせかと思った
まぁもう1回読み直せばまた違う印象になるかもしれないし、それを願うよ

491 :マロン名無しさん:2005/05/27(金) 22:15:46 ID:???
>>490
そうか?>>477の1個目は確かにわからん方がおかしいと思うけど、2個目と3個目は俺もわからなかった。
別にどうでもいいことだとは思うけどね。

492 :マロン名無しさん:2005/05/28(土) 13:23:56 ID:???
書き手が不憫すぎる。ちょっと考えれば分かる質問されたり、終いには手抜きと言われたり。

>>477
>10年後
→ガレオンとダインの最初の出会いから現在までの期間。

>何を強制作動させるの?柱を抜く意味は何?
→転移装置を強制作動させた。柱を抜くのはそのための手段。これは話の流れからガレオンとダインがヴェーンに来た方法かな。

>日陰って何の日陰?何で日陰が伸びると飛空船の難儀がわかるの?
→飛空船の陰。日が傾いて今まで見えなかった影が濃く長くなる。人々は何事だと空を見上げ、立ち往生している飛空船を発見。大騒ぎ。

こんなとこでしょ。
書いちゃったあとでなんだけど、書き手は>>477の質問がくだらなすぎて答えたくなかったかもしれない。
もしそうだったら、第三者が口挟むようなマネしてごめん。


493 :マロン名無しさん:2005/05/29(日) 02:51:22 ID:???
ていうかね、たとえ分からなくてもそのままスルーして読み進めれば話の大勢に影響がないのに、
いちいちつっこむから、書き手が呆れたんだよ、きっとね。

管理人氏、これどうやってまとめるんだろ・・・なんて余計な心配をしつつ、

どなたか「ピアノの森」のあらすじをお願いします。
ストーリが把握できれば、大まかで構いません。

494 :マロン名無しさん:2005/05/29(日) 04:02:38 ID:???


WE HAVE A GOOD TIME!! THANK FOR YOU






















  このスレをご愛顧いただき


ありがとう                     ございました



495 :マロン名無しさん:2005/05/29(日) 04:51:49 ID:???
矢沢あい「Paradise Kiss」をお願いします。

496 :あまいぞ男吾小学生篇:2005/05/29(日) 12:32:09 ID:???
 小学生篇だけ予約したものです。一年ぶりに帰ってきたけど、なんだか荒んでますね。

 これからぼちぼちあまいぞ男吾小学生篇を書いていきます。中学生篇と
小学校教師篇は手元にないので書けません。 

497 :Paradise Kiss:2005/05/29(日) 14:03:44 ID:???
受験生の紫は、学園祭のファッションショーモデルとして、矢澤芸術学院の服飾科の生徒にスカウトされる。
天才肌の色男・ジョージ。謎の女装の麗人・イザベラ。ちまっとして可愛い実可子と、その彼氏でパンク小僧の嵐。
彼らのインディーズ・ブランド名は「Paradise Kiss」。

教育熱心な親の言うがままに受験一色の生活を送っていた紫は、夢を追いかける彼らに憧れを持つようになる。
ジョージへの恋と、自由を求める気持ちに押されて家を飛び出してしまった紫は、ジョージの部屋に転がり込み
人気デザイナーである実和子の姉のコネを使ってモデルのアルバイトを始める。

紫を心配するクラスメート(冒頭では紫の憧れの人)徳森くんは、実は実可子と嵐の幼なじみ。
嵐は、彼から実可子を横取りしたという負い目をずっと抱えていたので、紫との出会いから
また実可子と彼が接触したことに荒れるが、今は嵐だけが好きという実可子の告白に絆を強くする。

イザベラとジョージも幼なじみ。子供の頃から女装癖のあったイザベラ(本名・山本大助)を
唯一理解してくれたのがジョージだった。イザベラはドレッシーなものを得意とするジョージが
今さら商業ベースに乗ったデザイナーになるのは難しいのではと案じている。

やはりプロのモデルになりたい、中途半端ではなく、ジョージの前でカッコイイ女でありたいと
決意した紫は母親と対決。高校を卒業したら事務所と契約してもいいという条件でOKをもぎ取る。
コンテストのリハーサル前、ムリがたたって紫が倒れてしまうというアクシデントは起こるが
ジョージ達のドレスを纏った紫は無事ランウェイを歩く。そして作品は準グランプリに。
そしてジョージと紫はそれぞれの夢のため、恋に区切りをつけて、別々の道を歩むことに。

…数年後。
イザベラとともに渡英したジョージは衣裳デザイナーとして活躍するようになる。
紫は徳森くんと結婚し、トップモデルになった。めでたしめでたし…。


498 :Paradise Kiss:2005/05/29(日) 14:08:58 ID:???
すみません、実可子と実和子がごっちゃになってる。
粗筋に出てくる実○子は全部妹のヤザガク生・実「和」子の方です。
姉の実「果」子は「ご近所物語」という矢沢あいの別作品のヒロイン
です。

499 :マロン名無しさん:2005/05/29(日) 15:00:29 ID:???
>>497-498
すごい!即レス感謝!しかもまとめ方上手い・・・。

>紫は徳森くんと結婚し、トップモデルになった。めでたしめでたし…。
ゆかりは、ラスト、トップモデルとして成功するんですね。
ありがとうございました。

500 :マロン名無しさん:2005/05/29(日) 19:48:13 ID:???
トップモデルになったっけ?
なんか海外進出を夢見てたけど
現実はそんなに甘くなくて普通のモデルで終わった感じだったような。

501 :マロン名無しさん:2005/05/29(日) 22:53:59 ID:???
うん、トップモデルではなかったよね。
28になってモデルとしては年を取りすぎてしまい、
クサい昼ドラに出演していたりする。

あと、ジョージは渡英じゃなくて渡仏。

502 :マロン名無しさん:2005/05/30(月) 00:07:25 ID:???
ジョージはフランス行ってから出てこないから
>衣装デザイナーとして活躍するようになる
このくだりも結構怪しいかも。
最後、紫に届いたミュージカルの衣装デザインがジョージというだけだし

503 :502:2005/05/30(月) 00:13:33 ID:???
なんか変な文章になったので訂正。

紫にチケットが届いて、そのチケットはミュージカルのチケットで
そのミュージカルの衣装デザインのとこにジョージの名前が書いてある。
ジョージの情報はこの部分だけなので
彼が渡仏後どうなったのかはよく分からない。

504 :マロン名無しさん:2005/05/30(月) 00:24:40 ID:???
>>502
>イザベラはドレッシーなものを得意とするジョージが
>今さら商業ベースに乗ったデザイナーになるのは難しいのではと案じている。

この辺のことを考えると、確かにそうかもね。
学生の頃に思い描いた夢には結局辿り着けず、現実は重く厳しい。

「ご近所〜」とは真逆のラストかもしれない。


505 :マロン名無しさん:2005/05/30(月) 01:38:22 ID:???
>>497のあらすじと実際の作品から受ける印象が真逆のような気がする。
パラキスは「挫折」を描いた話。
夢のために別れたとかじゃなくて結局ジョージと紫は
相思相愛なくせにどうあがいても上手くいかないから泥沼状態で別れた。
紫はモデルとしては大成しないし、譲二と別れた後も変な男に引っかかりまくる。
紫が現実的な相手と婚約した頃になって、かつて天才と言われたジョージは
やっと(初めて?)小さなミュージカルの衣装という仕事を手にする。

506 :天使禁猟区 19:2005/05/30(月) 09:12:59 ID:???
【星幽界編 ACT.2大地の天使Uriel】
現在、七大天使の中で更に上の位置にたつ四大天使はみな問題がある。
火の天使ミカエルは荒くれ者の問題児、水の天使ジブリールは心を閉ざし人形状態、
風の天使ラファエルは十戒を堂々と破り女にうつつを抜かし、土の天使ウリエルは星幽界へ失踪した。
ウリエルははアレクシエルを堕天させた張本人であり、人知れずアレクシエルを愛していた。
愛する者を追いやった苦しみでウリエルは失踪したのだった。

ペルソナに操られた加藤は刹那を殺そうとするが、意識を取り戻しペルソナを外そうとした。
しかし顔にはりついたペルソナは外れない。そこへ紗羅と同じ顔をしたメイド姿の少女が現れた。
ペルソナを操るメイドを倒せばいいかもしれないが、紗羅なのかもしれない少女に手をかけられない。

十字杖で亡者を倒す事によりその力を吸収し、亡者の邪念までも吸い取り闇に犯された加藤は、
人の邪念に吸い寄せられるペルソナには格好の餌だった。
刹那には邪念を浄化する力があるので無事だ。
また、閻羅王により渡されたコートは、霊波を遮断するどころか逆に亡者を引き寄せる仕組みになっていた。
閻羅王は最初から加藤も刹那も潰す気だったのだ。
自我を失いかける加藤。しかし、刹那の呼びかけによって意識を戻し、十字杖を自らの胸に刺し自害した。
地球で死ぬ寸前、本当は、加藤は何も生まず何も残さず、虫けらのように死んでいくのを恐れていた。
「いいかうぬぼれんなお前のためなんかじゃねえ。こうすりゃお前一人ぐらいは俺≠ェいた事を忘れられないだろ」
そう言い残し加藤は消滅した。お前なんかが紗羅のわけがないと、刹那はメイドを攻撃する。
しかし大地の守護でメイド少女は大した怪我を負わなかった。
だが、少女の顔が剥がれ、ロボットのような断面が現れた。
そこへ巨大なドラゴンが現れた。ドラゴンには長身の男が乗っている。ウリエルだ。
「眠れる死者を呼び覚まし、俺のドールに恥をかかせた。覚悟はいいか愚かなる侵入者よ」
ウリエルは大鎌を使い刹那に襲い掛かる。ウリエルは地面や木すらも操るが、
大地の守護のない空中で刹那は留めを刺そうとした瞬間、ウリエルの顔がわれた。
彼は、過酷な処刑人としての仕事を全うするために自らペルソナをつけ、逆にペルソナに操られていたのだった。

507 :天使禁猟区 20:2005/05/30(月) 09:18:10 ID:???
大地の色をした黒みのある羽を持つウリエルは、声を持たず刹那の脳に直接話しかける。
彼は大地の力により自分と刹那の傷を治すと、勝手に動き回りすぎたために活動停止したドールを抱え、
消滅した加藤を甦らせるからついてこいと宇宙樹へ招いた。
ドールは硬質化した植物でつくられた生命体に近い機械人形。かつてはただ形だけの物だった。
地球の動きが停止した日に、人間のための冥界に何故か天使の魂が迷い込んできた。
地球のほうからやって来た彼女は酷く傷つき、恋に破れた痛みを抱え泣いていた――キリエだ。
あまりに哀れなその姿に同情したウリエルは、彼女の魂をドールに移植したのだった。
生まれたばかりの赤子のようなドールは、ウリエルに忠誠を誓い動き回るようになった。
問題のある行動もするが、今回の一件で少しは人の感情も理解できるようになっただろうとウリエルは言う。
ドールの顔が紗羅に似ているのは、顔をつくる時紗羅をモデルにしたからだ。
その紗羅は今、至高天にいる。元々ウリエルが生贄の名目で紗羅を連れ去ったのも頼まれたからだった。
紗羅を至高天へ連れて行ったのはザフィケルだ。天と地の大戦において猛将として恐れられた男だが、
天地大戦後の失明と同時に何故か悟り済ました聖人のようになった謎の人物だ。
話を聞き、ザフィケルがかつて地球で会った神父だと刹那は気づく。

ロシエルは自分の細胞を他者に与える事によって新しい負≠ニしての生命を与える事が出来る。
彼と対を成すアレクシエルの生まれ変わりである刹那もまた、その細胞を与える事によって
ロシエルとは逆の意味での生を与える事が出来るだろうとウリエルは言う。
刹那は加藤が自害した瞬間に無意識に時間魔法を使い、加藤の魂を消滅寸前で固定していた。
加藤は今固定された時間の中で、過去の最も辛い頃の記憶を眺めさせられている。
ウリエルは刹那を加藤の精神世界に送り込み、加藤を甦らせよといった。

508 :天使禁猟区 21:2005/05/30(月) 09:22:23 ID:???
加藤の下の名前は故という。早く死ぬようにと父がつけた名前だ。
幼い頃の加藤はそれも知らず父に懐いていた。しかし父はいつも加藤と姉の冴とを差別した。
加藤は姉が父からもらったオルゴールを盗み、埋めた。
数年後加藤は知る。何故自分が父に憎まれているか。それは加藤が母の不義の子供だからだ。

ある日冴が結婚する事になったと聞いた。加藤はかつて埋めたオルゴールを掘り起こし冴に渡した。
長い月日の間にそのオルゴールの事を忘れていた冴は、盗んだものじゃないかと怪訝な顔をした。
いいから受け取れと加藤は言い、口論のうちに冴は加藤が不義の子供である事を言ってしまう。
「知ってて今までいい姉貴ヅラしてたのかよ。そうだよ俺は母さんの忌まわしい過去の産物だ!
 だからなにしたって不思議じゃねーよな!」加藤は冴の服を引き裂いた。
冴の悲鳴に父が駆けてきて加藤を殴った。乱闘の中で、オルゴールは壊れた。
加藤には本当に姉を犯す気などなかった。とっくに壊れている家族に知らぬふりした冴を傷つけたいと思ったのだ。
「姉貴は自分のしている事が俺を傷つけているなんて知らなかった。ただ浅はかで優しい女だった。
 親父の付けた名前は見事に効いたよ。俺は17で死んだ。俺は現実に背を向けないと生きられない弱い人間だ!」
加藤の魂は大量の電気コードに縛められてその場から動けなくなっていた。
辛い過去を持ちながらも負けずに生きていたあんたは十分強いと刹那は否定する。
「覚えてないか?あんたが死んだ時だってあんたは自分の力で冥道を進んでいったじゃないか。
 俺はただ道を照らしただけ。本当に弱い奴はそれすら見つけられないんだ。その呪縛も解けるはず」
コードから開放された加藤の魂を刹那は地球へと連れて行く。
地球と共に動きを停止した冴は夫と上手くいっているのだろう、とても美しかった。
その傍らには、修理されたオルゴールと家族の集合写真があった。
壊れてしまっているとわかっていても、それでも繋ぎとめておきたいと冴は思ったのだ。
「世界中の奴が俺を忘れてしまっても、あんたが17で死んだ馬鹿な弟の事を、時々思い出して悲しんでくれれば…
 あんたの胸に刺さった小さな刺になれるなら、それだけで俺はやっと死んでいける」
加藤は姉の頬に手を添えて最後の別れを告げると、刹那の羽を口にし、復活した。

509 :天使禁猟区 22:2005/05/30(月) 09:26:38 ID:???
貧民街に住む堕天使の少女・ティアイエル(ティアラ)は謎の爺に腹いっぱい食わせてやると言われついて行く。
しかしついた先では、逆に自分達がコードだらけの化け物の餌にされる事になった。
「あたしは綺麗に食べてね。食べ残しは嫌だからね。怖くないよ、あたしもお兄ちゃんと同じだから」
動じずにティアラは言う。彼女は人の心を読む能力を持っていた。
そのため皆から嫌われ地下共同墓地に閉じ込められた。
飢えで死にかけるティアラに死体が話し掛けた「自分を食べて生き延びろ」と。
ティアラは死体を食べた。しばらくして発見され救出された彼女は
天使喰いと罵られ堕天使の烙印を押され、貧民街に捨てられた。
そこですらティアイエルは迫害され毎日石を投げられていた。
カタンは棺の中からコードを伸ばし、ティアラをなでた。
優しさと良心がカタンの中に残っていて、しかし体は血肉を求め、
その事でカタンが悩んでいる事にティアラは気づいた。
昔に戻りたいとカタンは切に願っていた。
何故生餌を食べないと怒るロシエルに、ティアラは言う。
「彼がこんな姿になったのはあなたのせい。彼の中の良心と貴方への忠誠心が戦っているせい。
 道は二つ、良心を捨てあなたと共に修羅の道を歩むか、あなたを捨て今までの罪を償い正しき道を歩むかよ」
生意気だ、とロシエルはティアラに攻撃をするが、棺から出てきた大量のコードがそれをかばう。
お前なんてもういらないとロシエルはカタンを罵倒して出て行くが、その言葉は嘘だとティアラにはわかっていた。

