2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【拷問】ネギま!総合スレ【強姦】

1 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 15:27:29 ID:h6/Jeheh
建ててみた

2 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 15:28:10 ID:???
SINE

3 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 16:46:06 ID:???
ネギま厨は頭がおかしい

4 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 17:35:01 ID:???
時計の針は既に九時を回っている
麻帆良学園女子中等部の校舎はひっそりと静まりかえり、今はただ暗闇に支配されていた
そんな人ひとりいるはずのない校舎にひたりひたりと足音が響き渡る
足音の正体は佐々木まき絵
彼女は暗闇の中を不安そうに見回しながら歩いていた
まき絵は完璧なる白痴であり、明日提出の宿題を置き忘れ、それを取りに来たのだった
(怖いよお……やっぱり亜子にも来てもらうんだったなぁ……うぅ…)
真っ暗な廊下を抜けて、教室に着いたころにはまき絵はすっかり怯えきっていた
(もう絶対忘れ物なんてしないんもん!)
白痴の極であるまき絵の決意など長続きはしない。どうせすぐに忘れるだろう
まき絵のことを少しでも知っている者なら、そうかんがえるはずだ…
しかしまき絵はこの日以来学校に物を置き忘れることはなかった
静寂や暗闇以上に、忘れ物をしたことを後悔させる何かがドアの向こうに待ち受けていたのだ
まき絵が教室のドアを開けると、その目の前に大きな影がぬっと現れた
(お、おばけっ!!)
まき絵は叫ぼうとしたものの、あまりの恐怖に声が出ない
情けなくも、まき絵はその場にぺしゃんと座り込んでしまった
しかし、一方でその正体不明の影もかなり狼狽しているようだった
ただハァハァと呼吸を荒げているばかりで、身動き一つとれないでいる
「あっ…あ……っ……」
まき絵もまだ声を出せないでいる。それほどまでに驚き、恐怖しているのだった
しかし目のほうはだんだんと暗闇に慣れてきて、うっすらと影の正体が見えてきた
なんとそこにいたのは下半身を丸出しにした新田だった そして、あろうことか彼の両手にはまき絵の体育着とリコーダーが握られていた
オナニーの真っ最中だったのだろう。彼は猛烈に勃起したペニスをそのままに立ち尽くしていた
「こっ…これは……その……あの…」
弁解の余地のない状況に新田も新田で茫然自失していたのだ
彼はやっとのことで口を開いたものの、訳もないことしか出てこなかった
まき絵は恐怖した
それはさっきまでの暗闇やおばけに対する恐怖とは違っていた
今まき絵が感じているのは、差し迫っている身の危険に対する恐怖だった

5 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 17:35:35 ID:2IMN25XS
気の強い生徒なら猛然と新田を糾弾しただろう
しかし、まき絵は明朗活発ではあるものの、決して気が強いというわけではなかった
まき絵の目には涙が溢れ、華奢な身体はガタガタと恐怖に震えていた
まき絵には新田がグロテスクなおちんちんを自分に突きつけているように思えたのだ
「い…いやっ…」
逃げたくても、今のまき絵は腰が抜けて立つことすらできなかった
「ちがっ…ちがうんだよっ!てっ点検ッ!点検だよ!これはっ…てっ…点検だよ!」
「ひいっ!」
やっとのことで言葉らしい言葉を口にした新田だったが、その発言はあまりにも意味不明だった
しかも新田が突然大声で叫んだため、怯えきったまき絵にはただ新田が吼えたようにしか聞こえなかった
まき絵は恐怖に震えながらも、なんとか立ち上がるとフラフラとおぼつかない足取りで逃げ出した
(こわいっ!こわいよっ!)
走り出したばかりなのに息が苦しい
その上いつものように足が動かない
まき絵はもうぽろぽろと大粒の涙を流して泣いていた

一方、新田は独りぽつねんと教室の暗闇に突っ立っていた
家族や仕事、様々な想念が旋風のように駆け巡り、彼の思考はめちゃくちゃに乱れていた
ふと我に返ったのはまき絵が教室を出て数秒後だった
まき絵がいなくなっていることに気づくと、新田は猛然と駆け出した
教室を飛び出して左右を見渡すと、まき絵はまだ教室4つ分ほど先でフラフラと走っていた
ふだんのまき絵ならこの数秒の隙に十分新田を撒くことができたはずだった
後ろから新田が追いかけてくることに気づくと、まき絵の足取りはますます混乱を極めた
新田はと言えば、若かりし頃にすら体験したことないほどの速さで走り、すぐにまき絵に追いついたしまった
新田はとにかく無我夢中だったのだ
追いついて何をするのか新田自身もわからなかった
ただ絶対にこのまま逃がしてはならないということ、それだけは確信していた

