2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ルサンチマン 花沢健吾

17 :愛蔵版名無しさん:2005/09/20(火) 21:16:36 ID:???
>>15
でも、拓郎は月子に対してはあくまで「たくろー」の姿で接したのであって、
ありのままの自分を受け入れてもらったわけではない
(それどころか真の自分の姿を悪役に据えたりまでしている)。
その本当の自分を受け入れてくれたのが長尾。
そういう意味で、「愛」を教えた月子が「天使」とするなら、全てを受け入れた長尾は「女神」だ。

でも結局拓郎は長尾ではなく月子を選んだ。
男に弄ばれるのに疲れた長尾は、一途に月子を思う拓郎の姿に心揺らいだ。
そう、月子が「愛」を教えてくれなければ、拓郎と長尾の関係はありえなかったのだ。
その事を理解していたからこそあの最後の選択があったのだろう。
そして長尾もその事を悟ったから、月子を救う選択をしたのではないか。

以前漫画板本スレに書いたことの焼き直しだけど、こんなんでいいかな?

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)