ウリエルは地獄の入口まで刹那たちを連れてくる。ここでは幾人もの罪人たちがウリエルにより始末された。
「今日裁かれる罪人は私だ。アレク…今回は私がお前に裁かれる番だ」ウリエルは大鎌を刹那に渡した。
刹那の前世たちが非業の死を遂げていったのは、ウリエルが生まれつき持つ言霊咒法と呼ばれる呪いをかけたためだった。
屍天使の役目としてやったとはいえ、ウリエルが最愛の人を刑に架けた事に変わりはない。
ウリエルは自分を責め、自ら声帯を引きちぎったのだった。
「あなたの想い人に私は適うべくもなかったのだから…私は狂いはじめていたんだ。
 さあ、殺しやすくなったろう! 私を君の手で裁き早く殺してくれ!」
アレクシエルの想い人とは誰だと刹那は訊ねる。
「君の想い人は…天使が決して愛してはならない方だ…!」

510 :天使禁猟区 23:2005/05/30(月) 09:32:01 ID:???
【星幽界編 ACT.3残酷な絆】
アレクシエルが愛したのは創生神だ。それを知ってか知らずか神はアレクシエルをないがしろにし、
ロシエルばかりに愛を注いだ。全てはそこから狂い始めた。早く殺せとウリエルは言う。
「すぎたことはもーいいじゃんやっちまったもんはしょーがねーもん」
シリアスなウリエルに対し、刹那は加藤の真似をしてふざけて言った。
前世の記憶などないから恨もうにも恨み様がないし、
声帯をちぎるほどに苦しんだウリエルをこれ以上責める必要はない。
過去の女よりも、今傍にいるドールを大切にしろと刹那は言った。

紗羅の居場所が別だと知ったからには、タイムリミットが近づいているし早く体に戻らなくてはならない。
しかし星幽界は転生した魂以外の脱走を防止するため入口はあっても出口はない。
全ての制御管理を麻痺させるほどの何かが起これば出口を開かせる事は出来るかもしれないが…
閻羅王のもとへ向う刹那にウリエルはドラゴンを――廃竜(ニドヘッグ)を渡す。
「どうやらお前は廃竜が長い間待っていた待ち人らしいからな」刹那と加藤は廃竜に乗った。


ドビエルの部下たちがロシエルの城に襲撃を仕掛ける。カタンとティアラも標的になる。
ティアラは撃たれ、光の国にいくための不殺を破りカタンはドビエルの部下達を殺してしまう。
「あーあ、やっちゃったねカタン。でもあたし最初からわかってたよあんたがあの人を選ぶ事。
 でも、二人ならなんとかなるかもしれないって、もしかしたらって…そう思っちゃって…
 あたし今度こそ神様に会えるかな? そしたら…今度こそ答えてくれるかな…」
神様 私達を愛してる?¢ァ絶えたティアラにカタンは涙を流した。
一方、ロシエルにドビエルが襲い掛かるが、どんな武器を使ってもロシエルは死なない。
セラフィタしか使えないといわれる時間魔法を使い、ロシエルは細菌兵器さえ死滅させる。
「殺せると思った?僕にさえ殺し方のわからないこの体を…!」
ドビエルはまた兵器を飛ばす。それをカタンが跳ね飛ばした。
ティアラの死によってカタンは修羅の道を歩む事を決めたのだった。
瀕死のドビエルは死を恐れ生かせてくれと懇願し、ロシエルの細胞を口にした。
ティアイエルも甦らせようかとロシエルは持ちかける。
「いいえ…やめておきましょう。可哀相です…残酷です…あまりにも」

511 :天使禁猟区 24:2005/05/30(月) 09:34:09 ID:???
片翼ずつを分け合って生まれた双子の邪鬼・ノイズ(女)とボイス(男)。
ボイスは忠誠以上の感情を九雷に持ち、刹那の事を良く思ってはいなかった。
刹那の胸に刺さる七支刀を抜けば、刹那はこのまま死ぬ。
ボイスは刹那の胸元へ手を伸ばした。それを朔夜が止める。
しかし弾みでボイスは七支刀は抜いてしまった――

刹那の死体にすがりつく九雷。ボイスは牢に謹慎させられている。
ノイズがやってくるが、何故か硫黄の香りを漂わせ話し方もいつもと違う。
「お前はノイズやないな!何者や!」九雷が叫ぶとノイズのふりをしていた者は、
顔を白塗りにしたピエロのような姿を現し、目にも止まらぬ動作で周りの者を次々と殺した。
魔界の大貴族、魔神級(グレートディーモンクラス)の力の持ち主だ。
「地獄の最下層子宮(シオウル)より…我が王ルシファー様の命を受け参上しました。
 わたしくしはただの道化者…いかれ帽子屋とでもお呼び下さい」
悪魔族の末裔でありながら邪鬼は神龍を崇め地獄との国交を絶った。
その奢りこそが天界の付け入る隙を招いた。今こそルシファーに忠誠を誓えと帽子屋は迫る。
偉大な父王の名にかけゲヘナは守る、けして地獄の手先にはならないと九雷は拒絶した。
「今度お会いする時は色良い御返事を。では第二幕でお会いしましょう」
帽子屋はそう言い残し影の中に消えていった。目覚めたノイズの左手には、謎の紋章が残されていた。

どこ?ここはどこ?
ラジエルは最近謎の白昼夢ばかり見る。
訊ねかけるのは少女の声で、何故か水のイメージがある。
神出鬼没ですぐふらふらするザフィケルを探していたラジエルは、
ザフィケルの部屋で隠し扉を見つける。
その中には、顔だけの美しい女性の彫像と、人間の――紗羅の魂があった。
人間の魂をコレクションする趣味でもあったんですかとラジエルはザフィケルに問い詰める。
「彼女は地上より至高天に迷い込んだ珍しい霊体です。
 身元が判明するまでここで保管していたんですよ。
 下手に最高会に報告すれば白衣軍団の研究材料にされるでしょう?
 彼らのマッドサイエンティストぶりは君が身を持って知っているはず」
不用意に上司を疑った自分をラジエルは恥じるが、ザフィケルは不問に付した。
眠りつづける紗羅の魂は、刹那の名を呼び続けていた。

512 :天使禁猟区 25:2005/05/30(月) 09:34:57 ID:???
セヴォフタルタの前にドビエルが現れる。しかし彼は外見こそ以前と変わらないが、
中身は得体の知れない化け物へと変異していた。
「魔の恐怖に飲み込まれたくなければ、自らが魔になればいい」
ドビエルはそう言い残しセヴォフタルタの前から姿を消した。

星幽界を出るために霊が大量に封印されている坩堝≠加藤は十字杖で壊す。
宇宙樹から離れたために皮膚がぼろぼろになった廃竜に乗り、刹那は坩堝の上にいる加藤を迎えに来た。
しかし、十字杖の最大の力を引き出したために加藤は死にかけ、自分を置いて逃げろと刹那に言う。
尚も加藤を救おうとする刹那を乗せ、廃竜は星幽界から離れていった。
「救世士?泣いているのですか?」廃竜はそう訊ねかけた。

続く

513 :マロン名無しさん:2005/05/30(月) 18:17:24 ID:H+BgP3kt
なんで刹那が救世主?

514 :マロン名無しさん:2005/05/31(火) 09:48:17 ID:???
地球を救う予定だから

515 :マロン名無しさん:2005/06/01(水) 02:02:18 ID:???


WE HAVE A GOOD TIME!! THANK FOR YOU






















  このスレをご愛顧いただき


ありがとう                     ございました



516 :マロン名無しさん:2005/06/02(木) 12:01:24 ID:???
平本アキラの「俺と悪魔のブルーズ」お願いします

517 :マロン名無しさん:2005/06/02(木) 12:48:47 ID:???
>>516
アゴなしゲンさんの人のだよな?俺が書くわ。

518 :マロン名無しさん:2005/06/02(木) 13:32:43 ID:???
>>516-517
キミタチメル欄変よ

519 :517:2005/06/02(木) 13:47:04 ID:???
>>518
他所のスレでネタバレ回避に使ったのが残ってたのが文字化けしたみたい。

520 :マロン名無しさん:2005/06/02(木) 17:26:30 ID:68kruOvw
天国や地獄にもメイド萌えはいるんだな

521 :マロン名無しさん:2005/06/06(月) 22:53:22 ID:aI15sQ3U
 

522 :マロン名無しさん:2005/06/07(火) 02:53:30 ID:???


WE HAVE A GOOD TIME!! THANK FOR YOU






















  このスレをご愛顧いただき


ありがとう                     ございました



523 :天使禁猟区 26:2005/06/07(火) 22:57:55 ID:???
【星幽界編 ACT.4降臨】
廃竜はかつて天使だった。彼には密かにある女天使を愛していた記憶だけが残っている。
女天使――ライラは青みのある黒髪に理知的な瞳、額に逆十字の傷跡を持っている。
ある日、優秀すぎたライラは妬みを買い集団暴行を受け、それに抵抗し逆に相手を傷つけてしまった。
潔癖なライラにそれは受入れ難い事実で、彼女は助けに入ったかつての廃竜をも告発し、
事件に関わる者全てを無にする事で自分を守った。
廃竜はその時処刑され魂だけの存在となり、ウリエルに体を与えられた。
刹那は、復讐しろとでもいいたいのかと訊ねるが、廃竜は否定する。
「もしも彼女に出会えたら、私は最後の瞬間でさえも君を恨んでなどいなかったと、
 あなたは少しも汚れてなんかいない、もう苦しむ必要はないのだと、伝えて下さい。
 彼女は私を確かに愛していたし…今もどこかで苦しんでいるのです…」
廃竜は自らの鱗を刹那に託す。やがて、冥道の終りが見えてきた。
アストラル力の弱い廃竜は、宇宙樹の保護によりその形を保っており、
そこから離れすぎたために消滅した。

刹那の体が死んでしまったためか、何故か刹那の意識は、九雷によって保存されている
アレクシエルの体の中に目覚めてしまった。刹那はそれに気付かずまたすぐに眠りに落ちた。


いかれ帽子屋は謎の影に向かい、九雷をあなたの花嫁にすると告げる。
「彼女さえ手中に収めれば自然霊である神龍の妖力と、救世使と呼ばれるあの少年も手に入れられる。
 黒の大魔道書(グラン・グリモアール)に名を連ねし悪魔としてこのいかれ帽子屋…
 いえ、地獄の七君主(サタン)ベリアルは我が王ルシファー様に永遠の忠誠を誓います」
謎の影は、地獄を統べる魔王・ルシファーだった。


続く

524 :俺と悪魔のブルーズ・1:2005/06/08(水) 00:52:37 ID:tcc4Z4ku
―――アダムとイブが楽園を追放された時、俺は生まれた。
―――連れ去られたアダムとイブの子孫らと共に、俺はこの新大陸へ移り住んだ。
―――その地で子孫たちに降り掛かる苦難が俺を育てた。
―――俺は彼らを慰めたり、時には堕落させたりもした。
―――ある晩、駅で出会った男が俺に名前を与えた。
―――その夜以降、俺の名前は一気に広まり、たくさんの友人が出来た。
―――ある夜道で俺は1人の男と会った。俺と奴はすぐに親しくなった。
―――俺の名はブルーズ。今夜もあいつを迎えにゆく。とびっきりの親友だ。

誰かが家の扉をノックする。
寝ぼけ眼で扉を開けると、「俺だよ……迎えにきたぜ。」と悪魔が言う。
そこで悪夢から目が覚めた。

525 :俺と悪魔のブルーズ・2:2005/06/08(水) 00:53:21 ID:tcc4Z4ku
1929年冬、アメリカミシシッピ州。
寝覚めの悪い夢から覚めた農夫・ロバートジョンソン(以降RJ)。
すると、部屋に夢と同じようにけたたましいノックが響く。
ガチャリと扉が開き、部屋に入ってきたのは身重の妻・ヴァージニア。
朝寝坊していたRJを叩き起こしにきたのだ。
「いつになったら起きてくんの!? RJ! 義姉さんもうカンカンよ。私知らないから!」

嫁に起こされ重い体を引きずって農場に行くやいなや、RJの姉は激怒し、RJに飛び蹴り。
義兄もRJかばおうと口を出そうとするが姉の「アンタは黙ってな!」の一言で沈黙。
姉の説教はそれからしばらく続いた。

仕事が終わり、悪友のミッチとともに酒場にブルーズを聞きにでかける。
酒場でしばし談笑した後、酒場のブルーズ奏者のウィリーがギターを弾き終わるとRJは静かにそのギターを抱える。
新しく誰かが演奏を始める。一瞬にして酒場の視線がRJに注がれる。

しかし、RJギターの腕前はヘタクソなどどという物ではなかった。
辺りから失笑を買い、恥ずかしさのあまり赤面してすぐさまやめてしまう。
席に戻るとウィリーがRJに「演奏をやめてくれた御礼だ」と酒を勧める。苦い顔をしながらも一気に飲み干すRJ。
落ち込むRJをからかうようにミッチとウィリーがある伝説を語りだす。「クロスロード(十字路)伝説」

「真夜中の十字路の中心にたった一人で立つ。
 そしてそこで何か一曲、なんでもいい。ギターの演奏をする。 
 すると後ろから声をかけてくる奴がいる。真っ黒くてバカでかい奴だ。
 そいつはお前のギターを手に取り、チューニングすると何か一曲演奏し、お前にギターを返す。
 するとどうだ。お前のギター技法は嘘のように上達する。
 が、その引き換えにお前の魂はそのバカでかい奴に持っていかれる、という話だ。」

526 :俺と悪魔のブルーズ・3:2005/06/08(水) 00:54:12 ID:tcc4Z4ku
翌晩、いつもと変わる事なく悪友ミッチと共に酒場へ足を運ぶRJ。
いつもの様に飲んでいると、良い女がこちらをずうっと見ている。
RJが止めるのも聞かず、ミッチが女を誘いにいくと女の目当てはRJ。
据え膳食わぬは男の恥。RJは酒場の外に出て、木陰で女と抱き合い接吻する。
すると、突如酒場から響いてくる旋律。
RJは女を無視し、まるで見入られたかの様に酒場へ走り出す。
酒場へと戻ると、先ほどの旋律の元。1人のブルーズマンの演奏から目が離せない。

男の演奏に打ち震え、呆然とするRJ。
そこへ先ほど外へ放ってきた女が激怒しRJに掴みかかる。「あんた、女に恥かかせる気!?」
すると、何者かがその女の顔を殴り飛ばす。見上げるとRJの二周りは大きいかというほどの大男。
「こんばんわ、こいつの旦那です。」 激怒している男の様子に青ざめるRJ。

数時間後、男にボコボコにされたRJが席につくと先ほどのブルーズマンはいなくなっていた。
ミッチに聞いても「そういやなんか演ってるのがいたな。」程度の感想しか言わない。
ブルーズマンがいた辺りを見ると、ブルーズマンが演奏に使っていたギターだけがポツンと残されていた。
どうやらギターのみ忘れていったらしい。届けてやろうとギター片手に外に出るRJ。

だが、どこを探しても男の姿は無い。仕方なく「明日返せば良いか」と帰路につくRJ。
ブルーズマンが弾いていたギター。思わずRJも歩きながら演奏しようとするがへたくそなRJでは上手くいかない。
気がつけば、いつの間にかRJは十字路に立っていた。酒場で聞いた「クロスロード伝説」を思い出すRJ。

527 :俺と悪魔のブルーズ・4:2005/06/08(水) 00:55:19 ID:tcc4Z4ku
たどたどしい演奏が真夜中の十字路に響く。
演奏を終え、何かの気配を感じ、後ろを振り向くRJ。しかしそこには誰もいない。「んなわけねーか。」
迷信を信じた自らの愚行に呆れ、路傍の石に腰掛け酒を飲み始めるRJ。
今一度じっとギターを見つめる。ボロいギター。なぜあんな凄い音が出るのか。
好奇心に駆られ、もう一度ギターをかき鳴らすRJ。

すると雲からかすかに月明かりが漏れ、辺りを照らす。
RJが腰掛けていた場所の真後ろには古ぼけた不気味な教会がそびえていた。
「このあたりに教会なんてあったっけ?」

自分が道に迷った事に気付き、教会を無視してとぼとぼと歩き出すRJ。
すると、誰かの声が聞こえた。だが辺りには誰もいない。空耳かと再び歩みを進める。

RJが教会の前から去ると、すうっと。月にかかっていた雲が晴れる。
月明かりに照らされた教会の屋根に立つ十字架。
その影が。RJが座っていた場所を中心とし、不気味の「十字路」の影を作っていた事にRJはまだ気付かない。
それが全ての始まりだった。