6 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 17:37:46 ID:???
新田はまき絵に飛び掛ると、そのまま床に押し倒した
「いっ…いやっ!やめてっ!やめてえっ!」
「何もしない!何もしないから!静かにせんか!静かにしてくれえ!」
やっと悲鳴らしい悲鳴をあげたまき絵に覆いかぶさりながら新田も負けじと叫んだ
しかし半裸の男が何を言おうとも説得力に欠ける
まき絵は泣きながら叫び続けた
その声は静まり返った校舎にいやと言うほど響き渡る
誰かがその声を聞きつけて、もしこんな現場を見られてしまえば新田は一巻の終わりである
彼は慌ててまき絵の口を塞ぐと、じたばたとあらがうまき絵を引きずって教室に戻った

教室に戻ると新田は再びまき絵を床に押し倒し、その上に覆いかぶさった
こうするのが一番まき絵の動きを封じやすかったからだ
腕の中で泣き喚くまき絵をよそに、新田は努めて冷静になろうとしていた
これからどうするのが一番いいか、それを考えなくてはならないからだ
少しずつだが、新田に思考能力が戻り始めた
そして冷静になって初めて、彼はもうどうしようもないことに気がついた
なんとか状況を打開できると思っていたが、冷静になればなるほどそんな策はないことが明瞭となる
彼は下半身裸で、まき絵に覆いかぶさってペニスをお尻に押し付けていた
そして泣き叫ぶまき絵を身動きできないほど強く抱きしめている
新田は既に凶悪な性犯罪者となっていた


7 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 17:38:33 ID:???
そう結論がついたとき、新田のなかで何かがふっきれた
突然彼はまき絵のピンクのTシャツを捲くりあげ、ブラを強引に剥ぎ取ると、ぺたんこのおっぱいにむしゃぶりついた
「やっ!いやっ!!やだっ!!やめてっ!やめてえ!」
新田はまき絵の細い両腕を床に押さえつけつつ、わざと大きな音をたてて乳首を舐めたり吸ったりした
剥ぎ取ったブラを無理矢理まき絵の口に押し込んで口を塞ぐと、新田は早くも挿入を試みた
新田はもう歳なので早漏なのだ
スカートをめくり、新田はショーツをこれまた強引に剥ぎ取った
手足をばたつかせるまき絵に挿入するのはなかなか骨の折れる仕事だった
まき絵の左足を右足で押さえつけ、さらにまき絵の左手と左足を絡ませて動きを封じ、残った右手はそのまま自分の左手で床に抑えて…
なんだか二人の身体が単にこんがらがっているようだが、確かにまき絵の動きは封じられていた
口を封じられたまき絵はんーんーと唸りながら懇願するような目を新田に向けたいたが、もちろん新田はおかまいなしに挿入した

まき絵は下腹部にとてつもない激痛が走るのを感じた
新田のドでかいチンポがずぶずぶとゆっくりまき絵のの身体の中に侵入してくる
叫びたくても声が出ない
まき絵はただ泣きながら首を左右に激しく振った
「ハァハァハァハァ!す、すまんなあ!本当にすまんなあっ!」
そういいながら新田は少しも悪びれる様子もなく、激しく腰を動かし始めた
それはピストン運動というにはあまりにめちゃくちゃで、まき絵の膣を破壊しているようにしか見えなかった
いつしかまき絵は抵抗する気力も体力も失い、新田のされるがままになっていた
顔を両手で覆い、嗚咽を漏らす姿に新田は同情をしめすどころかますます興奮し、いっそう激しくまき絵を犯すのだった

8 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 19:03:29 ID:???