528 :俺と悪魔のブルーズ・5:2005/06/08(水) 00:57:28 ID:tcc4Z4ku
翌日、サンハウスという凄いブルーズマンが現れ、興奮するRJ。
酒の席でその技術、声、全てが気に入り弟子にしてくれと頼み込む。だがサンハウスは言う。
「ムリっ! ブルーズってのは教えられるもんじゃねえんだよ。
 いいかい、ボウヤ。ブルーズってのはお前の中にもあるんだ。
 オレらブルーズマンはこの胸の内側に誰もが持ってるブルーズを掴みとって、表現(だ)すだけだ。」

それでも弟子入りを諦めきれずサンハウスにつきまとうRJ。
酒場で試しにギターを聞かせてみたが、やはりダメ。へたくそなあまりサンハウスの大爆笑を買う有様。

ある晩、酒の席で「ブルーズとは何か」という議論でサンハウス達と喧嘩するRJ。
酒を飲み過ぎ最悪な気分で帰路を行くRJ。思わず吐いてゲロをぶちまけたのは墓場。
思わず、夜の墓場独特の雰囲気に背筋が凍る。おっかなくなって帰ろうとするRJの耳に響く、音。
目の前にはまたしてもあの時の教会が不気味にひっそりと月明かりの下、建っていた。

529 :俺と悪魔のブルーズ・6:2005/06/08(水) 00:58:24 ID:tcc4Z4ku
ある晩、サンハウスとウィリーの演奏で酒場は最高の盛り上がりを見せている。
そこへ、一人。静かに酒場に入ってきたRJ。
サンハウスとウィリーに目をくれるでもなく、酒場の隅に腰掛けギターを抱える。
酒場に響く、RJの「ブルーズ」 その音は二人の音すらも霞ませ、酒場の視線はすぐにRJへと注がれた。

サンハウスは不敵に笑い、まるで競うようにギターをかき鳴らす。
それに答えるRJ。酒場の客は固唾を飲んで二人を見守り、酒場の中は2つのギターの音に支配された。
熟練されたサンハウスの妙技。卓越したギターテクニック。
しかし、それすらもねじふせるRJのギター。
気がつけば、酒場の客を全てRJのギターが飲み込んでいた。

その有様に親友のミッチも驚愕する。「……おまえ、本当にRJか?」
サンハウスは静かに小指にはめたボトルネックを外し、ギターを地面においた。
(ボトルネック:ギターの小道具。当時のブルーズマンは酒ビンの首部分を使っていた)

うなだれるサンハウスの様子に信じられないと言った様子で酒をあおるウィリー。
窓を開けると冬独特の冷たい風がウィリーの酔いを醒ます。
「………なんでお前がそんな音出せるんだ? RJ。
 それこそ、悪魔に魂を売ったとでも考えなけりゃ、説明がつかねぇんだよ。」

530 :俺と悪魔のブルーズ・7:2005/06/08(水) 00:58:49 ID:tcc4Z4ku
すると、酒場の扉が開き、入ってきたのは姉と義兄。
珍客に嬉しくなり、思わず高揚した声で二人を呼びかける。「ようっ!」
だが義兄はRJを見つけるや否やズカズカと歩み寄り、突如RJの腹を蹴り上げる。
普段おとなしい義兄の行動に混乱するRJ。ゆっくりと確かな声で義兄が口を開く。

「RJ。俺はお前の事を信じてたんだぜ。」
「そ、そうだよっ! あ…RJ……。アンタこんな所でなにしてん の…よ…。あたし達ゃアンタの事……」
「お前は黙ってろォ!!」

言葉を遮った姉を怒鳴る義兄。いつもと違い、「ごめんなさい」と一言残し黙りこくる姉。
いつもと違う二人の様子に何か重大なものを感じ取るRJ。
狼狽する姉を落ち着け、ようやくゆっくりと義兄が語りだす。

「この半年。お前の事を探しまわってたんだぜ。白人共の怒りを買ってリンチされてんじゃねーか……
 事故にでも巻き込まれてどっかで野垂れ死んでんじゃねえか………とさ。」
「……は、半年…? 心配ィ…? 何言ってんだ。オレは2、3日家を開けただけで……」

なにかがおかしい。自分の言葉に違和感を覚え、RJの言葉は止まる。
義兄はRJの様子にワナワナと拳を振るわせ、呆れ果てる。

「お前にはガッカリしたよ。もう いい……二度と俺達の前にそのお顔を見せに帰ってくるな。」
「ちょ、待てよ! 「半年」ってなんだよ!? ワケ分かんねえよ! 
 家を空けたっつってもたかが2.3日じゃねえか! なんでそこまで……」
「じゃあ聞くが、ギターってのはそんな、2、3日で上手くなるもんなのかよ…」

―――何かがおかしい。
RJの中で今までの出来事がフラッシュバックする。
「そうなんだ…2、3日で上手くなるはずがない……けど、半年だって!? 
 いつだ!? 一体いつから………」

531 :俺と悪魔のブルーズ・8:2005/06/08(水) 00:59:05 ID:tcc4Z4ku
混乱するRJ。さらに追い討ちをかけるかの様に姉がポツリとつぶやいた言葉が耳に焼き付く。
「…なぜこの男じゃなかったのですか? 神よ……。
 なぜ……働き者で信仰心も篤いあのヴァージニアがお産くらいで……
 天に召されてしまうのですか!? たった16歳で!!
 どうしてお腹の子まで一緒に……その父親はただブラブラと遊び惚けていただけというのに。」
「…天に……って……死んだ?……質の悪い冗談はよせよ! 「お産」で死んだァ!?
 予定日は春なのに? 3ヶ月も先だぜ! こんな真冬に何を言ってるんだよッ!?」
「質が悪いのはオメーの方だろ! その寝ぼけた目でよく見てみろ!!」

激昂した義兄はRJの胸ぐらを掴み、酒場の窓を開けRJに外の風景を拝ませる。
RJの目に飛び込んできたのは青々と茂る夏草や木々。
「……今はもう6月。世間じゃ「夏」っていうんだよ。」

酒場で一人うなだれるRJ。ようやく、十字路で演奏し悪魔と出会った事を思い出す。
「…ブルーズを知りたい……いや、知りたかった。
 これが……ああ、ヴァージニア……これが…ブルーズを知る……って…こと…か……」

景色がグラリと揺れ、その場に倒れ込むRJ。
騒然となる酒場。近くにいたミッチも心配そうにRJを抱きかかえる。
そこへ何者かが店に入ってくる。ウィリーの元へ親しげに歩み寄り、声をかける。
「よう、ウィリー。」
「…おお! 今着いたのか? 向こうじゃ色々大変だったようだな。」
「まぁな。それよりこれは一体何の騒ぎだ?」

532 :俺と悪魔のブルーズ・9:2005/06/08(水) 01:00:00 ID:tcc4Z4ku
聞き慣れた声。その声がかすかにRJの意識を覚醒させる。
揺れゆくRJの景色の中で浮かぶ男………サンハウス。
「……サ、サンハウス……た…助け…てく…れ……オレ…もう何がなんだか……
 あんたなら分かる……だろ……お願いだ……助けてくれ……」

だがRJの呼びかけに不思議そうな顔を浮かべるサンハウス。
「……お前さん、誰だ?」
「いや、初対面のはずだぜ。大体、サンハウス。お前この街くるの初めてだろ?」
「ああ。」

周囲の客も「サンハウス」の名前に色めきだつ。
「あのサンハウスか?」「初めて見たぜ」「マジ…? 本物?」

一人。狂ったように笑うRJ。
「……クク……ハハハ……なんで……ボウヤって呼んでくれないんだよ……サンハウス……」
周りの人間は呆然とし、酒場にはRJの狂気を秘めた笑い声が響くだけだった。

 続く

533 :あまいぞ男吾大暴れ小学生篇:2005/06/08(水) 22:21:28 ID:???
第一話

 巴男吾は荒っぽい両親と男勝りの姉のもとで育った。遅刻の常習犯、喧嘩に明け暮れ、成績不良、まさに
札付きの悪童。だが。彼の家族も負けてはいない
常在戦場の心構えを鍛えるという名目のもと、空手家の父、柔道家の母親、剣道家の姉、三者そろって
男吾の帰宅の際に闇討ちで出迎えるという非常識。

 ある日、男吾のクラスに一人の転校生がやって来た。転校生の名は奥田姫子。財閥の令嬢で、聡明で折り目正しく
上品な彼女は、転校初日腕相撲で男吾を負かすなど、あっという間にクラスの人気者となる。
 姫子のウィンクで心惑わされて腕相撲に負けた男吾は、帰宅するなり女に負けたことを理由に母親にしごかれるのだった。
「稽古不足は言うに及ばず、第一の敗因は己の心にあると知れ!」

 翌朝、男吾は姫子に果たし状を叩きつけた。笑われると思っていた男吾だったが、図らずも姫子は笑わずに
申し出を受けた。
 放課後、掃除の時間だが、誰もが姫子に気を遣い、清掃から遠ざける。腫れ物に触るかのような扱いに寂しさを
感じながら体育館の裏に姫子は向かった。男吾は掃除をさぼって先に来ていた。

「みんなの前であたしをやっつけないと意味ないんじゃないの? ここには誰もいないわよ」
「これは俺の心の問題だ。観客などいらん」
 パンチだキックだ柔道だ。あれ、男吾の奴、裸足で蹴りを放っているのにいつのまにかシューズはいてっぞ?
喧嘩も佳境に入り、石につまずいて体勢を崩した姫子にのしかかってパンチを放つ男吾だが、姫子の頬に涙が伝うのを
みてつい手を止めてしまう。

「この涙は痛いからじゃないの。くやしいからでもないわ。あたし、うれしいの〜。だってだって、アタシと心の底から
つきあってくれたのアナタが初めてなんですもの。からだ全部でぶつかってくれたのアナタだけなんですものォ」
 抱きつかれて泣きつく姫子に赤面させて硬直する男吾。その姿を微笑ましく見つめる男吾の姉がいた。
そして……帰宅した男吾は「女の子を泣かしたんだってなー。それでも男かー!」と姉と両親から追い回されるのだった。
「わー、いったいどうすりゃいいんだよー。逃げるのもトレーニングのうちだ。俺、頑張るぞ!」

534 :あまいぞ男吾大暴れ小学生篇:2005/06/08(水) 22:45:03 ID:???
第二話

 いつまでも喧嘩に明け暮れて自由きままな巴男吾が気にくわない女子達は、共謀して男吾をクラス委員長に
してしまう。クラス委員長という枠に押しつけて男吾を鎖に繋ごうとしたのだった。 
 クラス委員長は皆の手本であるべきと言われた男吾は、喧嘩もわざと負け、掃除もさぼらず、授業中も
静かに席についた。行動する際に委員長のバッジが男吾の行動を抑制する。しばらくして、男吾は気の抜けたビール
のように死んだ目で登校するようになった。男吾のクラスの女子達は目論みが成功したことでほくそ笑んだ。
見かねた姫子は男吾に発破をかけた。「あなたらしくない!」
見かねた父ちゃんも男吾を道場に呼んでこう言うのだった。
「お前が正しいと思ったことを、胸を張ってやれ」

 一方、クラス委員長に選ばれなかったことで、荒れている男がいた。優等生の二宮秀一郎だ。
クラスメイトであるヒデキの「いまだになんで男吾が選ばれたのかわかんないよな〜」という言葉に水を得たかのように
「だろ! だろ!委員長にはこのボクが一番ふさわしいだろ? ケンカバカの男吾になんかつとまんないだろ〜」
と主張して、空き缶を蹴り上げた。放物線を描いて跳んだ空き缶は、六年生の頭にヒットした。

 男吾と姫子が校門前に来たとき、六年生に往復ビンタを食らって泣いているヒデキがいた。二宮は教師を
呼びに一目散に逃走していた。ヒデキを助けに六年生に立ち向かう男吾をクラスメイトが止める。
「ケンカはクラス会議で禁止だろう。委員長が破ってどうするんだよ!」
「バッキャロー! 勝つとか負けるとか。規則を破るとか護るとか、そういうことじゃねーんだよ」
クラス委員長のバッジを投げ捨てると、男吾は六年生に突っ込んだ。

 男吾のクラスの担任が突いたとき、男吾はぼろぼろになってグラウンドに仰向けに寝転がっていた。
姫子が二宮にこう「友達のためにここまで出来るの?! ねェ!」突っかかるのを止めさせると、男吾は大の字のまま
大笑いするのだった。その日の放課後、クラス委員長のバッジを二宮に手渡すと、
男吾は元の悪童に戻り、「廊下は静かに」という貼り紙を無視して駆けだした。

535 :あまいぞ男吾大暴れ小学生篇:2005/06/08(水) 22:45:56 ID:???
うえっ、くそ長。この調子で、あと23話も続くんじゃたまんねー。次からは超絶なダイエットを施す。

536 :マロン名無しさん:2005/06/08(水) 23:18:08 ID:Fhwe1s/h
不思議のたたりちゃん
血を吸う教室
堕天使の子守歌
口裂け女伝説

をできるだけ詳しくお願いします

537 :マロン名無しさん:2005/06/09(木) 01:25:36 ID:gV0DVUXR
アウターゾーンお願いします

538 :マロン名無しさん:2005/06/09(木) 10:37:35 ID:???
男吾乙。
個人的には詳しい方がいいぞ。

539 :マロン名無しさん:2005/06/09(木) 14:57:12 ID:???
>>538
おそらくなーんにも考えずに、ただ自分の希望を言ってるんだろうが、

>うえっ、くそ長。この調子で、あと23話も続くんじゃたまんねー。

って言うんだから、書き手の好きにさせてあげればいいのに。
ヘンなプレッシャーかけて。

…まぁいいや。男吾乙。

540 :あまいぞ男吾大暴れ小学生篇:2005/06/09(木) 20:56:41 ID:???
第三話

 クラスの授業で「趣味」について作文を書くことになった。
姫子の手前、俺の趣味は食うこと、寝ること、ケンカと言ったものの、いざ原稿用紙を前にするとなかなか書くことが
できない。なんとなく、男吾は隣の屋敷に住む姫子のところまで行くことにした。

 長い竹馬を使って窓に顔を出す男吾に驚く姫子に、バランスを崩して倒れる男吾。
なんとか部屋に入った男吾は姫子にこう言った。
「おまえ、趣味はないとか言ったけど、部屋のなかホビーのかたまりじゃん」
「うん、でも、これはお父様が勝手に買い与えてくれたものだから。私の欲しかったものじゃないわ。こんなものより私は」
「そうだ! 欲しい物があったら」
「バカッ! そんなつもりでここにきたんじゃねーや!」

 稽古の時間だと大声でどなる家族の声に呼ばれて男吾はまた竹馬に乗って帰っていった。
バランスを崩して竹馬の下敷きになる男吾をみて姫子はこう思うのだった。
「わたしの趣味、強いて言えば巴男吾を観てることかな」

 次の日、男吾のクラスでファミコンソフトを二人組の男に奪われた生徒が泣いていた。それを聞いて少し不安
にかられる姫子。以前、彼女は「病気の弟が欲しがるソフトが売り切れになっていて……」と泣きつく
二人組の男にファミコンソフトを貸したことがあった。

 二人組の男は児童からファミコンソフトを奪っては売りさばく強盗だった。真相を知って我慢できず男の頬を
ひっぱたく姫子。加勢に出た男吾は男を挑発してゲームソフトの詰まった鞄を投げつけさせると、それをキャッチして
姫子を引っ張って逃走。

 翌日、自分の趣味はある男の子を観察することだと発表する姫子の姿があった。
「ケンカの次に昼寝が好きという彼……きっと今も、春のようにあたたかな夢を見ていることでしょう」

やはり、一話形式では短く書けないものだな。
 

541 :あまいぞ男吾大暴れ小学生篇:2005/06/09(木) 21:18:13 ID:???
第四話

 男吾のクラスで授業参観の日が迫っていた。去年授業参観に来た男吾の父は、「そんな教え方で出来の悪い
うちのせがれが理解できるはずがないだろ〜」と担任にくってかかった末、背負い投げで投げ飛ばした。
 その話を聞いた姫子は面白がって喜ぶのだった。
「こっちの身になってくれよ。今年は来なきゃいいんだけどな」
「そうかしら? わたしのお母様こそ来なきゃいいんだわ!」

 今年、男吾の父は就職に成功したので授業参観に出席できないことになった。
恥ずかしい思いをしなくて済むと喜ぶ男吾だったが、そうは問屋がおろさず、母親が来ることになった。

 授業参観が終わる十五分前、男吾の母はやって来た。男吾の母は、問題を起こしてすぐ仕事を首になる
父親の分も内職外職で働いていて忙しい。今日も突然入った服の仕立ての配達で遅れてしまったのだ。

 堂々と大声で遅れた理由を述べる男吾の母を笑う父兄とクラスメイト。そんなこんなで授業参観は終わった。
遅れてきて参観したりない男吾の母は、次の体育の授業を見学しても良いですかと男吾の担任に申し出る。
慌てて止める男吾だったが、男吾の担任は凄まじい圧力に呑まれて許諾した。

 こうして始まった体育の授業。見ているばかりで物足りなくなった男吾の母は、止める男吾を蹴散らして
子供達に混じってドッジボールを始める。豪放磊落でパワフルな男吾の母親の周りで楽しそうに遊ぶ子供達を
見て、父兄達も子供達に混じってドッジボールを勤しむ。指輪と服を見せびらかしていた姫子の母も。
 男吾の母親の側に来た姫子は、彼女の耳元で小声で囁くのだった。
「男吾君のお母さんをみて、男吾君がどうしてあんなにステキなのか分かったような気がします」

 帰り道、笑いあって仲良く帰宅する男吾親子の姿があった。

542 :マロン名無しさん:2005/06/09(木) 22:13:45 ID:???
いつの間にか終わってた週間少年チャンピョンのサーカス家族をお願いします。
最終回近くからでも構いませんので

543 :マロン名無しさん:2005/06/11(土) 02:53:26 ID:???
どなたか松下容子の、闇の末裔をお願いします。
出来たら、文庫未収録の話もお願いします。

544 :マロン名無しさん:2005/06/11(土) 10:51:45 ID:???
>543
闇マシは文庫なんて出てない

545 :マロン名無しさん:2005/06/11(土) 18:36:04 ID:???
松下容子の闇の末裔を願いします。出来たら、「単行本」未収録の話もお願いします。

ですね。すいません。

546 :マロン名無しさん:2005/06/11(土) 21:27:01 ID:???
血を吸う教室書いたけど異様に長くなった。
収録作の堕天使の子守唄も予約しておきます。

547 :血を吸う教室 1:2005/06/11(土) 21:29:09 ID:jkgcbJEv
千佳のクラスメートで陰気な少年佐々木は酷いいじめを受けている。
主犯の秋芳はPTA会長の息子で、そのために担任は放置していた。
千佳はいじめを止めようとするが「藤谷さんの二の舞になる」と言われ諦める。

卒業式が終わり、もうあんな悲惨な光景を見る事はないのだと安心する千佳。
クラスメートたちが全員教室に戻った途端、窓やドアの外に黒い壁が現れ、
全員外に出る事が出来なくなった。突然、佐々木が担任を刺し殺した。
「13人分の魂を神様に奉げなきゃ君たちはこの世界から出る事が出来ない。
 キミたちは僕をいじめた償いをしなきゃならない」
驚くクラスメートたちに佐々木は薄笑いを浮かべながら告げる。
どういう仕掛けをしたんだと秋芳は怒り狂い佐々木を殺す。
しかし佐々木は首の骨を折ったはずなのに生き返った。
「僕の魂は13番目に捧げるって神様に約束したんだ。
 だからそれまでは絶対に死なないし痛みも感じない」
あと11人死ななければ誰一人もとの世界に戻る事は出来ない。
佐々木をいじめた秋芳たちがまず死ぬべきだと皆は口々に言う。
「うるせえみんな心のそこじゃ面白がってたくせに!」
秋芳は椅子を振り回し、それに貫かれた内山は片目から血を流す。
男子生徒たちは集団で秋芳を殴り殺した。内山は痛みでうずくまっている。
「こんなに痛がってるんだもの。いっそ一思いに殺してあげましょう。
 あと十人死ななくちゃここから出られないんだもの。
 出席番号順に一人一発ずつこのバッドで内山くんを殴りましょう」
加賀美の提案を生き残りたいがためにみんな承諾する。
殴られつづけた内山は死んだ。それを見て倒れた村尾は
「これぐらいで気絶する奴に生きる資格はない」と殺された。
信じられない状況に泣き出す千佳に、
友人のあずみと昭枝は「絶対に三人で生きて帰ろう」と言う。
次は秋芳と一緒に佐々木をいじめていた三浦を殺そうと提案される。
「佐々木くんお願いだ許してくれ。俺…前の学校で君より酷いいじめにあってたんだ。
 だから…親に頼んでこの学校に転校させてもらって…必死だったんだよ…!
 この学校でもいじめられたらもうどこにも逃げられないから……」
しかし皆は聞く耳を持たず、順にバッドで三浦を殴っていく。

548 :血を吸う教室 2:2005/06/11(土) 21:31:44 ID:jkgcbJEv
とうとう千佳の番が来た。ぼこぼこの顔で「死にたくない」と三浦は懇願する。
泣き出す千佳の代わりにあずみが三浦を殴る。三浦は死んだ。
偽善ぶるなと加賀美は千佳を殴ろうとする。それを止める小柴。
彼は以前から千佳に思いを寄せていて、千佳が死ぬのを見るぐらいなら自分が死ぬと言う。
「あたしに貴方を殺せるわけないじゃない!」加賀美は小柴に片思いをしていた。
それならばと小柴は、自らネクタイで首を吊ろうとする。
「秋芳には逆らえないと思ってた。だけど、今みたいにみんなで力を合わせていれば…
 そうしてりゃこんな事にはならなかったんだな…今更後悔したって遅いけど…」
小柴は死んだ。小柴に恋をしていた加賀美と昭枝は千佳を逆恨む。

あと6人死ねば終わりだ。「もうこれ以上選べない、佐々木が選んでくれ」と皆は頼む。
長岡・藤谷・加賀美・野口・米田・千佳のうちでジャンケンに負けた者を次の標的にしろと佐々木は言った。
「佐々木くん、覚えてないの?一学期にあなたのいじめをかばって私酷い目にあったのよ!
 秋芳くんと三浦くんに体育準備室に呼び出されて、それで…」藤谷は鳴きながら訴えかける。
恨むべきは秋芳たちだと佐々木は冷たい態度を取る。
ジャンケンでは長岡が負けた。長岡は加賀美に殺される。
「あたしたち親友でしょ!?」最後まで長岡はそう叫びつづけた。
次に、プロレス好きの男子生徒・池谷・上田・岸・高橋・山基が
誰か一人が死ぬまで殴り合わされる事になる。
イケメンの山基を女子生徒たちは応援し、
山基は嫉妬を買い共謀した残りの四人に殺された。
あずみは山基に片思いをしており、涙を流した。

次は、あずみ・昭枝・伊東・清水・畑・吉田が選ばれる。
彼女たちで上体起こしをし、一番最初にダウンした者が次の犠牲者だ。
千佳はあずみと昭枝に励ましの言葉をかけるが昭枝は「余計なお世話」と冷たく接した。
伊東はすぐにダウンし殺される。次にあみだくじをし、畑が殺された。
残るは二人だ。

549 :血を吸う教室 3:2005/06/11(土) 21:34:20 ID:jkgcbJEv
次に佐々木は、戸田と岸田に腕相撲をさせる。負けた戸田は殺された。
「いよいよラストの一人だね。みんなここまで生き残ったんだもの、できるだけ公平に決めたいよね。
 そうだ。痛みの我慢比べってどうかな。みんなで同時に一本ずつ指を切り落としていってさ、
 我慢できなくなってこんな事するなら死んだほうがマシだって言い出した人を12人目に決めようか」
そう言った直後、千佳は何者かに押されて前に飛び出る。立候補するのかと佐々木は笑う。
「違う、後ろから誰かが押してきて…」後ろにいたのはあずみと昭枝だ。
二人はお互いにお前が押したのだろうと言い合う。どちらを信じるかと問われ、
あずみを信じると千佳は言う。押した昭枝に次は死んでもらうと佐々木は言った。
どうせ死ぬなら小柴と同じ方法で死ぬと昭枝は言う。
気づくと、小柴の死体がなくなっていた。いつのまにと千佳は驚く。
昭枝はネクタイに首をかけながら千佳とあずみを一生恨んでやると叫ぶ。
「うるさいわねさっさと死になさい」藤谷は昭枝の立っている椅子を押す。昭枝は絶命した。

いよいよ佐々木の番だ。しかし佐々木は、必要な魂はまだ二ついると言い出す。
六番目に死んだはずの小柴は、好きな人の身代わりとなって死ぬというのが神に気に入られ、
神の許しを得て一足先に元の世界に戻っていたのだ。
千佳の身代わりで死んだはずの小柴が生きているなら、次は千佳が死ぬべきだとあずみは言う。
「小柴くんが助かってくれて本当にうれしいからもういい。
 あたしが死ねば…もうみんな元の世界に戻れるのよね…」
千佳は自ら死のうとするが、他人のために死ぬのは元の世界に戻るだけだと止められる。
千佳と佐々木以外の生き残ったクラスメートたちは、元の世界に戻るために先を争うように自殺していった。
しかし自分が生き残りたいが為に自殺した彼らは元の世界に戻れず、
また自殺した汚れた魂が神に受け取られるわけもなかった。
「あーあせっかく11個までそろったのに。
 僕と君が死んでも元の世界に戻れる人はもう一人もいない。
 困っちゃったな。どうしよう? ねえ、どうする?」
訊ねかける佐々木と、戸惑う千佳のアップで終わり。

550 :マロン名無しさん:2005/06/11(土) 22:26:48 ID:???
え、それでおしまい?
ひでえ・・・

551 :マロン名無しさん:2005/06/11(土) 22:45:56 ID:???
Σ(゚Д゚)ガーン

552 :マロン名無しさん:2005/06/11(土) 23:04:26 ID:???
怖いが面白いな、読んでみたくなった

553 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 03:01:33 ID:???
ん?千佳はもう死ななくていいんでないの?

554 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 13:32:35 ID:???
自殺しなきゃ一生変な空間から出れない
自殺したとしてもそれはもう誰かのためじゃないから元の世界には戻れない

ってことじゃないの

555 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 13:52:08 ID:???
>>554
なんで?13人死ねば出れるんでしょ

556 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 15:50:55 ID:???
>555
死ねばじゃなくて、神が魂を受け取る必要がある
そんな事いったら、自殺した約20人はどうすればいいんだ

557 :地獄の子守唄 1:2005/06/12(日) 18:30:11 ID:dnxC93Sn
不良少女の理緒は万引きで補導され、それを迎えに来る途中で両親は事故にあい死亡した。
泣きじゃくるまだ幼い妹の結花。親戚たちは両親の死の原因をつくった千佳を責める。
兄の友哉は「気にする事はない」と理緒に優しく言った。

三兄妹は親戚で大金持ちの唐沢家に引き取られる事になった。
唐沢家の一人娘の藻音(もね)は理緒とは正反対の才色兼備の少女。
彼女は亡くなった母の子守唄が録音されたテープを聞きながらではないと眠れないという。
理緒たちは唐沢家の使用人で口のきけない志津江に世話をされるようになった。
ある日、結花は藻音の部屋に迷い込み、子守唄の録音されたテープを消してしまう。
藻音は泣き叫びながら結花の頭を壁に何度も打ち付けさせ、結花は意識不明の重態で入院した。
いくら大事な物でもあそこまでするのは異常だと理緒は言うが、友哉は耐えろと言う。

病院では何故か、結花に怪我をさせたのは理緒という事にされ、看護婦にまで陰口をたたかれた。
結花の見舞いから帰ると、藻音は理緒の両親の写真を志津江に燃やさせていた。
「大切なものを失う辛さがこれでわかった?」藻音は笑う。
志津江は藻音に内緒で両親の写真を一枚残しており、それをこっそりと理緒に渡してくれた。
藻音は母の子守唄が聞けない事でストレスを募らせ、
カルシウムが足りないせいだと理緒の両親の骨を粉にしてごはんにふりかけて食べた。
吐き気と怒りを感じながらもうこんなところにいたくないと訴える理緒に
「お前が万引きしなければこんな事にはならなかったんだ!」と友哉は本音を口に出した。

藻音はストレス解消として、志津江の両手足を縛り、犬のように四足歩行にさせ引きずりまわした。
それを止めようとする理緒。「気が変わったわ。この子の方が面白そう」
志津江の代わりに理緒は首輪をつけられ蔵に監禁される。
そこで連日暴力を受けつづける理緒の叫び声は録音され、
藻音はそのテープを子守唄の代わりにしてやっと眠れるようになった。
「もういいわ。例の薬飲ませてあげて」
屈強な使用人によって理緒は無理矢理得体の知れない薬を飲まされる。
薬によって理緒の喉は焼け、声が出せないようになった。

558 :地獄の子守唄 2:2005/06/12(日) 18:34:19 ID:dnxC93Sn
監禁され続ける理緒。
食事は全て拒否し、藻音に噛みつこうとするが避けられる。
もしこのまま食事を拒否しつづけ理緒が死んだら、
次は友哉や意識の回復した結花の番だと藻音は笑う。
兄たちをそんな目にあわせてはいけないと理緒は食事をとるようになった。

この状況に耐えきれなくなった友哉は理緒を殺して自分も死のうと襲い掛かる。
お兄ちゃんとあたしが死んだら結花はどうなるの?@搶盾ヘ必死で抵抗する。
そこへ現れた藻音は使用人に友哉を殺させる。友哉の死体は引きずられていく。
残された理緒は、もう二度と藻音に噛みつけないようにとヤスリで歯を削られる。
「これじゃラチがあかんな。電気ドリルを取ってこい!」理緒は電気ドリルで歯をえぐり取られた。

友哉は崖から足をすべらせて死んだという事にされ葬式が行われた。無論理緒は出席できない。
蔵の外では、理緒は妹に暴行を働いた上に家出をしたとんでもない不良娘という事にされていた。

退院した結花が藻音に連れられやって来る。
無事だったのかと理緒は泣いて喜ぶが、幼すぎる結花は毎日見舞いに来ていた藻音に懐き、
風呂にも入れず排泄物も垂流し状態の理緒を「ばっちい」と嫌がる。
結花は、理緒を犬扱いする藻音に「本当のわんちゃんの方がキレイだよねー」と言った。
「わんちゃんがお洋服着てるなんておかしいよ」結花のその言葉で理緒は全裸にされた。
全裸の理緒は庭に引きずり出され、投げたボールを拾いに行けと命令される。
しかし羞恥で理緒は1歩も動けない。「わんちゃんのほうがかしこいよねー」結花は無邪気に言う。
志津江はその光景に心を痛めるが藻音の手前なにも出来なかった。
真夜中、志津江は理緒に服を被せかけ、理緒をいましめていた縄を解いた。
しかし直後に藻音がやって来て、理緒はまたもとの状態にされ志津江はどこかに連れていかれた。

559 :地獄の子守唄 3:2005/06/12(日) 18:36:31 ID:dnxC93Sn
翌日、志津江の代わりに働けと言われ理緒は外に出される。
志津江は自分のせいで首にされてしまったのかと理緒は思う。
使用人に料理をつくるから卵を出してくれと言われ冷蔵庫を開けると、
中には志津江の生首が入っていた。藻音に逆らった志津江は殺されていたのだ。
そして、使用人は志津江の腕を調理する最中だった。
そこにやってきた藻音を、理緒は恐怖で突き飛ばす。
倒れた藻音は煮えた油の中に頭を突っ込む。
油はこぼれ、火事が起き、古い屋敷に火は瞬く間に広がっていく。
泣いている結花を抱きかかえ、無我夢中で理緒は屋敷を飛び出した。

理緒と結花以外の屋敷の住人は全て死んだようだ。
どうしてこんな事になったのだとつぶやく町の人々に結花は
「りおちゃんのせいで おうちがかじになったの」と泣きながら言う。
「あんた確か家出したっていう不良娘…こんな事をするために帰ってきたのか!?」
殺気だった人々は凶器を持って理緒を取り囲んだ。

【完】

560 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 19:05:41 ID:???
飯食いながら読むんじゃなかった・・・OT乙

561 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 19:50:07 ID:???
飯食いながら2ちゃんするなw

562 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 22:45:49 ID:???
つまり
ピザでも食ってろデブ
ってことだな

563 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 23:06:01 ID:???
グロい・・・

564 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 23:43:22 ID:???
「紅い牙」シリーズをリクエストします。

565 :マロン名無しさん:2005/06/12(日) 23:55:43 ID:???
人参大好きお願いします。

566 :マロン名無しさん:2005/06/13(月) 00:22:44 ID:HRJeGnUi
ホラー漫画って救いの無い話が多いから苦手。
ゾンビ屋れい子は基本がバトルして打ち勝ってハッピーエンドだったから好きだったけど

>>565
もう何スレか前に書かれたと思うけど

567 :マロン名無しさん:2005/06/13(月) 03:04:52 ID:???
「おはよう!姫子」「うわさの姫子」 藤原栄子 小学館 てんとう虫コミックス
をお願いします。
その昔、小学館の学年誌に載っていた作品なんだけど、全体を通しての
ストーリーは知らないので・・・

568 :マロン名無しさん:2005/06/13(月) 08:50:16 ID:???
>>565
にんじん大好き

小学生の頃、うっかり読んでトラウマになった・・・

569 :マロン名無しさん:2005/06/14(火) 00:13:58 ID:???
「宇宙なボクら!」日渡早紀
あらすじをなるべく詳しく
お願いします

570 :マロン名無しさん:2005/06/14(火) 12:28:21 ID:???
小山ゆうの『あずみ』、よろしくお願いします。
特に名作と言われる第一部、徳川家康暗殺までを詳しく知りたいですm(__)m

571 :マロン名無しさん:2005/06/14(火) 21:52:14 ID:???
短編なのですが1995年の別冊花とゆめに掲載された、
なかむらよしみの「罰さえも忘れてる」の簡単なあらすじを教えてください

572 :マロン名無しさん:2005/06/14(火) 23:29:20 ID:???
こしばてつやの「LOVE GOD」のあらすじをお願いします!
男の子が縛り付けられて、口と尿道をふさがれたままフェラされて、
しかも殺されてしまうっていうシーンがあったと思うんですが、
その近辺だけ詳しくして下されば、後は簡単で結構です!!
よろしくお願い致します。

573 :マロン名無しさん:2005/06/14(火) 23:31:02 ID:???
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~〜ヽ::::::::::::|/        = 完 =

574 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 02:28:59 ID:???
>>572
よく知らないけど、それって18禁じゃないの?
18禁のストーリーは不可みたいだよ、ここ。

575 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 09:09:27 ID:???
荒らしに決まってるだろw

576 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 09:43:54 ID:???
ちょっと検索してみたけど講談社から出てるみたいだよ。
ふたりエッチみたいなもんじゃないの?