9 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 19:09:25 ID:???
コピペ乙

10 :マロン名無しさん:2006/12/10(日) 23:22:39 ID:???
チャオリンかわいいなぁ

11 :マロン名無しさん:2006/12/11(月) 02:05:25 ID:???
「超さん…超さんっ!ハァハァ」
「や、やめるネッネギ坊主!そんなッおちんちんをほっぺたに擦りつけるなんて!」

ゴシゴシ

「超さんのプニプニほっぺ気持ち良すぎて僕…もうッッッ」
ビュッビュッ

「あっ!んあぁぁあッ!ワタシの先祖の精子がぁ!赤ちゃんが顔にかかって生暖かいヨぉぉお!!」

12 :マロン名無しさん:2006/12/11(月) 07:46:58 ID:???
わろた

13 :マロン名無しさん:2006/12/11(月) 10:17:57 ID:???


14 :マロン名無しさん:2006/12/11(月) 10:55:32 ID:???
ネギ「超さーん、今日安全日ですよねー?」
超「突然何を言うカ///」
ネギ「ヤりましょーよぉー」カクカクカク
超「コラ!やめるヨ!人が見て

15 :マロン名無しさん:2006/12/11(月) 23:57:45 ID:???
少しスレ的にズレていたが
乙!!
やっぱりチャオはいいね

16 :マロン名無しさん:2006/12/14(木) 01:01:01 ID:???
時代はチャオ

17 :マンコ貸し手ください:2006/12/14(木) 03:00:01 ID:4ONuYBIb
ネギ「あの〜アスナさん?勉強中に申し訳ないんですが、ちょっとマンコ貸してくれませんか?」
明日菜「うん…いいけど…って!な、なに言ってんのよ!」
ネ「いや、だからマンコ貸してください。アスナさんは勉強してていいですから」
あ「なっ!ふ、ふざけんじゃないわよ!それに貸すとかなんとか言って、私のことなんだと思ってるのよ!」
ネ「そんなに大声出さないでくださいよ。アスナさんは宿題やってていいですから、ちょっと立ってお尻を僕のほうに向けてください」
あ「わ、わかった!あんたネギの偽者ね!そうよ!ネギはまだ子どもなんだから…!」
ネ「は?なにを言ってるんです?まあ、とにかくマンコ貸してください。すぐ済みますから」
あ「ひっ!こ、来ないで!大声出すわよ!」
ネ「いや、だから宿題してていいですよ。立バックで犯しますから大丈夫です」ガバッ
あ「きゃあぁぁぁぁぁぁ―――――!!!」

************

ネ「ああっ!気持ち良いなあ!最高だなあ!ああもうやばい!ああっ!あああっ!」
あ「うっ…んっ!あうっ!…ぐ…ぅ…痛ぅ…やめ…あっ!ああっ!」
ネ「あれ?…ハァハァ…アスナさんは…ハァハァ…勉強してていいですよ…ぅあ…ああ!」
あ「うっ…う…グスン……」
ネ「もうダメ!!イクぅ!あっ!ああっ!あぁぁぁ――――――っ!!!」
あ「え…や、やだ!やっ!ダメ!ダメえ!ネギやめてっ!ほんとにダメなの!」
ネ「あ…もう出しちゃうました。じゃあマンコありがとうございました。また貸してくださいね」
あ「う…ぅ…ひどいよ…」
ネ「ところでアスナさん、今日の夕飯なんですか?」

18 :マンコ貸してくださいA:2006/12/14(木) 03:28:01 ID:???
廊下
ネギ「あのー!千雨さーん!ちょっとマンコ貸してくださーい!」
千雨「はあっ!?ネ、ネギ先生今なんて言いました?」
ネ「マンコ貸してください!僕ちょっと勃起しちゃって!えへへ!」
ち「ちょ、ちょっと待て!お前そんな…あっ!わ、わかったアレだ!幻覚魔法とかそういうのでしょう!」
ネ「はあ?アスナさんといいなんだか今日は皆さん変ですね…。まあいいや!すぐ済みますから!」
ち「バ、バカよせ!やめっ!」
ネ「千雨さんは気にせず次の時間の予習でもしててください。ぼく勝手にマンコ使いますから」ガバッ
ち「わああーー!」

************

ネ「ハァ!ハァ!ハァ!!ああ〜イイ!イイなあ!ほんとイイわこのマンコ!!ひょー!」
ち「ぐ…ぅ…ネギせんせ…抜いて……あぐっ!ぐっ!ああっ!」
ネ「あ、そういえば…ハァハァ…こないだ更新された…ハァハァ…ちうの日記…フゥフゥ…楽し…かったですよッ!ハァハァ!ハァ!」
ち「なんでこんな…ぐっ!ネギせんせ…やめ…」
ネ「あ、出ちゃった…。じゃあ終わりましたから、もう行っていいですよ。マンコよかったです!また貸してください!それじゃ!」
ち「………」

19 :マロン名無しさん:2006/12/14(木) 07:30:32 ID:???
こんなネギはザジが返り討ちにするよ

20 :マロン名無しさん:2006/12/14(木) 16:43:18 ID:???
>>17-18
ktkr! もちろん31人やりますよね!