577 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 10:26:28 ID:???
明らかに内容知った人の書き込みじゃん。
リク者が知ってる部分を詳しく書けってどういうことだよw
どっちにしろエロは板違い。

578 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 15:24:11 ID:???
依頼者じゃないが、「LOVE GOD」はエロ漫画じゃないぞ
確かヤンマガに連載されてた作品

579 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 15:29:00 ID:???
>>577
昔、サークルの部室にあったヤンマガをチラッと読んだら、
そのシーンが載ってたんだよ。
あまりに凄いシーンだったからずーっと印象に残ってて、
最近やっと作品名が判明したの。
で、全体通してどんな話だったんだ?って気になったわけ。
荒らしじゃないけど、こういう話ってリクエストするべきではなかった?
ごめんね。

580 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 15:55:14 ID:???
あ、わかると思うけど↑は572です。
ここでリクエストするには、ちょっと空気読めてなかったですね。
気分害された方すいません!


581 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 15:57:28 ID:???
>>579
>全体通してどんな話だったんだ?って気になったわけ。
>>572の>その近辺だけ詳しくして下されば
に矛盾しているのでは

582 :572:2005/06/15(水) 16:51:41 ID:???
>>581
あ、ごめん。またややこしい書き方しちゃったね。

「あのシーンは一体なんだったんだ?」っていうのがまずあったから、
>その近辺だけ〜
って書いたんだよ。一番知りたかったのはそこだったから。
でも、ほんとにそこだけ抜き出して書かれても、話の流れがわからないから、
全体の簡単なあらすじも知りたかったの。
文章力無くてすいません…。

多分不快に思われてる方が多いと思うので、もう書き込みしないようにします。
リクも取り消しという事でお願いします。
どうもお騒がせしました!

583 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 18:47:29 ID:???


584 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 21:26:40 ID:???
どうしたの?

585 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 21:28:11 ID:???
毎回語尾に「!」つけてるのが気になるんじゃないのw

586 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 21:37:11 ID:???
一生懸命っぽくていいじゃん。

587 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 21:51:59 ID:???
あらすじ見て天使禁猟区を五巻まで買ってきたんだが、
絵は上手いんだけど話がよくわからん。ややこしい。

588 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 22:29:58 ID:???
天使禁猟区

589 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 22:30:39 ID:???
天使禁猟区の続きマダ〜?

590 :マロン名無しさん:2005/06/15(水) 22:31:37 ID:???
ゴメンなんかミスった_| ̄|○


591 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 01:23:41 ID:???
>>587
妹萌え

妹あぼん

よし、妹を甦らそう!

という単純な話だよ。

592 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 01:56:59 ID:???
確かに。
刹那は最初から最後まで妹の事しか頭に無かった感じがした。


593 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 02:10:00 ID:???
地獄の子守唄は「万引きしたらこんな目にあうぞ」という教訓話なのかな。
やや過激だが。

594 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 05:39:11 ID:???
はじめて来たんですが、
もう語られてる漫画の更に詳しいストーリーの説明は受け付けてますか?

595 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 05:42:13 ID:???
あとナツノクモとエビアンワンダーを予約したいです。

596 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 08:15:58 ID:???
前置きとして。
他の篠房六郎作品、空談師、
篠房六郎短編集の中の一編と世界観を完全かどうかは分かりませんが共有しています。

物語の舞台は『リネン』というネットゲーム運営会社が運営しているゲーム上。
(ゲームの固有名は不明、あまり物語性があるものではないようです)
種類としては『MMO』(今からの定義は引用ですが)
『数百人から数千人規模のプレーヤーが同時に1つのサーバーに接続してプレイするネットワークRPG。』
『MMORPGには基本的にゲームの「終わり」はなく、プレーヤーは(仮想世界なりの)日常生活や、
運営側が用意した突発的なイベントを楽しむというスタイルになっている。』

プレーヤーが操作するキャラクターのことを『外装』と呼びます。
外装のデザインは個々である程度設定できるようです、リネン以外の個人が作ったものをボードで動かすことも。
どういう条件で取得できるのかは分かりませんが『隠れ能力』と呼ばれるものを身につけた特異なステータスを持つ外装もあります。
外装が死亡状態の場合生き返る方法は2種、他者による回復とステータス低下と引き換えのその場での復活。
もし死亡状態のまま接続を切れば外装は数分で『消滅(ロスト)』してしまいます。
外装をロストさせる方法に『拷問』と呼ばれる物があり、
その方法はプレーヤーが諦めて接続を切るまで何度でも殺しつづけることです。

597 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 08:17:31 ID:???
サーバー上で用意されるゲームフィールドを『ボード』と呼びます。
ボードは3種類あると思われます。
リネン公式のもの、リネンに許可を取った『GM』(ゲーム管理者)がサーバーを用意し、データを受け取って設定したもの(GMが用意したものはそれぞれ特徴をつけてあり、そのボード上でのみの特色のある設定ができるようです)、
そしてリネンの許可外の不正規な物です。
ボードの機能に『ボックス』と呼ばれるものがあり、
これは個々のプレーヤーがある程度設定できる空間のようです。
個人と個人の対人戦闘など、その他の用途に使われます。
(練習モードなどがあり戦闘で死亡しない設定なども出来ます)
(正直あまり設定が語られないのですがもしかしたら自分のパソコンを簡易ボードにするものなのかも…)

補足で『廃人』元は後遺症激しい傷病者等のことですが最近ではネットゲームをやりすぎている人の揶揄、または賞賛などで使われます。
色々な定義があるでしょうが『ナツノクモ』上では主に現実世界では生活は破綻かうまく行ってない人、
のめりこんでるだけあってゲーム内では戦闘などが強いプレーヤーが多くでます。

598 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 08:20:20 ID:???

物語冒頭、三人組のプレーヤーがダンジョン深くを通信があった仲間のもとへ急いでいます。
最後の通信では『エンジン男が現れた』と言っていたそのプレーヤーは、
三人がついた時すでに死亡状態で接続が切れ、ロストするところでした。

三人組は外に戻り、話をはじめ、ロストさせられたプレーヤーが戻ってこないことを語ります。
曰く『エンジン男に消されるのは廃人のみ』『エンジン男にロストさせられたプレーヤーは戻ってこない』
外装を消されてもまた新しい外装を作ればいいだけのこと、なのに戻ってこないのは異様なことです。
今回消された仲間は戦闘が最強クラスの廃人プレーヤーだったそうです。

三人組の一人『セキ』は自分が慕う『師匠』に戦闘の手合わせの最中エンジン男のことを語ります。
話を聞いた師匠はエンジン男の対処法をセキに教えます。

『師匠』こそ作品の主人公『コイル』(名前がこの先変わりますが)彼は娘を見捨てたと語り、
ボード上でのカウンセリングを提唱する隻川教授にカウンセリングを受けています。
コイルは娘を見捨てたという思いから自罰的な思考を持っていて、
そのカウンセリングでセキを弟子にしたのは殺気を持った目をしていて
自分を存分に壊してくれるかと思ったからだと答えます。
隻川教授は心理学でいう『転移』(違う人物を特定の人物の代わりとして割り当てる事?)
をコイルとセキが起こしていて互いが互いの治療者になっているのでは?と語ります。

隼川教授はオンライン上で仮想の街、仮想の家族を演じさせるワークショップを運営していて、
そこでは多数のプレーヤー達が子どもという『設定』親という『設定』を持ちオフよりはるかに短い一日を過ごしています。
隼川教授はコイルに『なぜこのような活動をするのか?』と問われ、
散々旧版のゲームをプレイし、ネットの悪いところ、良いところを見てきて、
同時にそれに強く惹かれたことを語ります。
『オンライン、ネットとは言いえて妙』
『私達を繋いでいる関係性は蜘蛛の糸よりか細く弱い、
しかしそれでも通い合える何かがある、糸が支えられるものは小さい。
その糸の強さを調べるのが自分達がするべきこと』と答えます。

599 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 08:22:59 ID:???
(ワークショップは学術研究と臨床実験の場、この分野はまだまだ手探り)

会話中に教授に通信が入り同じゲームをしていた少年が人を三人殺した事件のが起こったと告げられます。

舞台は代わりセキ達の雑談でも17歳の少年の殺人の話が話題に上がります。
ニュースではゲームの影響という論調のようです。
プレーヤー達は遊び感覚で殺人を語り、プレイしている時間で殺すなら親をもう殺してると発言します。
それを聞いたセキは顔色を変え、場を一人離れて行きます。
去るセキを尻目に一人の男が現れ、話を聞きたいと輪に加わりました。
話を聞き去る男を見かけた仲間の女性プレーヤーは仲間に男のことを尋ねます。
仲間たちは自然に輪に入る奴でセキのことや色々聞いていった事を語ります。
女性プレーヤーはなぜ話したのか責め、凄く嫌な感じがしたといいます。

コイルとの手合わせの場にいつも通りに現れたセキに、
隼川教授に提案されたワークショップで開かれる祭りへの一緒の参加をテレながらもコイルは誘いますが、
転移を起こしているセキは『なんでいまさら親の顔なんてするんだよ!』と言葉をぶつけ、
自分はとっくにあんたを殺せる、今までわざと当てなかったんだ『俺はとっくの昔にバケモノだ』
と言葉を残しその場を去ります。
残されたコイルはただ立ち尽くすのみ…。

続く

600 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 08:26:33 ID:???
貼ってから気づきましたが、
改行の時の区読点入れに集中しすぎて区読点を入れ忘れた所が有りすぎました…。
以後気をつけます。

601 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 10:21:44 ID:???
>>594
ためしに「更に詳しく」説明してほしいタイトルを言ってみて。
ものによっては「これ以上詳しくなんてできねーよ!」ってタイトルもあるけど。

602 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 10:47:59 ID:???
>>601
>>594が言ってるのはあまりにも短すぎる紹介のまま放置されてるものじゃないの?
詳しく書いてるのはもういじる必要もないし。質問ぐらいはあるかもしれないけどさ。

603 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 11:02:13 ID:???
>>601
>>594じゃないけど怪傑蒸気探偵団とバーコードファイターと落第忍者乱太郎とGoWest!。
あとツインシグナルを一部だけじゃなくて他の部分も知りたい。

604 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 11:26:58 ID:???
>>603
>落第忍者乱太郎
これってアニメでしか見たことないけど、マンガのほうもあんな感じの短編がずっと続くんじゃないの?
1話1話出していったらどんなに長くなるのか・・・まぁ書く気がある人がいたらいいね。

てかみんな再リクエストは慎重だよね。
やっぱり、先の書き手の意図とか面子とか考えるのかな。
やる気がそがれるっていう人もいたっけ、そういえば。

605 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 12:22:30 ID:???
>>604
いや結構、盗賊退治とか敵城侵入とか武芸大会とか占領された村の解放とか密書を届けるとか、
コミックス一巻分くらいの長さの話が多かったはず

606 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 14:27:51 ID:???
594ですがナツノクモやってるのと同一人物です。
ナツノクモと空談師の作者一緒なんですが、
あまりにも空談師の扱いが酷かったもんで…。

今の収録されてる説明にはストーリーが殆どないとされてますが
荒削りながら、ガッツリあるんでもうちょっと詳しく書いてあげたいかなと。

リクエストされた説明が簡潔にって事だったのかもしれませんが。

607 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 14:39:15 ID:???
>>606
>今の収録されてる説明にはストーリーが殆どないとされてますが
>荒削りながら、ガッツリあるんでもうちょっと詳しく書いてあげたいかなと。

そういうのは大歓迎。頑張って補足してください。
そうか。594氏は、詳しく知りたいんじゃなくて、詳しく書きたい(補足したい)人だったのね。



608 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 14:52:11 ID:???
解答どうも、初めて来たんでそこらのシステムがちょっと…。
たとえば『簡潔に説明してくれ』
というのに沿って書かれた文を収録している作品に更に説明していいのかとか。
リクエストされてるものもどのようにリクエストされてるものか分からなかったもんで。

とりあえず書き方の要望とかは時間がたったリクエストの場合あまり関係なくなるんですかね?
その人がスレ上に居なくなったら詳しい書き方で書いても大丈夫とか。

合ってますか?

609 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 15:04:43 ID:???
まとめサイトには過去スレもありますから
検索すればどういうリクエストだったのか分かる人もいるかも。
でも、リクエストとは関係なしに、ここに特に意図もなく読みに来てる人もいるし
そんなに気にしなくてもいいんじゃないかな
特に既存のあらすじが激短ならそう前の書き手さんを気にしなくてもいいと思うけど

610 :マロン名無しさん:2005/06/16(木) 16:21:52 ID:???
>>608
足りないところを補うっていう意味で言ってるなら歓迎するよ。

あと、とりあえずパッと思いつくところで「ES」と「天は赤い河のほとり」。
このふたつは、先の書き手・大雑把なあらすじ→後の書き手・詳細なあらすじ
になってる。特に批判めいたレスもつかなかったと思う。

611 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 17:01:27 ID:???
場面は変わり隼川教授の部屋になり牛の帽子を被った女の外装のプレーヤーと会話している場面。
本名で呼ぼうとした隼川教授をさえぎり、ネット上では『ジージャ』の方が慣れているのでそう呼んで欲しいと頼みます。
初のカウンセリング予約のようでしたが今後の治療方針を決めようとする隼川教授の言葉をさえぎり、
ジージャはカウンセリングを受けるためでなく、他の用件で来たと語ります。
その用件とは教授が行っている活動の中に、ユニークで公に出来ないものがあること、
そしてその中に最強のPC(プレーヤーキャラ)を殺し屋として雇っていると聞いた事。
隼川教授は取り付く島なく自分の治療に興味がないなら他のカウンセラーを紹介します、
もっとも殺し屋の斡旋をしているところは知りませんが、と続けます。
ジージャはそれでも喰らいつき『自分達のボードは『クロエ』のものである』と言い、
隼川教授はハッとした様子で貴方達が?と尋ねます。
ジージャはさらに続け自分達のボードが今新聞やニュースで散々大騒ぎになっている事、
別に殺し屋が欲しいのではなく、自分達の身を守る力が欲しいのだと伝えます。
それでも教授は気を取り直し、突っぱねます。

612 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 17:03:09 ID:???
場面は変わり廃墟のフィールド上に座り込むコイルの前に、
あのセキのことを聞きにきていた眼鏡の男、クランクが尋ねてきます。
因縁浅からず、の様子で終始コイルは眼鏡の男を睨みつけます。
クランクは次の標的はコイルの弟子のセキであると伝え、
もしなんなら自分から隼川教授に仕事をなかった事にする様頼んでも良いといいます。
そのクランクを睨みつけながらコイルは『お前は俺を見て楽しんでいるだけだ』
確かにクランクならそれができ、全てを教え、選択の余地をわざと残したことを指摘し。
『その性分には反吐がでる』と吐き捨てます。
クランクは期日では後十日、後悔のないようにといい、去っていきました。

コイルはセキの仲間達にセキのことを聞いてまわることにし、
セキに思いを寄せ、心配する女性プレーヤー『トモ』にいつもセキがコイルの事ばかり話す事、
内容は憎まれ口ばかりなこと、一件以来コイルが現れなかった為、何度も何度もボックスに通っていた事、人を寄せ付けなかったセキが多分コイルと出会った頃から、
自分達を受け入れ始めてくれた事などを伝えます。

そのセキが一件以来塞ぎこみ、危険な階層を一人突っ走り、とり付かれたようにレアアイテムを探している事を語られたとき、
授業料と称してセキが置いていっていたレアアイテムが一件以来、居ない間に大量に増えている事をコイルは追想します。
トモは自分では駄目だという事に気づいていたと言い、コイルにセキのことを頼みます。

613 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 17:05:24 ID:???

コイルはボックスでセキを待つ間エンジン男の攻略法をセキに伝えている時のことを追想しています。
追想が終わりひざまずいたまま『忘れるなセキ…俺が前に言った事』と呟きます。

ボックスにセキが現れ、セキにコイルは
『今日が最後の手合わせ、俺と少しでも長く居たいなら、隠していた本気とやらで来い』と言い放ちます。
序盤それでも躊躇するセキをあっさり殴り飛ばし、本気でこないなら後十秒で終わらすとコイルは一喝します。
迷いを吹っ切ったセキの相手をしながらコイルは隼川教授との会話を思い出していました。

怒りのパッドという子ども向けプレイセラピーのことを隼川教授は話します。
紙パッドを用意しそれを子どもに与え、本気で腹が立っている物事を好きなだけ書きなぐらせ、
最後にそれを破り捨てるという手法である事、セラピーでは暴力的なものは避けられるが、
時として怒りをちゃんと対象化し、無害な方法で素直にぶつけさせる事が有効である事。
セキがコイルとの戦闘にそれほど拘るのはそれが彼の中でそれだけ重要なことであることの証拠、
手合わせにはそういうプレイセラピー的な効果があるのではないか?と語ります。

614 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 17:12:26 ID:???

ついに死闘の決着がつき、コイルの渾身の一撃にカウンターでコイルの外装の脇腹を突きぬくセキ、
コイルの外装は死亡状態になり血まみれになりながら崩れ落ちます。
(外装と戦闘システムの補足、外装のダメージにはピンポイントの急所攻撃による即死状態と、
体力を削りきった場合の死亡状態があります、その他アイテムや特殊武器による即死もあり)
それを見たセキは顔に両手を添え、血を吐くような叫びをあげます。
その中で『父さんは何も聞いてくれなかった』『父さんを傷つける事が俺にできるなんて思わなかった』
『傷つくわけなんかないのに、俺の下で血まみれになって丸くなるなんて、そんなこと違うんだ!』
『どうしたらいいんだ!』と叫ぶセキの前でコイルが身を起こします。
起き上がったコイルはお前の勝ちだ、参ったといい、唖然とするセキにお前が勝てば俺が消えるとでも思ったのか?と言います。
みっともないがその場で復活したといい。
『お前は十分強くなった、大丈夫だよお前なら、お前なら多分…』とセキを認める声をかけます。
それを見たセキは顔を床に伏せ、溢れる安堵の涙と叫びをボックス中に響かせるのでした。

615 :ナツノクモ:2005/06/16(木) 17:14:37 ID:???
続きます、入れ忘れましたすいません。

質問の解答は参考にさせていただきます、
ありがとうございます。

616 :マロン名無しさん:2005/06/17(金) 20:55:46 ID:???
前スレの方が上がってるのはちょっとねage

617 :マロン名無しさん:2005/06/17(金) 21:45:13 ID:YiqPkvjN
NANAをリクエストした者です。
亀ですが、応えていただけるとうれしい!

一巻一レス程度で充分です。モノローグは、意味深だけどいまだストーリーとどう絡んでくるか
分からない部分が多いので省略していただいてかまいません。
私が読んだのは、ハチの妊娠が発覚する頃までで、その後の展開が気になるものの
あまりのハチのドキュさについていけなくなって読めなくなりました。
よろしくお願いします。


618 :マロン名無しさん:2005/06/18(土) 00:51:15 ID:???
ああ、すれ違い・・・

619 :マロン名無しさん:2005/06/18(土) 04:12:03 ID:???
九月姫の「竜と蛙と冒険者」をお願いします

620 :デビルマン:2005/06/18(土) 20:32:44 ID:4DDo7cni
こんな名作のストーリーを誰もかいていないらしいので、漏れが書いてやる。

気の弱い高校生の主人公は、いつも不良グループからバカにされている。
ところが、ある日、主人公の友人がやってきて、「地球上に悪魔がやってくる、
君は悪魔の王子となり、たたかってくれ」といわれる。
主人公はなぜかOKする。悪魔が主人公にのりうつり、主人公はデビルマンになる。
主人公は強くなったため、不良グループにもバカにされなくなる。

地球を滅ぼそうとする悪い悪魔がやってきて、デビルマンはたたかう。
戦闘戦闘のくりかえしで、最後は地球が滅ぶ。

(まじでこんだけのストーリー)

621 :マロン名無しさん:2005/06/18(土) 20:51:37 ID:???
地球滅ぶのかよ

622 :マロン名無しさん:2005/06/18(土) 20:53:29 ID:???
>>601
ハイスクール奇面組。

3年奇面組とフラッシュ奇面組をリクエストします。詳しく知りたいです。

623 :マロン名無しさん:2005/06/18(土) 22:02:49 ID:???
>>620
まて、それは一作目か?

624 :620:2005/06/18(土) 23:16:18 ID:4DDo7cni
>>623
君の言う一作目の定義がよくわからないが、
「デビルマン」(新とかつかない元祖のやつ)
の全5巻を完全に網羅した要約をかいたつもりだ

625 :620:2005/06/18(土) 23:20:16 ID:4DDo7cni
>>621
そこが普通のヒーローものとちがうんだよね。

「地球は守られた」ではなく、ちゃんと、
「ヒーロー(ウルトラマンや仮面ライダー)が
あれだけの怪獣とたたかったら、
その戦闘のせいで、地球は滅ぶ」を描いている

このSF少年の素朴な疑問をきちんとかいた名作だと思う。

626 :愛と誠:2005/06/18(土) 23:26:30 ID:4DDo7cni
これも名作だな。もれがさわやかにまとめてやろう

大河誠は不良の集まる高校へ転向する(クロマティ高校みたいなところ)
そこで、早乙女愛と出会う。

早乙女愛は、昔、彼を命がけで守ってくれた少年を今でも忘れず恋を
していた。そのとき、少年には傷がついたはず。
そのキズが大河誠にあったのだ。
強く心をひかれる早乙女愛

しかし、大河のライバルのがり勉が、
早乙女愛に「君のためなら死ねる」と名言をはいたため、
早乙女愛は深く心を動かされる。
ここに三角関係が発生する。以上。



627 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 00:10:16 ID:???
>>626
それでおしまいなの?


デビルマンレディってのは、デビルマンの続編というわけじゃないの?


628 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 00:51:44 ID:???
ハーメルンのバイオリン弾きが34巻までしか見つからないのですが
ケストラー倒せたかどうかだけでも教えてください…

629 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 00:54:00 ID:???
↑纏めサイトにあったような。
ってかハーメルンはラストしかないんで
誰か全体纏めてくれる人キボンヌ

630 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 01:41:48 ID:???
>>627
詳しいストーリーは知らんが、続編ではない。
悪魔っぽいのに変身しちゃう女性がいて、
「悪魔に変身する男はデビルマンとよばれた。
 それならば彼女はデビルマンレディだ」
みたいな感じでデビルマンレディと呼ばれるようになったような。
アニメ版をちょろっと見ただけだが、最後の方でデビルマンレディが
ふたなりでチンコのついてる美女に犯されてた。


631 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 02:43:43 ID:???
なにそのエロアニメな展開

632 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 02:48:41 ID:???
>>627
んなわけないだろう、もはや一巻あらすじ紹介レベル過ぎる…
デビルマンも発端と結末だけでどれだけ飛ばしてる事か。

これは教えて貰うってか紹介してもらうって感じだな…。

633 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 03:00:09 ID:???
>>632
いいやん、もう。書き手も色々、書き方も色々てことで。
誰かが後で付け足せば、なんの不満もない。

634 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 03:14:38 ID:???
「愛と誠」は高校に転校してから出会うんじゃなくて
誠と再会した愛がそのワルぶりを見てわざわざ愛が転校させたんでは…。

635 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 10:48:47 ID:???
「残酷な神が支配する」どなたかお願いします。

636 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 13:26:25 ID:???
>630-632
漫画版は、続編扱いでいいんじゃないか?
デビルマンとサタンの復活劇
デビルマンも後付設定が一杯あるから、パラレル扱いかもしれないけれど

637 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 13:43:46 ID:???
>>632
まあ前に紹介があると書くひと出にくいだろうけどな

638 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 13:56:33 ID:???
>>637
なんで?ああ、未解決の中から省かれちゃうから?

639 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 14:33:08 ID:???
>>638
それもあるし前にあるとなんか上からぬリ潰す気分で書くといいにくい
書かれないよりは良いんだろうけどなあまりにもはしょられすぎてるとちょっと。

640 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 15:03:06 ID:???
>>639
>前にあるとなんか上からぬリ潰す気分で書くといいにくい

考えすぎじゃね?実際は前の書き手の分もしっかり残るんだし。んないらん心配しなくても。

641 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 15:05:26 ID:???
まあ気兼ねするってのはあるじゃん

642 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 15:21:26 ID:???
ダメだダメだそんな弱腰じゃ。
次の書き手がいたからこそ「ナウシカ」も「MONSTER」も完成したんだ。

つか、もしこのスレ内にそういう空気が蔓延してるとしたら、
それは間違った気遣いだ(と個人的に思う)から、
次スレに但し書きでも加えた方がいいかもしれない。

補足随時歓迎って。

643 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 15:49:02 ID:???
罪に濡れた二人をお願いします。
途中までまとめにあるので、そこからどう終わったのか簡潔に知りたいです。

644 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 16:00:34 ID:???
>>643
・・・つ、ついに完結したのか。

645 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 16:36:37 ID:???
途中まで書いて放置のやつとか、それの続きから書くべきか
新しく書くべきか微妙

646 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 16:39:37 ID:???
>>645
自分が書きやすい方でどうぞ

647 :マロン名無しさん:2005/06/19(日) 22:27:56 ID:???
まとめサイトの日本国〜の11話はないの?

648 :マロン名無しさん:2005/06/20(月) 00:34:57 ID:???
赤色エレジー

漫画家志望だけどダメダメな一朗とアニメのセル塗りで稼いでる幸子が
「ずっとこうしていられたらいい」とか「お布団もう一枚買おうね」とか言って
抱きしめあいながら同棲してたんだけど、
夢ばかり追いかけて人生送っていける訳もなくて、結局一朗と幸子は別れて
一朗は諦めきれない思いに苦しんで、幸子の幸はどこにあるという話

649 :マロン名無しさん:2005/06/20(月) 02:07:35 ID:???
2001夜物語(超簡易版)

地球に住む人々は遠い宇宙に思いを馳せるんだけど、まだまだ遠くまでいけない。
で、居住可能っぽいけど凄く遠い惑星に精子卵子満載ロケットを飛ばしたり、
地球のデータを満載した異星人探索用AIロケットを飛ばしたり、
冷凍睡眠装置を開発したりしてたら、太陽系の一番端っこに反物質で出来た惑星
「魔王星(ルシファー)」をハケーン。
反物質を利用したエネルギーであっという間に遠くまで行けるようになる。
結果、精子卵子満載ロケットと異星人探索用AIロケットは無用になって、
異星人探索用AIロケットは遭遇しても無視、精子卵子満載ロケットは目的地の惑星を
精子卵子提供者夫婦の子孫が改造して人が住めるようにしてとりあえず生きていけるように
する。
そんなこんなで大宇宙に散らばっていった人類だが、いつまで経っても知性ある異星人とは
出会えない。宇宙産まれの宇宙育ちで今までの人類とは感性や考え方が違う新人類が
出てくるようになる頃には、全体的に宇宙を旅していく情熱が無くなっていた。
最終的に新人類達は旧人類達の遺伝子を集めて(精子卵子満載ロケット産まれの
子供含む)、更なる宇宙の彼方を目指して飛んで行き、旧人類は地球へ戻っていく。
終り

650 :マロン名無しさん:2005/06/20(月) 03:06:43 ID:???
なんで新人類たちは旧人類の遺伝子を持っていくんだ?

651 :マロン名無しさん:2005/06/20(月) 03:07:29 ID:???
なんで新人類たちは旧人類の遺伝子を持っていくんだ?

652 :マロン名無しさん:2005/06/20(月) 09:38:59 ID:klFlD0w1
「素晴らしい世界」と「がじぇっと」をお願いします

653 :天使禁猟区 :2005/06/20(月) 09:59:19 ID:???
・ウリエル
 四大天使の一人で土を守護する屍天使。
 言霊咒法という他者の輪廻を捻じ曲げる能力を生まれつき持っており、
 愛するアレクシエルに言霊咒法をかけた自分を責め、自ら声帯を引きちぎった。
 星幽界に失踪してからは地獄門の鍵守人となる。

・ドール
 紗羅をモデルにした顔を持ち、キリエの魂を有する。
 何故かメイド姿で、ウリエルを御主人様として敬愛している。

・ティアイエル
 他人の心を読む能力を持つ。
 堕天使の烙印を押され貧民街に捨てられたところをカタンの餌にされそうになる。
 カタンと共に罪を償い光の国を目指そうとするが、ドビエルの部下によって殺される。

・加藤故
 不義の子としての父からの扱いによって非行にはしった不良少年。
 地球で刹那の前世のいざこざに巻き込まれ死亡。
 星幽界でも刹那をかばって魂が消滅。
 ウリエルによって甦るが、刹那のたまにまた死ぬ。

654 :天使禁猟区 27:2005/06/20(月) 10:02:16 ID:???
【地獄(ジャハンナ)編 ACT.1烈火の天使】
刹那の夢の中に現れたセラフィタは天界や地獄の説明をする。
地球をはさんで上に天界、下に地獄がそれぞれ七層ずつある。
『神性界(アツイルト)』 天界最上層。そのどこかにセラフィタが幽閉されている。
『創造界(ベリアー)』  天界の上から二番目の層。
『形成界(イエツイラー)』天界の上から三番目〜最下層までを指す。
            一般・上級天使の住居、天使の牢獄、スラムなどがその層ごとにある。
            紗羅の魂を持つザフィケルはそのどこかにいる。
セラフィタは説明を途中で切り上げる。何者かが――赤い目をした人物が覗いているのだ。
「あれは兎の目。今のあなたが捕まったら太刀打ちできない。夢の中は子供のテリトリーなのだから…」
目を覚ました刹那は自分がアレクシエルの体に宿っている事に気付き驚くが、
加藤に影響されたためか深く悩まず、元の体に戻る方法を模索しはじめた。
(ちなみに現在地は九雷たち邪鬼の住処のアナグラ)
刹那は目覚めた時何かの種子のようなものを握っていた。廃竜にもらった鱗だ。
廃竜の体はウリエルがつくった植物を硬化させた物なため、刹那が現世に戻った事で元の姿に戻ったのだろう。
刹那は、アレクシエルの身につけているロケット状のピアスの中に種子を入れた。

以前ベリアルが現れてから体調の悪くなったノイズ。
彼女の口を門にして現れたベリアルはそれを目撃した邪鬼の少女を殺害した。
ベリアルは、体を生き返らせたければ力天使長(グレートヴァーチューズ)のラファエルに頼めと言う。
刹那はラファエルを拉致して本体を生き返らせようと決意する。

特異能力≠持つラジエルはかつて最高会下の研究所に強制的に送り込まれた。
そこでラジエルは連日薬を投与され、細胞を採取され、脳を覗かれ、屈辱的な検査を受けた。
特異能力者の末路は、精神崩壊した後にホルマリン漬けにされるという悲惨なものだった。
それを救ったのは、当時研究所の非道な行いを監視する役割についていたザフィケルだった。
能力のためなのか、ラジエルは紗羅の魂と感応し、紗羅の感情が自然とラジエルに流れ込んでくる。
眠りつづける紗羅を呼び覚ます事がラジエルにはできるかもしれない。
ラジエルは、あの少女にもう一度会わせてくれとザフィケルに頼んだ。