21 :マロン名無しさん:2006/12/14(木) 16:54:32 ID:???
こんな軽いノリでまんこ貸せるかよw
ネギ羨ましすぎw

22 :マロン名無しさん:2006/12/14(木) 17:33:11 ID:???
ハカセ編キューポン

23 :マロン名無しさん:2006/12/14(木) 19:39:04 ID:???
やたらうらやましい

24 :マロン名無しさん:2006/12/16(土) 21:58:35 ID:???

ネギ「さぁてちんこ入れますよ」
明日奈「ちょっ待って!まだ濡れてな…」
ネギ「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァァアアア!!!!」
明日奈「ンッ…あッヒィ!んぁッふぁッ早すぎッ!んんッあッ!ダメッイッちゃうッ!!んあぁぁぁああ!」
ギュッ
ネギ「ワホォォー―ッ!!俺のチンコ汁が搾り取られるぜぇー―!!」

25 :マロン名無しさん:2006/12/17(日) 12:56:30 ID:???
ネギ「うっひぉー、古老師のひんそーなボディさわさわ」
くー「あはは、やめるアルよ、ネギ坊主」
ネギ「おっと、足がもつれておしりに顔がうまっちゃったw」
くー「ち、ちょっとネギ坊主ー、アハハ」
ネギ「(…そろそろいいなw)…ねぇ古老師?おっぱいちゅーちゅーしていい?」
くー「ハァ?キモ…さっさとどけよ。おもてーんだよブサメン」
ネギ「ひぃ!?」
くー「学園長のじじいから金もらってっけど割にあわねーよコレ。刹那のヤツよく一緒にいれんなw」
ネギ「ま、待って…」
くー「アルアル言うのもめんどくせーし。今日でやめるって言ってこよ…」
黒いぼんぼりをとって金髪ガングロギャルになるくー。

26 :マロン名無しさん:2006/12/17(日) 14:04:18 ID:???
ネギ「ハァハァ!実はガングロギャルのくー老師ハァハァ!」

27 :マロン名無しさん:2006/12/18(月) 07:12:30 ID:???


28 :マロン名無しさん:2006/12/18(月) 18:27:23 ID:???
ッシマー

29 :マロン名無しさん:2006/12/19(火) 17:37:06 ID:???
麻帆良援交3まどか15歳

30 :マロン名無しさん:2006/12/22(金) 22:58:49 ID:???
保守

31 :マンコ貸してくださいB:2006/12/23(土) 21:45:58 ID:???
ネギ「おはようございます古老師!マンコ貸してください!」
古「おはようアル!マンコ…?マンコって何アル?」
ネギ「壁に手をついてお尻をこちらにむければわかりますよ!」
古「こ、こうアルか?」
ネギ「そうそう!では行きますよー」
古「え?ち、ちょっと!?ネギ坊主!?唖ァァ!!!」

************

ネギ「うひぃぃ!力抜いてくださいよ!凄い、凄い絡み付いてくる!」
古「ひぎっ…んくぅ…!!痛…!痛いアルネギ坊主!!」
ネギ「すごくエッチですよ古老師…ハァハァいや!古菲さん!あぁ!古菲さんのマンコに出します!」
古「…!!なんか出てるアル!うぅああ…!!!」
ネギ「ふぃぃー…すっごいなぁ!名器ですよ古菲のマンコ!また貸してくださいね!それじゃまた放課後に!」
古「…………」

32 :マロン名無しさん:2006/12/24(日) 00:13:32 ID:???
来た
GJ

33 :マロン名無しさん:2006/12/24(日) 14:20:27 ID:0sLz22uW
>>31ぐっじょぶ!これからも頼むぜ!

34 :マロン名無しさん:2006/12/25(月) 01:32:39 ID:???
誰かこの本うpってよ
ttp://www.aaa-www.net/~nekosan/

35 :マロン名無しさん:2006/12/27(水) 23:04:22 ID:???


14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)