655 :天使禁猟区 28:2005/06/20(月) 10:04:11 ID:???
わざわざ刹那を危険な天界に行かせなくても、
甦りの方法は他にもあるとベリアルは九雷に言い、
その方法を教えて欲しければ、花嫁として子宮まで来いと誘いかけた。
それはルシファーの花嫁として、という意味だったが
九雷はベリアルからプロポーズされたと一瞬思い違う。
「それは無理ですよ。わたくし男じゃありませんし」
外見からベリアルを男だと思っていた九雷は驚く。
しかし言われてみればベリアルの容姿は中性的でどちらともいえない。
性別や階級や種族や戒律や道徳など意味の無い事だからどちらでもかまわないとベリアルは言った。
ベリアルはかつて地上で、人間達をそそのかし彼らを戒律や道徳から解放した。
交じり合い殺し合い奪い合い、それでも都は栄えたのだった。
それを聞き、ベリアルが七大君主の一人だと九雷は気付きベリアルの名を呼ぼうとする。
「わたくしはただのいかれ帽子屋。その名で呼んでもいいのはあの方だけ。
 良いお返事を待っています。我らの姫君」ベリアルはそう言い残して消えた。

荒くれ者の天使ミカエルは常に争いを求めていた。
彼は、最強の戦士アレクシエルの生まれ変わりの刹那が動き回っている事を知り、
刹那と殺し合いたいと望んでいた。その時に向け力を貯めるために、
霊的磁場が強い東京へとミカエルは降り立った。

656 :天使禁猟区 29:2005/06/20(月) 10:05:19 ID:???
邪鬼の少女が殺された事にアナグラの人々は憤る。
操られたノイズは刹那がやったと、以前は味方をしていたとはいえ
何百年もの間転生され続けているうちに刹那は天界に懐柔されたのだと言う。
人々は腹いせに刹那の本体を殺そうと群がり、本体の腐敗を止めていた魔方陣を壊した。
七支刀を持ちそれを止めに行く刹那。
一人でも傷つければそれこそが裏切りの証拠だと、
ノイズは自分を切ってみろと挑発する。
刹那は七支刀を納め、皆の説得にかかる。
しかし尚も興奮している人々。影で見ていたベリアルは魔術によりそのうちの一人を殺す。
人々は刹那が殺したと勘違いをし凶器を持って襲い掛かろうとした。
九雷は彼らから刹那を守り、本体を持って逃げろと叫ぶ。

「俺がお前の体から剣を抜いたのが元もとのはじまりや。それにノイズは俺の姉やし…」
そう言ってボイスは刹那を助け、九雷の所有する竜に刹那を乗せる。
ひとまずはアナグラから離れ、刹那の本体を保管しなければならない。
ボイスの力は弱いが、東京でならその土地の持つ強い霊的磁場が助けてくれるはずだ。
二人は地球へと向かった。

657 :天使禁猟区 30:2005/06/20(月) 10:07:24 ID:???
【地獄編 ACT.2邂逅】
本体を保存し終わった刹那の前にミカエルが現れる。
刹那は彼を見て「思ったよりも小さい」と口に出してしまう。
彼に対して『身長』と『彼の兄』の話をしてはいけないという決まりを刹那は知るわけも無かったのだ。
襲い掛かるミカエル。
戦う理由はないはずだと説得する刹那の腹をミカエルは容赦なく炎の剣で貫く。
ミカエルはとどめを刺そうとする。かばったボイスは左腕を失った。
絶体絶命の状況で自我をなくし闘争本能のみになる刹那。
そこへミカエルの悪友のラファエルが現れる。
刹那とミカの強大な力により時が止まったはずの地球にも影響が出始めている。
これ以上の争いはよせとラファエルは言うが、刹那は既に話を聞ける状況ではなかった。

天界の現状を憂う男はセヴォフタルタを暗殺しよとし、彼の素顔を見てしまう。
セヴィーは男の背中に針を刺す。それにより男は声を出す事ができなくなり、
また無理に出そうとすると四肢が破裂するようになった。
「もっとも…この顔を見た後では口もきけないだろうが」
男は逃げ続け、ジブリールの保管されている園までたどり着く。
ジブリールは水の力により男をその場から逃げ出させた。
「この肉人形が!生ける屍となってまでも要らぬ思念を残しおって!」
セヴィーはジブリールを殴りつける。人形状態のジブリールは何の反応もしない。
彼女がそのようになってしまったのは、セヴィ-が彼女の首筋に刺した針のせいだった。

メタトロンはウサギのぬいぐるみに、ジブリールに会いに行こうと誘われる。
ウサギに言われて不思議な空間を抜けると、すぐそこにジブリールの園があった。
そこにはメタトロンと同じ髪の色をした男がいた。人格はウサギと同じようだ。
ウサギ男はジブリールの首に刺された針を抜いてくれと頼む。
「君はジブリールが好きなんだろう?
 僕はセヴォフタルタでもいいんだけど…」
ウサ男に言われるままメタトロンは針を抜いた。

658 :天使禁猟区 31:2005/06/20(月) 10:09:33 ID:???
ザフィケルの元で保管されていた紗羅の霊体が姿を消した。
奴の書いたシナリオだ。影で糸を引いていたのはあの男だったのだ。
 少女の体がどこにあろうと関係ない。奴の手の中に器があったのだから
ザフィケルはセヴィーの企みに気付くが既に遅かった。

刹那たちの前に紗羅の霊体が現れた。刹那は正気に戻る。涙を流しながら紗羅は
やめて。みんな死んでしまう…あたしみたいに≠ニ言いすぐに消えた。
その直後の天界。長く眠りについていたジブリールが目覚めた。しかし様子がおかしい。
事態に気付いたセヴィーがジブリールに近づく。ジブリールはこう名乗った。
「あたし…紗羅…無道紗羅…」

ミカエルは半ば強制的にラファエルに撤退させられる。
「奴と戦って妙に嫌な気分になったりしなかった?」
ラファエルはそう問う。何を隠しているとミカエルは問い詰めるがラファエルは口を閉ざした。
残された刹那は、出血多量のボイスに輸血をさせるため、
本体を地球に保管させたままボイスを抱えアナグラへ戻る。
ボイスを助けてくれと頼む刹那。城門を開けさせるために
お前がボイスの腕を切ったのではと人々は怪しみ石を投げる。
刹那はその攻撃からボイスをかばいながら土下座して頼み込む。
そこへ一族の長しか見る事が出来ないと言われる神龍三姉妹のうちの末妹・瑪瑙(アガット)が現れる。
「仲間を殺す気ですか!己の心で真実と嘘を見極める事すら出来ないのですか。早く城門をお開けなさい!」
その言葉で二人は中に入れられる。ボイスの輸血手術がはじめられるが、血が足りない。
ノイズに輸血を求めようと腕を引っ張ると、刹那の聖なる波動に拒絶反応を出し魔物が現れた。
以前ベリアルがノイズにつけたアザは魔物招喚の紋章だったのだ。
刹那は魔物を殺し、それによってようやくノイズは正気に戻った。
それらの様子を覗き見るベリアルは、全く動じずに独り言を言う。
「悪魔の刻印の紋章とは本来、見えない場所につけるもの」

659 :天使禁猟区 32:2005/06/20(月) 10:11:29 ID:???
九雷のもとに訪れるベリアル。男女どちらか相変わらずわからないと九雷は言い、
ベリアルは服を脱いで見せる。ベリアルの右足には蝶の刺青があった。
「古来より蝶はその美しい擬態により見る者を死の淵へと迷わせる。
 しかしお前のその淫らな蝶は誰にでも羽を広げるらしいな」
かつてベリアルがまだ力天使の地位にいたころ魔王はそう言った。
その時の魔王の軽蔑しきった目を見てマゾっ気のあるベリアルは
彼に一生ついて行こうと誓ったのだという。
ベリアルは箱を渡してくる。その中には生き返りの妙薬が入っており、
その箱を開けたと同時に子宮への洞穴が開くのだ。
つまり薬を使う時は九雷が地獄へ行く時でもあるのだ。

ボイスは手術が終わるとすぐに刹那の体をアナグラの元の場所に保管し直し、
ミカエルに左手の敵討ちをしに行こうと刹那に言う。ボイスの左手には今義手がつけられている。
そこへ以前殺したはずの魔物が現れる。その魔物は不死のためすぐに甦っていたのだ。
九雷は魔物の頭を鳥篭に入れ部屋に置いた。魔物は地獄に嫁に来いと説得してくる。
はじめは断固拒絶していた九雷だが、少しずつ気持ちは傾いてきていた。

紗羅(体ジブリール)は永の眠りの後遺症か視覚を失っていた。
それを治すためにラファエルは招かれるが、既に紗羅は脱走した後だった。
何故他人の体に宿っているのかわからず混乱する紗羅は目も見えないまま
闇雲に走り回り、ジブリールを探しにきていたラファエルとぶつかった。

660 :天使禁猟区 33:2005/06/20(月) 10:13:41 ID:???
【地獄編 ACT.3窖の最下の花嫁たち】
貴方はいずれ美しくなりその姿は刹那をも虜にするだろうとベリアルはいい、
一時的に九雷を成長させる。成長した九雷の姿は見違えるような美女だ。
暗闇の中九雷は刹那に会いに行くが、こんな姿で刹那を誘惑しようとするなんて
まるで売女ではないかと恥じ泣いた。そして自分の刹那への思いをはっきりと自覚し、
刹那のためにも魔王の嫁になろうと決意した。出て行く寸前九雷は訊ねる。
「お前は自分が幸せになるのと、自分の大事な人が幸せになるのとどっちを選ぶ?」
「決まってんだろ?みんなで幸せになる!これだ!」刹那はそう答えた。
刹那の部屋から出た九雷は吉良が大量の血を流している事に気づく。
ロシエルの返り血の効力が薄れてきて、以前のように傷が再生しなくなったのだ。
「吉良朔夜の体はようやく自然の摂理によって土に返り安息を得る。
 そしてこの俺は再び精神体になり七支刀に戻る。ただそれだけだ」
しかしそうなったらもう吉良は語る事も自らの意思で動く事もできないのだ。

七大君主の一人であるアスモデウス公爵は、
九雷に渡した生き返りの薬は、死して腐敗してもひたすら甦りつづける
生ける屍をつくるだけのまがいものでないかと言う。
「別に構わないんですよ。餌が本物であろうがどうだろうが魚が釣れさえすれば」
ベリアルは大量の死体――前王妃――たちに向かい「新しい仲間が増えますよ」と挨拶をした。

天界へと向う刹那にこの箱を渡してくれと九雷はアラクネに頼む。
先の戦争で皇家の者は自分以外全て殺されたと思った時、
奇跡的に一人生き残ったアラクネに出会えた事が本当に嬉しかった、
お前が一緒にいてくれたから生きて行けたと九雷は泣きながら言う。
九雷の態度にどうしたんだと心配しながらアラクネは言う。
「あんた一人でも生き残っていたと知って嬉しかったのはあんただけじゃないのよ。それを忘れないで」

続く

661 :マロン名無しさん:2005/06/20(月) 12:14:20 ID:???
>>642
>補足随時歓迎

妙案だと思う。次回テンプレ追加に賛成。
というか、まとめサイトの未解決リストの中で書いてるんだけどね。
>左で終了になってる作品の追加・修正なども大歓迎 って。

662 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 01:58:50 ID:???
だれか弐瓶勉の作品やってくれ(´д`;)
ブラムおもしろそうだったから全巻買ってみたんだが
うはwwwwwはまりそうwwwwwwww

663 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 10:07:52 ID:???
NOiSEとか読み切り版BLAMEとかBIOMEGAとか画集に載ってる漫画とかあるけど
どれが読みたいの

664 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 10:16:14 ID:???
ぜ〜んぶ、やってほしいんじゃね?

つか、荒らしでないならもっとまともな頼み方があるだろ・・・

665 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 10:28:28 ID:???
まともに頼むこともできんのか

666 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 10:40:25 ID:???
しかし全巻もってて全部やれって…。
自分でやってみないか?

667 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 11:04:18 ID:???
>自分でやってみないか?

あ、それ賛成。

668 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 12:22:17 ID:???
「クマとインテリ」をお願いします。

669 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 19:26:00 ID:???
BLAME!は既に解説済みじゃん。
http://f30.aaa.livedoor.jp/~malon/blame!.htm

670 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 21:34:50 ID:???
弐瓶勉の他の作品を頼みたいんじゃないの
作品名指定してないからリクとして成り立ってないけど

671 :天使禁猟区 34:2005/06/21(火) 21:40:19 ID:???
ラファエルは紗羅が救世使の妹だと気づき、興味を持ち保護した。
上級天使のジブリールの体にただの人間の魂が入り込めるわけがなく、
紗羅は会話の端々に時折人間では知りえないはずの事を口に出す。
何かがおかしいとラファエルは思う。紗羅は今までの出来事を聞かされ、
刹那を生き返らせてくれないかと頼む。その代わりに服を脱げとラファエルは要求する。
女を個人として見ずどこかで憎んでいるからそんな事を言えるのだと紗羅は言う。
そこへミカエルが建物を壊しながら豪快に乱入してきた。

出発しようとする刹那とボイス。ノイズは母の形見の指輪をボイスに渡した。
アラクネも箱を刹那に渡す。中には魔王の紋章のついた壷が入っていた。
嫌な予感がし、これを渡した九雷の身を案じる刹那。手分けして九雷を探す。
九雷を探して走り回るボイス。その途中で魔王を信仰するための祭壇を見つける。
アナグラに誰か裏切り者がいたのだ。突如、ボイスに何者かが襲い掛かる。
謎の人物にボイスは応戦するが、切り刻まれ重傷を負った。

かつて戦争の後、ボイスは知った顔の死体のなかを姉と二人で彷徨い歩いた。
身分違いのボイスたちにも分け隔てなく接してくれた九雷の笑顔は何よりも彼らを救った。
この笑顔を守りつづけようとボイスは誓ったのだった。
ボイスは九雷の事を思いながら、とどめを刺され絶命した。

謎の人物はボイスの死体から形見の指輪を抜き取った。
「一人だけ生き残ったのは奇跡だって?奇跡なんて望んだって起きやしない。
 生き残った理由なんてそいつがスパイだからに決まってるでしょ?」
指輪を手に持ちアラクネは言った。そのはだけた胸元には魔王の紋章があった。


アラクネはボイスが何者かに殺されたと刹那に報告する。
九雷の部屋から見つかった魔物の首は、壷の中の薬と引き換えに九雷は嫁に行ったと告げる。
ともかく今は薬を飲むべきだと説得するアラクネ。ボイスの死に泣いていたノイズは、
ボイスを甦らせるために壷を奪いボイスの亡骸の口に薬を流し込もうとする。
不完全な薬とはいえ、ボイスの意識が戻ってしまえばアラクネの裏切りがばれてしまう。
アラクネは壷を割り阻止する。抗議したノイズはアラクネの胸元を一瞬見てしまった。

672 :天使禁猟区 35:2005/06/21(火) 21:45:16 ID:???
もめる二人に刹那は、薬が使えなくなった事で契約は無効になった、
地獄に行き九雷を救出すると言い出した。ついていくと言うアラクネとボイス。
三人は頭だけの魔物を道案内人として連れ地獄に行った。

残された朔夜は刹那の本体からピアスが一つなくなっている事に気づいた。
皆の前では平気なふりをしていたが朔夜の体はもう限界だった。
死にかける朔夜。そこに現れたベリアルは何故か朔夜の体を回復させる。
何故だと朔夜は問うが、ベリアルは何も答えずに消えた。


地獄に連れていかれた九雷はベリアルにより美しく着飾られていた。
地獄には魔王の地位と命を狙う反魔王派が数多くいる。
それに地獄の中には酷く残虐な性質の者や、見ただけで命を奪う者まで危険な人物が数多くいる。
それらから守るため九雷は特殊な次元の中に置かれている。
無断で一歩外に出ると地獄のどこに放り出されるかはわからない。
閉じ込められている九雷は退屈していた。思い出すのは刹那の事ばかりだ。
刹那の本体からこっそり取ったピアスを眺める九雷。
このままずっと刹那に未練を持っていてはいけないと思いピアスを窓から投げたが、
やはり思い切れずにピアスを取ろうとし窓から落ちどこかに投げ出された。
そこには鎖に縛められた巨大な怪獣のような悪魔がいた。
その姿を見た途端に九雷の胸が痛んだ。見る者の命を奪う悪魔とはこれの事だったのだ。
しかし、刹那のピアスが不思議な光を発し、その守りにより一命を取り留めた。
怪獣――アバドンは生まれながらに背負った見る者の命を奪ってしまう力のために、
地下に監禁されているという。自分は呪われた化け物だとアバドンは嘆く。
あいつ≠ヘアバドンのもとへ生き物をつれてきては殺させ、アバドンに罪悪感を植え付け楽しんでいた。
「一緒にここから逃げようや!俺魔王の嫁さんになるために来たんや!女王様の権限でどうにかしたる!」
そう言った途端アバドンはその巨大な手で九雷を抱き上げると「ママ好キ」といって頬擦りしはじめた。
わけがわからないながらアバドンの世話をする九雷。
突然「アイツが来タ」と言ってアバドンは抜け穴に九雷を放り投げた。
そこから迷路のような道を歩く九雷は、黒蛇を首に巻いた美しい女公爵アスタロテに会った。

続く

673 :マロン名無しさん:2005/06/21(火) 23:45:45 ID:???
すでにまとめサイトにあるんですが、森薫「エマ」の続きを書ける方がいらっしゃったら、お願いしたいです。

674 :マロン名無しさん:2005/06/22(水) 00:06:47 ID:???
レディー・ヴィクトリアンお願いします。

675 :楓パープル:2005/06/22(水) 01:10:24 ID:???
北高のあやは、体育の用具室で番格の赤城に迫られているところを
なりゆきでバスケ部長の流川に助けられる。

ぼこられた事に怒った赤木は軍団を引きつれバスケの練習場に
乗り込むが、流川の発した「青春」という言葉に感動して引き下がる。

地区大会後半戦、対戦相手のユニフォームを着た赤木軍団が現れ
バスケ勝負を挑む。

いきなりダンクをかます赤木、沸く観客に元バスケ部キャプテン
木暮が二人の因縁を話す。
彼は中学のとき赤木とチームメイトで、スター選手だった赤木は
バスケ名門校への特待生入学がかかっていた試合で、対戦校の
流川にノーゴールで抑えられてしまった。
特待生の話も消え、以後バスケをすることも無く不良になって
しまったと。

赤木軍団は試合の中で喧嘩を仕掛けるが、流川は反則は4回までは
退場にならないと反撃、撃退。
赤木から一対一を挑まれる。
流川は本当にバスケが好きなら特待生がダメになったぐらいで辞めない
と言い放ち、赤木を抜いてダンクを決める。

目が覚めたと赤木は流川に謝る。

改めて後半戦をしようとするが、相手チームが赤木軍団にのされて
戦えないため、試合放棄ということで北校の勝ち。

676 :マロン名無しさん:2005/06/22(水) 04:11:21 ID:???
そろそろ次スレの季節。で、>>642をふまえてテンプレ案投下。
なにか気になる点があったら、指摘よろしく。
んで、切り良く週末ぐらいに移行するてことで。もっと早い方がいいかな。

暇がない、金がない、手に入らない、等の事情により、読めない漫画のストーリーを教えてもらうスレです。
次スレは>>950か、容量が450を越えた時にお願いします。

前スレ:ストーリーを教えてもらうスレ Part11
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1111715626/
まとめサイト(※全過去ログ保管済み)
http://f30.aaa.livedoor.jp/~malon/
未解決リクエスト表
http://f30.aaa.livedoor.jp/~malon/mikaiketu.htm

【リクエストされる方へ注意点】
その漫画が既出である場合があります。要望を出す前に、未解決リクエスト表にてご確認下さい。
どの程度のネタバレを希望するか、一言添えていただけると、書き手も書きやすいです。
(例:科白を含む等、出来るだけ詳しく・大まかな粗筋・←を混成したメリハリの利いたもの・ラストのみ)
この板は一般板なので、18禁の漫画のストーリーの要望はご遠慮下さい。
即レスは期待せず、気長にお待ちください。

【教えてくれる方へ注意点】
要望が出ている漫画のストーリーはどんどん書いて下さい(※解説が終了した作品の加筆・修正も大歓迎)。
ただ、要望が出ていないものは敬遠される傾向にあります。
この板は一般板なので、18禁の漫画のストーリーの紹介はご遠慮下さい。
名前欄に作品名を入れていただけると、まとめやすくありがたいです。
時間を置いて数回に分けて投稿する際には、混交を防ぐため、最後に「続く」とお書き下さい。
書く際は予め予約していただけると、投稿の重複が防げて大変ありがたいです(※必須ではありません)。
また、書くのはよそうと思われた時には、面倒でも予約の取り消しをお願いします。

677 :マロン名無しさん:2005/06/22(水) 10:29:32 ID:???
>>675
名前がみんなスラムダンクのキャラなのはぐうぜん?

678 :マロン名無しさん:2005/06/22(水) 10:45:43 ID:???
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   | ∧ /⌒l .∧ .|`Y}    偶然ってQ&Aに書いてあるよ
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{    プギャーーーーーーーーッ
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!     (⌒)
  ,.ィ'´ト.       トェェェイ   .::::;'    ノ ~.レ-r┐、
イ´::ノ|::::l \       |r-r-|   :::/    ノ__  | .| | |
::::::::::::|:::::l   ヽ、   `ニニ´::  .:::/.、 〈 ̄   `-Lλ_レレ
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\ ̄`ー‐---‐‐´

679 :マロン名無しさん:2005/06/22(水) 17:18:10 ID:???
たがみよしひさの『GREY』を、大まかな粗筋でよいので御願いします。
2巻までは持ってるんですけど3巻持ってなくて・・・。

680 :675:2005/06/22(水) 18:05:21 ID:???
>677
偶然というかこれがスラダンの母体となった作品。

1988年 デビュー作 『楓パープル』 手塚賞受賞

681 :マロン名無しさん:2005/06/23(木) 01:02:49 ID:???
いま容量455だよ

682 :マロン名無しさん:2005/06/23(木) 23:21:22 ID:???
未解決のとこにウテナとかあったんですが、
アニメとかライトノベルのリクエストでもいいでしょうか?

683 :マロン名無しさん:2005/06/23(木) 23:28:49 ID:???
>>682
板違い

684 :マロン名無しさん:2005/06/23(木) 23:48:54 ID:???
>>682
ウテナは少女漫画があるからそっちのことでしょう。

685 :マロン名無しさん:2005/06/24(金) 00:16:09 ID:???
>>652
がじぇっと予約します。

686 :682:2005/06/24(金) 08:11:28 ID:???
なるほど。ゼルダとか仮面ライダー龍騎なんかも、
漫画化されてる方のってことでしたか。
スレ違い失礼しました。

687 :マロン名無しさん:2005/06/24(金) 08:49:15 ID:???
スレ違いってより板違い

688 :マロン名無しさん:2005/06/24(金) 13:18:58 ID:???
あんみつ姫をお願いします。

689 :マロン名無しさん:2005/06/24(金) 15:27:03 ID:???
あんみつ姫には倉金章介のオリジナル版と竹本泉のリメイク版の二種類あるよ

690 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 01:20:02 ID:???
さて、管理人氏の更新も終わったことだし、
日を跨いで週末にもなったし、そろそろ次スレかな。

691 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 01:25:12 ID:???
次スレ、たてました。移動してください。

ストーリーを教えてもらうスレ Part12
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1119630090/

692 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 01:37:33 ID:???
なぁ、前スレも残ってるのに新スレ行っていいのか?

693 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 07:08:13 ID:???
>692
残ってるといっても、前スレは容量一杯でもう書けないんじゃないか?

ここも、そろそろ書き込めなくなるからな
新スレに移動しておかないと

694 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 07:32:34 ID:???
[残酷な神が支配する]投下
1/2
米国ボストンで暮らすサンドラ・ジェルミ親子。父親は病死していて母子家庭。
母サンドラの再婚相手グレッグは、イギリスに豪邸を持つ裕福な男で
表の顔は立派な家庭人だが、息子のジェルミ(15歳)を性的虐待するサディストだった。
ロンドン郊外のグレッグの屋敷で繰り返される苦痛なセックスに耐えかね、
ジェルミはグレッグの愛車のブレーキに細工を施す。
そして翌日車は事故を起こし炎上した。だが車にはグレッグだけでなく、
サンドラも乗っていたのだった。二人は死亡。
サンドラの葬儀中、グレッグの前妻の息子イアンは茫然自失するジェルミの
『あいつが死ぬはずだったのに』というつぶやきを聞き、
事故前夜ジェルミがガレージに行ったことを
知っていたイアンは、父は殺されたのだと確信する。

イアンは自白を迫り、ジェルミの衝撃の告白に驚くが、
自分の尊敬する父像とのあまりの落差から、それは妄想だと否定してしまう。
やがてジェルミはアメリカの親戚に引き取られて帰国するが、
その後グレッグの部屋からジェルミを虐待した道具や証拠の写真を発見する。
イアンはジェルミと連絡を取ろうとするが、ジェルミは貧民街で男に体を売り
薬漬け寸前になっていた。
堕落した生活から立ち直らるため、イアンは奔走し
ジェルミを説得してイギリスに連れ帰る。


695 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 07:33:56 ID:???
2/2
イアンはジェルミと二人でアパート暮らしを始めるが、
精神不安定なジェルミに振り回され肉体関係を持つようになってしまう。
傷から立ち直れず真っ当な道を進めないジェルミと、
ジェルミを愛してしまい肉体関係を断てないイアンは
互いに苦しみ、葛藤する。

イアンの恋人ナディアの問題ある家庭や、
近親相姦でできた子供を殺してしまった双子など
セクシャルなトラウマを抱えた人々と触れ合いつつ
二人の生活は時間をかけながらもとの軌道を取り戻しつつあったが、
傷を完全に消してしまうことはできないと悟り、
イアンはこれからもずっと、自分とジェルミの傷とつき合っていくつもりでいる。おわり


もっと事細かいほうが良かったでしょうか…。

696 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 11:46:45 ID:???
>>692
なぁ、何か問題あるのか? >>1見ろよ。

>>694-695
いいんでないの。出来れば、新スレに投下して欲しかったけど。
もし気になるようなら、「もうちょっと詳しく知りたいな」って人が出てきたら、また書けば。

697 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 11:52:08 ID:???
>>696
問題あると思う。
このままじゃ同じスレが増えていくじゃないか
せめて時間が経つと落ちる容量まで埋めるか使うかしたほうがいいんじゃないの

698 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 11:57:53 ID:???
>>697
え、10のほうを?

699 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 12:13:49 ID:???
いや、ここもさ
最初の数スレはスゴイ勢いだったけど
もうそんな消費早いわけでもないし450で次スレって早すぎのような

700 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 12:17:46 ID:???
>>699
容量ていくつで落ちるの?

701 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 12:28:13 ID:???
今更10をあらすじ書いて埋めるのもなぁ。てことは雑談で埋めるしかないのか。

てかなんであんなに10は移動が上手くいかなかったんだろうな。

702 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 12:30:24 ID:???
>>700
496を超えるとIEの場合警告が出る。512が限界。
だから450KBで次スレっていうのは
例えばレス番900で次スレを立てるようなもので早すぎると思うのです。

703 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 12:39:46 ID:???
次スレ立てるの早過ぎってそういうのは676の時点で言ってくんないとなぁ

704 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 12:43:41 ID:???
スレを使い切ることを心がければ新スレが多少早くたっても問題ないとオモ

705 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 14:23:44 ID:???
オモ・・・

706 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 14:39:34 ID:???
エロ漫画疑惑を受けた「LOVE GOD」が未解決リスト入りしてんのが笑える
リク主は取り消してるけど、管理人氏の判断でリスト入りしたのかなw

707 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 16:10:03 ID:???
管理人氏の判断て言えば、ベルバラのあらすじなんだけど、
書き手の後にいくつか訂正レスが入ってたんだけど、
それはまとめサイトに反映されてないんだよね。

もしよければ、埋めついでに訂正分だけここにUPしようか。

708 : ◆ncXKkmcQGA :2005/06/25(土) 16:29:56 ID:???
LOVE GODのこしばてつやってエロコメっぽいのばっかり描いてるから勘違いされてもしょーがねーわな、
と思いつつ読んでたんで見落としてた…。今回結構長い間サボってて紹介もリクもたまりまくってたんで
他にも間違いあるかも。


709 :>”管理”人様:2005/06/25(土) 16:43:24 ID:???
流れのついでに。
未解決リストの中で、[補完キボン]てまとめてあるけど、
せっかく左リストのところで青く色分けして続き希望と謳ってるんだから
そこで代用できるんじゃないかな。

または、左リストで青字になってるタイトルを全部[補完〜]のところに
まとめてもいいけど。

個人的には、左リストで色分けされていた方が分かりやすいと思う。



710 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 20:14:29 ID:???
>>692
なぁ、スレが立ってから言うより、立つ前に言う方が賢明だとは考えないのか?

711 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 20:19:31 ID:???
ちなみに今、Part10が472kb、Part11が462kb。

712 : ◆ncXKkmcQGA :2005/06/25(土) 20:27:56 ID:???
>>709
「青と緑は途中だから常に補完キボン」って考えでいんじゃないすかね?
[補完キボン]はその中でもさらにリクが出てますよー、程度の印のつもりで作りました。

色を変えるとなるとまず何色使うのか(赤青緑それぞれに[補完キボン]Verを作ると全部で6色になる)とか
作業時にどれがどれだっけ? と、わやになりそうなので(見るほうもわかりづらくないすかね?)、
それよりは文字で追加しといたほうがわかりやすいかなぁ、と。手間もかからないし(本音)。

713 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 20:58:27 ID:???
残酷な神乙。漫喫で探して読んでみようかな。

714 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 22:29:40 ID:???
>>712
そうか、赤字(解説終了)だけど、「もっと知りたい」っていうリクエストもくるんだっけ。
ごめん、それ忘れてた。6色になるのは確かに面倒だわ。

715 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 22:58:07 ID:???
>>710
そんな常に覗いてるわけじゃないんだし

716 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:00:28 ID:???
「落第忍者乱太郎」知りたいって言った人、具体的にどういうふうに書いて欲しいの?
全部の話知りたいのか、書き手がこれが好きってやつを書けばいいのか。どっち?
今、37巻だっけ・・・途方もないな、全部カバーするとなると。

717 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:02:22 ID:???
新キャラが出てくる話をピックアップして書くとか?

718 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:04:13 ID:???
>>715
なぁ、言い合いしてレス消費するのか?

719 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:05:46 ID:???
?なんでつっかかってるの?

720 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:22:28 ID:???
>>717
「落・乱」リクした人ですか?って違うか。

>>719
スルーしなよ。うざったいなぁ。692のマネしてるレスのさらにマネして遊んでるだけだよ。


721 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:37:29 ID:???
>>702
埋めついでに質問なんだけど、容量オーバーにならなくても時間がたてば自然に落ちるんじゃないの?
Part10は、なぜかときどきageてる人がいて、なかなか落ちなくて今に至ってるだけかと思ってたよ。

722 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:45:19 ID:???
落ちる。
つか、無駄にスレ埋めるのは鯖に負担がかかって迷惑。
新スレに移行したら放置して落ちるのに任せるのが一番。
とひろゆきが言っている。

723 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:50:27 ID:???
鯖に負担がかかるのは1000取り合戦とかして
集中的に埋める場合だよ。
こういう落ちるのが遅い板だといつまで経っても落ちないぞ。

724 :マロン名無しさん:2005/06/25(土) 23:59:05 ID:???
前にちょっと覗いてた『女人禁制・りぼんを語る』(スレタイ曖昧)は、ちょっと放置したらあっさり落ちたよ。
あ、ちょっとカミングアウトみたいで恥ずかしい。
だから、放置が一番なんじゃね。Part10はあげてたヤツのせいだよ。何を目的にしてたかしらんが。

725 :721:2005/06/26(日) 00:13:18 ID:???
>>722-724
レスありがとう。放置してたら落ちるのね。
で、既に新スレで「デビルマン」と「人魚の森」の投下があった模様。
てことで、このレスをもって、このスレ終了。
今度こそスムーズに落ちますように。

726 :マロン名無しさん:2005/06/27(月) 12:24:49 ID:???
>694-695
リクした者です。ありがとうございます。
「面白いけどイタイよ」と言われていたので興味はあったのですが
確かに痛そうです。
もう少し細かかったら粗筋だけでも欝になれそうです。
いいさじ加減でした。GJ。


727 :マロン名無しさん:2005/07/02(土) 19:05:15 ID:???

jlihjdvjasdl;ofmvldj


lflkrlkf






u

kll


llo







fkllflf



            いままで2chのご利用  感謝します    




467 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)